TOICA(トイカ)

電子マネー一覧

TOICA

TOICA(トイカ)はJR東海が発行している交通ICカード兼電子マネーです。主に名古屋のJR東海エリアで利用されています。

JR東海は名古屋を中心に、東京・大阪間を運行しているので東名阪に強い鉄道会社です。

もちろん現在は交通系ICカード全国相互利用ができますので、東海地方だけでなく全国の鉄道会社にTOICAで乗車したり、全国33万店舗以上のお店でTOICA電子マネーを使った買い物が可能です。(例えば、Suicaマークのあるお店でTOICA電子マネーによる支払いができます)

レジでの合言葉は「TOICAで払います」。

電子マネーTOICAの特徴

東海地方にお住まいの方は、TOICAまたはmanacaを使っている人が多いと思います。

TOICAにもmanacaにもオートチャージ機能はありませんが、定期的にチャージをして使うだけでも利便性は大きく向上します。

また、TOICAはクレジットカードを使ったチャージもできません。お得感が薄い電子マネーではありますが、シンプルに使いたい方にとっては良いと思います。

TOICAの種類と購入方法

TOICAには大きく分けて2つの種類が存在します。

  • TOICA
  • TOICA定期券

それぞれに大人用とこども用があります。

2つのカードの違いとしては「定期券」機能が付いているかどうかだけ。TOICAに定期券情報が印字できるので、「定期券購入エリアでは定額、それ以外のエリアではチャージ残高を消費して乗車できる」のがTOICA定期券のメリットです。

どちらの購入も「TOICAエリアの自動券売機」で簡単に行うことができます

通常のTOICAは購入時に2,000円が必要です。このうち1,500円は初回チャージに回され、残り500円は「デボジット」と言って一時的に預けられます。

デポジットされた500円はTOICA解約時に返金されるので、実質的には無料でカード発行ができます。

TOICA定期券は定期券購入費+500円のデポジットを支払います。TOICA定期券をクレジットカードで購入したい場合は、「みどりの窓口」などで駅員さんを通じて支払いをすればOKです。

ちなみに、TOICA定期券は紛失時の再発行ができますが、その際に再発行手数料500円+税と預けている500円のデポジットが取られてしまうので注意です。

現金チャージは自動券売機で行う

券売機

電子マネーTOICAにチャージをしておけば、タッチするだけでスムーズに改札を通過したり、電子マネーを使って買い物ができるようになります。

TOICAにチャージできるのは最大2万円までです。

駅の自動券売機やのりこし精算機で簡単にチャージできます。チャージに使えるのは現金のみとなっており、クレジットカードなどは使えません。

もし、チャージ残高が不足して改札から出られなくなっても、改札の前にある「のりこし精算機」でチャージできるので安心です。

また、コンビニでも現金チャージできるので便利です。コンビニの店員さんに「TOICAのチャージをお願いします」といえばOKです。

TOICAは交通系ICカード全国相互利用の対象なので、関東のSuicaエリアや関西のICOCAなど、あらゆる鉄道に乗車できます。

また、SuicaエリアなどJR東海エリア以外の場所でも券売機やのりこし精算機でチャージができるようになっています。

TOICAのデメリットはオートチャージがないこと

オートチャージ

オートチャージ機能がないことはTOICAのデメリットです。

一般的な交通系ICカードは、クレジットカードと結びつけることでオートチャージが可能となります。一度設定しておくと、エリア内では自動的にチャージが行われるため、自分で定期的にチャージをする必要がなくなる便利な機能です。

また、TOICAにはポイントサービスもありません

乗車や電子マネーの利用金額に応じてポイントが貯まるサービスはなく、クレジットカードと結びつけて使うようなテクニックも使うことができません。

機能が少ない電子マネーのTOICAですが、シンプルさという意味では評価できます。

口コミ情報

クチコミ

電子マネー「TOICA」に関する評判を集めてみました。実際に使っている人の口コミ情報を元に、お得な使い方を調査します。

東海地方でSuicaを使うという荒技にチャレンジ

Suica

残念ながらTOICAはクレジットカードとの連携ができない、ポイントサービスがないといった理由から、お得な電子マネーとは言えません。あくまでも利便性を良くするためだけのカードです。

そこで、電子マネーの虎が提案したいのはTOICAエリアの東海地方でSuicaを使って生活するという強引なテクニック。

毎日使う交通系ICカードだからこそ、少しでも得をしたいという方向けに紹介します。

Suicaでも東海エリアでオートチャージは使えない

Suicaにはオートチャージ機能があります。しかし、オートチャージ機能が働くのはSuicaエリアのみなので、東海地方でSuicaを使っても定期的に手動でチャージしなくてはならないのは同じです。

交通系ICカード全国相互利用によって、電車の乗車と電子マネーの買い物では不便はありません。名古屋でもSuicaは問題なく使えます。

また、チャージはTOICAエリアの自動券売機・のりこし精算機などで行えるので安心です。もちろん、TOICAもSuicaもコンビニで現金チャージ可能です。

Suicaで得するための2つの方法

しかし、いくらSuicaを使っても現金チャージをしていてはほとんど恩恵は受けられません。では、どうすればSuicaを使うメリットが見いだせるのか

Suicaを使って得する方法は2つあります。

ビューカードを使う
Suicaエリアを管轄するJR東日本が発行しているビューカードを使ってSuicaにチャージをすると1.5%のポイント還元が受けられます。

しかし、TOICAエリアに住んでいながらクレジットカードチャージをするのは少し大変です。Suicaインターネットサービスを使って、あなたのパソコンに「FeliCaポート/パソリ」を接続してチャージする必要があります。

「FeliCaポート/パソリ」は有料なので、導入の敷居は少し高いです。

ビューカードのラインナップの中では、年1回以上の利用で年会費が無料となるビックカメラSuicaカードがダントツの人気です。

モバイルSuicaを使う
私がおすすめしたいのは、モバイルSuicaを使う方法です。

モバイルSuicaは、カードを持ち歩かなくても携帯で改札にタッチしたり、電子マネーで買い物ができるSuicaの人気サービスです。

モバイルSuicaであれば、あなたの携帯・スマホからいつでも簡単にチャージができます。また、ビューカードを使わなくても良いので、普段から使っているポイント還元率が高いカードでチャージできるメリットがあります。

モバイルSuicaでも、1.5%還元のビューカードが強いのは変わらないのですが、それ以外だと1.2%還元のリクルートカードが人気です。

管理人はこう思う

東海地方に住んでいて、シンプルな交通ICカード・電子マネーが欲しいという場合はTOICAの選択は悪くないと思います。

しかし、ポイントサービスやクレジット連携ができないTOICAはお得感が薄れてしまうのは事実です。TOICAを使うメリットは「利便性向上のため」以外にないというのが現状です。

少し荒技となりますが、東海地方でSuicaを使う方法があります。上記でご紹介しましたが、上手くやるとお得にポイントが貯められるのでおすすめです。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由