PayPay(旧:Yahoo!ウォレットのスマホ決済サービス)

スマホ決済サービス

paypay

Yahoo!ウォレットのスマホ決済は、ヤフオクなどのYahoo! JAPANサービスの支払いに利用する「Yahoo!ウォレット」が、街のお店での支払い時に使えるサービスです。

ヤフーアプリに表示されるバーコードを、お店側が読み取ることで、実店舗での支払いが行なえます。

2018年秋からはソフトバンクとヤフーが提携した「PayPay(ペイペイ)」の提供が開始される際には、Yahoo!ウォレットのスマホ決済は終了予定です。

今回は「Yahoo!ウォレットのスマホ決済」「PayPay」の利用方法について、案内したいと思います。

ちなみに、海外のネット通販を利用する時に使う機会の多い「PayPal(ペイパル)」と名前が似ていますが、全く別の決済サービスです。

Yahoo!ウォレットのスマホ決済

Yahoo!ウォレットのスマホ決済

Yahoo!ウォレットのスマホ決済は、2018年6月から利用が開始された、PayPayの前身となるスマホ決済サービスです。

利用にはYahoo! JAPAN IDの登録と、Yahoo!JAPANアプリのインストールが必要となります。いずれも利用に際しての費用はかかりません。

またPayPayの利用が開始されても、オンラインのYahoo!ウォレットサービスは引き続き変わらず利用できます。

利用可能店舗は少ない

Yahoo!ウォレットが使えるお店

Yahoo!ウォレットのスマホ決済サービスが使えるお店は以下の通りです(2018年6月時点)。

家電量販店
・ジョーシン

飲食店
・山内農場
・目利きの銀次

ドラッグストア
・アインズ&トルベ

野球場
・ヤフオク!ドーム(福岡県福岡市)
・HAWKSベースボールパーク筑後(福岡県筑後市)

他の電子マネーやスマホ決済サービスと比較しても、使える場所がかなり限定されています。

ただし後述するPayPayでは、利用可能店舗については「全国チェーンの店舗から、各地域の小規模店舗まで幅広く利用いただける予定です」とあるので、今後、使えるお店が増えることが期待できそうです。

スマホ画面のバーコード読み取りで支払い

Yahoo!ウォレットの使い方

お店の会計をYahoo!ウォレットで支払う際は、Yahoo!JAPANアプリを利用します。

Yahoo!JAPANアプリのメニュー欄にある「ツール」(古いバーションだと『サービス』)をタップすると、支払い用のバーコードとQRコードが表示されます。

後はレジ会計の際に「ヤフーで支払います」と伝えて、お店の人に読み取り機でスマホ画面のコードをスキャンしてもらえば、支払いが完了します。

支払い方法は、Yahoo!ウォレットに登録したクレジットカードと、コンビニや銀行口座から事前にチャージした電子マネー「Yahoo!マネー」が使えます。

ヤフーアプリの「ツール」から「支払い」または「支払い管理」を選ぶと、支払いに使うクレジットカードの追加や変更、Yahoo!マネーの利用登録が行なえます。

ちなみに店舗が表示するバーコードをアプリでスキャンして支払う「よみとる」決済は、2018年秋開始予定でしたが、これはPayPayから使える感じになりそうです。

Tポイントが貯まる(還元率0.5%)

Tポイント(200円ごとに1ポイント)

Yahoo!ウォレットのスマホ決済サービスを利用すると、利用金額に応じてTポイントが付与されます。

200円ごとに1ポイント貯まり、ポイント還元率は0.5%です。

他のYahoo!JAPANサービスだと1%な場合が大半なので、それらと比較すると、少し物足りなさを感じるかもしれません。

貯まったTポイントは、ヤフーサービスを含めて、Tポイント加盟店で1ポイント=1円として支払いに使えます。

PayPay

paypay

PayPayは、ソフトバンクとヤフーが提携したスマホ決済サービスです。

PayPayとYahoo! JAPAN IDを連携することで、Yahoo!JAPANアプリからでもPayPayが利用できます。

他のスマホ決済サービスと同じく、支払い時にアプリを起動させて、お店が提示するコードを読み取ったり、スマホ画面にコードを表示させたりすることで、支払いが完了します。

利用可能店舗

具体的なお店については、具体的な情報は公開されていません。

ソフトバンクのプレスリリースによると

全国チェーンの店舗から、各地域の小規模店舗まで幅広く利用いただける予定です。

とあります。

PayPay加盟店を増やすために、店舗が負担する決済手数料(PayPayが利用される度に発生する料金)を開始から3年間無料の特典も設けられています。

そもそも「ソフトバンク」と組むことを考えても、Yahoo!ウォレットのスマホ決済サービスで使えるお店よりも、利用可能なお店の規模は広がると思います。

使い方は「コード読み取り」と「コード表示」で支払い

PayPayの利用には、PayPay専用アプリまたはYahoo! JAPANアプリを利用します。

すでにヤフーユーザーであれば、引き続きYahoo!JAPANアプリを継続すれば良いと思います。

支払い方法には、クレジットカード電子マネーが使えます。

いずれも「コード読み取り」「コード表示」の2種類が利用できます。

コード読み取り(ユーザー読み取り方式)
レジ付近に掲示したQRコードを、利用者がアプリで読み取ります。
楽天ペイの「QRペイ」やOrigami Payと同じ仕組みです。

コード表示(店舗読み取り方式)
利用者がスマホ画面に表示したバーコードやQRコードを、店舗側が読み取ります。
Yahoo!ウォレットのスマホ決済サービスと同じ支払い方法です。他にもd払いもコード表示での支払いになります。

コード読み取りは、お店側がQRコードを掲示するだけでOKで、導入コストが最小限に済むため、特に小規模なお店ではユーザー読み取り方式を取り入れる所が多いと思います。

ポイントは貯まる?

お金とポイント

記事作成現在はPayPay利用によるポイントに関する情報がありません。

おそらく、Yahoo!JAPANサービスと提携している関係から、引き続きTポイントが貯まる可能性が考えられます。

一方でYahoo!JAPAN IDを登録しないと、Tポイントの付与対象外になるかもしれません。

またPayPayの支払い方法が、クレジットカードであれば、さらに「カード会社のポイント」も合わせて貯まると思います。

PayPayは利用すべき?

疑問

今まで、Yahoo!ウォレットはヤフーのサービスの支払いの時に使うものというイメージが強く、実際にスマホ決済サービスの開始時も、大きな話題になっていない印象がありました。

それがソフトバンクと提携して「PayPay」として再稼働して、利用可能なお店が増えたり、ソフトバンクの営業力で注目度が上がったりすれば、より多くの人に利用されるスマホ決済サービスになるように思います。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由