nimoca(ニモカ)

B! pocket

nimoca(ニモカ)

nimoca(ニモカ)は、西日本鉄道グループが発行する交通系ICカード・電子マネーです。

大手私鉄「西鉄(にしてつ)」が展開しているだけあり、九州、特に福岡で利用者の多い1枚です。

また北海道の函館市電・バスには「ICAS nimoca(イカすニモカ)」の名称で導入されています。

フェレットをあしらったキャラクターも「可愛い」と評判です。

鉄道・バスの利用や買い物でポイントが自動的に貯まり、ポイント交換でniomca残高に充当できます。

交通系ICカード全国相互利用に対応しており、九州だけでなく、東京や大阪など全国各地で使えます。

同じ九州エリアのSUGOCAやはやかけんと同じく、事前にお金のチャージが必要な、プリペイド型交通系ICカードです。

クレジットカードと提携したnimoca(クレジットnimoca)を利用すれば、オートチャージやクイックチャージ機能が使えて、残高不足の心配がありません。

nimocaの入手方法や使い方、お得な情報などをやさしく解説します。

nimocaの種類と購入場所

nimoca

nimocaにはnimoca(無記名)、スターnimoca(記名式)、nimoca定期券があります。

nimocaやスターnimocaは、1枚2,000円です。

nimocaカードは1枚2,000円

ほかの交通系ICカードとは違い、1,000円や3,000円など別金額での販売はありません。

2,000円のうち、1,500円は電車やバス、買い物で使える金額です。

残り500円はデポジット代(預り金)で、解約時に返金になるため、実質的には無料でnimocaを入手できます。

nimoca
会員登録をしていない無記名nimocaで、家族や友人と共有して使えます。

西鉄バスの車内、西鉄の券売機、駅窓口、営業所、バスセンターで購入できます。

電車やバスの利用でポイントが貯まります。nimoca加盟店はポイント対象外。

紛失時に再発行ができず、チャージした残高は戻りません。

スターnimoca
いわゆる「記名式nimoca」です。

会員登録をすると、カード券面に氏名と★が印字されます。

営業所とバスセンター、ソラリアプラザ、にしてつストアにて発行可能です。

電車やバスだけでなく、nimoca加盟店の利用でもポイントが貯まります。

紛失時に再発行ができ、チャージ残額の補償も受けられます。

nimoca定期券
定期券機能をつけたnimocaです。

西鉄の営業所やバスセンターで発行されます。

定期券区間内は乗り放題、区間外の運賃や買い物代金はnimocaにチャージした残高から支払います。

ほかには、カード会社と提携した「クレジットカード機能つきnimoca(クレジットnimoca)」もあります。

クレジットnimocaでは、オートチャージやクイックチャージ機能が使えて、残高不足の心配がありません。

nimocaエリア

西鉄 福岡(天神)駅

nimocaが使えるエリア(nimocaエリア)は、九州広域と函館(北海道)です。

福岡
電車:西鉄、筑豊電鉄
バス:西鉄バス、西鉄グループバス、昭和バス、JR九州バス
大分
日田バス、大分交通、大分バス、亀の井バス
熊本
熊本市電
佐賀
昭和バス、佐賀市営バス、祐徳バス
宮崎
宮崎交通
函館
電車:函館市電、バス:函館バス

一部の路線やコミュニティバスではnimocaが使えません。

バス乗車口などに【nimoca】や【IC】のマークがあれば、そのバスはnimoca対応です。

亀の井バス車内

nimocaはコンビニやスーパー、百貨店、飲食店、商業施設など、さまざまなお店で、電子マネーが利用可能です。

nimoca加盟店は加盟店ナビで調べられます。

nimocaエリア外でも全国各地で使える

交通系ICカード全国相互利用可能エリア

nimocaエリアは、九州(福岡、大分、熊本、佐賀、宮崎)と函館です。

nimocaは全国相互利用サービス対象の交通系ICカードなので、SUGOCAエリアやはやかけんエリアなど、全国各地の公共交通機関で活用できます。

電子マネーも相互利用可能です。

SuicaやPASMO支払いOKのお店で「交通系ICカードで払います」と伝えて、nimoca払いができます。

nimocaは九州では知名度がありますが、それ以外の地域では「nimocaで払います」と言っても通じない場合があります。

そのため、東京は「Suica」、大阪は「ICOCA」など、各地域の交通系ICカード名を言った方が伝わります。

ただし、PiTaPaだけが使えるお店では、nimocaで支払いができません。

支払いに交通系電子マネーは使える?

これは、PiTaPaが後払い型を採用しているので、nimocaのような先払い型電子マネーとの相互利用ができなくなっているためです。

電車・バスの乗車に関しては、PiTaPaエリアでもnimocaが問題なく使えます。

乗車や買い物でポイントが貯まる

西鉄の改札口

nimocaを利用して、電車やバスに乗ったり、nimoca加盟店で買い物したりすると、nimocaポイントが貯まります。

事前登録の必要なく、nimoca発行後、すぐポイントを貯められます。

利用するnimocaの種類によって、ポイント付与になる対象が変わります。

  • 無記名nimoca:乗車ポイント
  • スターnimoca、クレジットnimoca:乗車ポイント、nimoca加盟店で買い物
電車
1ヶ月の乗車料金に対して1~3%のポイント還元
乗車回数21回目から付与率が2%にアップ、さらに41回目からはポイント還元率3%
バス・熊本市電・筑豊電鉄など
乗車ごとの利用金額に応じて、2%のポイント還元
(函館バス・函館市電は3%、昭和バスは5%)

当月中の累計金額に応じたボーナスポイント付与あり
例:月間利用金額が2,000円を越えると50ポイント、4,000円を越えると100ポイント

nimoca加盟店
ポイント還元率はお店によって異なる
ポイントアップデーは通常ポイントの5~10倍のポイントが貯まる

nimoca払いだけでなく、現金やクレジットカードでもnimocaの提示でもポイント獲得が可能

クレジットnimocaの利用
クレジットカードからのチャージや買い物での利用で、1,000円ごとに3ポイント付与
ゴールドカードなど一部のクレジットカードは、1,000円で5ポイント付与

ほかにも、イベントで「バスでnimocaカードを使い、来街すると、nimocaポイントプレゼント」などのキャンペーンもあります。

nimocaを使ってバスで行こう

貯めたnimocaポイントは、1ポイント単位でnimoca残高に充当できます(1ポイント=1円として交換可能)。

交換場所は、駅窓口や営業所、定期券発売所、nimoca総合カウンターなど。

ポイントの有効期限は、付与日から翌年の12月末日まで(最長2年)です。

毎年、年末にポイント交換をすれば、失効させずに済みます。

履歴紹介サービスに登録すると、WEB上でポイント履歴も確かめられます。

ちなみに、nimocaにはスマホアプリがありますが、こちらは残高や利用履歴のみ確認できます。

ポイントが獲得できるのは、あくまでもnimocaエリア内のバスや電車、nimoca加盟店に限られます。

nimocaエリア外(例えばSUGOCAエリアや、はやかけんエリアなど)では、電子マネーで買い物をしても、電車やバスに乗っても、ポイントは貯まりません

nimocaへのチャージ方法

西鉄の券売機

nimocaはプリペイド型交通系ICカードなので、残高不足になる前にチャージ(入金)が必要です。

チャージは1,000円単位、上限額は2万円です。

nimocaへのチャージには、現金提携クレジットカードが使えます。

現金チャージは、駅の券売機やバス営業所、商業施設の窓口やチャージ機、コンビニのレジ、セブン銀行ATMなど、nimocaエリアのさまざまな場所で可能です。

またクレジットnimocaでは、バス・市電・筑豊電鉄の車載機や駅の自動改札機にnimocaをタッチすると、自動的にチャージされる「オートチャージ」も利用できます。

オートチャージ方法(改札)

nimoca残額が設定金額を下回っていたら、自動的に一定金額を入金します。

初期設定では「チャージ残高が1,000円以下になった時に、自動的に3,000円チャージ」ですが、千円単位で変更可能です。

チャージ金額はnimocaに紐付けたクレジットカードへの請求になり、手持ちの現金がなくてもチャージできるのは助かります。

nimocaはオートチャージを設定すると、nimocaエリア内で移動する分には、手動での入金は不要です。

一方で、nimocaエリア外ではオートチャージ機能は働かず、残高不足が発生します。

旅行中や出張中に残高が足りなくなったら、交通系ICカードに対応する券売機や、コンビニ、セブン銀行ATMなどでチャージしてください。

オートチャージ対応のクレジットnimocaまとめ

nimocaへのクレジットチャージができるのは、nimocaと一体型のクレジットカードクレジットnimocaだけです。

SUGOCAやSuicaなど、ほかの交通系ICカードは、クレジットカードと連携すれば別々に持てるのと比べると、少し不便さを感じるかもしれません。

それでもクレジットチャージとnimoca利用で、ポイントの2重取りができるのは、お得感があります。

クレジットnimocaは、駅の券売機やバス営業所などでの取り扱いはなく、各カード会社や金融機関での申し込みが必要です。

▼クレジットnimoca

  • nimoca セゾンカード
  • nimoca JCBカード
  • nimoca 三井住友VISAカード
  • nimoca NICOS VISAカード
  • nimoca NICOS MasterCard
  • JMBnimoca
  • ANA VISA nimocaカード

▼銀行提携のクレジットnimoca

  • アレコレnimoca(福岡銀行、熊本銀行)
  • オールインワンnimoca(西日本シティ銀行)
  • moteca-de-nimoca(佐賀銀行)
  • MUSBOnimoca(福岡中央銀行)
  • YM CARD nimoca(北九州銀行)
  • taiyo patona nimoca(宮崎太陽銀行)

無事にカードを手に入れたら、nimoca総合カウンターや駅の窓口で設定の手続きをすると、オートチャージが使えます。

管理人はこう思う

九州で多く利用されている交通系ICカードには、nimocaのほかに、SUGOCA(スゴカ)や、はやかけんがあります。

そのなかでnimocaが向いているのは、西鉄グループの電車やバスなど、JR九州や福岡市地下鉄以外の公共交通機関をよく利用する方です。

JR九州や北九州モノレールはSUGOCA、福岡市地下鉄ははやかけんの利用で、乗車ポイントが貯まります。

そのため、自分が一番利用する公共交通機関やお店がnimocaを導入していれば、nimocaの利用がもっともお得になります。

3つの交通系ICカードについて、よりくわしく比較したい方は、下記の記事が参考になるかと思います。

nimocaが気になる人が見ている記事

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
「電子マネーの虎」初代管理人です。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。大阪に住んでいますが、電車の移動ではモバイルSuicaを使っています。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事