交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由

電子マネーの比較

大阪でも名古屋でもSuica

ICOCAやmanacaなどを使う時代はもう終わったのかもしれません。

関東でもそれ以外の地方に住んでいても、電子マネーSuicaを選んでおけば間違いありません

交通系ICカードは全国相互利用がスタートしています。全国どこでも、改札の通過・電子マネー支払いができるので、「もはやどの交通系ICカードを持っても同じなのではないか?」と思っている人も多いと思います。

しかしApple Payの登場によって、関東だけでなく関西や九州、北海道など、どこに住んでいてもSuicaが一番お得な電子マネーになりつつあります

そのカギとなるのが、モバイルSuicaの存在です。

今回は、なぜ電子マネーSuicaを選ぶのが一番お得なのか、その理由についてまとめます。

※PiTaPaのみ電子マネーの相互利用は対応していません

これまで生じていた問題

困る

以前から、全国どこでも電子マネー・交通ICカードを使うことはできたものの、ポイントが獲得できるのはそのエリアのみであることが多いという問題がありました。

例えば、名古屋のmanacaエリアの改札をSuicaで通過したり、manaca電子マネー支払いができるお店でSuicaでの支払いは可能です。

しかし、名古屋市交通局のエリアをmanacaで通過するとポイントが貯まります。関西なら、電子マネーICOCA提携店においてICOCA支払いをするとポイントが貯まります。しかしエリア外のSuicaでは、こうした特典は受けられません。

このように、エリア特有のポイントがあるので、あえて地方でSuicaを使うメリットは感じられませんでした。

また、オートチャージの問題もあります。

九州の西日本鉄道(にしてつ)を利用する場合、nimoca(ニモカ)を使っていればオートチャージ機能が使えます。

しかし、Suicaのオートチャージが適用されるのは首都圏だけなので、地方で使う場合は、券売機やコンビニで定期的に現金チャージをする必要がありました。

  • エリア特有のポイントが付かない
  • オートチャージが使えない

上記の問題から、やはりJR西日本ならJR西日本が発行している交通系ICカード・電子マネーを使うのが一番お得ということになっていました。

Apple Payの登場で問題は一気に解消へ

Apple pay

この状況を大きく変えたのがApple Pay(アップルペイ)の存在です。

Apple Payは、iPhone7以降の機種で利用できるサービスで、iPhoneにおサイフケータイ・交通系ICカード機能を付けることができます。

簡単に言うと、これまではiPhoneでは使えなかった「モバイルSuica」がようやくiPhoneでも使えるようになったということです。

Apple Payにいち早く対応を表明したのが「Suica」です。

Suicaは以前から「モバイルSuica」として、おサイフケータイ対応のAndroid携帯(またはガラケー)にモバイル機能を提供していました。

モバイルSuicaを使うと、携帯電話をタッチするだけで改札が通過できたり、コンビニ等で支払いができるようになります。カードを持ち歩く必要がなくなります。

完全に出遅れてしまう地方の交通系ICカード

ここで困ったのが、地方の交通系ICカードの発行事業者です。

多くの交通系ICカードの事業者はモバイル機能を提供していません

Suica以外の交通系ICカード事業者は「カードありきの対応」しかしてこなかった

  • モバイルICOCA
  • モバイルnimoca
  • モバイルmanaca

などはすべて存在しません

また、関東でもPASMOは「モバイルPASMO」を提供していません

唯一、モバイルSuicaだけが携帯との連携に対応した電子マネー・交通系ICカードです

Apple Payの登場によって、モバイル支払い・改札の通過は一気に普及します。しかし、現在モバイル機能を提供していない交通系ICカード事業者が新機能としてモバイルに対応するには、相当な年月がかかると予想されます。

もう、完全に出遅れの状態です。

モバイルSuicaでポイントもオートチャージも完結

モバイルSuica

地方の交通系ICカードがモバイル対応できていない中で、このように考える人もいるかもしれません。

もしSuicaに切り替えても、「オートチャージが使えない」、「エリア特有のポイントが付かない」から地方の交通系ICカードを使うメリットも少なからずあると。

私自身、これまではPiTaPaを使っていましたので、同じように思いました。そんなにメリットがないなら、わざわざ交通系ICカードを乗り換えるのは面倒ですからね。

しかし、このデメリットもモバイルSuicaによって完全に攻略されてしまいます。

以前から、おサイフケータイに対応しているAndroid携帯を使っている人は「モバイルSuicaが最もお得である」ことを知っていました。

しかし日本人の多くはiPhone利用者であり、iPhoneではモバイルSuicaが使えないという理由から、モバイルSuicaはそこまで普及していませんでした。

この問題がApple Payの登場でついに解決したのです。

スマホから一発でオートチャージが可能に

スマホでチャージ

エリア外ではオートチャージ機能が働かないというのは今でも変わりません。

しかし、モバイルSuicaを使うと、スマートフォンからいつでもチャージができるようになります。

オートチャージではありませんが、いつも持ち歩いている携帯でワンタッチでチャージができれば、不便ではありませんよね。

Apple Payが使えるのはiPhone7以降の機種に限定されますが、「モバイルSuica + iPhone」なら、どこに住んでいてもオートチャージと同じくらい便利に使えます。

ビューカードを連携するとポイント3倍

ビューカード

電子マネーSuicaは、JR東日本が発行しているクレジットカード「ビューカード」と連携すると一番お得です。(ビューカードはSuica一体型として使えます

ビューカードを使ってチャージをすると、ビューサンクスポイントが通常の3倍貯まります。(ポイント還元率は1.5%以上)

携帯からのチャージであれば、大阪でも北海道でも、どこからチャージしてもポイントの対象です。

ビューサンクスポイントは電子マネーSuicaに充当して消化できるので、使いみちにも困りません。

モバイルSuicaの年会費が無料に

さらに、ビューカードを使うとモバイルSuicaの年会費が無料になります。

モバイルSuicaはその便利さから、年会費1,030円が必要となるサービスです。しかし、ビューカードを持っている人はモバイルSuicaを無料で使うことが可能です。

また、SuicaカードはJR東日本エリアに行かないと入手できませんが、ビューカードならWEB申し込み+郵送受取で発行できるので、地方に住んでいる方でも10日程度ですぐに入手できます

大阪でモバイルSuicaを使うケースを考えてみる

改札の通過

では、大阪に住んでいる人がモバイルSuicaを使うケースを考えてみます。

大阪では交通系ICカード・電子マネーのICOCAやPiTaPaが普及していますが、いずれもモバイル対応はしていません。

PiTaPaにはオートチャージ機能がありますが、ICOCAにはオートチャージがありません。現在、SMART ICOCAを使っている人は、定期的に券売機に出向いて「クイックチャージ」を使っていると思います。

しかし、おサイフケータイ対応の携帯や、iPhone7以降の機種を持っていれば大阪でも「モバイルSuica」が使えます

モバイルSuicaなら携帯ひとつで歩きながらでもチャージができます。もうわざわざ券売機に行く必要はありません。

また、ビューカードと連携していればチャージ時に通常の3倍のポイント(還元率1.5%)が貯まります。

もちろん、携帯だけで電子マネーも改札の通過もできるのでカードを持ち歩く必要がなくなります

PiTaPaやICOCAを使うよりも快適でポイントも貯まる、これがモバイルSuicaの威力です。

※PiTaPaは電子マネーの相互利用は対応していません

ビューカードを年会費無料で使うには

ビックカメラSuicaカード

電子マネーSuicaをお得に使うのであれば必須と言って良いほどメリットの大きいビューカードですが、デメリットも少なからず存在します

ビューカードのデメリットは、原則として年会費がかかるということです。

ビューカードシリーズの中では定番となる「ビュー・スイカカード」だと477円+税の年会費が必要です。

しかし、クレジットカードに年会費は支払いたくないですよね?

そこでおすすめしたいのが、「ビックカメラSuicaカード」という、家電量販店のビックカメラとの提携カードです。

ビックカメラSuicaカードなら、

  • 初年度は年会費無料
  • 2年目からは1年に1回でもカードを使えば年会費無料

で使えます。つまり、実質的には年会費無料で使えます。

Apple Payの大本命」と言われているクレジットカードです。

ビックカメラでもお得な最強カード

ビックカメラSuicaカードの説明

ビックカメラSuicaカードは、公式のビューカードとなるので、Suicaチャージでポイントが3倍貯まります。

また、コンビニやスーパーなどで買い物をする時に使えば、ビックポイントとビューサンクスポイントがダブルで貯まります。(還元率は1.0%)

さらにビックカメラでSuica支払いをすると10%のポイント還元が受けられる特典があります。

「Suicaチャージで1.5%還元 → ビックカメラでチャージしたSuicaで支払いで10%還元 → 合計11.5%還元」という、ポイント還元で考えても大きなメリットがあるクレジットカードです。

実際、数あるビューカードの中でも、ビックカメラSuicaカードはダントツで一番人気があります。

関東はもちろん、地方で使う場合でも、これからは「ビックカメラSuicaカード + モバイルSuica + iPhone7以降の機種(またはおサイフケータイ対応携帯)」が一番お得な電子マネーの使い方になります。

【2017年7月31日までの期間限定キャンペーン】
ビューカード会員数500万人突破記念につき最大7,000ポイントがもらえます。