nanaco(ナナコ)

電子マネー一覧

nanaco(ナナコ)

nanaco(ナナコ)は、セブン&アイグループが展開している先払い型電子マネーです。

セブンイレブンやイトーヨーカドーを利用することが多い人には、馴染みがあると思います。

会計時に「nanacoカード」や、スマホやケータイの「nanacoモバイル」を読み取り端末にかざすことで、支払いが完了します。

他にも「セブンカード・プラス(nanaco一体型)」などnanaco機能が付帯したクレジットカードや、nanacoカードに後払い型電子マネーのQUICPay機能を搭載した「QUICPay (nanaco)」などもあります。

レジでの合言葉は「nanacoで払います」。

クレジットカードと合わせて使った時のポイント還元率も高く、ネットでも人気の電子マネーです。

nanacoのお得な貯め方はこちらをごらんください。

nanacoが使えるお店

nanacoが使えるお店

セブンイレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイグループのお店を中心に、多くの店舗でnanaco支払いができます。

セブン&アイグループ
セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、オムニ7、西武・そごう、アリオ、アカチャンホンポ

飲食店
マクドナルド、ミスタードーナツ、デニーズ、かっぱ寿司、CoCo壱番屋、コメダ珈琲、上島珈琲

生活・暮らし
ロフト、ジャパン、スギ薬局、キリン堂、セイムス
ジョーシン、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ

エンタメ
ラウンドワン、タイトー、快活クラブ、カラオケ館

その他
クロネコヤマト

リアル店舗だけでなく、オムニ7やJoshin webショップなどのネット通販でも使えます。

いずれも身近にあるお店ばかりで、日常生活の中でnanacoポイントを貯めて、消費できます。

電子マネーnanacoを利用するメリット

nanacoは先払い型電子マネーの中でも、ポイントが貯まりやすく、使い勝手が良いことで人気があります。

ポイント還元率が良い

nanacoポイント

ナナコを使って買い物をすると、100円ごとに1ポイントのnanacoポイント(ポイント還元率1%)が貯まります。

これは、WAONや楽天Edyなどのお買い物系電子マネーが、軒並み「200円ごとに1ポイント(ポイント還元率0.5%)」なのと比較してもかなり還元率は良いです。

通常は100円ごとに1ポイントですが、一部の対象商品を買うと「ボーナスポイント」がもらえるケースがあります。

例えば、セブンイレブンに行った時、新商品のところに「この商品を買うと10nanacoポイントプレゼント」とか書いてあったりします。

支払い時に発生したポイントの反映は、すぐに行われる店舗と後日「センターお預かり分(詳細は後述)」に預けられる店舗があります。

しかし、ポイント受け取りのタイミングが違うだけで、どちらも損することはないので安心です。

nanacoポイントの貯め方は他にもたくさんあります。

詳しくは「色々なシーンで貯められるポイント」の項をごらんください。

ハッピーデーで5%OFFの優待

ハッピーデー

イトーヨーカドーに限られますが、毎月8のつく日(8日、18日、28日)は「ハッピーデー」が開催されています。

この日にnanacoを使ってイトーヨーカドーで買い物をすると、一部対象外の商品を除いて、ほぼすべての商品が5%OFFで購入できます。

nanacoカードを使ってもnanacoモバイルを使っても5%OFFの対象になります。

公共料金や税金のnanaco払いでポイントを貯める裏技

公共料金

セブンイレブンでは、nanacoで公共料金や税金の支払いもOKです。

例えば、電気代やガス代、水道料金、国民年金や国民健康保険、自動車税など。

ただし支払い金額に応じたnanacoポイントは貯まりません

税金や公共料金をnanaco払いでポイントを貯めるには、クレジットカードを利用することです。

一部のクレジットカードでは、nanacoチャージ時に、クレジットカードのポイントが貯まります

例えば「セブンカード・プラス」では、チャージ金額200円ごとに1ポイントが付与されます。

つまり、公共料金や税金をnanacoで支払う前に、チャージでポイントが貯まるクレジットカードを利用すれば、チャージ金額に応じたポイントが貯まります。

詳細については非常識なテク!nanacoで税金を支払って得する方法まとめで解説しています。

後払い型電子マネーQUICPayを付帯できる

nanaco(クイックペイ)

nanacoカードは後払い型電子マネーQUICPay機能を付けた「QUICPay(nanaco)」としても使えます。

1枚のカードで「nanaco」と「QUICPay」の2種類の電子マネーが使えることで、電子マネーの利用可能店舗を大きく広げられます。

例えば、nanacoが使えないお店(例:ローソン、ファミマ、ミニストップ)でも、QUICPayでの支払いが可能になります。

さらにQUICPay利用額に応じたポイントも付与されます。

利用にはQUICPay(nanaco)に対応するクレジットカードが必要になります。

QUICPay利用分は後日、紐付けたクレジットカードの請求と一緒に引き落とされます。

QUICPay(nanaco)に対応する代表的なクレジットカードは「セブンカード・プラス」です。

買い物をするお店によって「QUICPay」と「nanaco」、どちらで支払った方がポイントが貯まりやすいか?が変わります。

例えば、セブンカード・プラスを紐付けてQUICPay(nanaco)を利用した時のポイント付与の違いは以下の通りです。

◆QUICPay(nanaco)の使い分け方

QUICPay支払いがお得
・セブンイレブン:1%
・nanacoが使えないお店(QUICPay加盟店):0.5%

nanaco支払いがお得
・イトーヨーカドー:1.5%(nanacoクレジットチャージ0.5%+利用1.0%)
・nanacoとQUICPayの両方が使えるお店:1.5%

nanacoのチャージ方法

nanacoにチャージ

電子マネーnanacoは、プリペイド式(前払い式)なので、残高不足になると支払いができません。

そのため、定期的なチャージが必要になります。

チャージ方法には「現金」と「クレジットカード」が使えます。

チャージの上限額は50,000円(1,000円単位でチャージ可能)です。

現金チャージ:お店のレジ、セブン銀行ATM

セブンイレブン

nanacoに現金でチャージしたい場合は、お店のレジやセブン銀行ATM、nanacoチャージ機を利用します。

セブン銀行ATMとnanacoチャージ機ではおつりが出ないので、投入金額が全額チャージされるので注意してください。

またお店のレジとは違い、お札しか入金できず、硬貨が使えません。

そのため「お札がない」「数千円だけチャージしたいのに、財布には1万円しかない」時は、素直にレジでチャージした方が手間がないです。

◆お店のレジ
最も手っ取り早いのが、nanacoが使えるお店(例:セブンイレブン、イトーヨーカドー)でチャージをお願いする方法です。

レジで店員さんに「nanacoに2,000円分チャージしてくだい」と言って現金を渡して、読み取り部にnanacoをかざせばOKです。

◆セブン銀行ATM
主にセブンイレブンに設置されているセブン銀行ATMからも現金チャージができます。
画面に[nanaco]ボタンがあるので、後は操作方法に従って読み取り部にnanacoを置いたり、現金を入金したりすればOKです。

◆nanacoチャージ機
イトーヨーカドーやアリオ、ダイイチなどのスーパーに設置されています。
画面に[現金チャージ]のボタンがあるので、後は指示に従ってチャージします。

クレジットチャージ:ポイント2重取り

クレジットカード+nanacoチャージ」こそが、nanacoを超お得に使うための鉄則です。

利用前にクレジットチャージをしてカード会社のポイント、nanaco支払いでnanacoポイントを獲得すれば、ポイント2重取りが簡単にできます。

クレジットカードを使ってnanacoへチャージするには「nanacoにチャージ可能なクレジットカード」と「nanaco会員メニューで事前登録」が必要です。

少し面倒ですが、これでクレジットカードのポイントが貯まることを考えれば、全く無駄にはなりません。

nanacoにクレジットカードからチャージする際は「その都度」「オートチャージ」の方法が使えます。

◆オートチャージ
セブンイレブンやイトーヨーカドーで支払い後、nanaco残高が設定金額未満だった場合、自動的に一定金額がチャージされます。

オートチャージを利用するにはセブンカード・プラスの登録が必要です。

◆その都度チャージ
nanaco会員メニューからチャージ金額を申し込むと、一度「センターお預かり分」としてセブン&アイが保管している状態になります。

その後、店頭レジかセブン銀行ATMで「残高確認」をすることで、自分のnanacoカードにチャージされます。

その都度クレジットチャージは、セブンカード・プラス以外のクレジットカードにも対応しています。

ただし、カードによっては、クレジットチャージによるカード会社のポイント付与が無い場合もあります。

ポイント2重取りを考えている人は「nanacoチャージでポイントが貯まる」と記載されているクレジットカードを利用しましょう。

発行手数料無料でnanacoを手に入れる方法

nanacoカードは発行手数料が300円かかります

実はnanacoを無料で利用する方法は、いくつかあります。

イトーヨーカドーのハッピーデーに発行する

ハッピーデー

毎月8のつく日(8日・18日・28日)は、イトーヨーカドーでハッピーデーが開催されています。

その際にnanacoに新規入会やnanacoカードに1,000円以上チャージすると、300nanacoポイントがプレゼントされます。

そのため、実質発行手数料が0円で、nanacoカードが作れます。

定期キャンペーンを利用

nanacoカード新規入会キャンペーン

ハッピーデー以外でもnanacoでは定期的にキャンペーンを行なっています。

期間限定・店舗限定なことが多いですが「新規入会や初回チャージで最大300ポイントプレゼント」を実施して、お得に入会するチャンスです。

◆管理人の体験談
私がnanacoカードを所有することになったのは、セブンイレブンの新規オープンキャンペーンでした。

この時も「新規入会&1,000円チャージで300nanacoポイント付与」を行なっており、まだnanacoカードを持っていなかったので良い機会でした。

セブンイレブンの公式サイトでは「新規オープン予定店舗一覧」が記載されているので、近くで新規開店がないか調べてみても良いかと思います。

セブンカード・プラス(nanaco一体型)を発行する

セブンカード・プラス

セブン・カードサービスが発行するクレジットカード「セブンカード・プラス(nanaco一体型)」に申し込めば、発行手数料無料でnanacoを使えます。

年会費は初年度無料年間5万円以上のカード利用2年目以降も無料になります。

セブンカード・プラス(nanaco一体型)は、クレジット機能と電子マネーnanacoが1枚で使えます。

一方でQUICPay(nanaco)には非対応なので、別途、nanacoカードが必要になります。

セブンカード・プラスについては、下記の記事で詳しく解説しています。

nanacoモバイルを使う

モバイルnanaco

nanacoモバイルは、おサイフケータイ機能を使って、スマホやケータイでnanaco払いができるアプリです。

nanacoカードの発行は必要なく、入会・発行手数料は完全無料です。

電子マネー「nanaco」のアプリをダウンロードして、入会登録をすれば、すぐに利用を開始できます。

nanacoモバイルでは、nanacoカードの代わりにスマホやケータイを読み取り端末にかざせば、支払い完了です。

サイフを持たずにセブンイレブンに行っても、問題なく支払いができるので、便利です。

ポイント確認や利用歴をいつでもすぐ見れるのが、ナナコモバイルの最大のメリットです。

また、万が一スマホをなくしてしまった場合は、サポートセンターに電話をすればすぐに、遠隔操作で電子マネーの利用をストップし、不正利用を防いでくれるので安心です。

もしあなたが、おサイフケータイ機能付きの機種を使っているなら、nanacoモバイルの利用は良い選択肢だと思います。

Google Payは対応、Apple Payは非対応

googlepay

スマホ決済サービスの中では「Google Pay(グーグルペイ)」に対応しています。

FeliCa搭載のAndroidスマホやケータイにGoogle Payアプリをインストールして、nanacoを追加することで、かざして支払いができます。

nanacoモバイルとの違いは「クレジットチャージが利用できない」ことにあります。

一方でiPhoneやApple Watchではnanacoが対応していません。

そのため、Apple Payでもnanacoが使えないので注意してください。

Google Payを詳しく知りたい方は、下記の記事が参考になるかと思います。

シニアnanacoを使う(60代以上限定)

シニアナナコ

イトーヨーカドーでは、65歳以上の方を対象に「シニアナナコ」をいつでも無料で発行しています。

また、60歳~64歳の方でも毎月15日・25日の「シニアナナコデー」に限り、無料で発行が可能です。

nanacoポイントを効率的に貯める方法

電子マネーをフル活用するために、よりお得にnanacoを貯める方法をまとめます。

色々なシーンで貯められるポイント

nanacoが貯まるのは、支払い時やボーナス商品を購入した時だけではありません。

その他にも様々な方法で、nanacoポイントを貯められます。

例えばセブン&アイでは、ポイントサービスnanacoを活用したキャンペーンを積極的におこなっています。

これらのキャンペーンに参加することで、効率的にポイントを貯めることが可能です。

キャンペーンの一例を紹介

・セブンイレブンやイトーヨーカドーで特定商品を購入すると、ボーナスポイントがもらえる。

・アリオ・イトーヨーカドー専門店街で8のつく日「ハッピーデー」にnanacoカードで買い物をするとポイントが2倍。

・キャンペーン中にチャージ機を使ってチャージすると抽選で1,000nanacoポイントが当たる

■ペットボトルのリサイクル
イトーヨーカドーやヨークベニマルなど、一部の店舗ではペットボトルの回収を実施しています。ペットボトルを1本持っていくと2RPがもらえ、これが500RPになると、50nanacoポイントと交換してもらえます。

■セブン銀行で取引をする
セブン銀行の口座を給与振込口座に使うなど、銀行取引に応じてnanacoポイントが貯まります。

■特定のクレジットカードを使う
セブンカード・プラスなど、一部のクレジットカードを使うと、利用額に応じてnanacoポイントが付与されます。

■メールマガジン「nanacoニュース」を購読
nanacoの公式メルマガで特定のリンクをクリックするとポイントがもらえます。

■エッソ・モービル・ゼネラルでガソリンを給油
上記のガソリンスタンドでnanacoをかざしてから給油すると1Lあたり1ポイントが貯まります。

■提携ポイントからの交換
nanacoから交換できるのはANAマイル・ANAスカイコインのみですが、多くのクレジットカードで貯めたポイントは、「1:1」の交換レートでnanacoに移行できます。

ポイント還元率の高いクレジットカードを使って貯めたポイントをnanacoで消費するという使い方です。

nanaco利用におすすめのクレジットカード2枚

nanacoチャージができてポイントも貯まるカード」には、以下の3枚が挙げられます。

その中でも、推したいのが「リクルートカード」「セブンカード・プラス」です。

リクルートカード:nanacoチャージで1.5%のポイント付与

リクルートカード

リクルートカードは、ポイント還元率が1.2%と抜群に高いのがメリットです。

nanacoチャージ分(1.2%)と電子マネーnanacoの利用分(1.0%)のポイント二重取りで、合計2.2%という驚異的なポイント還元率になります。

ただし、クレジットチャージ分の1.2%還元については「リクルートポイント」による還元になります。

電子マネーnanacoへの交換はできませんが「Pontaとの相互交換が可能」なので、ローソンなどでPontaを使えます。

ただし、この「合計2.2%」はあまりに良すぎる内容であるため、ネットでは「改悪は時間の問題」と言われ続けているのも事実です。

実際に楽天カードはnanacoチャージによるポイント付与の対象外となってしまいました。

現在は月間3万円までがポイント付与対象になると毎月チャージ金額に制限が設けられていますが、それでも合計還元率2.2%を保っています。

セブンカード・プラス:QUICPay(nanaco)にも対応

セブンカード・プラス

nanacoと最も親和性が高いクレジットカードが「セブンカード・プラス」です。

セブン&アイグループが発行していることもあり、セブン&アイグループのお店の利用でとにかくポイントが貯まりやすいのがメリットです。

■200円ごとに3ポイント
セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズでのカード払い。(還元率1.5%)

■200円ごとに2ポイント
西武、そごう、アリオ、セブンネットショッピングでのカード払い(還元率1%)

■200円ごとに1ポイント
クレジットカードが使える場所ならどこでもOKです。(還元率0.5%)

■nanacoチャージ200円ごとに1ポイント
電子マネーnanacoへのチャージ時、電子マネーとしての支払い時の両方でポイントが貯まる「ポイントの二重取り」が可能。

■年間累計ボーナス
イトーヨーカドー、ヨークマートでの年間利用額が100万円以上で3,000ポイント、150万円以上で10,000ポイント、それ以降は100万円ごとにさらに10,000ポイントがボーナスとしてもらえます。

ポイントはすべて「nanacoポイント」で還元されるので、電子マネーnanacoに交換すれば、また支払いに使えます。

セブンカード・プラスは、初年度無料で利用できますが、2年目以降は年会費500円+税(家族カードは200円+税)がかかります。

ただし、本人・家族の年間利用額の合計が5万円以上になれば、次年度以降も年会費は無料で使えます

イトーヨーカドーの支払いなどで日常的に使っていれば、年間5万円のハードルは決して高くありません。

リクルートカードなどと比較すると、還元率は劣りますが、nanacoポイントを貯めるという意味では、最も優れた一枚と言えます。

有効期限は2年間、貯めたnanacoポイントの使い方

nanacoポイントを電子マネーに交換

nanacoポイントの有効期限は付与されてから最短1年、最長2年となります。

毎年3月末に失効判定が行われるため、4月1日に発生したポイントは有効期限が2年です。

一方で3月末に発生したポイントは、翌年の3月末、つまり1年で失効します。

そのため、貯めたポイントは積極的に消費していくことをおすすめします。

貯めたポイントの使い道は以下のとおりです。

  • 電子マネーにチャージする(1ポイント=1円)
  • セブンネットショッピングで使う(1ポイント=1円)
  • 提携先ポイントとの相互交換
  • nanacoグッズと交換
  • 寄付に使う

最も一般的な使い道は、電子マネーnanacoにチャージして、再びお買い物で使うことです。

私もそうですが、多くの利用者が、この方法で貯めたポイントを消費しています。

また提携先ポイントサービスとの交換にも使えます。

現在のところ交換できるのは「ANAマイル(500:250)」、「ANAスカイコイン(500:500)」の2種類です。

ANAマイルと交換した場合、500nanacoポイントで250ANAマイルとの交換になります。

センターお預かり分の受け取り方

nanacoポイントは、さまざまなキャンペーンで付与されます。

代表的なものだと、クレジットカードを使ってチャージした電子マネーなどです。

しかし、キャンペーンでもらったポイントや、ネット経由でチャージしたポイントは、自動的にnanacoカードにチャージされるわけではありません。

これらのポイントは「センターお預かり分」として、セブン&アイが預かっていてくれます。

nanacoポイントを受け取って、nanacoカード残高に反映させる方法は2つあります。

レジやセブン銀行ATMで「残高確認」または「現金チャージ」をする

このいずれかの方法でセンターに一時的に預けられているポイントが受け取れます。

口コミ情報

電子マネー「nanaco(ナナコ)」に関する評判を集めてみました。

実際に使っている人の口コミ情報を元に、お得な使い方を調査します。

管理人はこう思う

管理人はこう思う

電子マネーnanacoを使った時の通常の還元率が1%というのが、まず驚きです。

それに加えて、ボーナスポイント商品などの購入で、さらにポイントが貯まります。

nanacoはプリペイド型の電子マネーなので、定期的なチャージが必要なのがデメリットと言えます。

ただしセブンカード・プラスを利用すれば、オートチャージ機能が使えるので、残高不足の心配がかなり減りました。

さらに、クレジットカードとの合わせ技「チャージによるポイント二重取り」を駆使することで、得られるポイントは、他の電子マネーと比較しても群を抜いています。

現状はリクルートカードを使うと最もポイントが貯まってお得(ポイント還元率2.2%)なのですが、ネットでは「改悪は時間の問題」ともいわれているのも事実です。

長期的に見ると、個人的にはセブンカード・プラスが一番使いやすいかなと思います。

セブンカード・プラスは、セブン&アイグループが発行しているクレジットカードなので、一番改悪の影響を受けにくいはずです。

他にもセブン&アイグループのお店の利用でポイントアップしたり、QUICPay(nanaco)が使えたりするため、いろいろな場所でお得が得られます。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由