manaca(マナカ)

電子マネー一覧

manaca

東海地方では、電子マネーの「TOICA(トイカ)」と「manaca(マナカ)」が普及しています。

TOICAはJR東海が発行しており、manacaは名古屋市交通局や名古屋鉄道など複数の交通会社が展開している電子マネー・交通ICカードです。

もちろん、名古屋周辺でしか使えないことはなく、manacaは全国どの鉄道会社でも利用できます。また、電子マネーも共通化されているので、例えば北海道のKitcaエリアのお店でmanaca電子マネーを使った買い物もできます。

manacaエリアに限定されますが、利用状況に応じて「マイレージポイント」が還元されるので少しお得な電子マネーとなっています。

電子マネーmanacaの特徴

manacaの買い方・使い方やマイレージポイントについてまとめます。

また、定期券の印字もできるので、manaca定期券を持っているとカード一枚で移動できるエリアが広がります。なお、記名式manacaとmanaca定期券については紛失時の再発行も可能なので安心です。

覚えておきたい3種類のmanaca

manaca定期券

manacaには3つの種類があります。

  • 記名式manaca
  • 無記名式manaca
  • manaca定期券

これらの他に、「こども用」、障害者用の「割引用」が存在します。

最も定番なのは「記名式manaca」です。生年月日や名前、電話番号の登録が必要となりますが、万が一紛失しても再発行ができるのがメリットです。

「無記名式」は誰でも使える最も手軽なものですが、紛失時の再発行はできません。いつでも「記名式」に変更できるので、できれば記名式manacaに変更しておきましょう。

「manaca定期券」は定期券の一体型カードです。定期券エリアでは定額で乗車、エリア外では自動的にチャージ残高から運賃が支払われる仕組みです。鉄道とバスなど、複数の定期券もすべて一枚のmanacaに統合できます。

カード自体はすべて同じなので、「記名式manaca」にいつでも定期券情報を印字して繰り返し使えます。

それぞれ、自動券売機や駅の窓口で買うことができます。

購入には2,000円が必要ですが、このうち1,500円は初回チャージ分、500円はデポジット(預り金)と言って、解約時に戻ってくるお金なので実質的には無料で入手できます。

マナカマイレージポイントで少しお得

manacaマイレージポイント

manacaには「マナカマイレージポイント」というものがあり、現金できっぷを買うよりも交通系ICカードを使ったほうが少しお得になります。

manacaエリアの交通事業者の利用に限りますが、1ヶ月の利用状況に応じて付与率が上がる仕組みです。

ポイントの貯まり方は各交通事業者によって異なり、かなり複雑です。発生したポイントは一旦センターに預けられて管理されます。

翌月10日以降に、券売機やチャージ機などでポイントを受け取り、1ポイント=1円として乗車サービスなどに充当して使うことが可能です。

その他、manacaを使って名古屋市交通局が運営する市バスや地下鉄を90分以内に乗り継ぐと「乗継割引」が適用され、大人80円(こども40円)が運賃から値引きされます。

乗継割引やマイレージポイントがあるので、manacaを利用するメリットは十分感じられますね。

全国どこでもチャージできるので安心

チャージ

manacaにチャージをしたら、残高の範囲内で全国どの鉄道でも利用できますし、交通系ICカード電子マネー対応のお店なら、どのエリアでも電子マネーが使えます。

しかし、manacaの残高が減ってきたら自分でチャージしなくてはなりません。

チャージは原則として現金で自動券売機やのりこし精算機でおこないます。(一部クレジットカードも使えます)

もし、関西のICOCAエリアなどmanacaエリア外で残高がなくなっても、同様に関西や関東の自動券売機やのりこし精算機でチャージできるので安心です。

manacaのチャージは最大2万円が上限となっています。

ただし、manacaにオートチャージ機能がないため、常に自分でチャージをする必要があります。

manacaチャージ対応のクレジットカード

ミューズカード

manacaは「原則として現金チャージのみ」となっていますが、利用可能なクレジットカードも存在します。(現時点では1枚のみ)

それは、名古屋鉄道が発行しているミューズカードです。ミューズカードを持てば、クレジットカードを使ってmanacaにチャージすることができ、さらにポイントも貯まります。

manacaにクレジットチャージできる唯一のカードなので、少しでも得をしたい方にとっては必須のアイテムといえるでしょう。

電子マネーmanacaにクレジットカードでチャージする

1.ミューズカードに申込をする

2.ジョイント登録によってmanacaとクレジットカードを結びつける

3.名古屋鉄道の駅やお店に設置されている、μstar station(ミュースターステーション)にmanacaを入れてチャージする。(チャージ時にクレジットカードなどは不要)

4.チャージ金額が後日クレジットカードの請求として引き落とされる

5.クレジットカードのポイントゲット!

ミュースターステーション

ミューズカードでは200円ごとに1ポイントが付与されるので、ポイント還元率は0.5%です。

付与されるミュースターポイントは1ポイント=1円として再びmanacaに充当して使えるので、使いみちにも困りません。

ちなみに、ミューズカードは年会費初年度無料、2年目以降は年会費1,250円+税が必要です。しかし、2年目以降も1年間に5万円以上のクレジットカードを使うと年会費が無料となります。

ただし、クレジットカードの無料条件である「5万円」はショッピングでの利用のみが対象となり、manacaへのチャージは対象外です。

つまり、μ’sカードを無料で使うには少なくとも1年間に5万円はクレジットカードを使って買い物をしなければならないということです。(食料品など日常生活に必要なもので使うと良いでしょう)

口コミ情報

クチコミ

電子マネー「manaca」に関する評判を集めてみました。実際に使っている人の口コミ情報を元に、お得な使い方を調査します。

管理人はこう思う

オートチャージ機能はありませんが、ICカード単独で使ってもマイレージポイントや乗継割引が受けられるmanaca。

原則として現金チャージのみとなりますが、ミューズカードを使うとクレジットカードチャージができるようになり、ポイント還元面で0.5%お得です。

ただし、クレジットカード連携でお得度の大きいSuicaを使うという選択肢も考えられます。

仮に名古屋で使う場合、得するチャージ方法としてSuicaインターネットサービスかモバイルSuicaを利用する必要がありますが、1.5%の還元が得られるのでお得です。

名古屋エリアでSuicaを使うとお得な理由はTOICAの記事で解説していますので合わせてご覧ください。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由