PayPayとLINE Payの違いは?支払いやチャージ方法、ポイント還元を比較 

電子マネーの比較

PayPayとLINE Payを比較

数あるアプリ決済サービスの中でも、人気を集めているのがPayPay(ペイペイ)LINE Pay(ラインペイ)です。

どちらもバーコードやQRコードを利用した「コード決済」に対応していますが、詳しく見てみると、利用方法や使えるお店が違います。

今回はスマホ決済サービスを始めたい人向けに、PayPay(ペイペイ)とLINE Pay(ラインペイ)のメリットデメリットについて比較してみたいと思います。

運営会社と利用に必要なアプリ

PayPayの利用登録

PayPayはソフトバンクとヤフーが共同出資しているモバイル決済サービスです。

Yahoo!ウォレットのスマホ決済サービスを前身としており、利用には「PayPayアプリ」または「Yahoo! JAPANアプリ」のインストールが必要になります。

Yahoo!IDを登録することで、PayPay残高やYahoo!マネーを支払先として設定できます。

LINEのウォレット

LINE PayはLINEが展開しているモバイル決済サービスです。

既にLINEアプリを利用されている方は[ウォレット]タブにある「LINE Pay LINE Payをはじめる」から利用手続きが行なえます。

決済方法はコード決済に対応

スマホ決済サービス

PayPay
・コード決済(コード表示/読み取り)

LINE Pay
・コード決済(コード表示/読み取り)
・QUICPayによるかざして支払い(Android向けスマホのみ)
・国際ブランド付きプリペイドカード(LINE Payカード)
・オンライン決済

スマホを利用した決済サービスは「かざして支払い」と「コード決済」の2種類があります。

PayPayはコード決済、LINE Payはコード決済とかざして支払いの両方が使えます。

コード決済では、アプリにバーコードを表示してお店側がスキャナーで読み取ったり、店頭に提示されているQRコードをカメラ機能で読み取ったりすることで、支払いが行なえます。

▼コード支払い

コード支払いの利用方法
1.アプリ画面のバーコードを店員さんに提示する
2.店員さんがバーコードをスキャナーで読み取る
d払いも同じ決済方法です。

▼スキャン支払い

スキャン支払いの利用方法
1.お店が提示するQRコードをカメラで読み取る
2.会計金額を入力する(金額を店員さんに確認してもらうとGOOD)
3.[支払う]をタップして、店員さんに支払い完了の画面を見せる
楽天ペイの「QRペイ」やOrigami Payと同じ方法で支払います。

そのため、おサイフケータイやApple Payのような「かざして支払い」と比較すると、会計時のスピード感はありません。

ただし、NFCやおサイフケータイ機能が搭載されていない端末(例:格安スマホやタブレットなど)でも、モバイル決済が使えるのは便利です。

機種変更時も引き継ぎがきちんとできていれば、継続利用できるので手間がありません。

LINE Payは決済方法が多い

LINE Payはコード決済、かざして支払い(QUICPay)、JCB付きプリペイドカード、オンライン決済と、複数の決済方法が利用できます。

そのため、LINE Pay一つで多くのお店の支払いに使えます。

◆かざして支払い(QUICPay)

QUICPay

Googleのスマホ決済サービスGoogle Pay(グーグルペイ)に、LINE Payを登録することで、QUICPayを利用した「かざして支払い」ができます。

利用にはFeliCa(おサイフケータイ)対応のAndroid向けスマホと、アプリ「おサイフケータイ」、「Google Pay」のインストールが必要になります。

そのため、iPhoneユーザーは利用できません。

Google Payは電子マネーやポイントカードの管理と利用が一括でできるアプリです。

QUICPay以外にも、Suicaやnanaco、楽天Edy、WAONといった主要のプリペイド型電子マネーが使えます。

支払い時は「QUICPayで」と伝えて、読み取り機にスマホをかざすことで、QUICPay払いが行なえます。

利用金額はLINE Payから支払われる形です。

こちらも読みたい:Google PayでSuicaやnanacoなど電子マネーの支払いが可能に、チャージや使い方を徹底紹介

◆LINE Payカード

LINE Payカード

LINE Payでは、LINE Payカード、いわゆる「国際ブランド付きプリペイドカード」も発行できます。

国際ブランド付きプリペイドカードは、クレジットカードの決済システムを利用しています。

LINE PayカードはJCB付きプリペイドカードのため、JCB加盟店であれば、国内外・実店舗・ネット通販を問わず、支払いに使えるので、利用可能な範囲が大きく広がります。

(LINEアカウントが本人確認前の場合は、海外では使えません)

LINE Payカードを実店舗での支払いに使う場合は「クレジットカード払いでお願いします」と伝えればOKです。

クレジットカードとは違い、LINE Payにチャージされた金額分しか使えず、どれだけ使ったのかがアプリで確認できるため、使い過ぎの防止に役立ちます。

ちなみに、LINE PayカードにICチップは搭載されていません。

決済端末にカードを入れてスライドさせて、磁気ストライプに記録された情報を読み取ることで、支払いが行なえます。

◆オンライン決済
一部のネット通販サイトでは、LINE Payでのオンライン決済にも対応しています。

ZOZOTOWNやLINE STORE、HMV ONLINE、honto、出前館など。

支払い時に「LINE Pay」を選ぶことで、LINE Pay残高から支払いが行なえます。

他にも請求書に印刷されたバーコードを読み取ることで、公共料金や通信販売などの支払いが行なえる「LINE Pay 請求書支払い」も利用できます。

まだ一部の公共料金や企業しか対応していませんが、わざわざコンビニまで行くことなく、自宅でも料金支払いができるのは楽です。

一方、PayPayは公共料金や税金の支払いには対応していません。

使えるお店はLINE Payの方が多い

PayPayとLINE Payが使える主なお店は以下の通りです。

PayPay LINE Pay
コンビニ ファミリーマート、ミニストップ、ポプラ ローソン、ファミリーマート
ドラッグストア アインズ&トルペ、ドラッグ新生堂 ツルハ、ココカラファイン、サンドラッグ
百貨店 阪急百貨店、阪神百貨店
家電量販店 ヤマダ電機、エディオン Joshin
生活 ジーンズメイト、earth music&ecology、マックハウス、メガネドラッグ、メガネスーパー ゲオ、セカンドストリート、ロフト、ビッグエコー、カラオケ広場
飲食店 モンテローザ(白木屋・魚民・笑笑など)、ワタミ(和民など) モンテローザ(白木屋・魚民・笑笑など)、ワタミ(和民など)
その他 オンライン決済
JCB加盟店(LINE Payカード)
QUICPay加盟店(Google Pay)

最新情報はLINE Payが使えるお店やPayPay Mapで確認ください。

LINE Payはオンライン決済やJCB加盟店、QUICPay加盟店でも使えるため、利用可能な範囲が広いです。

一方、PayPayはお店向けに「店舗が負担する決済手数料を3年間無料」の特典を設けており、個人店を中心に使えるお店が拡大するように思います。

PayPayMap

個人的にはPayPay MapでPayPayが使えるお店が地図上で表示されるのは便利です。

[ここに行く]をタップすると、現在地から目的地までの行き方が検索できます。

利用金額の支払い(チャージ方法)方法

PayPay、LINE Payともに、残高をチャージして支払いに利用する「プリペイド型電子マネー」と同じような利用方法です。

利用前にクレジットカードや銀行口座から希望額をチャージ(入金)して、残高の範囲内で支払いが行なえます。

PayPay
PayPay残高、Yahoo!マネー、クレジットカード(VISA、Master、JCBは一部のみ可)、ポイント(PayPayボーナス)

LINE Pay
銀行口座、コンビニや銀行ATMからチャージ、クレジットカード(VISA、Master、JCB、American Express、Diners Club)、ポイント(LINEポイント、Pontaポイント)

PayPayはYahoo!JAPAN IDと連携することで、Yahoo!ウォレットに登録した銀行口座やコンビニからチャージできます。

クレジットカードを登録すると、不足している金額分だけ、PayPay残高にチャージされて支払いに使える形です。

そのため、キャンペーンで[5,000円以上のチャージで、1,000円相当のPayPayライトを付与]という場合は、銀行口座などからチャージをする必要があります。

ちなみにPayPay残高に唯一チャージ可能なクレジットカードは、Yahoo!JAPANカードです。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo!JAPANカードからチャージすると、チャージ金額の1%分のTポイントが貯まるので、銀行口座からチャージするよりもお得感があります。

一方のLINE Payは、コンビニやセブン銀行ATMなどで現金チャージがしやすい印象があります。

リアルカードを利用したチャージにも対応しているため、従来のプリペイドカード型電子マネーに近い感覚で利用できます。

LINE Payにクレジットカードを登録すると、LINE STOREやオンライン決済などで、クレジットカード払いが使えます。

チャージや送金には使えないので「カード利用でポイントの2重取り」のテクニックを使う機会は少ないと思います。

ちなみに、Apple Payや楽天ペイ、Origami Pay、d払いなど、先発のスマホ決済サービスは、クレジットカードと紐付けた後払い型に対応しています。

後払いの仕組み

そのため、事前チャージの必要がないというメリットがあります。

貯まるポイント

PayPayとLINE Payともに、利用金額に応じたポイント還元が受けられます。

支払い先にクレジットカードを登録していれば、カード会社のポイント還元の対象にもなり、ポイントの2重取りも可能です。

ただしLINE Payはクレジットカードで支払えるのが、一部に限られているため、恩恵はあまり受けにくいです。

PayPay:3月末まで20%還元

PayPay20%キャッシュバック

支払いごとに全額キャッシュバック

PayPayの通常還元率は0.5%ですが、2019年3月まで20%還元を実施しています。

さらに40回に1回の確率で支払額の全額還元のチャンスがあります。

またソフトバンクとY!mobileのユーザーは10回に1回、Yahoo!プレミアムのユーザーは20回に1回の確率で全額還元されます。

還元額上限は「20%還元が毎月5万円、全額還元が月10万円まで」と制限がありますが、それでもかなり大きな割引額と言えます。

LINE Pay:7月末まで最大5%還元

LINE Payのポイント制度「マイカラー」は、「決済金額」と「送金人数」でポイント還元率が変わります。

毎月の利用頻度に応じて、0.5%~2%分のポイントが貯まります。

2019年7月末までは、LINE Payのコード払いを利用した場合、ポイント付与率に3%の上乗せがあり、最大5%のポイント還元が受けられます。

ポイントの付与条件と還元率は以下の表の通りです。

ポイント還元率 適用条件
グリーン 2% 決済金額:10万円以上
送金:5人
ブルー 1% 決済金額:5万円~10万円未満
送金:3人
レッド 0.8% 決済金額:1万円~5万円未満
送金:1人
ホワイト 0.5% 決済金額:0~1万円未満
送金:0人

サービス開始当初は「支払い額の2%分のLINEポイントが貯まる(実質2%値引き)」としていましたが、現在は0.5%からのスタートとなっています。

2019年7月末まではポイント還元率2.5%で使えますが、コード決済に限定されているので、LINE Payカード支払いは0.5%と寂しい感じがします。

他のアプリ決済サービスとも比較

PayPay(ペイペイ)とLINEペイ以外にも、スマホを利用したアプリ決済サービスは数多くあります。

今回は利用者の多く、類似のサービスを提供しているOrigami Pay(オリガミペイ)とpring(プリン)と比較してみたいと思います。

Origami Pay(オリガミペイ)

オリガミペイ

Origami Payは、独自の割引やクーポンが魅力的です。

使えるお店はファッションや生活系が多く、洋服や雑貨、日用品の買い物が多い人に人気があります。

他にもローソンで使えるので、最寄りのコンビニがローソンな人にも使い勝手が良いです。

またポイント還元ではなく、直接割引や値引きされるので、お得感が違います。

PayPayと同じく、個人間送金サービスは利用できません。

pring(プリン)

pring

pring(プリン)は、コード決済・個人間送金サービスが利用できるウォレットアプリです。

pring加盟店はまだまだ少ないので、主に送金機能の利用がメインになると思います。

LINEペイとpringの送金サービスの特徴を表にしてまとめてみました。

pring LINE Pay
チャージ方法 銀行口座 銀行口座、コンビニ、セブン銀行ATM
対応する金融機関 みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、近畿大阪銀行、東邦銀行、北九州銀行 ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、三菱東京UFJ銀行、一部地方銀行/td>
チャージ上限額 1億円 100万円
出金の最小/最大金額 最大100万円(1日) 1円/100,000円(1日/1回)
出金手数料 無料 200円+税
送金の最小/最大金額 1円/最大100万円(1日) 1円/10万円(1日/1回)

LINE Payは登録可能な銀行が多く、ゆうちょ銀行も対応しているのは強みです。

銀行口座に残高を戻す「出金」に手数料がかかるのがデメリットですが、コード決済やLINE STOREでスタンプの購入・課金などで、残高を使える機会は多いと思います。

一方、pringは1日に送金可能な金額が高く、残額を銀行口座に戻す(出金する)時に手数料が無料です。

そのため「実家からの仕送りをpringで受け取る」「妻から小遣いをもらう」という場合に使いやすいです。

ただし、知名度がまだまだ低く、送金機能を活用するには、双方がpringを利用していることが前提条件になります。

LINE PayはLINEから簡単に利用・口座登録が行なえるので、別途アプリをインストールする手間がありません。

またLINE Payのポイント還元率は送金人数でも変わってくるため「LINE利用でポイントを多く貯めたい」という方にも、LINE Payが人気です。

3月末まではPayPay優勢、その後はどうなる?

管理人はこう思う

PayPayは2019年3月末まで20%還元という桁外れなキャンペーンを実施しているため、今の時期はPayPayを利用した方が絶対にお得です。

使えるお店はファミリーマートやミニストップなどコンビニが中心になるとは思いますが、PayPayMapにて近くでPayPayが使えるお店が探せるので、意外と使いみちは多いです。

2019年4月以降は還元率が0.5%に戻るので、LINE Payのマイカラー制度の最低ランク「ホワイト」と同じになります。

LINE PayはAndroidユーザーでおサイフケータイ対応の機種を持っていればQUICPay加盟店、LINE Payカードを発行すればJCB加盟店でも、支払いに使えるので、全体的な使い勝手は上です。

正直、お住まいの地域やよく行くお店、使っている端末によって、メリットデメリットが大きく変わってきます。

とりあえずPayPayをインストールしたり、LINEアプリからLINE Payの利用登録をして、実際に使ってみてから判断するのが一番良いと思います。