SuicaとPASMOで迷ったら?どちらを選ぶべきか比較してみました

電子マネーの比較

SuicaとPASMO

関東ではSuicaとPASMOの普及率がとても高いです。現在は交通ICカード相互利用も行わ割れているので、どちらを選んでも利用エリアが制限される心配はありません。

Suicaを持ってPASMOエリアの電車に乗ることもできますし、その逆も可能です。そしてもちろん、関西や名古屋、福岡でもこれらのICカードは使えます。

しかし、選択肢が2つあるとどちらを選んだほうがお得なのか気になりますよね。

そこで、今回はSuicaとPASMOで迷ったらどちらを選ぶべきか比較してみることにしました。

SuicaとPASMOの大きな違いまとめ

調べてみると、様々な部分で両者の違いがあることがわかりました。

発行会社が違う

山手線

これはご存知の通りですが、SuicaとPASMOは発行会社が違います。また、オートチャージ対応のクレジットカードの発行元にも違いがあります。

Suica
JR東日本が発行している交通ICカード・電子マネー。

オートチャージ対応のクレジットカードは「ビューカード」。ビューカードはJR東日本が発行。(その他イオンSuicaカードのような提携カードもあり)

PASMO
東京メトロを中心とした私鉄が発行している交通ICカード・電子マネー。

オートチャージ対応のクレジットカードはTo Me CARD(東京メトロ)TOP&ClubQ JMBカード(東急)、OPクレジットカード(小田急)など、各鉄道会社が個別に発行している。

クレジットカードのラインナップは様々ですが、ビックカメラSuicaカード、OPクレジットカードなら初年度年会費無料、2年目以降も年1回以上の利用で無料で使えます。

また、ビュー・スイカカード(年会費477円+税)もWeb明細の申込で年間600円相当のポイントがもらえるため、実質的には無料です。

クレジットカードは発行元となる各鉄道会社がそれぞれの特典を用意しているので、小田急に乗る機会が多い人ならOPクレジットカード、JRに乗る機会が多いならビックカメラSuicaカードやビュー・スイカカードを持つとメリットが活かせます。

オートチャージ時の獲得ポイントを比較

オートチャージ

クレジットカード一体型の場合、オートチャージ機能を使った時(または定期券購入時)にポイントが貯まります。この時に獲得できるポイントを比較してみると、以下のようになりました。(獲得デキるポイントを金額換算しています)

カード名 金額 備考
ビュー・スイカカード 15円 ポイント3倍、1.5%還元
ビックカメラSuicaカード 15円 ポイント3倍、1.5%還元
To Me CARD Prime 5円 0.5%還元
OPクレジットカード 5円 0.5%還元
TOP&ClubQ JMBカード 10円 1%還元

このように見ると、ビューカード(ビュー・スイカカード、ビックカメラSuicaカード)の方がお得であることがわかります。To Me CARD PrimeやTOP&ClubQ JMBカードは年会費が発生することを考えても、Suicaのビューカードは強いです。

しかしこのポイント還元率については慎重に比較する必要があります。なぜなら、PASMOには「乗車ポイント」が存在するからです。(詳しくは後述します)

クレジットカードで買い物をした場合のポイントを比較

クレジットカードで買い物

次に、クレジットカードを使って買い物をした場合にどれくらいポイントが獲得できるか比較します。

カード名 金額 備考
ビュー・スイカカード 5円 0.5%還元
ビックカメラSuicaカード 10円 ビックポイントとビューサンクスポイントが0.5%ずつ
To Me CARD Prime 5円 0.5%還元
OPクレジットカード 5円 0.5%還元
TOP&ClubQ JMBカード 10円 1%還元

Suicaの中では「ビックカメラSuicaカード」のお得感が目立ちます。一方で、PASMOの中では年会費が必要な分「TOP&ClubQ JMBカード」のポイント還元率が高いです。

電子マネー利用時に獲得できるポイント

電子マネー

Suicaには「Suicaポイントクラブ」というサービスがあります。

対象店舗は限られますが、電子マネーで買い物をした場合にポイントが獲得できることがあります。

Suica(ビュー・スイカカード、ビックカメラSuicaカード)
0.5%~1%のポイントが貯まります。JR東日本の運営店舗、スリーエフ、イトーヨーカドー、タイムズなど、対象施設は多めです。また、クレジットカードを持っていない人でも貯めることができます

PASMO
電子マネー利用時にポイントは獲得できません。ただし、PASMO一体型クレジットカードを使うとポイントの獲得が可能です。

To Me CARD Prime
東京メトロの自販機で電子マネーPASMOを使うと1%、売店などの駅内店舗は0.5%。

OPクレジットカード
小田急グループ運営施設で電子マネーを使うと1%還元。

TOP&ClubQ JMBカード
0.5%還元。東急線の駅売店や自販機など。

クレジットカードを持たないならSuica、クレジットカードを使う前提で考えると「あなたがよく利用する沿線のカード」がお得になってくると思います。

乗車ポイントが貯まるPASMO

乗車

こちらも一体型クレジットカードを持っていることが前提となる比較です。

ビューカードには乗車ポイントがありませんが、PASMO一体型のクレジットカードには乗車ポイントがあります。(その分ビューカードはオートチャージ時のポイント還元が大きくなっています)

To Me CARD Prime
平日10ポイント、休日20ポイント。(1日の電車賃が1,000円だと考えた場合、平日1%、休日2%還元に相当)

OPクレジットカード
小田急線の月間利用金額によって還元率が段階的に変わる。月間1,360円以上の乗車なら1%、2万円以上の乗車で7%還元。

TOP&ClubQ JMBカード
東急百貨店などに設置されている「乗ってタッチTOKYUポイント専用端末」にタッチすると1日10ポイント。

乗車ポイントで考えるとPASMOがお得です。しかしこの比較も慎重に検討する必要があります。

まずは前述のとおり、ビューカードは乗車ポイントがない代わりに、オートチャージ時のポイント還元率が高くなっていることです。

そして、PASMOの乗車ポイントが発生するのは各鉄道に乗った場合に限られますが、Suicaの場合はオートチャージ金額に対してポイントが付与されるので、実質的にはあらゆる鉄道の乗車金額がポイントの対象になっていると言えます。

例えばですが、小田急線に乗る機会がすごく多いという方にとってはOPクレジットカードが圧倒的にお得、しかしJRを含めて色々な沿線にまんべんなく乗るのであればSuicaの方がお得になるのではないかというのが管理人の考えです。

モバイルPASMOは存在しない

モバイルSuica

Suicaには「モバイルSuica」の機能があります。

これは、モバイルSuica対応携帯を使っている人なら、カードを持たなくても携帯をかざすことで改札を通れたり、電子マネーSuicaで買い物ができる機能です。「携帯とSuicaの一体型」という感じです。

もちろん、モバイルSuicaでもPASMOエリアの改札を通過できます。

一方で、PASMOにはモバイル機能が存在しません。つまり、カードを持ち歩かずに携帯で改札を通ったり、おサイフケータイで買い物をしたいと思ってもできないのです。

もしあなたが、携帯に交通IC・電子マネー機能を組み入れて使いたいのであれば、Suicaを選ぶ必要があります。

ちなみに、iPhoneの場合、iPhone7以前の機種はモバイルSuicaに対応していません。

発行枚数はSuicaの方が多い

SuicaとPASMOの発行枚数の比較

発行枚数で比較すると、2015年10月時点のデータで、

  • Suica 5,750万枚
  • PASMO 2,350万枚

となっており、SuicaがPASMOの約2倍の発行枚数となっています。結構差が開いている状態なので、恐らくこの差が逆転することは当面ないでしょう。

また、加盟店数もSuicaに軍配が上がります。

結論を出します

頻繁に利用する鉄道によってどちらの電子マネーがお得か変わってくるので、しっかりとした比較が必要です。

ただし、全体的な視点でみると「Suica」に軍配が上がっていると私は思います。

それを象徴しているのが電子マネーの発行枚数で、2:1程度の差があることからも、6割の人はSuicaを選ぶのが正解、3割の人はPASMOを選ぶのが正解という結果になると思いました。

もし、Suicaを選ぶのであれば実質年会費無料で使える「ビックカメラSuicaカード」がおすすめです。当サイトの申込数を調べてみても、ビックカメラSuicaがダントツの人気でした。