交通系ICカード・電子マネーのTOICAとmanacaはどちらを選ぶべきか比較

電子マネーの比較

manacaとTOICA

名古屋や東海地方では主に2つの電子マネーが使われています。

JR東海が発行しているTOICA(トイカ)と、名古屋市交通局などが発行しているmanaca(マナカ)です。

どちらの交通系ICカードも電子マネー機能を搭載しており、相互利用ができます。また、電車やバスの乗車についても「交通系ICカード全国相互利用」ができるため、問題なく使えます。

つまり、どちらのICカードを持っていても名古屋・東海地方はもちろん、全国でも使えるので同じです。

ただ、どちらを選んでも同じならどっちを選べばよいか迷ってしまいますよね?

そこで今回は、TOICAとmanacaの違いを比較し、どちらを選ぶとよりお得なのか、電子マネーの虎が調査しました。

TOICAとmanacaの比較

TOICAとmanacaを様々な角度から検証してみたいと思います。

どちらの交通系ICカードもオートチャージはできない

改札

交通ICカードの中には「オートチャージ」が使えるものもあります。(ただし、すべてのカードにおいて、オートチャージ機能が使えるのはエリア内のみ)

オートチャージが使えると、駅の券売機で手動で現金チャージしなくてもいいですし、残高不足で改札で引っかかってしまうこともありません。

しかし、残念ですがTOICAにもmanacaにもオートチャージ機能は付いていません。(ここだけの話ですが、関東・関西・福岡の交通ICカードはいずれもオートチャージが付いています)

よって、この点に関してはどちらを選んでも優位性はありません。

manacaにはポイントサービスがある

manacaマイレージポイント

manacaには「マナカマイレージポイント」というポイントサービスがあります。

マナカエリアの1ヶ月の利用額に対して一定の付与率でポイントが獲得できます。(付与率は利用する交通機関によって異なります)

受取方法が少しややこしいのですが、翌月10日以降に券売機やチャージ機でポイントが受け取れます。ためたポイントは1ポイント=1円としてmanacaに充当できます。

ただし、manaca電子マネーの利用ではポイントは貯まりません。あくまでも鉄道・バスの乗車ポイントのみが貯まる仕組みです。

少なくとも切符を買って乗車するよりもポイント分がお得ということですね。

一方で、TOICAにはポイントサービスはありません。カードをタッチするだけで改札が通過できるので、切符を買うよりも利便性は向上しますが、金銭的なメリットはなしです。

乗継割引があるmanaca

manacaを使う女性

manacaを使うもう一つのメリットとして、「乗継割引」があります。

manacaエリアの定められた事業者間のバス・電車を90分以内に乗り継いだ場合、大人80円(こども40円)が乗継割引として値引きされます。

例えば、自宅から市バスに乗って駅まで行き、そこから地下鉄で勤務先まで通勤した場合に、バスの乗車から駅の改札入場までの時間が90分以内であれば、乗継割引の対象です。

乗継割引が適用される組合せ
市バスと市バス、市バスと地下鉄、市バスと他社線(あおなみ線、ゆとりーとライン高架区間(大曽根~小幡緑地))、地下鉄と他社線((あおなみ線、ゆとりーとライン高架区間(大曽根~小幡緑地))

通勤や通学で複数の電車を乗り継いだり、バスと電車を組み合わせて利用している人は多いと思います。

そういう方にとっては、1回あたり80円の値引きになる乗継割引は、とてもメリットが大きいと思います。

こうやって見てみると、manaca優位になってきますよね。

発行枚数で比較してみると

TOICAとmanacaの発行枚数の比較

発行枚数で比較してみても、manaca優勢となっていることがわかります。2013年3月末時点のデータとなりますが、TOICAが145万9,000枚に対し、manacaは286万6,000枚となっており、manacaの方が約2倍の発行枚数を誇っています。

やはり、上記であげたような割引などの特典が大きいのでしょうか。

manacaはクレジットカードでさらにお得に

ミューズカード

manacaはオートチャージはできないものの、名鉄が発行している「μ’sカード(ミューズカード)」が唯一、公式クレジットカードとして採用されています。

ミューズカードとmanacaを連携(ジョイント登録)させると、名鉄の駅やお店に設置されている「μstar station(ミュースターステーション)」でmanacaチャージができるようになります。(チャージ時にクレジットカードは不要です)

ここでチャージした金額は、後日クレジットカードの請求として支払うことになります。つまり、チャージ金額分のクレジットポイントがもらえるということです。(200円ごとに1ポイントのミュースターポイント)

ミュースターポイントは1ポイント=1円相当でmanacaに充当できます。

この方法を使うと、manacaチャージ時にミュースターポイントをゲット、manaca利用時に乗車ポイントとして「マナカマイレージポイント」がもらえるので、「ポイントの2重取り」ができさらにお得となります。

ただし、ミューズカードには年会費がかかります。初年度無料、2年目以降も「1年間に5万円以上、ショッピングでクレジットカードを利用する」ことを条件に年会費が無料となります。

無料条件を満たせない場合は、2年目から年会費として1,250円+税がかかるので注意が必要です。

ちなみに、TOICAには連携できる公式クレジットカードのようなものはありませんでした。

manacaの方が圧倒的にお得

manaca

上記をまとめると、やはりmanacaの方が圧倒的にお得であると結論付けられます。

電車・バスの乗車や電子マネーでの買い物はどちらのエリアでも相互利用できることから、JR東海に乗る機会が多い人でも、manacaを使った方が有利なのではないか?と思います。

名古屋・東海で使うならSuicaも検討の余地あり?

Suica電子マネー

もう一つの提案として、よりお得に交通系ICカードを活用する方法があるのでご紹介します。

それは、名古屋や東海地方に住んでいてもSuicaを使ってしまうというテクニックです。この裏技的活用方法について説明します。

どのみちオートチャージはできない

オートチャージ

現在は交通系ICカード全国相互利用ができるので、Suicaを使って名古屋・東海地方の電車・バスに乗車したり、電子マネーで買い物をすることは可能です。(TOICAで支払えます。と書かれているお店でSuicaをかざしても、問題なく電子マネー支払いは行えます)

つまり、利用においては特に不便はありません。

Suicaにはオートチャージ機能がありますが、これも首都圏でのみ機能するので、名古屋・東海地方ではオートチャージは使えません。TOICAやmanacaと同じく、現金チャージが必要です。

ちなみに、東海地方の券売機・コンビニ・のりこし精算機などでも問題なくSuicaチャージは行えます。

とりあえず、名古屋でもSuicaは問題なく使えるということがおわかりいただけたかと思います。

ポイント還元率で勝負をすると

view-thanks-point-tameru

では、SuicaはmanacaやTOICAよりもお得に使えるのか?という点で考えてみます。

JR東日本が発行するSuicaには公式クレジットカードとして「ビューカード」というものがあります。

ビューカードの特徴として「Suicaへのチャージはポイントが3倍(還元率1.5%)」になるという強力な特典があります。

ビューカードにはいくつかの券種がありますが、中には「1年に1回以上使うだけで年会費が無料になるビューカード」もあります。先ほど紹介した、ミューズカードよりも年会費無料の条件は緩いです。

もし、名古屋に住みながらSuicaのクレジットカードチャージができれば、ポイント還元においてかなりお得であることは間違いありません。

では、名古屋や東海地方に住んでいながら、どうやってクレジットカードチャージをするのか?というのがポイントになってきます。

名古屋でSuicaにクレジットカードチャージする3つの方法

1.モバイルSuicaを使う
交通系ICカード・電子マネーを携帯の中に入れて使うことができる「モバイルSuica」は、対応する携帯電話(主にAndroidスマホなど)で使えます。

モバイルSuicaに登録すると、スマホアプリやモバイルサイトからいつでもビューカードを経由したクレジットチャージができます。もちろん、住んでいる場所は関係ありません。

モバイルSuicaはカード不要でおサイフケータイとしても使えるので、とても便利です。

2.FeliCaポート/パソリを使う
「FeliCaポート/パソリ」のようなUSBでパソコンに接続できるICカードリーダーを購入します。(安いものだと1,000円程度で購入できます)

これを自宅のパソコンやMacに接続すると、Suicaインターネットサービスが利用できるようになります。この方法で、ICカードリーダーにSuicaをタッチするだけで、自宅でクレジットチャージができます。

3.ビューアルッテを活用する
JR東日本が展開しているATM「ビューアルッテ」は主に関東に設置されていますが、実は名古屋にも「ビックカメラ名古屋駅西店」に一台だけ設置されています。

このATMを使えば、ビューカードでSuicaチャージを行えます。

上記3つの方法はいずれも、ビューカードを使ったクレジットチャージなので、3倍のポイント(還元率1.5%)を獲得することが可能です。

また、モバイルSuicaであればビューカード以外のクレジットカードも利用できるので、「リクルートカード」のようなポイント還元率が高いカードも使えます。

ただし、年会費無料でポイント還元率が高いリクルートカードでも1.2%還元にとどまるため、やはりこの方法で最も恩恵が受けられるのは「ビューカード」だと思います。

最強のビューカードはビックカメラ提携カード

ビックカメラSuicaカード

では、ビューカードの中で最もお得なのはどれかというと、断トツで人気が高いのは「ビックカメラSuicaカード」となります。

なぜなら、ビックカメラSuicaカードは年会費初年度無料、2年目以降も1回以上のカード利用で年会費無料という極めて緩い条件で無料利用ができるからです。(他のビューカードは、少なからず年会費がかかります。)

また、WEB明細に登録しておくと、WEB明細が発行される度にビューサンクスポイント20ポイント(ビューサンクスポイントは1ポイント=2.5円相当なので20ポイント=50円相当)がもらえるので、毎月カードを利用するだけで年間600円相当のポイントが貯まります。(カードを利用しなかった月はWEB明細は発行されません)

年会費が無料になるだけでなく、これだけでも600円もお得になります。

また、「ビックカメラSuicaカード」はポイント還元率においても非常に強力です。

ビックカメラでの買い物
ポイント還元率10%(ビックポイントを付与)

通常のショッピング・公共料金の支払いなど
ビックポイント0.5%還元、ビューサンクスポイント0.5%還元(合わせてポイント還元率1%)

Suicaへのチャージ
1.5%還元(ビューサンクスポイントを付与)

※ビューサンクスポイントはSuicaに充当して使えます

さらに裏ワザ的な使い方
まず最初にSuicaへチャージして1.5%のポイントを獲得した後に、チャージしたSuicaでビックカメラで買物をすると10%のビックポイントがもらえる。つまり、最大で合計11.5%相当のポイントが獲得できる。

これらを踏まえると、「Suica + ビューカード」は最強の組み合わせであり、それは名古屋・東海地方で使った場合でも変わらず恩恵を受けることができます。

この方法を含めると、TOICAやmanacaを使わずとも「名古屋でSuicaを使う」というのが、最もメリットが大きいことがわかります。