Suica(スイカ)

電子マネー一覧

Suica

JR東日本が展開している交通系ICカード「Suica(スイカ)」は、電子マネーとしても使えます。

関東圏の駅の改札をスムーズに通過できるだけではなく、Suicaを含む交通系ICカードが全国相互利用可能になったことから、国内No.1の普及率を誇ります。

また、おサイフケータイ対応のスマホや携帯電話をお持ちであれば「モバイルSuica」を使えば、あなたのスマホや携帯電話がSuicaカードと同じ役割を果たします。

カードをタッチするだけで、改札の通過、Suica加盟店でのお買い物に使えます。

レジでの合言葉は「Suicaで払います」。

電子マネーSuicaの特徴

すでに関東圏にお住まいの方は、Suica(スイカ)を使っている人も多いと思います。

それぐらい関東ではSuicaが普及していますが、ここでは「いちから学ぶ便利な使い方」として、スイカの全貌に迫ります。

電子マネーは全国で使える

交通系ICカード全国相互利用

電子マネー共通化

Suicaを使った電子マネーは、Suicaエリア以外の場所でも使えます。

後述しますが、「交通系ICカードの相互利用」が可能となったためです。現在は、Suicaを一枚持っていれば、他の地方でも電車の乗車や電子マネーを使った買い物が楽しめます。

現在の利用可能エリアは、

  • Kitaca(JR北海道)
  • Suica(JR東日本)
  • PASMO(首都圏の大手鉄道・交通事業者100社以上)
  • TOICA(JR東海)
  • ICOCA(JR西日本)
  • manaca(名古屋市交通局)
  • nimoca(西日本鉄道)
  • SUGOCA(JR九州)
  • はやかけん(福岡市交通局)

となっています。

これらのマークがある場所なら、スーパーや百貨店、駅構内などさまざまな場所で、Suicaによる買い物ができます。

Suica以外の交通系ICカードについては、下記の記事も参考にどうぞ。

Suicaにチャージする

Suicaはプリペイド式(前払式)の電子マネーなので、事前にチャージが必要です。最大で2万円までチャージが可能です。

チャージ方法は主に4種類あります。

  • 自動券売機・のりこし精算機
  • コンビニや家電量販店のレジ
  • オートチャージ
  • 自宅のパソコン

もっとも「カンタン」な方法は、自動券売機やのりこし精算機にSuicaカードを入れて、チャージする方法です。

また主要なコンビニや家電量販店は、レジで「Suicaに◎◎◎円分チャージしてください」と言うと対応してくれます。

Suica支払いが可能なお店でも、チャージはできない場合が多いので「コンビニだとSuicaに現金チャージが可能」と覚えておくと、わかりやすいかと思います。

いちばん「ラク」なのは、オートチャージです。

SuicaエリアやPASMOエリアの改札を通った時に、Suicaの残高が設定金額以下だと、自動的に一定金額までチャージ(入金)されて、残高が回復します。

この方法を使うには、JR東日本が展開している「ビューカード」や提携クレジットカードが必要です。

Suica一体型のクレジットカードを使うか、またはクレジット機能のないSuicaカードと、クレカを紐付けて使う方法があっります。(クレカを持ち歩きたくない人は後者の方法がおすすめ)

また、後述するモバイルSuicaであれば「REXカード」のような、提携関係にないクレジットカードを使ったチャージもできます。

例えば、REXカードを使ってモバイルSuicaにチャージした場合、金額に対して1.75%のポイント還元が受けられます。

そして最後の一つが、自宅のパソコンからチャージをする方法です。
この方法は、別途「FeliCaポート/パソリ」といった専用端末を購入する必要があります。

詳しいSuicaチャージ方法については、以下の記事が参考になると思います。あわせてお読みください。

使えるお店

Suicaは乗車カードだけでなく、電子マネーとして買い物や食事の支払いにも使えます。

主に首都圏・新潟・仙台エリアにあるSuica加盟店で使うことが多いと思いますが、特に関東圏の駅構内では、ほぼすべての場所でSuica支払いができて、大変便利です。

また交通系ICカードの相互利用が可能になったことで、全国の交通系電子マネー利用可能エリアでSuicaで支払いできます

主要なコンビニはすべてSuica支払いに対応しています。

例えば、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなどです。

他にもスーパーも同様に、イオンやイトーヨーカドー、家電量販店はビックカメラやヨドバシカメラ、飲食店やアミューズメント施設でも利用可能です。

Suicaは特定の小売店と結びついていないので、日常で使える場所が多いのが、Suicaの大きなメリットです。

(例えばイトーヨーカドー系のnanacoは、ライバル関係にあるイオングループで使えなかったりします。)

駅ナカコンビニのNEWDAYSでは特にお得にSuicaが利用できます。詳しくは後述。

Suica払いで貯めたポイントはチャージ可

JREポイント

Suicaを使って買い物をすると、お店によっては「JRE POINT」が貯まります。

以前はSuicaポイントが貯まりましたが、2017年12月5日からJR東日本グループの共通ポイント「JRE POINT」に共通化されました。

[Suica登録して貯まる]マークのあるお店や自販機で、Suica払いをすると、利用金額100円または200円ごとに1ポイントが付与されます。(ポイント還元率は0.5%~1%で店舗によって異なります)

Suica支払いでJREポイントを貯めるには、事前にSuicaカード(無記名以外)やモバイルSuicaを「JRE POINT WEBサイト」で登録(無料)が必要です。

例えば、駅のコンビニ、自動販売機、駅ビル内の飲食店など、様々なシーンで使えてポイントが貯まるのがメリットです。

またJRE POINTが倍増するキャンペーンも定期的に行なわれています。

  • 期間限定で◯◯のお店で使うとポイント5倍
  • 毎週◯曜日に使うとポイント10倍

例えば、駅構内のコンビニ「NEWDAYS(ニューデイズ)」では、毎週金曜日にSuica支払いでポイント5倍のキャンペーンを実施しています。

特に関東圏にお住まいの方は、Suicaエリアが大変広いので、サイフにはぜひ一枚入れておきたいところです。

最もお得な交換方法は、貯めたポイントをSuicaの電子マネーにチャージすることです。

Suicaのチャージに使った場合、1ポイント=1円として使えます。チャージした金額は、同じく電子マネーとして商品の購入時に使ったり、乗車料金として活用できます。

またJRE POINT加盟店(アトレ、シャポー、ビーンズ、ラスカ、ペリエ、nonowaなど)での支払いにも使えますが、別途、JRE POINTカードが必要になります。

ちなみに「FeliCaポート/パソリ」という専用端末を購入すれば、パソコンに繋げて、自宅のパソコンからチャージをしたり、ネットショッピングでSuica支払いをすることも可能です。

発行はみどりの窓口や多機能券売機で

みどりの窓口

Suicaカードには大きく分けて3つの種類があります。

  • 通常のSuica:名前の入った「My Suica」・無記名の「Suicaカード」
  • Suica定期券:定期券の機能を付帯したもの
  • クレジット機能付き:クレジットカードとSuicaの一体型

このうち、通常のSuicaはJR東日本のサービスカウンターとなる「みどりの窓口」または多機能券売機で購入できます。誰でもすぐに作ることが可能です。

Suica定期券は、同じく「みどりの窓口」に行くか、インターネットから申し込めます。

クレジット機能付きも、店頭またはインターネットからの申し込みが可能です。ただ、クレジットカード一体型を選ぶ場合は、ネット申し込みの方が、キャンペーンポイントなどがお得になるケースが多いです。

モバイルSuicaでより便利に

モバイルSuica

モバイルSuica」とは、Suicaカードとあなたの携帯電話を一体型にした「おサイフケータイ」のようなものです。

カードの代わりに、あなたの携帯を改札にタッチすれば、改札機が通過できます。

また、携帯をかざしてSuica導入店でのお買い物もできます。

楽天カードなどの、Suicaとは全く関係がないクレジットカードを使ってチャージしたり、銀行口座からモバイルバンキングを使ってチャージすることもできます。

モバイルSuicaは、ビューカードで登録した場合は年会費は当面無料です。その他のカードで登録した場合は、利用手数料として年会費1,030円が必要です。

また、モバイルSuicaであれば、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングといった大手ネット通販サイトで、Suica支払いができます。もちろん、専用端末は不要です。

現在のチャージ残高や利用状況をすぐに、携帯アプリで確認できる点も、モバイルスイカの持つメリットです。

クレジットカードを持ちたくない方は、電子マネー用途だけに使える「EASYモバイルSuica」も選択できます。EASYモバイルSuicaの場合、買い物には使えるのですが、定期券や特急券としての利用はできません。

もし携帯を紛失してしまった場合でも安心です。現在、紐付けられているモバイルSuicaを停止し、新しい携帯電話にチャージ残高ごと引き継がれます。

モバイルSuicaの利用は、おサイフケータイ対応可能機種に限られます。

詳しくはこちらの記事も参考にどうぞ。

iPhone7以降はApple Payに対応

Apple PayでモバイルSuica

iPhoneの場合、iPhone7以降であれば、アップル社の決済サービス「Apple Pay」でSuicaが使えます。

Suicaアプリをインストールすれば、Suicaを無料発行できる他、お手持ちのSuicaカードを取り込むことも可能です。

決済用のクレジットカードに関係なく、年会費は無料など、Android版スマホや携帯電話のモバイルSuicaとは違う点が多々あります。

下記の記事でまとめているので、よろしければご一読ください。

改札機をスムーズに通過

改札

Suicaは駅の改札をスムーズに通過するための「交通系ICカード」としての使い方が一般的です。

駅の券売機でチャージして、残高の範囲内で切符を買うことなく、電車にササッと乗れるのは便利です。

現在は、交通系ICカードの相互利用が可能となっています。

よって、Suicaエリア以外の場所でも、Suicaを使って乗車したり、精算機でチャージすることが可能です。

交通系ICカードの相互利用はこのマークが目印です。

交通系ICカード

また利便性だけではなく、Suicaで乗車をすると、切符を買うよりも運賃が安い「IC運賃」が適用されるので、節約にも繋がります。

紛失しても再発行が可能

自分の名前が記載されている「My Suica(記名式Suica)」と「Suica定期券」については、もしなくしてしまっても再発行による補償が適用されます。

紛失後、SuicaまたはPASMOの駅窓口に届け出ることで、すぐに現在利用中のSuicaの利用停止手続きが行えます。

その時点で、残っている電子マネーのチャージ残高はすべて新しいカードに引き継がれ、補償されます。(再発行には数日が必要)

チャージ式の電子マネーは、紛失時の補償が効かない場合が多いですが、Suicaの場合は、残高も含めてキチンと補償してくれるので安心です。

もちろん、クレジット機能付きSuicaの場合は、クレジットカードの補償が適用されます。

こちらも万が一の紛失の場合にも、しっかりと補償が適用されます。

JRE POINTを効率的に貯める方法

JREポイントに共通化

よりお得にJRE POINTを貯める方法をご紹介します。

最も手軽なのは、期間限定で開催されているキャンペーンを使うことです。

キャンペーン対象店舗でSuica支払いをすると、通常100円または200円につき1ポイントの付与なのに、5倍とか10倍もポイントが貯まったりします。

その他の方法としては、JR東日本グループのクレジットカード「ビューカード」を活用するのが一般的です。

以前のビューカードでは、利用金額に応じてビューサンクスポイントが貯まりましたが、Suicaポイントと同じく、JRE POINTに共通化されました。

ビューカードを使う

ビューカード

Suicaの生みの親、JR東日本が展開しているクレジットカードが「ビューカード」です。

ビューカードまたは、Suica提携カードは、電子マネースイカとの相性が良いのがメリットです。

最大の特徴は、Suicaとクレジットカードを一体型にできることです。

2枚のカードを持ち歩くことなく、一枚のカードで、お買い物も改札通過も、そして電子マネー支払いもこなせます。

クレジットカードとの一体型の場合、自動的にオートチャージ機能が使えるので、券売機に並んでチャージをする必要がなくなります。

もちろん、クレジットカードを持ち歩きたくない人は、通常のSuicaカードと分けて使うこともできます。

両者の紐付け設定をすることで、通常のSuicaカードを使いながら、オートチャージ機能も使えます。クレジットカードは家に置いておけばOKです。

また、ビューカードならではのメリットとして、Suicaチャージ時にポイント還元率が3倍になるというものがあります。

ビューカードの場合、クレジットカードの利用額に応じて、「JRE POINT」が貯まります。

ビューカードでSuicaへのチャージや、オートチャージをした場合は、1,000円ごとに15ポイントがもらえます。

このJRE POINTは、1ポイントあたり1円の価値として、電子マネーに充当できます。

つまり、Suicaチャージ時の実質的な還元率は1.5%となります。

また、モバイルSuicaの年会費が当面無料となったり、JR東日本系列のレストラン・ホテルで優待が受けられるなど、スイカの公式クレジットカードならではのメリットが豊富です。

おすすめの公式カードは以下のとおりです。

ポイント還元率の高いクレジットカードを使う

REXカード

もしあなたが、「モバイルSuica」を使えるのであれば、ポイント還元率が高いクレジットカードを選択するのがおすすめです。

カードを選ぶ際には、モバイルSuicaのチャージに対応したものを選びましょう。(Suicaチャージに対応していないクレカもたくさんあります)

モバイルSuicaのチャージに対応した、おすすめのカードを何枚かあげておきます。

REXカード
年会費無料で使える、ポイント還元率1.25%の人気カードです。あの価格.comが発行しているだけあって、非常に使い勝手は良いです。

■リクルートカード
ポイント還元率が1.2%の年会費無料カードです。REXカードには劣りますが、こちらも人気の一枚です。ポイントは「リクルートポイント」で付与されますが、ローソン系のPontaとの相互交換が可能です。

■Yahoo! JAPANカード
Yahoo!JAPANの公式クレジットカードで、年会費無料で使えます。カードの利用額に応じてTポイントが貯まる他、Tポイントとして使うこともできるのがメリットです。

還元率は通常時1%ですが、Yahoo!ショッピングやLOHACOといったヤフー系のネット通販で使うと最大3%の還元が得られます。

Yahoo!JAPANカードでは、モバイルSuicaのチャージができるほか、MasterCardブランドを選択すると、au WALLETへのチャージでもポイントが付きます。

参照:【nanaco】Yahoo! JAPANカードの電子マネーチャージはポイント対象になるの?

前述しましたが、モバイルSuicaはおサイフケータイ対応機種でしか使えません。

iPhoneの場合、iPhone7以降であればモバイルSuicaが使えます。

こちらの記事も参考にしてください。
すべて年会費無料!電子マネーと相性の良いクレジットカードは?

口コミ情報

電子マネー「Suica」に関する評判を集めてみました。実際に使っている人の口コミ情報を元に、お得な使い方を調査します。

管理人はこう思う

関東圏では圧倒的に人気のある電子マネーが「Suica」です。

主な利用用途は電車の改札通過をスムーズにするものですが、近年では電子マネーとしてコンビニや飲食店での支払い利用も広がっています。

交通系ICカードの相互利用が可能となったため、例えば関西のコンビニでも「ICOCA払いの扱い」で、Suicaによる支払いができるので安心です。

またモバイルSuicaによる支払いは、Amazon.co.jpや楽天市場、Yahoo!ショッピングに対応するなど、実店舗以外にも使えるようになっています。

ビューカードを始めとするクレジットチャージによるポイント獲得、そして電子マネーとして使った時のポイント還元を総合すると、非常に高い還元率となります。

そのため、数ある交通系ICカードの中でも、Suicaは地域問わず最も持つべき価値のある1枚と言えます。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由