nimoca(ニモカ)

電子マネー一覧

nimoca(ニモカ)

nimoca(ニモカ)は、西日本鉄道が展開する交通系ICカードで、電子マネーとしても使えます。

九州エリアでは非常に強い「西鉄」が展開しているだけあり、九州で利用者の多い1枚です。

もちろん、交通系ICカード全国相互利用サービスに対応しているので、九州エリアだけでなく、東京や大阪など全国各地で使えます。

また、nimocaはオートチャージの利用可能で、電子マネーや鉄道・バスの乗車でポイントが貯まる、スペックの高い1枚です。

フェレットをあしらったキャラクターも「可愛い」と評判です。

nimocaの入手方法や使い方、お得な情報などをやさしくまとめます。

nimocaの種類と購入場所

nimoca

nimocaには「nimoca(無記名nimoca)」、「スターnimoca(記名式nimoca)」、「nimoca定期券」が主に利用されています。

nimocaやスターnimocaは1枚2,000円です。

1,500円は初回チャージ分として電車やバス、買い物で使える分です。

残り500円はデポジット代で、解約時に返金される金額ので、実質的には無料でnimocaを持てます。

◆nimoca
会員登録をしていないnimoca(無記名nimoca)で、家族や友人と共有して使えます。

電車やバスの利用でポイントが貯まりますが、nimoca加盟店はポイント対象外です。
また紛失時に再発行ができず、チャージしたお金は戻ってきません。

◆スターnimoca
いわゆる「記名式nimoca」で、カード券面に氏名と★が印字されます。
会員登録を行なうことで、紛失時に再発行ができ、チャージ残額も補償されます。
またnimoca加盟店の買い物で利用するとポイントが貯まります。

◆nimoca定期券
nimocaやスターnimocaに定期券機能を付帯したnimocaカードです。
定期券区間内は乗り放題、区間外はnimocaにチャージしたSFから運賃を支払います。

購入可能な場所は、駅窓口、定期券発売所、バスの営業所、バスセンターなどです。

また別途カード会社や金融機関に申し込むことで発行できる「クレジットカード付きnimoca」や「デビットカード付きnimoca」もあります。

クレジットカードとの連携でオートチャージが利用可能

オートチャージ方法(改札)

nimocaはプリペイド型交通系ICカードなので、残高不足になる前にチャージ(入金)が必要です。

駅構内の券売機や精算機、交通系ICカードに対応するお店で現金チャージ

nimocaはバス・市電・筑豊電鉄の車載機や駅の自動改札機にカードをタッチすることで、自動的にチャージされる「オートチャージ」が利用できます。

カードをタッチした際、nimoca残額が設定金額を下回っていた場合、自動的に一定金額が入金されます。

初期設定では「チャージ残高が1,000円以下になった時に、自動的に3,000円がチャージされる」ようになっていますが、千円単位で変更可能です。

オートチャージ機能が使えるのは、nimoca一体型クレジットカードに限定されます。

これはオートチャージが現金不要の「後払い」になっており、チャージ金額はnimocaに紐付けたクレジットカードやデビットカードに請求されるためです。

▼クレジットnimoca

  • nimoca セゾンカード
  • nimoca JCBカード
  • nimoca 三井住友VISAカード
  • nimoca NICOS VISAカード
  • nimoca NICOS MasterCard
  • JMBnimoca
  • ANA VISA nimocaカード

▼銀行提携クレジットnimoca

  • アレコレnimoca(福岡銀行、熊本銀行)
  • オールインワンnimoca(西日本シティ銀行)
  • moteca-de-nimoca(佐賀銀行)
  • MUSBOnimoca(福岡中央銀行)
  • YM CARD nimoca(北九州銀行)
  • taiyo patona nimoca(宮崎太陽銀行)

クレジットnimocaについては、各カード会社や金融機関でクレジットカードを申し込む必要があります。

無事にカードを手に入れたらnimoca総合カウンターや駅の窓口で設定の手続きをすることで、オートチャージが使えます。

使えば使うほどポイントが貯まる

西日本鉄道

nimocaはポイントサービスも展開しています。

無記名nimocaは乗車ポイントのみですが、記名式(スターnimoca)やクレジットnimocaであれば、電子マネーとして使った場合にもポイントを貯めることが可能です。

◆電車に乗る
1ヶ月の乗車料金に対して1%還元。
1ヶ月の乗車回数21回目からは還元率が2%にアップ、さらに41回目からはポイント還元率3%と、乗れば乗るほどお得になります。

◆バス・熊本市電・筑豊電鉄
ポイント還元率は2%。(昭和バスのみ5%還元)
月間の利用金額が2,000円を越えると50ポイント、4,000円を越えると100ポイントと言った具合に、利用金額に応じてボーナスポイントももらえます。

◆お買い物で貯める
電子マネー支払いはもちろん、現金やクレジットカード払いでもnimocaを提示するだけでポイントが獲得できます。還元率はお店によって異なります。

◆クレジットカード利用
提携クレジットカードで買い物をしたり、オートチャージ機能を使ってチャージをすると、1,000円ごとに3ポイント(還元率0.3%)が獲得できます。
ゴールドカードなど一部のクレジットカードは1,000円で5ポイント貯まります。

ちなみに、nimocaエリア外(例えばICOCAやSuicaエリアなど)では、電子マネーで買い物をしても、電車やバスに乗ってもポイントは付与されません

ポイントが獲得できるのは、あくまでもnimocaエリア内のバスや電車、nimoca加盟店です。

ためたポイントは、1ポイント=1円として再びnimocaに充当して使うことが可能です。

全国各地で使えます

交通系ICカード全国相互利用可能エリア

nimocaエリアは、九州(福岡、大分、熊本、佐賀、宮崎)と函館です。

西鉄、熊本市電、筑豊電鉄、函館市電といった列車の他、主要なバスでもnimocaで乗車・支払いができます。。

またnimocaは全国相互利用サービス対象の交通系ICカードなので、SUGOCAエリアやはやかけんエリアなど、全国各地のあらゆる場所で活用できます。

また、電子マネーも相互利用可能です。

例えば、Suica支払いOK、manaca支払いOKのお店でも「交通系ICカードで払います」と伝えれば、nimocaで支払いが行なえます。

nimocaは九州では知名度ありますが、それ以外の地域では「nimocaで払います」と言っても通じない場合があります。

そのため、東京ならば「Suica」、大阪だと「ICOCA」というように、各地域の交通系ICカード名を伝えた方が安心です。

ただし、nimocaをエリア外で使う際の注意点が2つあります。

1つめは、唯一「PiTaPa」のみ使えるお店では、nimocaで買い物の支払いができないということです。

支払いに交通系電子マネーは使える?

これは、nimocaが悪いわけではなく、PiTaPaが後払い型を採用しているため、電子マネーの相互利用ができないようになっています。

(電車・バスの乗車に関してはPiTaPaポストペイエリアでも問題なくnimocaが使えます)

2つめの注意点は、nimocaエリア外ではオートチャージ機能が働かないということです。

nimocaはオートチャージを設定しておくと、エリア内で移動する分には手動チャージの必要がなくなります。

しかし、エリア外ではオートチャージが使えないので、チャージ残高が0円になると残高不足が発生します。

しかし、エリア外でも、交通系ICカードに対応する券売機やのりこし精算機、コンビニなどでチャージ可能です。

旅行中や出張中にnimocaの残高が足りなくなった時は、コンビニや券売機で現金チャージしてください。

管理人はこう思う

様々な交通系ICカードが登場していますが、実はオートチャージに対応しているカードは限られています。

そのような中で、独自のポイントサービスやオートチャージ機能を搭載しているnimocaは非常にスペックの高い電子マネーだと思います。

九州エリアでは西鉄グループの電車やバスがかなり普及しています。

そのため、nimoca1枚あれば利便性だけでなくお得感も感じられる交通系ICカードとなっています。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由