ICOCA(イコカ)

電子マネー一覧

ICOCA

交通系ICカード「ICOCA(イコカ)」はJR西日本が展開しています。

現在は交通系ICカードの全国相互利用ができるようになっているので、東京や福岡、北海道などでもICOCAを利用できますし、また電子マネーとして使うことで買い物にも役立つICカードです。

ICOCAにはいくつかの種類があります。

  • (通常の)ICOCA
  • クイックチャージ可能なSMART ICOCA

の2種類に加えて、「こども用」と定期券を印字した「ICOCA定期券」のラインナップとなっています。

ICOCAは同じくJR西日本が発行するクレジットカード「J-WESTカード」などと合わせて使うとよりお得になります。関西圏で使うのであればやはり、ICOCAかPiTaPaのどちらかということになるでしょう。

レジでの合言葉は「ICOCAで払います」。

iPhone7 最新情報
電子マネー「ICOCA」は現在、Apple Payへの対応について表明していません。

一説によると「検討していない」とのことで、サービス開始となる2016年10月からの利用は難しいと思います。

交通系ICカード全国相互利用ができるため、ICOCAエリアでもSuicaが使えます。

ビューカード(Suica一体型の公式クレカ)に申込むことで、関西圏に住んでいてもSuicaを入手できます。また、ビューカードを登録しておくと、iPhoneからワンタッチでチャージができるので、ポイントも3倍貯まってお得です。

詳細については調査中ですが、ICOCAが今後もApple Payに対応しない場合、関西に住んでいる人にとっても「Suica+ビューカード」の優位性がかなり高まると考えています。

SuicaをiPhone7に登録すると、おサイフケータイとして使えます。また、iPhoneだけで改札の通過も可能となります。

新しい情報が入り次第更新します。

電子マネーICOCAの特徴

ICOCAを語る上で外せないのがクイックチャージに対応した「SMART ICOCA(スマートイコカ)」の存在です。(ちなみに、ICOCA・SMART ICOCAともにオートチャージはできません

ここでは、ICOCAの基本的な使い方からSMART ICOCAとの違いまでをわかりやすくまとめます。

全国相互利用によりICOCA一枚で完結

交通系ICカード

現在は交通ICカード全国相互利用ができるようになっています。

よって、ICOCAを持っていれば全国どの鉄道会社の電車も乗車できますし、またICOCA電子マネーも全国で使えます

例えば、東京に行った時に「電子マネーSuica払いOK」のお店があったとしても、「ICOCAで払います」で電子マネー支払いをすることが可能です。

電子マネーも全国で使えるようになったため、ICOCAは電子マネーとしてもかなり役立ちます。これまで改札の通過にしかICOCAを使っていなかった人は、電子マネーとしても積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

ただし、注意点として抑えておかなくてはらないことがいくつかあります。

  • PiTaPa電子マネーには対応していない
  • 新幹線は乗車できない

交通系ICカードが相互利用された現在でも、全国的に見てPiTaPaだけは特殊な存在です。なぜなら、PiTaPaの電子マネーは相互利用に対応していないからです。

ICOCAでPiTaPaエリアの電車に乗ることはできるのですが、「電子マネーPiTaPa払いOK」のお店でICOCAをかざしてもエラーになってしまいます。

また、エリアをまたがっての利用や、新幹線の乗車には使うことができません。これらはすべての交通系ICカードに共通する問題なので、ICOCAが特別使えないということではありません。

定期的なチャージが必要

券売機でチャージ

ICOCAは事前チャージ型の電子マネーなので、残高がなくなる前に定期的にチャージをする必要があります。

ICOCAを初めて買う場合は2,000円を支払います。(JR西日本エリアのみどりの窓口や自動券売機で買うことができます)この2,000円のうち、1,500円が初回チャージに回され、残り500円は解約時に返金される仕組みです。

つまり、ICOCAカードそのものは無料で手に入れられるということです。

ICOCAのチャージは以下のやり方があります。

  • チャージ専用機
  • 自動券売機
  • のりこし精算機
  • お店(コンビニなど)

慣れると自動券売機などで自分でチャージした方が早いですが、最初はコンビニなどでお店の店員さんにチャージしてもらうと安心です。ローソンやセブンイレブン、ファミリーマートなど全国展開しているコンビニはすべてICOCA払いに対応しています。

レジの店員さんに「ICOCAのチャージをお願いします」と言ってカードとチャージ金額を渡すだけでOKです。ICOCAのチャージ金額は最大2万円までとなっています。

SMART ICOCAでクイックチャージする

定期的にICOCAにチャージをするのは正直言うと面倒です。ICOCAは最大2万円しかチャージできないので、定期的に現金を持って自動券売機などでチャージしなくてはなりません。

しかし、クイックチャージが可能なSMART ICOCAに切り替えることで、これらの問題を解決することができます。

残念ながらSMART ICOCAにもオートチャージ機能は付いていませんが、その代わりに「クイックチャージ」が使えます。(通常のICOCAと同じく、入金機・自動券売機・お店(コンビニなど)・のりこし精算機でもチャージできます)

クイックチャージ機にSMART ICOCAを入れて、希望するチャージ金額をタッチするだけですぐにチャージが完了します。現金やクレジットカードは一切不要なので、SMART ICOCAの残高が気になった時にいつでもチャージできます。

また、電車や電子マネーの利用金額に応じてポイントが貯まるのもメリットです。

しかし、SMART ICOCAはクレジットカードと結びつける必要があるため、「J-WESTカード」を始めとするSMART ICOCA対応のクレジットカードを準備する必要があります。

SMART ICOCAでポイントを貯める

SMART ICOCA

SMART ICOCAを使うと、チャージ不要となるだけでなくJ-WESTポイントも貯まります。

J-WESTポイントが貯まるタイミング

電車利用で
JR西日本のICOCAエリアの電車を利用した場合に限り、月間の利用運賃200円ごとに1ポイントが貯まります。(ポイント還元率は0.5%) ICOCAエリア外の電車利用ではポイントは貯まらないので注意です。

電子マネー利用で
J-WESTポイント加盟店で電子マネーICOCAを使って買い物をすると、200円ごとに1ポイントが貯まります。(ポイント還元率は0.5%)

代表的なJ-WESTポイント加盟店はクロネコヤマト、ロフト、関西圏のイトーヨーカドーなどです。

いずれも還元率は0.5%ですが、貯まったJ-WESTポイントは1ポイント=1円相当としてSMART ICOCAのチャージ残高に充当することができます。

J-WESTカードでポイントの2重取り

J-WESTカード

J-WESTカードを始めとするクレジットカードを使うと、SMART ICOCAのポイント2重取りができます。簡単に説明すると以下のような仕組みになります。

1.J-WESTカード
クレジットカードで支払うと利用金額に対して0.5%のJ-WESTポイントを還元。また、SMART ICOCAにチャージした場合も対象となる。(SMART ICOCAはJ-WESTカードなどのクレジットカードと結びつけて使うため、チャージ分は後日クレジットカード請求として引き落とされる)

つまり、SMART ICOCAへのチャージで0.5%のポイントをゲットできる。

2.SMART ICOCA
次に、チャージしたSMART ICOCAを使ってICOCAエリアの電車に乗車したり、J-WESTポイント加盟店で電子マネー支払いをすると、同じように0.5%のポイントがもらえる。(上記で説明の通り)

両者を合わせると、「SMART ICOCAへのチャージ時」「チャージしたSMART ICOCA利用時」の両方で0.5%ずつポイントが貯まるため、実質1%の得となる。

この仕組みを「ポイントの2重取り」といいます。

しかし、ポイント還元率をさらに上げるにはJ-WESTカードではないクレジットカードを使った方が得策です

SMART ICOCAはJ-WESTカードでなくては使えないというのは間違いです。ポイント還元率が高いクレジットカードを使うことで、さらに多くのポイントを獲得できます。

SMART ICOCAで最も多くのポイントを手に入れるには

クレジットカード

SMART ICOCAとJ-WESTカードを結びつけて使っている人が多いと思いますが、よりポイント還元率の大きいクレジットカードと結びつけることで、獲得できるポイントもアップします。

SMART ICOCA利用で得られるポイントを最大化できるクレジットカードをまとめると以下のようになります。

J-WESTカード
JR西日本の公式カード。チャージ時に0.5%、SMART ICOCA利用時(ICOCAエリア乗車・加盟店での電子マネー利用)に0.5%で合わせて1%のポイント還元。ポイントがすべてJ-WESTポイントで貯まるのがメリット。

また、OSAKA STATION CITY J-WESTカードを選ぶと、ルクア大阪、大丸梅田店などのJR大阪駅の施設で最大3%のポイント還元が受けられるのが強み。

Yahoo!JAPANカード
Yahoo!JAPANが発行している年会費無料のクレジットカードで、「日本一Tポイントが貯まるカード」です。Yahoo!JAPANカードはTポイントで1%の還元が受けられるのが特徴。

チャージ時に1%(Tポイント)、SMART ICOCA利用時に0.5%なので合わせて1.5%のポイントがもらえます。

特徴としては、Yahoo!ショッピングやLOHACOで使うと3%のポイント還元が受けられること、またTカード一体型なのでファミリーマートでカードを提示するだけでもTポイントが貯められるのがメリットです。

REXカードLite
価格.comが発行しているREXカードの年会費無料版。いつ、どこで使っても1.25%ポイント還元。チャージ時に1.25%(REXポイント)、SMART ICOCA利用時に0.5%なので合わせて1.75%のポイントが貯まります。

SMART ICOCAチャージでのポイント還元率を少しでも高くしたいなら、REXカードLiteが最強です。

上位カード「REXカード」を使うと還元率は1.5%になりますが、こちらは年会費がかかります。

REXカードで貯めたポイントは「Jデポ」に交換して1ポイント=1円でクレジットカードの請求時値引きに使うことができます。

リクルートカード
REXカードと並んでポイント還元率の高いカードとして評判のリクルートカード。こちらも年会費無料で使えます。ポイント還元率は1.2%なので、SMART ICOCA利用時の0.5%と合わせて1.7%の還元率となります。

付与されるのはリクルートポイントと言って、じゃらんやホットペッパーで使えるポイントなのですが、あまり使いみちがないポイントと言われる事が多いです。。。

ただし、リクルートポイントはローソン系の「Pontaポイント」と相互交換できるので、貯まったポイントはPontaに変えて使うというのが、良い方法だと思います。

口コミ情報

クチコミ

電子マネー「ICOCA」に関する評判を集めてみました。実際に使っている人の口コミ情報を元に、お得な使い方を調査します。

管理人はこう思う

関西の交通ICカードはJR西日本のICOCAと大阪市交通局のPiTaPaに分かれます。(東京で言うとSuicaとPASMOのような感じです)

ただ、2013年のデータではICOCAが1,000万枚以上の発行数であるのに対し、PiTaPaは245万枚となっており、関西では圧倒的にICOCAが優勢です。

ICOCAを使うには定期的なチャージが必要となります。チャージの度に現金が必要なので面倒です。しかし、クレジットカードと結びつけたSMART ICOCAを使うことで、現金などが一切不要の「クイックチャージ」ができます。

また、SMART ICOCAはクレジットカードのポイントとSMART ICOCAのポイントが両方貯まるのでお得です。

ただ、ICOCA・SMART ICOCAにはオートチャージ機能が付いていないのが残念です。

ちなみに、PiTaPaならオートチャージ機能が使えます。その代わり電子マネーの相互利用ができないというデメリットもあるので、どちらを選択する方が良いのかは悩ましいところです。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由