交通系ICカードはどれがいい?全10種を比較してわかったこと

電子マネーの比較

交通系ICカード

交通系ICカードの全国相互利用サービスにより、1枚のカードで、全国各地の電車やバスに乗車できるようになりました。

また、交通系ICカードのSF(カードにチャージした運賃のこと)は、お店の支払いに使えるのですが、こちらの電子マネー部分も相互利用できるようになりました。

当サイト、電子マネーの虎では、相互利用が行なわれている交通系ICカード10枚について各記事でまとめています。

この記事では、交通系ICカード10種類の比較と選ぶ時の注意点について紹介したいと思います。

交通系ICカード全国相互利用可能エリア

Kitaca(キタカ):JR北海道

Kitaca(キタカ)

Kitacaの特徴

発行元:JR北海道
Kitaca利用可能エリア:札幌
オートチャージ:×
クレジットチャージ:○
ポイント・割引サービス:×
モバイル対応:×

Kitaca(キタカ)は、JR北海道の交通系ICカードです。

JR北海道の札幌エリアを中心にKitacaが利用できます。

また札幌圏のSAPICA(サピカ)エリアの地下鉄・バス・市電でも、Kitacaが使えます。

これは他の全国相互利用サービス対象の交通系ICカードでも当てはまります。

その一方で、SAPICAカードはKitaca含む他のICカードエリアでは使えないので注意してください。

Kitacaにはオートチャージや乗車ポイント付与などのサービスがないので、全体的なスペックは低めです。

ただし、Kitacaは、みどりの窓口でのみ「クレジットカード支払いによるチャージ」が可能です。

クレジットチャージに使えるのが、イオンカードKitaca、JRタワースクエアカードといった提携クレジットカードです。

つまり、提携クレジットカードを使ってKitacaにチャージをすることで、チャージ金額に応じたカード会社のポイントが獲得できます。

イオンカードKitacaの場合は、カード利用額200円ごとに1ポイント(1ポイント=1円相当)のポイントが付与されるので、実質的に0.5%程度お得になります。

Suica(スイカ)

Suica電子マネー

Suicaの特徴
発行元:JR東日本
Suica利用可能エリア:首都圏、仙台、新潟
オートチャージ:○
クレジットチャージ:○
ポイントサービス:JRE POINT
モバイル対応:モバイルSuica、Apple Pay、Google Pay

交通系ICカードの代表格がSuica(スイカ)です。

Suicaの利用でJRE POINTが貯まるほか、JR東日本グループのクレジットカード「ビューカード」との連携で、オートチャージの設定も可能です。

また、おサイフケータイ対応のスマホやiPhoneを持っていればモバイルSuicaが使えます。

Suicaカードを持ち歩かず、手持ちのスマホやiPhone1つで、電車やバスに乗車したり、買い物の支払いができたりします。

決済用にクレジットカードを登録することで、ネット経由でクレジットチャージが可能なので、券売機やコンビニのレジで、Suica残額が少なくなる度にチャージする手間が省けます。

もちろんビューカードと結びつければ、オートチャージ機能も使えます。

他にも、FeliCaポート/パソリが必要となりますが、Suicaインターネットサービスを使えば、Suica支払い対応のネット通販で使ったり、ネットを通じて自宅でチャージすることも可能です。

管理人おすすめのSuica最強利用法

1.モバイルSuica+ビューカード
モバイルSuica対応の携帯電話が必要となりますが、「モバイルSuica+ビューカード」を設定しておくと、Suicaエリア内でのオートチャージはポイントが3倍となります。

また、エリア外ではオートチャージが機能しないので本来なら現金チャージをする必要があります。現金チャージではポイントを獲得できませんが、モバイルSuicaならアプリ経由でチャージできる(クレジットチャージ)ので、エリア外で使っていてもクレジットポイントを獲得できます。

2.ライフカードの誕生月ポイント3倍+モバイルSuica
年会費無料で使えるクレジットカード、ライフカードには「誕生月にポイントが3倍になる」という特典があります。

この特典ですが、実はモバイルSuicaチャージもポイント還元の対象となっています。通常、電子マネーチャージなどはポイント獲得の対象外となることが多いのですが、ライフカードはそういった規制がないので、誕生月を狙ってモバイルSuicaにチャージをすれば、ライフカードのクレジットポイントが3倍(1.5%還元)貯まります。

ライフカードの詳細記事はこちらです。

PASMO(パスモ)

PASMO

PASMOの特徴
発行元:株式会社パスモ
PASMO利用可能エリア:首都圏
オートチャージ:○
クレジットチャージ:○
ポイントサービス:東京メトロのメトポなど
モバイル対応:×

Suicaと同じく、首都圏で使われている交通系ICカードがPASMO(パスモ)です。

どちらも人気の交通系ICカードですが、今のところ発行枚数ではSuicaが圧勝しています。

PASMOの利用でポイント付与されるのは、東京メトロでPASMOを使って乗車すると「メトポ(メトロポイントクラブ)」が貯まる程度です。

それ以外の電車やバス、電子マネーの利用ではポイントが貯まりません。

PASMO利用でポイントを貯めるには、クレジットカードとの提携が必要です。

オートチャージやクレジットチャージの金額は、PASMOと紐付けたクレジットカードに請求されるので、利用額に応じたカード会社のポイントが貯まります。

PASMOに対応するクレジットカードは以下の通りです。中にはPASMO一体型クレジットカードもあります。

  • 小田急OPクレジットカード(小田急電鉄)
  • 京王パスポートカード(京王電鉄)
  • 京急プレミアポイント(京急電鉄)
  • 京成カード(京成電鉄)
  • SEIBU PRINCE CLUBカード(西武鉄道)
  • 相鉄カード(相模鉄道)
  • 東急ポイントカードTOP&(東京急行電鉄)
  • 東武カード(東武鉄道)
  • Tokyo Metro To Me CARD(東京メトロ)
  • 横浜交通hama-eco card(横浜交通)
  • パスタウンカード(PASMO公式)

基本的に自分がよく利用する鉄道会社のクレジットカードを申し込むのがお得です。

各カードの詳しい説明については「PASMOのお得な使い方!クレジットカードとの合わせ技でポイント倍増」をご覧ください。

利用頻度の高い沿線がどこなのか?によってSuicaを選ぶべきかPASMOを選択する方がいいのか分かれますが、「SuicaとPASMOで迷ったら?どちらを選ぶべきか比較してみました」という記事では、最終的にトータルで見るとSuicaの方が良いと結論付けました。

manaca(マナカ)

manaca

manaca(マナカ)の特徴
発行元:名古屋市交通局や名古屋鉄道など
manaca(マナカ)利用可能エリア:名古屋
オートチャージ:○(名古屋市営地下鉄+wellow cardのみ)
クレジットチャージ:○(名古屋鉄道+μ’sカードのみ)
ポイントサービス:マナカマイレージポイント
モバイル対応:×

名古屋を中心に利用されている交通系ICカードがmanaca(マナカ)です。

manaca(マナカ)では「マナカマイレージポイント」というポイントサービスを展開しています。

ポイントの付与率は利用する交通機関によって違いますが、単独でポイントサービスを行っている交通系ICカードは限られているため、嬉しいサービスです。

また、manacaを使って名古屋市交通局が運営する市バスや地下鉄を90分以内に乗り継いだ場合、乗継割引の適用が受けられます。

そのため、名古屋市交通局の電車・バスを利用する機会が多い人にとっては、非常にメリットがあります。

manacaではオートチャージやクレジットチャージが使えますが、特定の鉄道事業者とクレジットカードに限定されています。

◆オートチャージ
名古屋市営地下鉄の各駅の自動改札機でオートチャージが利用可能
チャージ分の金額は、manacaと紐付けたwellow card(ウィローカード)宛に請求される
クレジットカード一体型マナカ「wellow card manaca」もある

◆クレジットチャージ
名鉄のクレジットカード「μ’sカード」とmanacaを紐付けることで、名古屋鉄道の駅構内や名鉄百貨店などに設置されているμstar station(ミュースターステーション)で現金やμ’sカードなしでチャージが可能

各クレジットカードの使い方については、下記記事で詳しく紹介しています。

TOICA(トイカ)

TOICA

TOICAの特徴
発行元:JR東海
TOICA利用可能エリア:名古屋・静岡
オートチャージ:×
クレジットチャージ:×
ポイントサービス:×
モバイル対応:×

JR東日本が発行する交通系ICカードがTOICA(トイカ)です。

TOICA(トイカ)には、ポイントやクレジットカードと提携したサービスは一切ありません。

正直「定期券の区間がJR東海だから」以外の理由で、TOICAを持つ理由はないです。

名古屋周辺にお住まいの方であれば、manaca(マナカ)を利用した方がポイントを貯める機会に恵まれやすいと思います。

ICOCA(イコカ)

ICOCA

ICOCAの特徴
発行元:JR西日本
ICOCA利用可能エリア:近畿・岡山・広島
オートチャージ:×
クレジットチャージ:○(SMART ICOCAのみ)
ポイントサービス:ICOCAポイント
モバイル対応:×

関西で利用者の多い交通系ICカードが、JR西日本が運営するICOCA(イコカ)です。

JR西日本の列車や一部ICOCAポイント加盟店でICOCAを利用すると、ポイントが貯まるようになりました。

残念ながらICOCAではオートチャージが使えませんが、クレジットカードと連携したICOCAジャード「SMART ICOCA(スマートイコカ)」では、クレジットチャージが可能です。

ICOCAのクレジットチャージは「クイックチャージ」という名称で、チャージ専用機や券売機にSMART ICOCAを入れて希望チャージ金額を選択するだけで、すぐにチャージが完了します。

チャージ金額はSMART ICOCAと紐付けたクレジットカードに請求されるので、利用額に応じたカード会社のポイントも貯まります。

JR西日本の公式クレジットカードは「J-WESTカード」ですが、それ以外のクレジットカードとの連携も可能です。

SMARTICOCAで使えるクレジットカード

そのため、紐付けるのはポイント還元率が高いクレジットカードを選択した方がお得です。

例えば、SMART ICOCAへのチャージに使えるクレジットカードの中で、最もポイント還元率が高いのがREXカードです。(しかも年会費は無料です)

チャージ時に1.25%のポイント還元、そしてJR西日本の電車に乗車したり、ICOCA加盟店で買い物したりすると、ICOCAポイントが貯まるので、ポイント二重取りができます。

PiTaPa(ピタパ)

PiTaPa(ピタパ)

PiTaPaの特徴
発行元:スルッとKANSAI
Suica利用可能エリア:近畿・岡山・名古屋・静岡・金沢・富山
オートチャージ:○
クレジットチャージ:×
割引サービス:○
モバイル対応:×

PiTaPa(ピタパ)は交通系ICカードの中でも珍しい後払い方式を採用しています。

基本的にPiTaPaとクレジットカードを連携することで、PiTaPaエリア内では事前チャージなしで電車やバスを利用できます。

また各交通機関では、毎月のPiTaPa利用に応じた割引やポイントサービスが受けられます。

もちろんPiTaPaに対応したお店では後払いで買い物が可能です。

利用金額に応じて「ショップdeポイント」が1%還元されます。

一方で、PiTaPaは、電子マネーに関して全国相互利用ができないという問題も抱えています。

またPiTaPaポストペイエリア外、例えばSuicaエリアでPiTaPaを利用する際は、事前にチャージが必要になります。

PiTaPaへのチャージで最も手軽なのは、オートチャージです。

PiTaPaエリアの自動改札機や運賃箱にPiTaPaカードをタッチした時、残額が1,000円以下の場合、自動的に2,000円がチャージされます(金額は千円単位で変更可)。

また他の交通系ICカードと同じように、自動券売機での現金チャージに対応しています。

ただし、コンビニやスーパーなどではPiTaPaチャージできないので注意してください。

JR西日本の一部ICOCAエリア(京阪神)でも、PiTaPaポストペイサービスに対応したので、利用する機会は少ないかもしれません。

関西圏で使い勝手の良い交通系ICカードは、ICOCAとPiTaPaが2強ですが、大阪の地下鉄や阪急・阪神・京阪・近鉄などの私鉄を利用するなら利便性が高く運賃割引があるPiTaPaがお得です。

(参照:関西で使うならICOCAとPiTaPaメリットが大きいのはどっち?

ただしPiTaPaは広義のクレジットカード扱いになる関係で、高校生を除く18歳以上しか申し込めず、発行には審査があります。

そのため、申込みから入手までには数週間かかり、発行枚数ではICOCAの方が圧倒的に多いのが現状です。

SUGOCA(スゴカ)

SUGOCA(スゴカ)

SUGOCAの特徴
発行元:JR九州
SUGOCA利用可能エリア:九州
オートチャージ:○
クレジットチャージ:×
割引サービス:○
モバイル対応:×

九州でJRを乗る機会が多い人にメリットが大きい交通系ICカードがSUGOCA(スゴカ)です。

JR九州エリア・筑肥線内の乗車で1%のポイントが貯まります。

また、自由特急券の購入やSUGOCAポイント対象加盟店で利用した場合もポイント付与の対象になります。

さらに特定のクレジットカードとの提携で、オートチャージも利用できます。

JR九州や北九州モノレールの自動改札機にSUGOCAをタッチして入場した際に、残額が設定金額を下回っていた場合、自動的に一定金額がチャージされます。

SUGOCAではクレジットカードを利用したチャージ方法がオートチャージしかないので、SUGOCAをさらにお得に使うには、提携クレジットカードを持つ必要があります。

そのうちイオンSUGOCAカードは年会費完全無料で使えます。

オートチャージ時にクレジットポイントを獲得、そしてエリア内での乗車・SUGOCA加盟店での電子マネー利用時にポイントが獲得できることから、「ポイントの二重取り」も可能です。

ポイント二重取り時の還元率は、後述のnimoca(ニモカ)よりも若干高くなっています。

nimoca(ニモカ)

nimoca

nimoca(ニモカ)の特徴
発行元:西日本鉄道
nimoca利用可能エリア:九州(福岡、大分、熊本、佐賀、宮崎)と函館
オートチャージ:○
クレジットチャージ:○
割引サービス:○
モバイル対応:×

九州エリアの交通系ICカードの中で発行枚数が最も多いのがnimoca(ニモカ)です。

nimocaエリア内の電車やバス利用で乗車ポイント、加盟店での電子マネー利用ポイントが貯まります。

nimoca一体型クレジットカードがあると、オートチャージやクレジットチャージ(ポイント交換機でのクイックチャージ)が使えるようになり、さらに得られるポイントが増えます。

nimocaのオートチャージはバス・市電・筑豊電鉄の車載機や駅の自動改札機にカードをタッチすることで働きます。

九州の広範囲で使える交通系ICカードは、nimocaとSUGOCAの2枚です。

そのため、よく利用する鉄道会社が「西鉄など」か「JR九州」によって、各交通系ICカードのお得感や使い勝手の良さは変わってきます。

ちなみに、クレジットカードと連携した場合のポイントを考えると、SUGOCAの方が若干ポイント還元率が高くなっている印象です。

はやかけん

はやかけん

はやかけんの特徴
発行元:福岡市交通局
はやかけん利用可能エリア:福岡市
オートチャージ:×
クレジットチャージ:×
割引サービス:○
モバイル対応:×

福岡の3つの交通系ICカード・電子マネーの中では発行枚数が最も少ないのが「はやかけん」です。

オートチャージやクレジットチャージが使えず、電子マネー利用時にもポイントは貯まりません。

しかし、それを補う形で得られるのが「乗車ポイント」です。

福岡市地下鉄の月間利用金額に対して2%のポイント還元が受けられます。

あくまでも福岡市地下鉄の乗車に限定されますが、還元率2%は他の交通系ICカードと比較してもかなり高いです。

さらに、月間の合計乗車料金に対して段階的にボーナスポイントが付与されます。

例えば、1ヶ月の利用料金が1,000円以上なら50ポイント、3,000円以上なら200ポイントなど。ボーナスポイントも含めると、交通系ICカード単体での還元率はトップクラスです。

交通系ICカードで知っておきたい3つのこと

続いて、交通系ICカードを使う上での注意点をまとめます。

電子マネーPiTaPaは相互利用ができていない

支払いに交通系電子マネーは使える?

関西圏を中心に展開している交通系ICカード・電子マネーの「PiTaPa(ピタパ)」は少し特殊です。

交通系ICカードの中では珍しい「後払い方式」のカードである点もよく取り上げられるのですが、実はPiTaPa電子マネーは全国相互利用の対象外となっています。

交通系ICカードとしては相互利用ができるので、例えばSuicaでPiTaPaエリアの改札を通過できます。

またPiTaPaを持っていれば福岡のnimocaエリアの電車・バスに乗車可能です。

しかし、電子マネーを使って買い物をする場合のみ、Suicaその他電子マネーでは「PiTaPaでの支払いができます。」と書かれているショップでしか支払いができません。

逆も同じく、PiTaPa電子マネーが使えるのはPiTaPaエリアのみとなっており、「ICOCAで買い物ができます」といったお店では使うことができません。

これはよく指摘されるデメリットなので、関西圏にお住まいの方や関西に旅行・出張に行く予定のある方は注意です。

オートチャージはエリア外では機能しない

地域をまたぐとオートチャージできない

一部の交通系ICカードは、オートチャージ機能が付いています。

チャージ残高が一定金額を下回ると、改札通過時に自動的に一定金額までチャージをしてくれるので、券売機などで手動チャージをする必要がなくなります。

オートチャージを使うには原則としてクレジットカードとの連携が必要ですが、利便性が一気に高まるので個人的にもおすすめしたい機能です。

しかし、オートチャージ機能が働くのは「エリア内のみ」となっています。

例えば、Suicaのオートチャージ機能を設定しておけば、Suicaエリアを移動する分には手動チャージは一切不要となります。

しかし、旅行などでエリア外(例えば福岡など)に行った時、改札は問題なく通過できるものの、オートチャージ機能が働かないのでチャージ残高が0円になるまで使いきってしまいます。

当然、チャージ残高が0円になると改札を通過できなくなります。

もしこのような事態になっても安心してください。

現金チャージはエリア外でも行えるため、上記の例で言えば福岡の券売機やのりこし精算機、コンビニなどにSuicaを持っていけば、いつでも手動チャージができます。

エリア外ではポイントも貯まらない

ポイントが貯まらない

一部の交通系ICカード・電子マネーは、電車・バスの乗車時や電子マネーで買い物をした時にポイントが貯まるものがあります。

しかし、これらはいずれも「エリア内」で利用した場合に限られ、エリア外での利用についてはポイント獲得の対象外となります。

つまり、Suicaを持っていれば大阪中心の「ICOCA」エリアの電車に乗ったり、ICOCA支払いOKのお店で電子マネーが使えますが、いずれもポイントの獲得には結びつかないので注意が必要です。

最も利用する鉄道のカードを選ぶのがベストだけど…モバイルSuicaは例外

モバイルSuica

交通系ICカード・電子マネーごとにスペックの違いがあるのは事実です。

しかし、多くの場合は自分が最も利用する機会の多い鉄道会社のカードを選ぶのが一番良いという結果になります。

なぜなら、エリア外ではオートチャージ機能も使えませんし、ポイントの獲得もできません。そういった意味で、交通系ICカードは相互利用できるようになったが、エリア外で使うと本来のスペックを生かし切れないのです。

一方で、モバイルSuicaだけは唯一の例外になります。

モバイルSuicaとは、スマホやiPhoneでSuica機能が使えるJR東日本が提供するアプリです。

確かにSuicaはSuicaエリアとPASMOエリア外だとオートチャージ機能が使えませんが、モバイルSuicaはネット経由でチャージができることが大きなメリットです。

還元率の高いクレジットカードで、Suicaにチャージすれば、利用金額に応じたポイントが付与されます。

特にJR東日本グループのクレジットカード「ビューカード」は、チャージでポイント3倍(1,000円ごとに15円相当のポイントが付与)と、ポイントが多く貯まります。

提携カードのビックカメラSuicaカードは、年会費が初年度無料&2年目以降は年1回以上の利用で無料になるので、ビューカード初心者でも使いやすいです。

詳しくは下記の記事で紹介しています。あわせてご一読ください。