楽天ペイ

おサイフケータイ

楽天ペイ

クレジットカードを出さずにスマホで支払いができます。しかも楽天スーパーポイントが3倍も貯まります。

アップルペイに対抗する形でリリースされた楽天ペイは、iPhoneやAndroidスマホで使えるおサイフケータイです。

あらかじめ手持ちのクレジットカードを登録しておくことで、スマホだけで楽天ペイ加盟店での支払いができるようになります。

クレジットカード支払いの面倒くささであるの暗証番号・サインは不要です。この動画を見てみるとわかりますが、楽天ペイでの支払いはとても早いです。

アップルペイと楽天ペイの違い

アップルペイと楽天ペイの違い

アップルペイと楽天ペイではどちらで支払うのがお得なの?と迷う人も多いと思うので、わかりやすく説明します。

まず、アップルペイは電子マネー支払いに近いです。

iDやQUICPay、Suicaといった電子マネーの機能をiPhoneの中に取り込んで使えるようにするというのがアップルペイの機能です。

メリットは電子マネー対応店舗ならどこでも使えることです。すでに多くのお店がiD・QUICPay・Suicaなどの電子マネー支払いに対応していますから、利用可能なお店はすごく多いです。

逆にデメリットとしては、iPhone7以降の機種にしかアップルペイは搭載されていないので、iPhone7以前の機種を使っている人は、利用できないことです。

一方で、楽天ペイはクレジットカード支払いに近いです。

クレジットカードの機能をスマホに取り込んで使うのがメリットです。

楽天ペイのアプリに表示されたQRコード(を読み取ること)で支払いをするので、iPhone7以前の機種を使っている人、Android携帯を使っている人でもすぐに使えます

また、楽天ペイ単体で使ってもポイントが貯まりますし、登録するクレジットカードを楽天カードにするとさらにポイントが多く貯まります。

しかし、楽天ペイは店舗側が楽天ペイ支払いに対応している必要があるため、使えるお店は限られます

もし、楽天ペイの利用可能店舗が増えれば、アップルペイよりも楽天ペイの方がお得に使えるおサイフケータイとなります。

簡単にわかる楽天ペイの2つの使い方

スマホを使う女性

楽天ペイはアプリをダウンロードするだけで1分で使えるようになります。使い方も簡単です。

まずは、楽天ペイのアプリをダウンロードし、楽天IDでログインします。

これだけで設定は完了です。

ログインした時点で、普段楽天での支払いに使っているクレジットカードがひもづけられているので、楽天ペイで支払った金額は後日クレジットカードから引き落とされます。

もし、楽天での支払いに楽天カードを使っているのであれば、自動的に楽天ペイの支払先に楽天カードが設定されています。

もちろん、後からクレジットカードを追加することもできます。

楽天ペイでは、Visa・MasterCard・楽天カード(JCB含む)のクレジットカードを登録することが可能です。

楽天ペイには2つの支払い方法があるので、それぞれの使い方を説明します。

QRペイ

QRコード

楽天ペイの一番簡単な使い方は「QRペイ」です。

楽天ペイの対応店舗でお会計をする時に「楽天ペイで支払います」と伝えてください。

そうすると、お店側がQRコードを表示してくれます。

あなたは、楽天ペイアプリを立ち上げて「QRスキャンをはじめる」を選び、そのQRコードを読み取るだけで支払いが終わります。

支払った金額は後日、楽天ペイに登録したクレジットカードから引き落とされます。

LINEで連絡先を交換する時に、QRコードを使う感覚に似ています。

セルフペイ

セルフペイ

セルフペイ」は対応店が限られていることや、あなた自身で金額を入力する必要があるため、上級者向けです。

どちらの支払い方法を選択しても同じなので、個人的には「QRペイ」を選ぶことをおすすめします。

セルフペイで支払い場合、お店側は支払金額を示した伝票やレシートのみを提示してきます。

あなたは、楽天ペイアプリを立ち上げてセルフペイを選択肢、そのお店の支払金額をタップして入力します。

これだけで、支払いが完了します。

楽天ペイを使うとポイントが貯まります

ポイント還元

楽天ペイの最大のメリットは、利用金額の0.5%の楽天スーパーポイントが貯まることです。

しかも、登録するクレジットカードによってポイント2重取りができてしまいます。

楽天カードを登録した場合

楽天カード

楽天ペイの支払いクレジットカードに楽天カードを登録している場合、ポイント獲得は以下のようになります。

楽天ペイ利用分:0.5%
楽天カード利用分:1.0%

合計:1.5%

楽天カードを登録して使うだけでも通常の3倍のポイントが獲得できるので非常にお得です。

しかし、楽天ペイにはVisa・MasterCardブランドであればその他のクレジットカードを登録することもできます。

リクルートカードを登録した場合

リクルートカード

ポイント還元率で楽天カードを上回るリクルートカードを登録した場合はさらにお得です。

リクルートカードは1.2%のポイント還元率を誇る人気カードで、VISAブランドが選べます。(JCBブランドは楽天ペイに登録できないので注意です)

同じく、人気は薄いですが1.25%還元のREXカードLiteもおすすめです。

リクルートカードも楽天カードと同じく入会金・年会費無料で持てるクレジットカードです。しかし、ポイントは楽天カードの1.2倍も多く貯まります。

楽天ペイにリクルートカード(VISA)を登録して使った場合、ポイントの獲得は以下のようになります。

楽天ペイ利用分:0.5%
リクルートカード利用分:1.2%(リクルートポイント)

合計:1.7%

いかがでしょうか。
楽天カードを登録するよりもポイント還元率さらに高めることが可能です。

しかし、リクルートカードを使った場合、付与されるポイントは「リクルートポイント」となります。リクルートポイントはPontaポイントと相互交換ができるので、ローソンなどの買い物をする時に消化することをおすすめします。

支払いの上限は10万円まで

アパレル

実はこれ、楽天ペイの隠れたメリットだったりします。

楽天ペイの支払い上限は1回あたり10万円までです。

電子マネーの弱点として、チャージ金額に上限があるので高額な商品の買い物には使えないというものがあります。

しかし、楽天ペイなら1回で10万円までの支払いに対応するので、家電やアパレル、家具など高額な買い物をする時にもスマホ決済が使えます。

高額な買い物にスマホ決済を利用することで、より効率的にポイントを獲得していくことが可能です。

楽天ペイは店舗側が「楽天ペイ支払い」に対応している必要がありますが、少なくともクレジットカード単体で支払うよりもお得に使える手段であることは間違いありません。

使えるお店を見つけたらチャンス

楽天ペイの案内

楽天ペイを使うと、スマホだけで簡単に支払いができるようになります。

仕組みとしては、QRコードを読み取ることであらかじめ登録したクレジットカード経由で支払いができるので、iPhone7以前の機種や、おサイフケータイに対応していないAndroidスマホを持っている人でも使えます。

0.5%のポイント+クレジットカードのポイントが2重取りできるので、クレジットカード単体で使うよりもお得です。

ただし、楽天ペイは店舗側がシステムを導入していることが利用条件となるため、もしお店で「楽天ペイ支払いができる」という案内が出ていればチャンスです。

アプリは無料で入手でき、登録も1分程度で終わるので簡単です。

もちろん、日本を代表する楽天が提供するサービスなので、セキュリティには配慮されており安心して使えます。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由