福岡で一番お得な電子マネーは?ニモカとスゴカとはやかけん徹底比較

電子マネーの比較

ニモカ、はやかけん、スゴカ

福岡で使うならどの電子マネーがお得?

ということで、福岡で普及している3つの交通ICカード・電子マネーである「ニモカ」「スゴカ」「はやかけん」の3枚を比較してみました。

結局のところ、どの交通会社を利用することが多いか?によってお得感が決まるので、

ニモカ
西日本鉄道(にしてつ)が発行。西鉄天神大牟田線や西鉄グループバスをよく使う人向け。

スゴカ
JR九州が発行。JR線を利用することが多い人向け。

はやかけん
福岡市交通局が発行。福岡市地下鉄をよく利用する人向け。

という結果にたどり着きます。
どのカードを選んでも、一枚のカードですべてのエリアを行き来できますが、ポイント還元のお得度を優先して、それぞれのエリアで3枚のカードを使い分けている人もいます。

発行枚数が多いのはどれ?

九州の交通ICカード発行枚数の比較

では、最も普及している電子マネーは3つのうちどれなのか?
発行枚数について調べてみたところ、少し古い2013年のデータなのですが、比較できそうなものがありました。

  • 1位:nimoca(ニモカ) 150万枚(2013年10月時点)
  • 2位:SUGOCA(スゴカ) 100万枚(2013年7月時点)
  • 3位:はやかけん 50万枚(2013年5月時点)

最も人気があるのは西日本鉄道が発行している「ニモカ」です。次点でJR九州のSUGOCA、そして福岡市交通局のはやかけんが続きます。

現時点ではそれぞれの発行枚数は大きく増えていると思いますが、発行枚数が逆転することはほどんどないので、3枚の差は拡大していると予想します。

はやかけんはオートチャージに対応していない

オートチャージ

交通系ICカードは、定期的にチャージをする必要があります。チャージ残高が0円になると、電子マネーでの買い物時や駅の改札でエラーが出て、恥ずかしい思いをすることになります。。。

いずれのカードも、駅の券売機やのりこし精算機、コンビニなどで簡単にチャージできます。(チャージできるのは最大2万円が上限)

また、チャージはエリア外でも可能ですので、例えば東京のSuicaエリアでニモカを使っていた時に、残高が0円になってしまっても、Suicaの券売機などでチャージすることが可能です。

しかし、定期的にチャージするのは面倒ですよね?
この問題を解消する方法として人気の機能となるのが「オートチャージ」です。

原則としてクレジットカードとの結びつけが必要ですが、チャージ残高が設定金額を下回ると、自動的に設定金額分をチャージするので、(エリア内を移動している限りは)手動でチャージする必要はなくなります。

ニモカ、スゴカ、はやかけんのうち、はやかけんのみオートチャージに対応していません

オートチャージ対応の提携カード

ニモカ
JMB nimoca、アレコレnimoca、オールインワンnimocaなど

スゴカ
JQ SUGOCA、JMB JQ SUGOCA、イオンSUGOCAカードなど

このうち、特別な条件なしで年会費が完全に無料なのでイオンSUGOCAカードのみです。とにかく無料でオートチャージ機能が使いたい方は、イオンSUGOCAカードがおすすめです。(ただし、オートチャージ機能が働くのはJR九州の電車のみです)

ポイント還元に積極的なのはスゴカ

ポイント還元

それぞれの電子マネーについて、ポイント還元の状況をわかりやすくまとめます。

注意点として頭に入れておきたいのは、乗車ポイント・電子マネーはそれぞれ、そのカードのエリア内で使った場合にしかポイント獲得の対象にならないということです。

例えば、はやかけんはニモカやスゴカのエリアでも使えますが、ポイントが獲得できるのは「福岡市地下鉄」に乗車した場合のみです。

はやかけん
福岡市地下鉄の1ヶ月の合計利用金額に対して2%の還元。

1ヶ月の合計利用額が1,000円以上で50ポイント、3,000円以上だと200ポイントのボーナスポイントがもらえる。それ以上の利用でも、利用額が大きくなるほど段階的にもらえるボーナスポイントは引き上げられる。

福岡市地下鉄線とJR筑肥線をまたがって利用した場合は特別ポイントとして10ポイントを付与。

電子マネー利用ではポイントは貯まらない。

スゴカ
JR九州エリア・筑肥線内の乗車ごとに運賃の1%をポイント還元。

自由特急券の購入で購入金額の5%をポイント還元。

JR筑肥線・唐津線駅入場→福岡市地下鉄出場、または福岡市地下鉄入場→JR筑肥線・唐津線駅出場で10ポイント。

「SUGOCAポイント対象加盟店」で電子マネー支払いをするとポイント付与。(還元率はお店によって異なる)

オートチャージができるクレジットカード一体型を使うと、オートチャージ分もクレジットカード請求額として換算されるので、クレジットカード会社の提供しているポイントが貯まる。(オートチャージ時、チャージしたスゴカ利用時の両方でポイントが獲得できるため、いわゆるポイント二重取りが可能)

※スゴカ提携クレジットカードは、オートチャージ時に0.5%還元のものが多いので、ポイント二重取りで1.5%の獲得が基本となる。還元率としては魅力的。

ニモカ
1ヶ月の乗車料金に対して1%還元。月間乗車回数21回目からは還元率が2%にアップ、さらに41回目からはポイント還元率3%と、乗れば乗るほどお得に。

バス・熊本市電・筑豊電鉄のポイント還元率は2%(昭和バスのみ5%)

月間の利用金額が2,000円を越えると50ポイント、4,000円を越えると100ポイント。利用金額に応じてボーナスポイントももらえます。(利用金額がさらに増えれば段階的にボーナスポイントも拡大)

ニモカ加盟店で電子マネーやクレジット支払いをするとポイント獲得。支払いは現金で行い、電子マネーやクレジットカードを提示するだけでもOK。(還元率はお店によって異なる)

提携クレジットカードで買い物をしたり、オートチャージ機能を使ってチャージをすると、1,000円ごとに3ポイント。(ゴールドカードなど一部のカードは1,000円で5ポイント)(オートチャージ時、チャージしたニモカ利用時の両方でポイントが獲得できるため、いわゆるポイント二重取りが可能)

※ニモカ提携クレジットカードは、オートチャージ時に0.3%還元のものが多いので、ポイント二重取りで1.3%の獲得が基本となる。にしてつグループバス・熊本市電・筑豊電鉄での利用が多いならお得度は最強だが、その他の電車利用に限定するとスゴカの方が還元率は高くなる可能性が高い。

デザインで人気なのはニモカ

nimoca

毎日使うICカードだからこそ、デザインにもこだわりたいですよね。

一番好みのデザインで選ぶのが一番なのですが、ネットの意見なども踏まえてまとめてみたいと思います。

ニモカ
キャラクターはフェレット。とにかく「可愛い」と人気です。

スゴカ
キャラクターはカエル。ネットでもキャラクターについて特に意見はありません。JMB JQ SUGOCAのようなクレジットカード一体型のカードは、券面にキャラクターが描かれていないシンプルなカードなので、大人の人でも持ちやすいと思います。

はやかけん
電子マネーのキャラクターは存在せず、福岡市地下鉄のキャラクター「ちかまる」を採用。ちかまるが「可愛いとは言えないけど謎なキャラクター」として「ブサカワ」人気がある印象です。

まとめると

まとめ

選ぶポイントとして最も重要なのは「あなたがどの交通機関を利用することが多いのか?」に尽きます。

その上でさらに比較をするのであれば、発行枚数が多くキャラクター人気も高い「ニモカ」、そしてポイント還元に強みがあり、年会費無料でオートチャージ機能が付けられる「スゴカ」のどちらかを選択するのがおすすめです。

はやかけんは発行枚数が少なく、オートチャージ機能がありません。さらにクレジットカード連携ができず、現金チャージのみに対応しているため、チャージ時にポイントを獲得することができないのでネックです。

ただし、福岡市地下鉄の乗車では2%以上のポイントが貯まることから、地下鉄利用が多い人にとっては、はやかけんもベストな選択肢になりえます。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由