nimoca(ニモカ)

電子マネー一覧

nimoca

nimoca(ニモカ)は、西日本鉄道(にしてつ)が展開する交通系ICカードで、電子マネーとしても使えます。九州エリアでは非常に強い「にしてつ」が展開しているだけあって、九州・福岡では利用者の多い電子マネーです。

もちろん、「交通系ICカード相互利用」に対応しているので九州エリアの電車・バスだけでなく、関西でも関東でも北海道でも使えます。

また、nimocaはオートチャージの利用ができる他、電子マネーや鉄道・バスの乗車でポイントが貯まる、スペックの高い電子マネーです。

フェレットをあしらったキャラクターも可愛いと評判です。

レジでの合言葉は「nimocaで払います」。

電子マネーnimocaの特徴

nimocaの入手方法や使い方、お得な情報などをやさしくまとめます。

nimocaにはクレジットカード一体型の他に、誰でも使える「無記名ニモカ」と、あなたの名前が入った「記名ニモカ(スターnimoca)」があります。

クレジットカードタイプやスターnimocaでなければ、電子マネーで買い物時をした時のポイントが貯まりません。記名式は紛失時に保証が効くメリットもあるので、「記名式」の選択をおすすめします。(無記名nimocaでも、駅の窓口などでそのままスターnimocaに変更してもらうことができます)

クレジットカード一体型のnimocaは無料ですが、それ以外のnimocaは購入費用として2,000円が必要です。うち、1,500円は初回チャージ分として使うことができ、残り500円はデポジットとして預けておき、解約時に返金されるので、実質的には無料となっています。

全国の電車・バスの乗車でき電子マネーも全国で使えます

交通系ICカード

交通系ICカードは、すでに「全国相互利用」ができるようになっています。

よって、nimocaは九州だけでなく東京のSuicaエリアや北海道のKitacaエリアなど、全国のあらゆる場所で使うことが可能です。ですので、国内旅行に行った時はnimocaの携帯もお忘れなく。電車に乗る時、nimocaが使えます。

また、電子マネー支払いも相互利用ができるので、Suica支払いOK、manaca支払いOKといったお店でも「nimocaで払います」の一言で支払いに利用することが可能です。

ただし、nimocaをエリア外で使うには注意点が2つあります。

1つめは、唯一「PiTaPa」エリアでは電子マネーを使った買い物ができないということです。PiTaPaは関西を中心に広がっている交通系ICカード兼電子マネーですが、「PiTaPa支払いOKです!」と書かれているお店に関しては、nimoca支払いはできません。

これは、nimocaが悪いわけではなく、PiTaPaが特殊な仕組みで作られているために、電子マネーの相互利用ができないようになっているからです。

ちなみに、電車・バスの乗車に関してはPiTaPaエリアでも問題なくnimocaが使えます。

2つめの注意点は、エリア外ではオートチャージ機能が働かないということです。nimocaはオートチャージを設定しておくと、エリア内で移動する分には手動チャージの必要がなくなります。

しかし、エリア外ではオートチャージが使えないので、チャージ残高が0円になると残高不足が発生します。

しかし、エリア外でも「券売機・のりこし精算機・コンビニ」などで手動チャージはできるので、旅行中にnimocaの残高が0円になってしまったら、コンビニや券売機に現金を入れてチャージをしてください。

クレジットカード連携でオートチャージが利用可能

nimoca

nimocaにはオートチャージ機能が付いています。(クレジットカードとnimocaの一体型のみ)

オートチャージを設定すると、チャージ残高が1,000円以下になった時に改札を通過すると自動的に3,000円がチャージされます。(この金額は初期値で自分で変更できます)

nimocaオートチャージ設定ができるクレジットカード

  • JMB nimoca
  • アレコレnimoca
  • オールインワンnimoca

提携クレジットカードを入手したら、nimoca総合カウンターや駅の窓口で設定をしてもらいましょう。

クレジットカード利用については、オートチャージ時やお買い物時に1,000円につき3ポイント(ゴールドカードなど一部のクレジットカードは1,000円で5ポイント)が貯まります。

使えば使うほどポイントが貯まる

西日本鉄道

nimocaはポイントサービスも展開しています。

無記名nimocaは乗車ポイントのみですが、記名式(スターnimoca)やクレジットカードnimocaであれば、電子マネーとして使った場合にもポイントを貯めることが可能です。

電車に乗る
1ヶ月の乗車料金に対して1%還元。1ヶ月の乗車回数21回目からは還元率が2%にアップ、さらに41回目からはポイント還元率3%と、乗れば乗るほどお得になります。

バス・熊本市電・筑豊電鉄
ポイント還元率は2%です。(昭和バスのみ5%還元)
また、月間の利用金額が2,000円を越えると50ポイント、4,000円を越えると100ポイントと言った具合に、利用金額に応じてボーナスポイントももらえます。

お買い物で貯める
電子マネー支払いはもちろん、現金やクレジットカード払いでもnimocaを提示するだけでポイントが獲得できます。還元率はお店によって異なります。

クレジットカード利用
提携クレジットカードで買い物をしたり、オートチャージ機能を使ってチャージをすると、1,000円ごとに3ポイント(還元率0.3%)が獲得できます。(ゴールドカードなど一部のクレジットカードは1,000円で5ポイント)

ちなみに、nimocaエリア外(例えばICOCAやSuicaエリアなど)では、電子マネーで買い物をしても、電車やバスに乗ってもポイントは付与されません。ポイントが獲得できるのは、あくまでもnimocaエリア内のバス・電車・お店となっています。

ためたポイントは、1ポイント=1円として再びnimocaに充当して使うことが可能です。

口コミ情報

クチコミ

電子マネー「nimoca」に関する評判を集めてみました。実際に使っている人の口コミ情報を元に、お得な使い方を調査します。

管理人はこう思う

様々な交通系ICカードが登場していますが、実はオートチャージに対応しているカードは限られています。

そのような中で、独自のポイントサービスやオートチャージ機能を搭載しているnimocaは非常にスペックの高い電子マネーだと思います。

九州エリアではにしてつグループの電車やバスがかなり普及しています。nimocaを持っておくだけで、毎月貯まるポイントも大きいので利便性だけでなくお得感も感じられる、nimocaはそんな一枚だと思います。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由