LINE Pay

電子マネー一覧

LINE Pay

LINE Payはプリペイド式(事前チャージ型)の電子マネーです。

「LINE Payカード」という無料で入手可能なカードを使って、チャージ・支払いを行います。

LINE Payカードが使えるお店はJCB加盟店となっているので、JCBカードが使えるお店ならコンビニやスーパーはもちろん、ネット通販や海外でも利用可能です。

大きな特徴として、チャージしたLINE Payで支払いをするとLINEポイントが支払額の2%貯まります。ためたポイントはLINEスタンプや着せ替え購入時にも使えますが、再びLINE Payカードにチャージして、1ポイント=1円として利用することができます。

つまり、実質的にはLINE Payで買い物をすれば、値引きの少ないあらゆる商品が2%割引で購入できるお得なカードだということです。

入会金・年会費は無料。さらに審査不要で誰でも持てます

レジでの合言葉は「JCBで払います」。

LINE Payで払いますと言ってカードを提示してもOKだと思いますが、「JCBで払う」と言う方が店員さんには伝わりやすいです。

LINE Payカードの入手方法

LINE Payカードの入手方法

LINE Payカードの入手方法は2つあります。

  • Web申込でカードを自宅に届けてもらう(無料)
  • コンビニで購入する(無料)

どちらの方法も入会金・年会費はかかりません。ただし、コンビニでLINE Payカードを購入する場合は最低1,000円のチャージが必要となります。少なくとも1,000円は持っていきましょう。

Web申込でカードを自宅に届けてもらう

LINE Payの申込画面

Web申込ならこの場ですぐに申込ができます。

まず、LINEアプリを立ち上げて設定画面で「LINE Pay」を選択します。
LINE Payの登録方法

あとは案内に従って入会の申込をするだけです。

申込が完了したら、数日後に自宅にカードが郵送されます。

カードが自宅に届いたら、カードの利用申請をしてチャージをすることで、LINE Payカードが使えるようになります。

LINE Payのチャージ方法は後ほど解説します。

コンビニで入手する

LINEペイカード(コンビニ販売用)

LINE Payカードは、ファミリーマート・ローソンを中心に数多くのコンビニで扱っています。(残念ながらセブンイレブンで取扱う予定は今のところなし)

レジの前などに置いているので、上記のデザインのカードをレジに持っていって、店員さんにチャージをしてもらうことで購入します。

カード自体は無料ですが、初回チャージは必ず必要となりますので、勝手に持って帰らないように注意です。

LINEプリペイドカードと間違わないで

気をつけたいのが「LINEプリペイドカード」と間違って購入してしまうことです。

LINEがコンビニで扱っているカードには、

  • LINE Payカード ← New!
  • LINEプリペイドカード

の2つがあります。

LINEプリペイドカードは、あくまでもLINE STOREでスタンプなどを購入する場合にだけ使える専用カードです。

一方、LINE Payはプリペイド式の電子マネーなので、LINE STOREだけでなくリアル店舗(JCB加盟店)でも使えます。

どちらが良いか迷ったら、LINE Payカードを選んだ方がお得です。

コンビニで販売されているLINE Payカードは上記の画像のデザインなのでしっかりと確認して購入するようにしましょう。

コンビニで購入したLINE Payカードは、チャージしてからすぐには使えません。利用開始前にLINEアプリと連携するする必要があります。

連携方法は簡単で、カードに同封されているQRコードを読み込んで、あとは案内に従ってLINEアプリで利用手続きをするだけです。

LINE Payカードのチャージ方法

ローソン

一度購入したLINE Payカードはチャージして何度も使えます。

チャージのやり方は数多くあります、クレジットカードも不要です。

ローソンのレジで
一番簡単な方法は、ローソンのレジで店員さんにチャージしてもらうことです。LINE Payカードを渡すだけでOKです。

ちなみに、LINE Payカードの現物はローソンにも置いているので、Web申込よりもローソンに足を運んだ方が早く入手できます。(ただしWeb申込の方がいろいろなデザインが選べるメリットはあります)

銀行口座
銀行口座を登録することで、銀行からLINE Payにチャージできます。

Pay-easy
ネットバンキングでの支払いです。チャージ方法に「Pay-easy」を選択すると、専用の確認番号・お客さま番号を発行されます。

お使いの銀行のネットバンキングにアクセスし「Pay-easy」支払いを選択した後に、LINEで発行された確認番号・お客さま番号を入力することでチャージが完了します。

コンビニ
コンビニでお客さま番号を入力して支払う方法。この方法はローソン以外にもファミリーマートやミニストップでのチャージが可能です。

また、LINE Payカードはオートチャージ設定をすることもできます。チャージ残高が一定額を下回ると、自動的に一定金額までチャージしてくれるので、残高を気にせず使えます。

割り勘や個人間送金が手数料無料で行える

スマホをさわる女性

LINE Payの使いみちとしてよく知られているのが、個人間送金の機能です。

友達に1,000円借りていて、それを返したいけどしばらく会う予定がない。飲み会の代金を幹事があとから「各自に割り勘で請求」。

こうした使い方ができます。

友達がLINE Payに登録していれば、LINEアプリからするに送金できるので、飲み代をみんなから徴収したり、友達にすぐお金を返すことが可能です。

LINE Payでの個人間送金は手数料無料なので、これまでの銀行振込などによる送金と違い、より手軽に利用できます。

個人間送金といえば、ヤフーが提供している電子マネー「ヤフーマネー」でも同様の機能が使えます。

利用金額の2%もポイントが貯まる

LINEポイントを貯める女性

LINE Payカードで買い物をすると便利なだけでなく、利用金額の2%のLINEポイントが還元されるためお得です。(チャージの時点ではなく利用時にポイントが貯まります)

クレジットカードのポイントと比較しても、還元率2%は相当大きいですからLINE Payカードがいかにお得な電子マネーかがわかります。

LINE Payカードは全国・世界、そしてネット通販でも「JCB」マークがあれば使えるので、メインで使うことで年間でかなりのポイントをゲットすることが可能です。

ためたLINEポイントの使いみちは2つあります。

  • LINEコインと交換 → スタンプなどの購入に
  • LINE Payカードへチャージ

1つめは、LINEコインと交換し、LINEスタンプや着せ替えなどの課金アイテムに使うこと。2つめは、LINE Payカードへ再びチャージをして電子マネーとして使うことです。

おすすめは、1ポイント=1円相当で交換できる「LINE Payカードへの充当」でのポイント消化です。

ファミマTカードとの合わせ技でさらにお得に

ファミマTカード

普通に使ってもかなりお得な電子マネー「LINE Payカード」ですが、ファミマTカード(クレジットカード)との合わせ技を使うことでさらにポイント還元率をアップできます。

ファミマTカードは、ファミリーマートの公式クレジットカードで、入会金・年会費無料で使えます。特にファミリーマートで使うとメリットの大きい一枚です。

LINE Payカードには数多くのチャージ方法があることは前述しましたが、実はポイント還元率が高すぎるために、クレジットカードに直接チャージができない仕組みになっています。

しかし、クレジットカードからLINE Payカードに直接チャージする唯一の方法が、ファミマTカードを使ってファミリーマートでチャージをするというやり方です。

ファミマTカードを使ってLINE Payにチャージする
①LINE Payのチャージ方法で「コンビニ」を選択すると、受付番号が表示される

②ファミリーマートに設置されているFamiポートで「代金支払い」を選択

③LINEで発行された受付番号を入力するとレシートが発行される

④レシートをファミマのレジに持っていき、ファミマTカードでチャージ金額を支払う

⑤すると、ファミマTカードのクレジットポイント(Tポイント)が貯まります。

つまり、Tポイント(LINE Payチャージ時)とLINEポイント(LINE Payカード利用時)が二重取りできることになります

ちなみに、ファミマTカードはポイント還元率0.5%なので、LINEペイカードの2%還元と合わせて、合計2.5%還元となります。

しかし、ファミマTカードには、毎週火曜日・土曜日の「カードの日」ファミリーマートで使うとポイント還元率が2倍という特典があります。

つまり、火曜日か土曜日を狙って上記の方法でLINEペイにチャージをすると、合計3%のポイント還元(内訳はTポイント1%、LINEポイント2%)が得られるという仕組みです。

ファミマTカード(クレジットカード)には、その他にもファミマでの特典が豊富に用意されています。

クレジットカードなので18歳以上でなければ持つことができませんが、永年無料のカードなので持っておいて損はありません。ファミマTカードについてはこちらで解説しています。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由