SUGOCA(スゴカ)

B! pocket

SUGOCA(スゴカ)

SUGOCA(スゴカ)はJR九州の交通系ICカード&電子マネーです。

JR九州や北九州モノレールの利用やJRキューポ対象加盟店での買い物で、ポイントが貯まります。

特定のクレジットカードとの連携で、オートチャージが利用できるなど、特に九州で使い勝手がよいです。

SUGOCAカードの購入方法や使い方、お得に使うための方法を紹介します。

SUGOCAエリアはJR九州と北九州モノレール

JR九州のSUGOCAエリア

SUGOCAエリアは、JR九州の都市部を中心とした路線北九州モノレール全線です。

詳しいSUGOCAエリアは「JR九州路線図(PDFファイル)」で確認してください。

JR九州のSUGOCAエリアは「福岡・佐賀・大分・熊本エリア」「宮崎エリア」「長崎エリア」「鹿児島エリア」の4つに分かれています。

SUGOCAは各エリアをまたがっての利用はできません。

例えば、宮崎-鹿児島中央は、JR日豊本線で繋がっています。

ただし、宮崎は田野駅、鹿児島は国分駅までが、SUGOCAエリアなので、SUGOCAで宮崎-鹿児島中央は利用できません。

SUGOCAエリア外まで電車利用する際は、きっぷを購入する必要があります。

SUGOCA1枚で全国相互利用が可能

交通系ICカード全国相互利用可能エリア

交通系ICカード全国相互利用により、nimoca(ニモカ)、はやかけんといった九州エリアだけでなく、全国各地の電車やバスもSUGOCAで利用できます。

電子マネーを使った買い物も、PiTaPa(ピタパ)を除く交通系ICカードに対応するお店や自販機であれば、SUGOCAで支払えます。

PiTaPaは後払いを採用している関係で、電子マネーは共通化していません。

支払いに交通系電子マネーは使える?

ただしPiTaPaエリアの電車やバスは問題なく使えます。

種類と購入方法

SUGOCA(スゴカ)

SUGOCAは大まかに分けてSUGOCA乗車券、SUGOCA定期券、SUGOCA特急定期券の3種類あります。

いずれもSUGOCAエリアの駅構内にあるみどりの窓口で購入できます。

みどりの窓口

無記名式のSUGOCAカードは、SUGOCA購入とある自動券売機でも購入可能です。

下記の自動券売機ではSUGOCAのチャージはできますが、購入はできません。

SUGOCAエリアの券売機

JR小倉駅で無記名SUGOCAを発行しようと思ったら、ほとんどの券売機が対応しておらず、結局、みどりの窓口で入手しました。

駅係員さんに聞くと、一番端の券売機のみSUGOCA購入ができたようです。

他にもSUGOCA機能付きのクレジットカードもありますが、そちらについては後述します。

SUGOCA乗車券(無記名、記名式、小児用)

SUGOCA(スゴカ)

乗車や買い物に使えるSUGOCAカードです。無記名、記名式、小児用があります。

値段は1枚2,000円から購入できます。

2,000円の内訳は、500円がデポジット代、残り1,500円が乗車や買い物に使える金額です。

デポジット代とは「預り金」のことです。

SUGOCAを解約(返却)時に、デポジット代は全額返金になるので、実質的にSUGOCAは無料で使えます。

無記名式SUGOCA
最も手軽に入手できるのは、SUGOCAエリア内の発売機能つき自動券売機でも買える無記名式SUGOCAです。

個人情報の登録をしていないため、購入した本人だけでなく、家族や友人と1枚のSUGOCAを共有できます。

ただし、紛失時に再発行ができず、残高は戻ってきません。

記名式SUGOCA
本人登録をして、カード表面に氏名を印字したSUGOCAカードです。

万が一、紛失した時も、チャージ残高や貯めたポイントの補償が受けられます。

JR九州のSUGOCAエリア内のみどりの窓口にて、新規発行や無記名式からの変更が可能です。

ほかの交通系ICカードとは違い、券売機で新規発行や変更はできないので注意してください。

小児用SUGOCA
12歳の年度になる3月31日まで使える子ども専用のSUGOCAです。

記名式SUGOCAと同様に、紛失時の再発行が可能です。

中学生からは大人用の記名式SUGOCA乗車券に変更すると、引き続き使えます。

SUGOCA定期券・特急定期券

SUGOCAに定期券機能をつけたものです。

JR九州のSUGOCAエリア内の発着・経由の区間が対象になります。

SUGOCA特急定期券(SUGOCAエクセルパス)は、在来線特急列車の自由席も利用できます。

SUGOCA定期券・特急定期券ともに、北九州モノレールとの連絡定期券も発行可能です。

新規購入する場合は「デポジット代500円+定期代」を支払います(クレジットカード払いもOK)。

定期券区間内の乗り降りは無料です。

区間外利用や乗り越した場合は、SUGOCA残高から運賃を支払います。

改札機の読み取り部にタッチするだけで、自動的に精算されるので、スムーズな入出場ができます。

SUGOCA利用でポイントが貯まる(還元率1%~)

SUGOCA利用でJRキューポが貯まる

SUGOCAエリアの電車に乗車したり、SUGOCAポイント対象加盟店で買い物をしたりすると、JRキューポが貯まります。

事前登録や申請の必要はなく、SUGOCAを利用するだけで、ポイントを得られます。

◆JRキューポの獲得方法

SUGOCAエリアの乗車
乗車ごとに運賃の1%をポイント還元
自由特急券の購入
購入金額の5%をポイント還元
特定エリアの乗車
JR筑肥線・唐津線駅入場→福岡市地下鉄出場、または福岡市地下鉄入場→JR筑肥線・唐津線駅出場で、10ポイント獲得
電子マネー払い
JRキューポ加盟店で電子マネー払いでポイント付与

定期券区間の利用や、SUGOCA残高を使用したきっぷの購入(自由席特急券の購入は除く)・精算は、ポイント付与の対象外です。

ICカード専用自由席特急券

JR九州の自由席特急券は、指定席券売機、ICカード専用券売機、JR九州の列車予約サービス、みどりの窓口にて購入できます。

自由席特急券の購入で、特急料金✕5%のJRキューポが貯まるのは、指定席券売機やICカード専用券売機で、SUGOCA残高を利用した場合です。

以前、私が小倉―別府を特急ソニックで移動したときは、みどりの窓口で往復きっぷを楽天カードで購入しました。

特急ソニック

小倉―別府は片道3,780円(乗車券2,530円/特急券1,250円)です。

楽天カード決済だと、楽天スーパーポイントが37ポイント貯まります。

一方で、SUGOCAで乗車・自由席特急券を購入した場合、JRキューポは89ポイントも得られます。

26ポイント(乗車券2,530円✕1%)+63ポイント(特急券1,250円✕5%)=89ポイント

楽天カードのポイント還元率は1%と高い方ですが、SUGOCAだと約2.5倍もポイントが貯まります。

ちなみに、九州の特急列車の乗車券・特急券は、JR九州ネット予約で限定きっぷを購入するのが、最も安いです。

当日も購入可能な「九州ネットきっぷ」では片道3,040円と、通常料金より740円も割引になります。

販売座席数は限りがあり、利用する特急列車によっては、購入できない場合もあります。

特急列車を利用する予定ができた際は、まずは九州ネットきっぷが購入可能かを確認するのをおすすめします。

JRキューポはJR九州グループの共通ポイント

JRキューポ(JQポイント、SUGOCAポイント、eレールポイント)

以前はSUGOCA利用で貯まるポイントは「SUGOCAポイント」でした。

それが2018年4月以降は、インターネット列車予約で貯まる「eレールポイント」、JQ CARD利用で貯まる「JQポイント」とまとめてJRキューポになりました。

JRキューポはSUGOCA利用の翌々日以降に付与されます。

貯まったポイントは1ポイント=1円相当として、再びSUGOCAに充当して使えます。

100ポイント貯まれば、ポイントチャージ機能付自動券売機でSUGOCAにチャージ可能です。

ほかにもアミュプラザのお買い物券やTポイントにも交換できます。

JRキューポの有効期限は、獲得月の2年後の月末までです。

期限が切れる前に、忘れずSUGOCAへ充当しましょう。

JR九州Web会員情報に記名式SUGOCAを登録すると、SUGOCA残高や利用履歴、JRキューポ数などが確認できます。

SUGOCAのチャージ方法

交通系ICカードのチャージ方法

SUGOCAへのチャージ方法は主に3通りあります。

オートチャージ以外は、全国相互利用エリアの【ICロゴ】表示のある券売機やお店でも行なえます。

駅構内の券売機

ICカードチャージ機(SUGOCA)

自動券売機・精算機・チャージ機にて、現金チャージが可能です。

みどりの窓口では、SUGOCAの発行はできますが、チャージには対応していません。

1回あたりのチャージ金額は1,000円から、最高10,000円まで行なえます。

オートチャージ

オートチャージ方法(改札)

JR九州のSUGOCAエリアや北九州モノレールの駅の自動改札機に、SUGOCAをタッチして入場する際、SUGOCAの残額が設定金額を下回っていた場合、一定金額が自動的にチャージされます。

オートチャージを利用するには、JQ CARDなど特定のクレジットカードとの連携が必要です(詳しくは後述)。

チャージ金額は、SUGOCAと紐付けたカード宛へ請求になるため、残高を気にせず電車や買い物に利用できます。

コンビニやスーパーなど

レジで現金チャージ

主要なコンビニやスーパーなどでは、交通系ICカードの現金チャージに対応しています。

レジて店員さんに「SUGOCAに◎千円分チャージお願いします」と伝えて、お金を渡して、読み取り部にSUGOCAをかざせば、チャージが完了します。

セブンイレブンにあるセブン銀行ATMでもチャージが可能です。

より詳しいSUGOCAへのチャージ方法は、下記の記事を参考にしてください。

オートチャージが使えるクレジットカード3選

SUGOCAオートチャージ利用には、JR九州グループのクレジットカードJQ CARDなど、特定カードとの提携が必要です。

オートチャージに対応するクレジットカードは複数種類あります。

今回はJQ SUGOCA、JMB JQ SUGOCA、イオンSUGOCAカードの3枚を取り上げたいと思います。

いずれもSUGOCA一体型なので、カード1枚でクレジットとSUGOCAの両方の機能が使えます。

手持ちの記名式SUGOCAと紐付ければ、クレジットカードを持ち歩かずに済みます。

SUGOCA定期券へのオートチャージには対応していません。

こちらを利用したいときは、SUGOCA機能なしの「JQ CARDスタンダード」を選ぶ必要があります。

JQ SUGOCA

JQ SUGOCA

JQ SUGOCAの特徴

  • JR博多シティ、アミュプラザ博多、博多デイトスの利用で最大5%OFF
  • JR博多シティ、博多阪急での利用でポイント4倍
  • 年会費は初年度無料
  • 2年目以降も年1回以上の利用で年会費無料(1度も使わない場合は1,250円+税)

JR博多駅の駅ビルでよく買い物をする人に、お得感の高いSUGOCA一体型のJQ CARDです。

ポイント還元率は0.5%と低めですが、JR博多シティ、博多阪急での利用はポイント4倍ポイント還元率2%になります。

貯まったJRキューポはSUGOCAに充当して使えるので、使いみちに困りません。

年会費は初年度無料、2年目以降は年1回以上の利用で無料なります。

普段からオートチャージを利用していれば、ずっと無料で使い続けられます。

ちなみに、JQ SUGOCAのカード発行会社はイオンクレジットサービスですが、後述のイオンSUGOCAカードとは違い、イオングループの優待は受けられません。

→JQ SUGOCAの詳細記事はこちら

お申込みはこちら(初年度無料)

JMB JQ SUGOCA

JMB JQ SUGOCA

JMB JQ SUGOCAの特徴

  • JMB(JALマイレージバンク)機能付き
  • 年会費は初年度無料、翌年度以降は年1回以上の利用で無料

上記で紹介した、JQ SUGOCAにJMB(JALマイレージバンク)の機能を加えたものです。

JAL便の利用やJAL提携店ではJALマイルが貯まります。

一方で、クレジットカードの利用でJRキューポを付与、JR博多シティなどでの割引やポイントアップ特典などは、JQ SUGOCAと全く同じです。

また、JMB JQ SUGOCAはJCBブランドの選択ができるので、JCBブランドのクレジットカードが欲しい方はこちらがおすすめです。

JQ SUGOCAよりも全体的にスペックが高めなので、個人的にはJQ SUGOCAよりもJMB JQ SUGOCAの方が使い勝手がよいです。

JMBカードを別に持っている方は、通常のJQ SUGOCAで充分です。

→JMB JQ SUGOCAの詳細記事はこちら

お申込みはこちら(初年度無料)

イオンSUGOCAカード

イオンSUGOCAカード

イオンSUGOCAカードの特徴

  • SUGOCA一体型のイオンカード
  • イオングループの対象店舗は毎日ポイント2倍
  • お客さま感謝デーは、ほとんど全品5%OFF
  • 毎月10日のときめきWポイントデーは、どこでもポイント2倍
  • 年会費は完全無料

イオンSUGOCAカードは、SUGOCA機能付きのイオンカードです。

イオンカードは電子マネーWAON付きのイメージがありますが、WAONの代わりにSUGOCAが使えます。

通常のポイント付与は200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)です。

イオングループの対象店舗(イオン、マックスバリュなど)では、毎日ポイント2倍で買い物できます。

毎月10日は利用店舗に関係なく、ポイント2倍になります。

毎月20日・30日の「お客様感謝デー」ではイオンでのお買い物が5%OFFになるなど、主にイオングループでお得な特典が多いです。

カード利用で付与されるポイントはJRキューポではなく、イオンカードが展開している「ときめきポイント」です。

ときめきポイントは、JRキューポに交換して、SUGOCAに充当できます。

イオンSUGOCAカードは、一度も使わなくても一切年会費はかかりません

年会費無料にこだわりたい方にも、おすすめの一枚です。

注意したいのは、イオンSUGOCAカードは、JR九州グループが発行する「JQ CARD」シリーズとは別物なことです。

同じJR九州グループの駅ビルでの割引・JQ CARD会員限定の割引きっぷ「eきっぷ」の購入はできません。

あくまでも、SUGOCAオートチャージが使えるイオンカード

→イオンSUGOCAカードの詳細記事はこちら

カードのお申込みはこちら(無料)

九州で使う交通系ICカードの選び方

九州にお住まいの方は、SUGOCA、nimoca、はやかけんの3枚で迷われるかと思います。

SUGOCAは、乗車や電子マネーの利用に応じてポイントがもらえるため、交通系ICカードの中でもおすすめの一枚です。

クレジットカードとの連携で、オートチャージ機能も使えて、残高不足の心配がありません。

選び方としては、やはり自分が一番利用する交通事業者が発行している交通ICカードを選ぶのが良いと思います。

JR九州の電車を利用することが多い方にとっては、SUGOCA一択です。

SUGOCAをより活用したい人向けのJQ CARDの選び方は、下記の記事で詳しくまとめています。

こちらの電子マネーもいかがですか?

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
「電子マネーの虎」初代管理人です。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。大阪に住んでいますが、電車の移動ではモバイルSuicaを使っています。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事