交通系ICカードはどれがいい?全10種を比較してわかったこと

電子マネーの比較

交通系ICカード

交通系ICカードの全国相互利用が行われるようになってから、一枚のICカード一枚で、全国の電車やバスに乗車できるようになりました。

また、合わせて交通系ICカード会社が提供している「電子マネー」も相互利用できるようになりました。

電子マネーの虎では、相互利用が行われている交通系ICカード10枚をすべて比較し、それぞれの特徴についてまとめてきました。

この記事では、相互利用が完了している交通系ICカード全10種の特徴を比較してまとめ、また選ぶ時の注意点についても明記しています。この記事を読めば、数多く存在する交通系ICカードから、ベストな一枚が選べるはずです。

交通系ICカード全10種の比較

まずは、交通系ICカード全10種の特徴をまとめます。(北海道から順番にいきます)

Kitaca(キタカ)

Kitaca(キタカ)

発行元:JR北海道

北海道の交通系ICカード「Kitaca(キタカ)」は、キャラクターが可愛いと評判です。

しかし、オートチャージ機能やポイント還元といったサービスがないので、スペックは低め。。。あくまでも電子マネーとして買い物の支払いをスムーズに行ったり、電車の改札を楽に通過するためのカードという認識です。

ただし、イオンカードKitaca、JRタワースクエアカードといった提携クレジットカードを使うことで、少しだけお得にKitacaを利用することが可能です。

Kitacaにはオートチャージ機能はありませんが、みどりの窓口でのみ「クレジットカード支払いによるチャージ」ができ、その時に使えるクレジットカードというのが、上記の提携カードとなります。

つまり、提携クレジットカードを使ってチャージをすることで、カード利用に対してクレジットポイントが獲得できるので、実質的には0.5%程度お得になります。

Suica(スイカ)

Suica電子マネー

発行元:JR東日本

言わずと知れた交通系ICカード・電子マネーの代表格Suica。そのスペックの高さも抜群で、完成度の高い電子マネーです。

Suicaの利用でSuicaポイントが貯まるほか、クレジットカード連携でオートチャージの設定も可能です。

オートチャージはJR東日本が展開している「ビューカード」を使うことでポイント加減率を最大化できます。

また、ビューカードを使わずとも、モバイルSuica対応の携帯電話(Android携帯など)を持っていれば、高いクレジットポイントを獲得しながら、オートチャージ機能が使えるので非常に有利です。

FeliCaポート/パソリが必要となりますが、Suicaインターネットサービスを使えば、Suica支払い対応のネット通販で使ったり、ネットを通じて自宅でチャージすることも可能です。

管理人おすすめのSuica最強利用法

1.モバイルSuica+ビューカード
モバイルSuica対応の携帯電話が必要となりますが、「モバイルSuica+ビューカード」を設定しておくと、Suicaエリア内でのオートチャージはポイントが3倍となります。

また、エリア外ではオートチャージが機能しないので本来なら現金チャージをする必要があります。現金チャージではポイントを獲得できませんが、モバイルSuicaならアプリ経由でチャージできる(クレジットチャージ)ので、エリア外で使っていてもクレジットポイントを獲得できます。

2.ライフカードの誕生月ポイント5倍+モバイルSuica
年会費無料で使えるクレジットカード、ライフカードには「誕生月にポイントが5倍になる」という特典があります。

この特典ですが、実はモバイルSuicaチャージもポイント還元の対象となっています。通常、電子マネーチャージなどはポイント獲得の対象外となることが多いのですが、ライフカードはそういった規制がないので、誕生月を狙ってモバイルSuicaにチャージをすれば、ライフカードのクレジットポイントが5倍(2.5%還元)貯まります。

ライフカードの詳細記事はこちらです。

PASMO(パスモ)

PASMO

発行元:東京メトロなど首都圏中心の100を超える事業者

Suicaと並んで関東で使われているPASMO(パスモ)。どちらも人気の電子マネーなのですが、今のところ発行枚数ではSuicaが圧勝しています。

PASMO自体にポイントがないので、交通系ICカード・電子マネーとして使った時にポイントを貯めるには、各鉄道会社などが発行しているクレジットカード一体型PASMOを使う必要があります。(東京メトロ To Me Card東急 TOP&カードなど)

PASMOのお得な使い方については「PASMOのお得な使い方!クレジットカードとの合わせ技でポイント倍増」をご覧ください。

クレジットカードと連携して使えば、オートチャージも使えます。

利用頻度の高い沿線がどこなのか?によってSuicaを選ぶべきかPASMOを選択する方がいいのか分かれますが、「SuicaとPASMOで迷ったら?どちらを選ぶべきか比較してみました」という記事では、最終的にトータルで見るとSuicaの方が良いと結論付けました。

manaca(マナカ)

manaca

発行元:名古屋市交通局や名古屋鉄道などの複数の交通会社

名古屋を中心に利用が広がっているmanaca(マナカ)は、「マナカマイレージポイント」というポイントサービスを展開しています。

ポイントの付与率は利用する交通機関によって異なりますが、単独でポイントサービスを行っている交通系ICカードは限られているため、スペックとしてはそこそこです。

また、manacaを使って名古屋市交通局が運営する市バスや地下鉄を90分以内に乗り継いだ場合、乗継割引の適用も受けられるので、名古屋市交通局の電車・バスを利用する機会が多い人にとっては、非常にメリットがあります。

manacaにはオートチャージ機能がありません。

しかし、名古屋鉄道が発行している「ミューズカード(μ’sカード)」が唯一「クレジットカードチャージ」に対応しているため、μ’sカードを使ってチャージをすることで、クレジットポイントが獲得できます。

この方法がmanacaをお得に使う唯一の方法です。

電子マネーの虎としては、「モバイルSuica+ビューカード」のポイント還元率が大きいため、名古屋を始めとする東海地方でSuicaを使う方法が最もお得であると解説しています。

TOICA(トイカ)

TOICA

発行元:JR東海

TOICA(トイカ)には、オートチャージもポイントサービスも存在しないので、交通系ICカード・電子マネーとしてはスペックは低めです。

では、東海地方で電子マネーや交通系ICカードをお得に利用する方法はないか?と考えた結果、前述の「モバイルSuica+ビューカード」が最も有利なのではないかという結論に至りました。

名古屋・東海地方での交通系ICカード・電子マネーのお得な使い方について、詳しくは下記の記事をご覧ください。

ICOCA(イコカ)

ICOCA

発行元:JR西日本

関西で普及率の高いICOCA(イコカ)。

クレジットカード連携の「SMART ICOCA」には、オートチャージ機能こそありませんが「クイックチャージ」というものが存在します。クイックチャージは専用機にカードを入れてボタンを押すだけで、現金やクレジットカードなどは不要ですぐにチャージが完了するサービスです。

また、ICOCAでポイントサービスを受けられるのは「SMART ICOCA」のみとなっています。つまり、クレジット連携を行わなければポイント還元も受けられないということです。

SMART ICOCAでは、JR西日本エリアでの鉄道の乗車やICOCA加盟店での電子マネー支払いで、「J-WESTポイント」がもらえます。

ICOCAに連携する公式クレジットカードは「J-WESTカード」となりますが、実はその他のクレジットカードも連携できるのでポイント還元率が高いクレジットカードを選択した方がお得です。

管理人おすすめのICOCA最強利用法

1.REXカードLite
SMART ICOCAへのチャージに使えるカードの中で、最もポイント還元率が高いのが1.25%還元のREXカードです。(しかも年会費は無料です)

チャージ時にREXカードのポイントを1.25%獲得し、その後JR西日本の電車に乗車したり、ICOCA加盟店で電子マネーによる買い物をすると0.5%が付与されます。(ポイント二重取り)

合計すると最大で1.75%の還元となります。

REXカードLiteの詳細記事はこちらです。

2.ライフカードの誕生月ポイント5倍
この方法は先ほどSuicaの項目でも紹介しましたが、同じくSMART ICOCAでも使えます。

ライフカードの「誕生月ポイント5倍特典」を活用して、ライフカードを使って誕生月にSMART ICOCAにチャージするという方法。この方法で、ポイントの獲得率を5倍(2.5%)にアップできます。

ライフカードは年会費無料なので、誕生月限定で使用するクレジットカードとして保有している人も多いです。

ライフカードの詳細記事はこちらです。

PiTaPa(ピタパ)

PiTaPa(ピタパ)

発行元:大阪市交通局を中心とした関西や東海・北陸など複数の交通事業者

PiTaPa(ピタパ)は数ある交通系ICカードの中でも特殊な存在です。

エリア内ではチャージを必要としない「後払い方式」なので、原則としてクレジットカードとの連携が必須となり、申込には審査があります。発行までに日数がかかるので、関西圏でも発行枚数ではICOCAに惨敗の状態です。。。

PiTaPaエリアではオートチャージ(というよりも後払いなのでチャージ不要)が使えるので、快適に移動できます。PiTaPaエリア外(例えばICOCAエリアなど)では、チャージ残高を消費しながら、その他の交通系ICカードと同じように改札を通過できます。

再びPiTaPaエリアに戻って来た時に、消費した分をオートチャージによって回復させるので、関西圏でPiTaPa・ICOCAエリアの両方を同じくらい移動するケースでは、非常に快適です。

乗車ポイントはありません。また、後払い方式ではあるものの、PiTaPaで発生した電車・電子マネー料金はポイント還元の対象外なので、連携したクレジットカードのポイントももらえません。

唯一、PiTaPa加盟店で電子マネーを使って買い物をした場合にのみ、「ショップdeポイント」が1%還元されます。

ポイント還元には消極的ですが、大阪市営地下鉄の10%割引や、「マイスタイル」などの利用額割引があるため、値引き面でお得感があります。

電子マネーの虎では、大阪の地下鉄や阪急・阪神・京阪・近鉄などの私鉄を利用するなら利便性が高く運賃割引があるPiTaPaがお得と結論付けています。(参照:関西で使うならICOCAとPiTaPaメリットが大きいのはどっち?

一方で、PiTaPaは、電子マネーに関して全国相互利用ができないという問題点も抱えています。(詳しくは後述)

SUGOCA(スゴカ)

SUGOCA(スゴカ)

発行元:JR九州

九州エリアでJRを乗る機会が多いのであれば、持っておいて損のない電子マネーです。

JR九州エリア・筑肥線内の乗車で1%のポイントが貯まります。また、SUGOCAポイント対象加盟店で電子マネーを使った場合もポイントがもらえます。

SUGOCAもオートチャージ対応のICカードです。オートチャージが利用できる提携クレジットカードはいくつかありますが、そのうちイオンSUGOCAカードだけが年会費完全無料で使えます。

オートチャージ時にクレジットポイントを獲得、そしてエリア内での乗車・SUGOCA加盟店での電子マネー利用時にSUGOCAポイントが獲得できることから、「ポイントの二重取り」ができます。ポイント二重取り時の還元率は、nimocaよりも若干高くなっています。

nimoca(ニモカ)

nimoca

発行元:西日本鉄道

福岡の交通系ICカードでは発行枚数が最も多いのがnimoca(ニモカ)です。フェレットをあしらったキャラクターが可愛いと評判。

クレジットカード一体型カードを申し込むことでオートチャージ機能が使えます。

また、エリア内での乗車ポイント・電子マネー利用ポイントも完備されており、トータルバランスに優れたスペックです。

乗車エリアが「にしてつ」中心か「JR九州」中心かによってお得感は変わってきますが、クレジットカード連携時のポイント二重取りを考えると、SUGOCAの方が若干ポイント還元率が高くなっている印象です。

はやかけん

はやかけん

発行元:福岡市交通局

福岡の3つの交通系ICカード・電子マネーの中では発行枚数が最も少ない「はやかけん」。

クレジットカード連携ができないので、オートチャージが使えません。また、電子マネー利用時にもポイントは貯まりません。

しかし、それを補う形で得られるのが「乗車ポイント」です。

福岡市地下鉄の月間利用金額に対して2%のポイント還元が受けられます。あくまでも福岡市地下鉄の乗車に限定されますが、還元率2%というのは他の交通系ICカードと比較してもかなり高いです。

さらに、月間の合計乗車料金に対して段階的にボーナスポイントが付与されます。例えば、1ヶ月の利用料金が1,000円以上なら50ポイント、3,000円以上なら200ポイントなど。ボーナスポイントも含めると、ICカード単体での還元率はトップクラスになると思います。

交通系ICカードで知っておきたい3つのこと

続いて、交通系ICカードを使う上での注意点をまとめます。

電子マネーPiTaPaは相互利用ができていない

PiTaPa

関西圏を中心に展開している交通系ICカード・電子マネーの「PiTaPa(ピタパ)」は少し特殊です。

交通系ICカードの中では珍しい「後払い方式」のカードである点もよく取り上げられるのですが、実はPiTaPa電子マネーは全国相互利用の対象外となっているんです。

交通系ICカードとしては相互利用ができるので、SuicaでPiTaPaエリアの改札を通過することもできますし、PiTaPaを持っていれば福岡のnimocaエリアの電車・バスに乗車することもできます。

しかし、電子マネーを使って買い物をする場合のみ、Suicaその他電子マネーでは「PiTaPaでの支払いができます。」と書かれているショップで支払いができません。逆も同じく、PiTaPa電子マネーが使えるのはPiTaPaエリアのみとなっており、「ICOCAで買い物ができます」といったお店では使うことができません。

これはよく指摘される問題なので、関西圏にお住まいの方や関西に旅行・出張に行く計画のある方は注意です。

オートチャージはエリア外では機能しない

注意点

一部の交通系ICカードは、オートチャージ機能が付いています。

チャージ残高が一定金額を下回ると、改札通過時に自動的に一定金額までチャージをしてくれるので、券売機などで手動チャージをする必要がなくなります。

オートチャージを使うには原則としてクレジットカードとの連携が必要ですが、利便性が一気に高まるので個人的にもおすすめしたい機能です。

しかし、オートチャージ機能が働くのは「エリア内のみ」となっています。

例えば、Suicaのオートチャージ機能を設定しておけば、Suicaエリアを移動する分には手動チャージは一切不要となります。しかし、旅行などでエリア外(例えば福岡など)に行った時、改札は問題なく通過できるものの、オートチャージ機能が働かないのでチャージ残高が0円になるまで使いきってしまいます。

当然、チャージ残高が0円になると改札を通過できなくなります。

もしこのような事態になっても安心してください。
現金チャージはエリア外でも行えるため、上記の例で言えば福岡の券売機やのりこし精算機、コンビニなどにSuicaを持っていけば、いつでも手動チャージができます。

エリア外ではポイントも貯まらない

ポイントが貯まらない

一部の交通系ICカード・電子マネーは、電車・バスの乗車時や電子マネーで買い物をした時にポイントが貯まるものがあります。

しかし、これらはいずれも「エリア内」で利用した場合に限られ、エリア外での利用についてはポイント獲得の対象外となります。

つまり、Suicaを持っていれば大阪中心の「ICOCA」エリアの電車に乗ったり、ICOCA支払いOKのお店で電子マネーが使えますが、いずれもポイントの獲得には結びつかないので注意が必要です。

最も利用する鉄道のカードを選ぶのがベスト

交通系ICカード・電子マネーごとにスペックの違いがあるのは事実です。

しかし、多くの場合は自分が最も利用する機会の多い鉄道会社のカードを選ぶのが一番良いという結果になります。

なぜなら、エリア外ではオートチャージ機能も使えませんし、ポイントの獲得もできません。そういった意味で、交通系ICカードは相互利用できるようになったが、エリア外で使うと本来のスペックを生かし切れないのです。

上記の点を踏まえて、一番よい交通系ICカード・電子マネーを見つけてくださいね。