manacaにオートチャージ機能はなし!でもクレジットカードで少し得する仕様

お得に使う

manacaを使う女性

名古屋で電子マネー・交通系ICカードのmanaca(マナカ)を使っている人は多いと思います。

manacaで名古屋市交通局の市バスや地下鉄に乗ると乗継割引が受けられます。また、利用実績に応じてmanacaマイレージポイントが貯まるなどのメリットも多いです。

▼詳しくはこちらで解説しています▼

しかし、manacaのデメリットとして

  • オートチャージが使えない
  • 原則として現金チャージしかできない

といったことがあります。
オートチャージがない点については仕方がないのですが、せめてクレジットカードチャージができれば「クレジットカードのポイント分だけよりお得に使える」はずですよね。

manacaには「原則として現金チャージしかできない」と公式サイトにも書かれているのですが、探してみるとありました。manacaにチャージできるクレジットカードが。

現時点で唯一のmanaca対応クレジットカード

ミューズカード

名古屋鉄道が発行しているミューズカード(μ’sカード)は、現時点で唯一、manacaにチャージができるクレジットカードです。

あらかじめクレジットカードとmanacaをひも付けておくことで、名鉄エリアに設置されている「ミュースターステーション」という機械でチャージができます。

ミュースターステーション

ミュースターステーションでチャージをする際、クレジットカードは不要です。manacaカードさえあれば現金などは一切不要でチャージすることができます。

ミュースターステーションでチャージした金額は後日、ミューズカードの請求として引落されます。この際、ミューズカードのクレジット利用分としてmanacaチャージした金額もポイント還元の対象になります

ポイント還元率は0.5%

ポイント還元

manacaチャージでのポイント還元率は0.5%、200円につき1ポイントです。

しかし、ミューズカードは名鉄百貨店やポイント加盟店で使うと獲得できるポイントが2倍以上になります。(例えばETCカードの利用や昭和シェルでの給油など)

名鉄エリアで買い物をすることが多い人にとってはメリットの大きいクレジットカードです。

さらに、ミューズカードとひもづけたmanaca電子マネーを使った場合はポイントの2重取りができる可能性があります。

ミューズカードを使ったポイント2重取りの方法

1.ミューズカードを使ってmanacaにチャージする
200円ごとに1ポイントのミュースターポイントがもらえます。

2.ミュースターmanaca加盟店で電子マネーmanacaを使う
名古屋周辺の駅ナカの売店・コンビニ・街ナカのお店などが加盟店となっています。こちらでも200円ごとに1ポイントのミュースターポイントがもらえます。

チャージ時、電子マネー利用時の両方で0.5%ずつのポイントが獲得でき、あわせて1%お得になります。

※注意点
ただし、一部の「ミュースターmanaca加盟店」は「ミュースター加盟店」でもあります。ミュースター加盟店では、電子マネーで支払いをするよりも、クレジットカードで支払った方がお得です。

なぜなら、ミュースター加盟店でミューズカードを使うとポイントが2倍以上となるため、最低でも1%のポイントが獲得できるからです。

貯めたミュースターポイントは電子マネーmanacaに1ポイント=1円として充当して使えます。

年会費がかかってしまうミューズカード

年会費がかかる

メリットが豊富なミューズカードですが、デメリットもあります。それは年会費がかかってしまう「可能性」があることです。

ミューズカードは初年度無料で使えますが、2年目以降は年間5万円以上のショッピング利用がなければ、1,250円+税の年会費がかかってしまいます。(条件を満たせば2年目以降もずっと無料で使い続けられます)

この「年間5万円の利用」ですが、電子マネーチャージは対象外となるため、純粋に買い物などでクレジットカードを使うしかありません。

食料品や日用品などでミューズカードを活用し、5万円のハードルをクリアできるかどうかが、ミューズカードを選ぶべきかどうかの分かれ目になりそうです。

もう一つの裏ワザを紹介

モバイルSuica

電子マネーで得するもう一つの裏ワザは「manacaを使わずにSuicaを使う」方法です。

Suicaにはオートチャージ機能がありますが、これもSuicaエリアに限定されるため、名古屋で使う場合は定期的に自分でチャージをしなくてはなりません。

しかし、Suicaは上手くやるとクレジットカードチャージで獲得できるポイントが大きいので、manacaを使うよりも恩恵が受けやすいです。

もちろん現在は交通系ICカード全国相互利用が始まっているので、名古屋での電車・バスの利用や電子マネーの買い物でSuicaを使ってもなんら問題はありません。

名古屋でSuicaを使って生活し、得するチャージ方法は2つあります。

ビューカードを使う
Suicaの公式クレジットカード「ビューカード」は、Suicaチャージでポイントが3倍(還元率1.5%)になるので、圧倒的にお得です。

しかし、ビューカードを使ってSuicaチャージをする場合、名古屋では主にSuicaインターネットサービスを使うことになります。

これは、登録しているビューカードを使って自宅のパソコンでSuicaにチャージする方法です。

ただ、Suicaインターネットサービスの利用は少しハードルが高く、あなたのパソコンに「FeliCaポート/パソリ」というカードリーダーを導入する必要があります。

このカードリーダー「FeliCaポート/パソリ」ですが、家電量販店などで数千円程度で買わなくてはなりません。

「FeliCaポート/パソリ」の導入に問題がなければ、ビューカードを使ったSuicaチャージはおすすめです。

ビューカードのラインナップの中では、年1回以上の利用で年会費が無料となるビックカメラSuicaカードがダントツ人気となっています。

また、JR東日本のATM「ビューアルッテ」でもビューカードからのチャージができるので、名古屋駅などでビューアルッテに立ち寄る機会があるなら、ATMからチャージしてもOKです。

モバイルSuicaを使う
モバイルSuica対応携帯をお持ちなら、こちらの方法がおすすめです。

モバイルSuicaを使うと、カードを持ち歩くことなく、携帯で電子マネー支払い(おサイフケータイ)ができたり、携帯で改札にタッチして通過できるようになります。

モバイルSuicaはあなたの携帯・スマホからいつでもクレジットチャージできるので、名古屋に住んでいても不便なくSuicaが使えます。

また、連携するクレジットカードもビューカードでなくてOKです。

前述のように、ビューカードであれば3倍(1.5%還元)のポイントが獲得できるのでお得ですが、人によっては普段から使っているクレジットカードでチャージしたいという方もいると思います。

ビューカード以外だと、年会費無料で使えて1.2%のポイント還元が受けられるリクルートカードがおすすめです。

モバイルSuicaとリクルートカードを連携しておけば、いつでも簡単にチャージができ、チャージ金額に対して1.2%のリクルートポイントが獲得できます。

リクルートポイントは、ローソン系のPontaポイントとの相互交換ができるので、Pontaに移行してローソンなどで使うと良いかと思います。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由