PayPayとLINE Payの違いは?支払いやチャージ方法、ポイント還元を比較 

B! pocket

PayPayとLINE Payを比較

数あるアプリ決済サービスの中でも、人気を集めているのがPayPay(ペイペイ)LINE Pay(ラインペイ)です。

どちらもバーコードやQRコードを利用した「コード決済」に対応していますが、詳しく見てみると、利用方法や使えるお店が違います。

今回はスマホ決済サービスを始めたい人向けに、PayPay(ペイペイ)とLINE Pay(ラインペイ)のメリットデメリットについて比較してみたいと思います。

運営会社と利用に必要なアプリ

PayPayの利用登録

PayPayはソフトバンクとヤフーが共同出資しているモバイル決済サービスです。

Yahoo!ウォレットのスマホ決済サービスを前身としており、利用には「PayPayアプリ」または「Yahoo! JAPANアプリ」のインストールが必要になります。

Yahoo!IDを登録することで、PayPay残高やYahoo!マネーを支払先として設定できます。

LINEのウォレット

LINE PayはLINEが展開しているモバイル決済サービスです。

既にLINEアプリを利用されている方は[ウォレット]タブにある「LINE Pay LINE Payをはじめる」から利用手続きが行なえます。

決済方法はコード決済に対応

スマホ決済サービス

PayPay
・コード決済(コード表示/読み取り)
・オンライン決済

LINE Pay
・コード決済(コード表示/読み取り)
・QUICPayによるかざして支払い(Android向けスマホのみ)
・国際ブランド付きプリペイドカード(LINE Payカード)
・オンライン決済

スマホを利用した決済サービスは「かざして支払い」と「コード決済」の2種類があります。

PayPayはコード決済、LINE Payはコード決済とかざして支払いの両方が使えます。

コード決済では、アプリにバーコードを表示してお店側がスキャナーで読み取ったり、店頭に提示されているQRコードをカメラ機能で読み取ったりすることで、支払いが行なえます。

そのため、おサイフケータイやApple Payのような「かざして支払い」と比較すると、会計時のスピード感はありません。

ただし、NFCやおサイフケータイ機能が搭載されていない端末(例:格安スマホやタブレットなど)でも、モバイル決済が使えるのは便利です。

機種変更時も引き継ぎがきちんとできていれば、継続利用できるので手間がありません。

コード支払い:PayPay

  1. アプリ画面のバーコードを店員さんに提示する
  2. 店員さんがバーコードをスキャナーで読み取る
  3. 決済音が鳴り、支払いが完了する

d払いも同じ決済方法です。

スキャン支払い:PayPay・LINE Pay

  1. お店が提示するQRコードをカメラで読み取る
  2. 会計金額を入力する(金額を店員さんに確認してもらうとGOOD)
  3. [支払う]をタップする
  4. 店員さんに支払い完了の画面を見せる

楽天ペイの「QRペイ」やOrigami Payと同じ方法で支払います。

LINE Payは決済方法が多い

LINE Payはコード決済、かざして支払い(QUICPay)、JCB付きプリペイドカード、オンライン決済と、複数の決済方法が利用できます。

そのため、LINE Pay一つで多くのお店の支払いに使えます。

かざして支払い(QUICPay)

QUICPay

Googleのスマホ決済サービスGoogle Pay(グーグルペイ)に、LINE Payを登録することで、QUICPayを利用した「かざして支払い」ができます。

利用にはFeliCa(おサイフケータイ)対応のAndroid向けスマホと、アプリ「おサイフケータイ」、「Google Pay」のインストールが必要になります。

そのため、iPhoneユーザーは利用できません。

Google Payは電子マネーやポイントカードの管理と利用が一括でできるアプリです。

QUICPay以外にも、Suicaやnanaco、楽天Edy、WAONといった主要のプリペイド型電子マネーが使えます。

支払い時は「QUICPayで」と伝えて、読み取り機にスマホをかざすことで、QUICPay払いが行なえます。

利用金額はLINE Payから支払われる形です。

こちらも読みたい:Google PayでSuicaやnanacoなど電子マネーの支払いが可能に、チャージや使い方を徹底紹介

LINE Payカード

LINE Payカード

LINE Payでは、LINE Payカード、いわゆる「国際ブランド付きプリペイドカード」も発行できます。

国際ブランド付きプリペイドカードは、クレジットカードの決済システムを利用しています。

LINE PayカードはJCB付きプリペイドカードのため、JCB加盟店であれば、国内外・実店舗・ネット通販を問わず、支払いに使えるので、利用可能な範囲が大きく広がります。

(LINEアカウントが本人確認前の場合は、海外では使えません)

LINE Payカードを実店舗での支払いに使う場合は「クレジットカード払いでお願いします」と伝えればOKです。

クレジットカードとは違い、LINE Payにチャージされた金額分しか使えず、どれだけ使ったのかがアプリで確認できるため、使い過ぎの防止に役立ちます。

ちなみに、LINE PayカードにICチップは搭載されていません。

決済端末にカードを入れてスライドさせて、磁気ストライプに記録された情報を読み取ることで、支払いが行なえます。

オンライン決済

一部のネット通販サイトでは、LINE Payでのオンライン決済にも対応しています。

ZOZOTOWNやLINE STORE、HMV ONLINE、honto、出前館など。

支払い時に「LINE Pay」を選ぶことで、LINE Pay残高から支払いが行なえます。

他にも請求書に印刷されたバーコードを読み取ることで、公共料金や通信販売などの支払いが行なえる「LINE Pay 請求書支払い」も利用できます。

まだ一部の公共料金や企業しか対応していませんが、わざわざコンビニまで行くことなく、自宅でも料金支払いができるのは楽です。

一方、PayPayは公共料金や税金の支払いには対応していません。

使えるお店はLINE Payの方が多い

PayPayとLINE Payが使える主なお店は以下の通りです。

PayPay LINE Pay
コンビニ ファミリーマート、ミニストップ、ポプラ ローソン、ファミリーマート
ドラッグストア アインズ&トルペ、ドラッグ新生堂 ツルハ、ココカラファイン、サンドラッグ
百貨店 阪急百貨店、阪神百貨店
家電量販店 ヤマダ電機、エディオン Joshin
生活 ジーンズメイト、earth music&ecology、マックハウス、メガネドラッグ、メガネスーパー ゲオ、セカンドストリート、ロフト、ビッグエコー、カラオケ広場
飲食店 モンテローザ(白木屋・魚民・笑笑など)、ワタミ(和民など) モンテローザ(白木屋・魚民・笑笑など)、ワタミ(和民など)
オンライン決済 Yahoo!ショッピング、ヤフオク!、LOHACO ZOZOTOWN、LINE STORE、HMV ONLINE、honto、出前館
その他 JCB加盟店(LINE Payカード)
QUICPay加盟店(Google Pay)

最新情報はLINE Payが使えるお店やPayPay Mapで確認ください。

LINE Payはオンライン決済やJCB加盟店、QUICPay加盟店でも使えるため、利用可能な範囲が広いです。

一方、PayPayはお店向けに「店舗が負担する決済手数料を3年間無料」の特典を設けており、個人店を中心に使えるお店が拡大するように思います。

PayPayMap

個人的にはPayPay MapでPayPayが使えるお店が地図上で表示されるのは便利です。

[ここに行く]をタップすると、現在地から目的地までの行き方が検索できます。

利用金額の支払い(チャージ方法)方法

PayPay、LINE Payともに、残高をチャージして支払いに利用する「プリペイド型電子マネー」と同じような利用方法です。

利用前にクレジットカードや銀行口座から希望額をチャージ(入金)して、残高の範囲内で支払いが行なえます。

PayPay
PayPay残高、Yahoo!マネー、クレジットカード(VISA、Master、ヤフーカードのみJCBが可)、ポイント(PayPayボーナス)

LINE Pay
銀行口座、コンビニや銀行ATMからチャージ、クレジットカード(VISA、Master、JCB、American Express、Diners Club)、ポイント(LINEポイント、Pontaポイント)

PayPayはYahoo! JAPAN IDと連携することで、Yahoo!ウォレットに登録した銀行口座やコンビニからチャージできます。

クレジットカードを登録すると、不足している金額分だけ、PayPay残高にチャージされて支払いに使える形です。

そのため、キャンペーンで[5,000円以上のチャージで、1,000円相当のPayPayライトを付与]という場合は、銀行口座などからチャージをする必要があります。

ちなみにPayPay残高に唯一チャージ可能なクレジットカードは、Yahoo! JAPANカードです。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードからチャージすると、チャージ金額の1%分のTポイントが貯まるので、銀行口座からチャージするよりもお得感があります。

一方のLINE Payは、コンビニやセブン銀行ATMなどで現金チャージがしやすい印象があります。

リアルカードを利用したチャージにも対応しているため、従来のプリペイドカード型電子マネーに近い感覚で利用できます。

LINE Payにクレジットカードを登録すると、LINE STOREやオンライン決済などで、クレジットカード払いが使えます。

チャージや送金には使えないので「カード利用でポイントの2重取り」のテクニックを使う機会は少ないと思います。

ちなみに、Apple Payや楽天ペイ、Origami Pay、d払いなど、先発のスマホ決済サービスは、クレジットカードと紐付けた後払い型に対応しています。

後払いの仕組み

そのため、事前チャージの必要がないというメリットがあります。

貯まるポイント

PayPayとLINE Payともに、利用金額に応じたポイント還元が受けられます。

支払い先にクレジットカードを登録していれば、カード会社のポイント還元の対象にもなり、ポイントの2重取りも可能です。

ただしLINE Payはクレジットカードで支払えるのが、一部に限られているため、恩恵はあまり受けにくいです。

PayPay:0.5%~3%還元

PayPayの利用金額の支払い方法に応じて、ポイント還元率が変わります。

  • PayPay残高・Yahoo!マネー・Yahoo! JAPANカード:3%
  • Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカード:0.5%

その中でもお得度が高いのが、Yahoo! JAPANカードからPayPay残高にチャージして、PayPay支払いをすることです。

Yahoo! JAPANカードでPayPay残高にチャージする
→クレジットカード利用分(1%還元)
PayPay利用金額をPayPay残高で支払う
→PayPay利用分(3%還元)
—————————————————
合計:4%還元

ただし、他のクレジットカードも、VISA付きプリペイドカード「Kyash(キャッシュ)」と組み合わせることで、還元率は3.5%と大幅にアップします。

Kyashと紐付けて還元率3.5%にする方法

Kyashは、2%還元が受けられると評判のVISA付きプリペイドカードです。

実はPayPayでは一部の国際ブランド付きプリペイドカードやデビットカードも登録できます。

そのため「クレジットカード → Kyash → PayPay」と組み合わせれば、Kyashの2%還元も受けられてお得感が増します。

還元率1%のクレジットカード利用分:1%還元
Kyash利用分:2%還元
PayPay利用分:0.5%還元
——————
合計:3.5%還元

ただし、Kyashに登録可能なクレジットカードは「VISA/Mastercard」に限定されるので、Yahoo! JAPANカード(JCB)が使えません。

またKyashは1回あたりの利用限度額は最大5万円まで(リアルカード発行の場合)なので、ペイペイで5万円以上の買い物をしたい場合は、Kyash以外の支払い方法を利用する必要があります。

LINE Pay:7月末まで最大5%還元

LINE Payのポイント制度「マイカラー」は、「決済金額」と「送金人数」でポイント還元率が変わります。

毎月の利用頻度に応じて、0.5%~2%分のポイントが貯まります。

2019年7月末までは、LINE Payのコード払いを利用した場合、ポイント付与率に3%の上乗せがあり、最大5%のポイント還元が受けられます。

ポイントの付与条件と還元率は以下の表の通りです。

ポイント還元率 適用条件
グリーン 2% 決済金額:10万円以上
送金:5人
ブルー 1% 決済金額:5万円~10万円未満
送金:3人
レッド 0.8% 決済金額:1万円~5万円未満
送金:1人
ホワイト 0.5% 決済金額:0~1万円未満
送金:0人

サービス開始当初は「支払い額の2%分のLINEポイントが貯まる(実質2%値引き)」としていましたが、現在は0.5%からのスタートとなっています。

2019年7月末まではポイント還元率2.5%で使えますが、コード決済に限定されているので、LINE Payカード支払いは0.5%と寂しい感じがします。

個人間送金

スマホから送金 

個人間送金は、アプリ利用者同士であれば、アプリ経由で送金・受け取りができるサービスです。

PayPay LINE Pay
チャージ方法 ヤフーカード、銀行口座 銀行口座、コンビニ、セブン銀行ATM
対応する金融機関 ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、一部地方銀行 ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、三菱東京UFJ銀行、一部地方銀行
チャージ上限額 100万円 100万円
出金の最小/最大金額 1円/100,000円(1日/1回)
出金手数料 200円+税
送金の最小/最大金額 1円/10万円(1日/1回)

PayPayはヤフーカードに限定されていますが、クレジットカードを利用した送金が可能です。

一方で、送金に使えるのはPayPayライトのみで、PayPay利用やキャンペーンで得たPayPayボーナスは使えません。

また出金ができないため、QRコード決済で残高を消費する必要があり、使える用途が限られます。

LINE Payは手数料は有料ですが出金OKで、LINE Payカード(JCB付きの国際プリペイドカード)を使えば、JCB加盟店での支払いにも活用できます。

他のアプリ決済サービスとも比較

PayPay(ペイペイ)とLINEペイ以外にも、スマホを利用したアプリ決済サービスは数多くあります。

今回は利用者の多く、類似のサービスを提供しているOrigami Pay(オリガミペイ)とpring(プリン)と比較してみたいと思います。

Origami Pay(オリガミペイ)

オリガミペイ

Origami Payは、独自の割引やクーポンが魅力的です。

使えるお店はファッションや生活系が多く、洋服や雑貨、日用品の買い物が多い人に人気があります。

他にもローソンで使えるので、最寄りのコンビニがローソンな人にも使い勝手が良いです。

またポイント還元ではなく、直接割引や値引きされるので、お得感が違います。

Origami Payでは個人間送金サービスに対応していません。

pring(プリン)

pring

pring(プリン)は、コード決済・個人間送金サービスが利用できるウォレットアプリです。

pring加盟店はまだまだ少ないので、主に送金機能の利用がメインになると思います。

LINEペイとpringの送金サービスの特徴を表にしてまとめてみました。

pring LINE Pay
チャージ方法 銀行口座 銀行口座、コンビニ、セブン銀行ATM
対応する金融機関 みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、近畿大阪銀行、東邦銀行、北九州銀行 ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、三菱東京UFJ銀行、一部地方銀行
チャージ上限額 1億円 100万円
出金の最小/最大金額 最大100万円(1日) 1円/100,000円(1日/1回)
出金手数料 無料 200円+税
送金の最小/最大金額 1円/最大100万円(1日) 1円/10万円(1日/1回)

LINE Payは登録可能な銀行が多く、ゆうちょ銀行も対応しているのは強みです。

銀行口座に残高を戻す「出金」に手数料がかかるのがデメリットですが、コード決済やLINE STOREでスタンプの購入・課金などで、残高を使える機会は多いと思います。

一方、pringは1日に送金可能な金額が高く、残額を銀行口座に戻す(出金する)時に手数料が無料です。

そのため「実家からの仕送りをpringで受け取る」「妻から小遣いをもらう」という場合に使いやすいです。

ただし、知名度がまだまだ低く、送金機能を活用するには、双方がpringを利用していることが前提条件になります。

LINE PayはLINEから簡単に利用・口座登録が行なえるので、別途アプリをインストールする手間がありません。

またLINE Payのポイント還元率は送金人数でも変わってくるため「LINE利用でポイントを多く貯めたい」という方にも、LINE Payが人気です。

PayPayとLINE Pay、どちらを使う?

管理人はこう思う

PayPayは20%還元という桁外れなキャンペーンを実施していましたが、還元率が0.5%に戻っており、LINE Payのマイカラー制度の最低ランク「ホワイト」と同じになっています。

LINE PayはAndroidユーザーでおサイフケータイ対応の機種を持っていればQUICPay加盟店、LINE Payカードを発行すればJCB加盟店でも、支払いに使えるので、全体的な使い勝手は上です。

正直、お住まいの地域やよく行くお店、使っている端末によって、メリットデメリットが大きく変わってきます。

ペイペイは「PayPayMap」にて近くでPayPayが使えるお店が探せるので、意外と使いみちは多いかもしれません。

とりあえずPayPayをインストールしたり、LINEアプリからLINE Payの利用登録をして、実際に使ってみてから判断するのが一番良いと思います。

App Storeへ

Google Playへ

PayPay 公式サイトはこちら

LINEペイの公式サイトはこちら

こちらの記事も読まれています

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
利用経験のある電子マネー、コード決済サービスは数十件以上。「たくさんあって何を選んでいいか分からない」というお悩みに答えるべく、キャッシュレス決済の上手な使い方を日々実践中。推しはSuicaとPayPayです。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

4件のコメント

セキネの里そ

色々とpaypayのこと有り難うございました、勉強になりました

ご容赦願います

ご多忙のところ余りにも初歩的な質問なので申し訳御座いません。

①paypayはスマホとかが無い、つまりパソコンとガラケーしかなければ利用できないか?

②利用できるとすればヤフーのウオレットに登録している銀行口座からpaypayにチャージする方法。

③買い物時、、従来通り従来のカードが使えるか。

色々説明を見ていますがpaypayのトップ画面にたどり着けません(恥)
出品して入金が有った時は入金できることが分かったのですが、その後の事が理解できず従来通り登録銀行口座に入金してしまいました。

若い人みたいな理解力が無いためご迷惑おかけしますがご教授賜れますようお願いします。

昼時かをる

>ご容赦願いますさん
PayPayの利用には、Google PlayまたはApple Storeからアプリのダウンロードが必要になります。
パソコンやガラケーでは、アプリのインストールができないため、残念ながらPayPayが使えません。iPadなどタブレット端末ならば利用可能です。

道明寺あかり

勉強になりました!
ありがとうございました

質問・コメントはこちら

人気の記事