関西で使うならICOCAとPiTaPaメリットが大きいのはどっち?

電子マネーの比較

ICOCAとPiTaPaの比較

関西の交通系ICカード・電子マネーではICOCAとPiTaPaが2強です。ICOCAはJR西日本が展開しており、PiTaPaは大阪市営地下鉄をはじめとする関西の私鉄が展開しているICカードです。

関東にもSuica派とPASMO派がありますが、同じように関西にもICOCA派とPiTaPa派に分かれます。では、メリットデメリットで比較するとどちらがお得なのでしょうか。

ICOCAとPiTaPaはどちらがお得か比較してみた

様々な点から、ICOCAとPiTaPaを比べてみました。

プリペイド型とポストペイド型の違い

券売機でチャージ

大きな違いとしてプリペイド型とポストペイ型であることがあげられます。

ICOCA
プリペイド(前払い方式)なので、事前にチャージしてから使う。

チャージしてからしか使えないので、自動券売機やみどりの窓口ですぐに発行してもらえるのがメリット。

オートチャージ機能はなし。クレジットカードと連携するとクイックチャージが使えるが、ICOCAにオートチャージは存在しない。券売機などで定期的なチャージが必要。

PiTaPa
ポストペイ(後払い方式)なので、チャージは不要。ただし発行審査が必要

審査があるので申込から発行までに2週間程度かかるのがデメリット。

オートチャージというよりも、PiTaPaエリアでは後払い式となるのでチャージが存在せず利便性は高い。ただし、ICOCAエリアなどの交通系ICカード全国相互利用エリアではチャージが必要となる。

PiTaPaについて補足を入れておきます。
後払い方式であるPiTaPaは、発行審査があるため入手に時間がかかります。しかし、後払いなのでチャージを気にせず使える利便性の良さがメリットです。(PiTaPaエリアのみ)

PiTaPaカード内に最大2,000円のチャージができる仕組みなのですが、PiTaPaエリア内で使っている時は、このチャージ残高は一切消費されません。オートチャージ機能を設定しておくと、チャージ残高が1,000円を下回った時に自動的に2,000円までチャージされます。

では、なんのためにチャージをするのかというと。

PiTaPaエリア外(ICOCAエリアなど交通系ICカード全国相互利用エリア)で使う場合は、PiTaPa内にチャージされている残高を消費することになります。

ただし、PiTaPaエリア外ではオートチャージ機能は働かないので、チャージ残高が0円になるとのりこし精算機などで手動チャージが必要です。

PiTaPaエリアだけで使っている場合
最初に2,000円チャージされるが、そのチャージ残高は一切消費せず、すべて後払いで課金されていく。

一時的にICOCAエリアの電車を利用
チャージされた2,000円を消費して移動する。ICOCAエリアで1,500円のチャージ残高を消費し、残りが1,000円を下回っている状態でPiTaPaエリアに戻ると、改札通過時にオートチャージされ2,000円に回復。(オートチャージを設定している場合)

ICOCAエリアだけで使っている場合
PiTaPaエリア外でオートチャージ機能は働かないので、いずれ2,000円のチャージ残高が尽きる。その際は、ICOCAエリアの券売機やのりこし精算機で手動チャージをする。

審査があるという点がPiTaPaの弱みですが、「PiTaPaエリアメイン+たまにICOCAエリアを利用」くらいの使い方であれば、手動でチャージする必要がなくなるのが強みです。

ただしこれには一つワナがあります。PiTaPa内にチャージした2,000円は払い戻しができません。PiTaPaを解約する時のみ払い戻しができますが、その際に払い戻し手数料として500円+税がかかります。

ちなみに審査に落ちてしまった場合でも、「保証金預託制PiTaPaカード」が使えます。事前に一定金額を預けておく(1万円~5万円)ことで、PiTaPaカードが使えます。

もし、ICOCAエリア(JR)をメインで乗車するのであれば、クイックチャージが使えるICOCAをおすすめします。

利用額割引があるPiTaPa

利用額割引

PiTaPaの最大のメリットは利用額割引があることです。ICOCAには割引サービスがないので、大阪市営地下鉄や関西の私鉄を利用することが多いのであれば、PiTaPaを選んだほうがお得です。

利用額割引はそれぞれの鉄道会社ごとに用意されていて、事前申込が必要なものが多いです。

大阪市営交通(フリースタイル)
大阪市営地下鉄・ニュートラム・バスなど。
一般のかた(登録不要)、65歳以上のかた(登録必要)は10%OFF
学生は20%OFF(登録必要)
※月間1万円まで

阪急電鉄
1ヶ月間に同一車線の同一運賃区間を11回以上利用すると利用回数割引が適用。11回以上で10%OFF、31回以上で15%OFF。

PiTaPaエリアすべて(区間指定割引)
よく利用する1区間を事前に登録しておくと区間指定割引運賃が適用。

マイスタイル
よく利用する登録駅を2つ登録。その区間の月間運賃は6ヶ月定期の1ヶ月分と同程度が上限となる。乗る回数が多い月は定期と同額、乗る回数が少ない月は乗った分だけ支払いができるのでムダがなくなる。

※やや内容が複雑なので、もし訂正があったら教えてください

このように、利用頻度に応じて割引が適用できるのはPiTaPaが後払い方式だからこそできる強みです。特に、大阪市営地下鉄(御堂筋線・谷町線など)で1回目から10%割引になる「マイスタイル」はメリットが大きいと思います。

この点についてはPiTaPaの圧勝です。

年会費がかかる場合あり、クレジットカードとの結びつけ

クレジットカード

ICOCAには、誰でも簡単に持てる「(通常の)ICOCA」とクレジットカードを結びつけて使う「スマートICOCA」があります。スマートICOCAにすると「クイックチャージ」が使える他、ポイントなども貯められるのでお得です。

ICOCAカードの年会費はどちらも無料です。

一方で、PiTaPaは原則としてクレジットカードと結びつけて使うことになります。なぜなら、後払い方式の請求がクレジットカード請求となるからです。

ただし、(通常の)PiTaPaのように、クレジットカードを結び付けないタイプのカードもあります。こちらは、銀行引落で毎月の運賃を支払うことになります。クレジットカードを持ちたくない人はこちらを選びたいですよね。

しかし、(通常の)PiTaPaは1年間に1度も使わない場合は年会費が1,000円+税かかってしまいます。つまり、もしあなたが関東などに引越しをして、PiTaPaを使わなくなった時は忘れずに解約する必要があるとういうことです。

電子マネーの相互利用ができていないPiTaPa

電子マネー

交通系ICカードの全国相互利用と同時に「電子マネーの全国相互利用」もできるようになりました。

例えば、東京に旅行に行った時に「電子マネーSuica支払いに対応」というレジを見つけたら、ICOCAをかざしても支払えるようになっています。

しかし、全国でもPiTaPaだけは電子マネーの共通化ができていないです。これは、PiTaPaの後払いという仕組みが、全国的にみても珍しいことが原因です。

つまり、ICOCAやSuicaを持っていても「PiTaPaで支払えます」と書かれたレジでは使えません。逆に、PiTaPaを持っていても「SuicaやICOCAで払えます」というレジで電子マネーは使えません。

この点は、PiTaPaの大きなデメリットです。

まとめ

審査が必要などのデメリットはあるものの、大阪の地下鉄や阪急・阪神・京阪・近鉄などの私鉄を利用するなら利便性が高く運賃割引があるPiTaPaがお得

JRしか乗らない人や全国で使いたい人は、電子マネーの利便性が高いSMART ICOCAがお得。

それぞれにメリット・デメリットがあるものの、関西で使うなら地下鉄や阪急に乗ることは多いと思うので、個人的にはPiTaPaを選びます。

ちなみに、2013年9月時点のデータですが、ICOCAが1,000万枚なのに大してPiTaPaは245万枚と圧倒的にICOCAの支持率が高いです。この普及の背景にはやはり、PiTaPaの発行には審査が必要で時間がかかるというのが大きいようですね。

発行枚数の比較

悩ましい。。。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由