SUGOCA(スゴカ)

電子マネー一覧

SUGOCA(スゴカ)

SUGOCA(スゴカ)はJR九州の交通系ICカード・電子マネーです。ポイントサービスやオートチャージもついた、優れた電子マネーなので、特にJR九州エリアで使う場合はメリットがあります。

現在は、交通系ICカード全国相互利用ができているので、九州エリア全域(福岡地下鉄や西鉄など)はもちろん、全国の電車・バスに乗車することができます。また、電子マネーを使った買い物も、全国の交通系ICカードで相互利用できるようになっています。

また、SUGOCAはクレジットカードと組み合わせることで、より多くのポイントを獲得できお得度が上がります。その点についても詳しく紹介します。

レジでの合言葉は「SUGOCAで払います」。

電子マネーSUGOCAの特徴

SUGOCAの購入方法や使い方などをまとめます。

また、お得に使うための方法についても紹介します。

購入方法・ラインナップ

はやかけんの種類

SUGOCAはJR九州の駅構内に設置されている「みどりの窓口」で購入します。(無記名式SUGOCAは自動券売機でも購入可能です)

最も手軽に入手できるのは、自動券売機でも買える「無記名式SUGOCA」です。無記名式は本人だけでなく、家族などと共有して使うことができますが、紛失時にチャージ残高が保証されないのがデメリットです。

記名式SUGOCA」は本人登録を行うことで、あなた専用のSUGOCAを持つことができます。こちらは、万が一の紛失時にもチャージ残高が保証されます。無記名SUGOCAを持っている場合でも、みどりの窓口に行けばすぐに、記名式SUGOCAにアップグレードできます。

その他、記名式SUGOCAには「定期券情報」を印字できます。通勤や通学で定期を使う人は、SUGOCAに定期情報を印字してもらうことで、定期券とSUGOCAの一体型カードとしての利用が可能です。

また、クレジットカード連携をすると「クレジットカード一体型SUGOCA」や「オートチャージ機能を持ったSUGOCA」にアップグレードすることもできます。これについては後ほど詳しく説明します。

いずれも、購入時に2,000円が必要です。(クレジットカードSUGOCA以外)しかし、このうち1,500円はSUGOCAのチャージ残高に充当され、残り500円はデポジットとして預けることになりますが、解約時などに返金してもらえるお金です。つまり、実質的にはSUGOCAは無料で入手できます。

全国相互利用ができるSUGOCA

交通系ICカード

SUGOCAは、nimocaやはやかけんエリアだけでなく、関西でも関東でも北海道でも、どこでも使えます。

電車やバスの乗車はもちろん、電子マネーを使った買い物も全国対応です。わかりやすく言えば、「Suicaで支払いできます!」という関東エリアのお店で、SUGOCA電子マネーで支払いをしたり、Kitacaエリアの電車もそのままSUGOCAで乗車できます。

面倒な設定は一切不要です。

ただし、関西のPiTaPaエリアだけは特殊で、PiTaPa電子マネー支払いに対応したお店では、SUGOCAによる支払いはできません。(電車やバスの乗車は問題なくできますが、電子マネーのみが共通化していません)

また、SUGOCAオートチャージが使えるのはJR九州エリアのみです。エリア外ではオートチャージ機能が使えないため、チャージ残高がどんどん減っていきます。残高が0円になると手動で現金チャージをする必要がありますが、現金チャージは東京や大阪・名古屋など全国の券売機・のりこし精算機・コンビニでも可能です。

チャージ残高不足になってしまったら、とりあえずのりこし精算機や駅の券売機にSUGOCAカードを入れてみてください。後はチャージしたい金額を入金するだけで、残高は回復します。

SUGOCAポイントサービスで1%以上お得に

ポイント

JR九州エリアの電車に乗車したり、SUGOCAポイント対象加盟店にて電子マネーで買い物をすると、ポイントが貯まります。貯まったポイントは再び交通系ICカード(電子マネー)SUGOCAに充当して使えます。

ポイントの獲得方法

JR九州エリア・筑肥線内の乗車
乗車ごとに運賃の1%をポイント還元

自由特急券の購入
購入金額の5%をポイント還元

特定エリアの乗車
JR筑肥線・唐津線駅入場→福岡市地下鉄出場、または福岡市地下鉄入場→JR筑肥線・唐津線駅出場をすると、区間関係なしで10ポイントを獲得。

電子マネーで支払う
SUGOCAポイント対象加盟店で電子マネーを使って買い物をするとポイント付与。

SUGOCAポイントの有効期限は翌年の3月末までです。ポイントが期限切れになる前に、早めにポイント交換しておきましょう。

1%の還元率は決して大きくありませんが、年間の運賃を考えると結構メリットが大きいです。

クレジットカード連携でオートチャージ

クレジットカード

SUGOCAにはオートチャージ機能があります。

金額は自分で設定できますが、例えば「チャージ残高が2,000円を下回ったら3,000円分チャージする」という形で、JR九州エリアを移動している場合は自分で手動チャージをする必要がなくなる、便利な機能です。

エリア外に出た場合は、オートチャージが使えないので、チャージ残高が減ってきます。一時的にnimoca、はやかけんエリアで移動し、その後JR九州エリアに戻ってくると、JR九州エリアの改札にタッチしたタイミングでオートチャージが実行されますが、旅行時などでは残高不足になることもあります。

そのような場合は、現地で現金チャージをしてください。

オートチャージ機能の利用にはクレジットカード連携が必須です。

SUGOCAでは、クレジットカード一体型のカードが3枚あります。カード一枚でクレジットカードとSUGOCAの機能を一つにすることもできますし、クレジットカードと連携させることで、クレジットカードは自宅に置いておき、これまで使っていたSUGOCAを持ち歩くこともできます。

また、いずれのカードもオートチャージで発生した金額に対してもポイント還元が受けられるので、SUGOCAチャージも少しお得に行えます。

JQ SUGOCA

JQ SUGOCA

年会費
1年目は年会費無料、2年目以降も年1回以上の利用で年会費無料(1度も使わない場合は1,250円+税がかかります)

オートチャージが使えるシンプルなクレジットカードです。

クレジットカードの利用金額200円ごとに1ポイントが貯まります。また、JR博多シティ、博多阪急はポイント還元率が4倍にアップ、JR博多シティ、アミュプラザ博多、博多デイトスではお買い物金額5%OFF(書籍、飲食、食料品など一部店舗は3%OFF)となります。

JR九州の公式クレジットカードだけあって、博多での利用には強いですね。

ためたクレジットポイントはSUGOCAに充当することが可能です。

→JQ SUGOCAの詳細記事はこちら

JMB JQ SUGOCA

JMB JQ SUGOCA

年会費
1年目は年会費無料、2年目以降も年1回以上の利用で年会費無料(1度も使わない場合は1,250円+税がかかります)

こちらもオートチャージして使えます。

上記で紹介した、JQ SUGOKCAにJMB(JALマイレージバンク)の機能を加えたもので、JAL便の利用やJAL提携店ではJALマイルが貯まります。

一方で、クレジットカードの利用でJQポイントが貯まったり、JR博多シティなどでの割引特典は、JQカードと同じです。

また、JMB JQ SUGOCAはJCBブランドの選択ができるので、JCBが欲しい方はこちらがおすすめ。

JQ SUGOCAよりも全体的にスペックが高いので、個人的にはJQ SUGOCAよりもJMB JQ SUGOCAの方がいいかなと思います。JMBカードを別に持っている方や、不要な方は通常のJQ SUGOCAで良いでしょう。

→JMB JQ SUGOCAの詳細記事はこちら

イオンSUGOCAカード

イオンSUGOCAカード

年会費
完全無料

オートチャージ対応カードの第3の選択肢として考えられるのが、イオンSUGOCAカードです。

200円ごとに1ポイントがもらえるのは他のカードと同じですが、付与されるのはJQポイントではなくイオンカードが展開している「ときめきポイント」です。

ときめきポイントは電子マネーWAONなどに充当して使えます。

イオングループのお店でクレジット払いをすると毎日ポイントが2倍です。また、毎月10日は利用店舗に関係なくポイントが2倍となります。

また、20日・30日の「お客様感謝デー」ではイオンでのお買い物が5%OFFになるなど、主にイオンでお得な特典が多いのが、イオンSUGOCAカードの特徴です。

イオンSUGOCAカードは、一度も使わなくても一切年会費がかからないという強みがあります。年会費無料にこだわりたい方には、おすすめの一枚です。

→イオンSUGOCAカードの詳細記事はこちら

口コミ情報

クチコミ

電子マネー「nimoca」に関する評判を集めてみました。実際に使っている人の口コミ情報を元に、お得な使い方を調査します。

管理人はこう思う

SUGOCAは、クレジットカードを連携することでオートチャージ機能が使えます。また、クレジットカードを持たなくても乗車や電子マネーの利用に応じてポイントがもらえるため、交通系ICカードの中でもおすすめの一枚です。

九州にお住まいの方は、SUGOCA、nimoca、はやかけんの3枚で迷われるかと思います。

選び方としてはやはり、自分が一番利用する鉄道会社が発行しているカードを選ぶのが良いと思います。例えば、JR九州の電車を利用することが多い方にとっては、SUGOCAがベストマッチです。

人によっては、3枚のカードを使い分けている人もいますが、交通系ICカードは相互利用できるので、一枚でも十分機能します。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由