nanaco(ナナコ)

電子マネー一覧

nanaco(ナナコ)

nanaco(ナナコ)は、セブン&アイグループが展開している電子マネーです。セブンイレブンやイトーヨーカドーを利用することが多い人には馴染みがあると思います。

利用方法は、「nanacoカード」またはクレジットカード一体型の「セブンカードプラス」をリーダーにかざして支払う方法と、「おサイフケータイ」のnanacoモバイルで携帯電話をリーダーにかざす方法です。

レジでの合言葉は「nanacoで払います」。

nanacoのお得な貯め方はこちらをごらんください。

iPhone7 最新情報
iPhone7に搭載されているApple Payを使って、電子マネーnanacoをおサイフケータイとして使えるかどうかは今のところ未定です。

しかし、電子マネーnanacoはFeliCaを採用しており、技術的には対応可能かと思われます。

情報が入り次第更新します。

電子マネーnanacoの特徴

様々な提携・キャンペーンによって利用者を着実に増やしているnanaco。クレジットカードと合わせて使った時のポイント還元の破壊力も大きく、ネットでも人気の電子マネーです。

還元率の良いnanacoポイント

ナナコを使って買い物をすると、100円ごとに1ポイントのnanacoポイントが貯まります。これは、電子マネーのWAONなどと比較しても、かなり還元率は良いです。

通常は100円ごとに1ポイントですが、一部の対象商品を買うと「ボーナスポイント」がもらえるケースがあります。例えば、セブンイレブンに行った時、新商品のところに「この商品を買うと10nanacoポイントプレゼント」とか書いてあったりします。

支払い時に発生したポイントの反映は、すぐに行われる店舗と後日「センターお預かり分(詳細は後述)」に預けられる店舗があります。しかし、ポイント受け取りのタイミングが違うだけで、どちらも損することはないので安心です。

nanacoポイントの貯め方は他にもたくさんありますが、詳しくは「色々なシーンで貯められるポイント」の項をごらんください。

貯めたポイントの使い道は以下のとおりです。

  • 電子マネーにチャージする(1ポイント=1円)
  • セブンネットショッピングで使う(1ポイント=1円)
  • 提携先ポイントとの相互交換
  • nanacoグッズと交換
  • 寄付に使う

最も一般的な使い道は、電子マネーnanacoにチャージして、再びお買い物で使うことです。多くの利用者が、この方法で貯めたポイントを消費しています。

また、提携先ポイントサービスとの交換にも使えます。現在のところ交換できるのは「ANAマイル(500:250)」、「ANAスカイコイン(500:500)」の2種類です。ANAマイルと交換した場合、500nanacoポイントで250ANAマイルとの交換になります。

ポイントの有効期限は付与されてから最短1年、最長2年となります。毎年3月末に失効判定が行われるため、4月1日に発生したポイントは有効期限が2年ですが、3月末に発生したポイントは、翌年の3月末、つまり1年で失効します。

有効期限が長いわけではないので、貯めたポイントは積極的に消費していくことをおすすめします。

無料でカードを発行する方法も

ナナコカードは、年会費無料です。しかし、発行手数料が300円かかります。もちろん、できることならこの発行手数料を無料にしたいものです。

実は、nanacoカードの発行手数料を無料にする方法がいくつかあります。

■イトーヨーカドーのハッピーデー
毎月8のつく日(8日・18日・28日)は、イトーヨーカドーでハッピーデーという5%OFFのイベントが開催されています。この日にイトーヨーカドーで初回1,000円チャージをすると、発行手数料0円で、nanacoカードを作れます。

■定期キャンペーンを利用
nanacoでは、定期的にキャンペーンを行っています。その際に「新規入会で300ポイントプレゼント」などをやっています。この場合、発行手数料はかかるものの、ポイント還元によって、発行手数料が実質無料になります。

■セブンカードプラスを使う
通常のnanacoカードではなく、クレジット機能とnanacoの一体型カード「セブンカードプラス」なら、初年度無料で使えます。2年目以降も年間5万円以上カードを使えば、年会費は無料です。

■nanacoモバイルを使う
後述しますが、「nanacoモバイル」というサービスを使って「おサイフケータイ」として使えば、nanacoカードの発行は必要ありません。nanacoモバイルの利用は無料なので、発行手数料はかかりませんが、利用可能な携帯機種が限られています。

■シニアnanacoを使う(60代限定)
イトーヨーカドーでは、65歳以上の方を対象に「シニアナナコ」を無料で発行しています。また、60歳~64歳の方でも毎月15日・25日の「シニアナナコデー」に限り、無料で発行することが可能です。

これがシニアナナコ。
シニアナナコ

nanacoをチャージする

プリペイド式(前払い式)の電子マネーであるnanacoは、定期的にチャージをすることが必要です。現在、nanacoはオートチャージ機能を提供していないので、いずれの方法でも残高がなくなる前に、自分でチャージをしなければなりません。オートチャージ機能がないのは、nanacoのデメリットの一つです。

ちなみに、セブンカードプラスを持っていると、セブンイレブン・イトーヨーカドーで電子マネーnanacoを使った際、残高が一定金額を下回ると電子マネーのオートチャージをしてくれる機能も利用できます。

主なチャージ方法は、「現金」と「クレジットカード」を使う方法です。いずれも、セブンイレブンなどのnanaco利用が使える店舗でお願いするか、セブン銀行ATMを使って自分でチャージをします。

チャージの上限額は50,000円です。
1,000円単位でチャージができるので、店頭などで「nanacoを2,000円分チャージしてくだい」といってカードと現金を渡せばOKです。

クレジットカードを使ってチャージをするには、事前登録が必要です。少し面倒ですが、これによってクレジットカードのポイントが貯まるのでかなりお得に使えます。「クレジットカード+nanacoチャージ」こそが、nanacoを超お得に使うための鉄則と言っても間違いではありません。(詳しくは後述します)

クレジットカードでチャージした分は、一度「センターお預かり分」としてセブン&アイが管理している状態になります。店頭レジかセブン銀行ATMで「残高確認」をすることで、センターで管理されている電子マネーを、自分のナナコカードに反映できるしくみです。

クレジットカードを使ってチャージをする場合は、「パソコンサイト」、「携帯サイト」、「携帯アプリ」のいずれかからチャージの申込をすればOKです。

センターお預かり分を受け取る

nanacoポイントは、さまざまなキャンペーンで付与されることがあります。代表的なものだと、クレジットカードを使ってチャージした電子マネーなどです。

しかし、nanacoカード自体にWi-Fi機能が付いているわけではないので、キャンペーンでもらったポイントや、ネットでチャージしたポイントが自動的に、あなたの手元のnanacoカードに入るわけではありません。

これらのポイントは「センターお預かり分」として、セブン&アイがキチンと預かっていてくれます。預かってもらっているポイントを受け取って、あなたの手元のカードに反映させる方法は2つあります。

レジやセブン銀行ATMで、

  • 残高確認を行う
  • 現金によるチャージを行う

このいずれかの方法でセンターに一時的に預けられているポイントが受け取れます。

nanacoが使えるお店

nanacoが使えるお店

セブンイレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイグループのお店を中心に、多くの店舗でnanacoを使うことができます。

■セブン&アイグループ
セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、7ネットショッピング、アリオなど。

その他にも、ロフトやミスタードーナツ、コカコーラの自販機やラウンドワンといった様々な場所でnanacoが使えます。

リアル店舗だけでなく、クロネコヤマトの着払いや代引き商品を家の前で支払ったり、7ネットショッピングのようなネット通販でもnanaco支払いができます。

いずれも、私たちの生活の身近にあるお店ばかりです。日常生活の中でお得にnanacoポイントを貯めて、そして生活の中でそれらを消費していくことができます。

nanacoモバイルとは

nanacoは通常、「専用のnanacoカード」または「セブンカードプラス」をかざして使います。そして、もう一つの方法として「おサイフケータイ」の機能を使った「nanacoモバイル」があります。

nanacoモバイルでは、カードの変わりにあなたの携帯電話をリーダーにかざすことで、支払いができます。サイフを持たずにセブンイレブンに行っても、問題なく支払いができるので、便利です。

入会・発行手数料は無料です。専用のアプリをダウンロードして、すぐに利用を開始できます。

ポイント確認や利用歴をいつでもすぐ見れるのが、ナナコモバイルの最大のメリットです。また、万が一携帯電話をなくしてしまった場合は、サポートセンターに電話をすればすぐに、遠隔操作で電子マネーの利用をストップし、不正利用を防いでくれるので、安心です。

チャージの方法などはすべて、カード版と同じです。もしあなたが、おサイフケータイ機能付きの機種を使っているなら、nanacoモバイルの利用は良い選択肢だと思います。(ただし、iPhoneにはおサイフケータイ機能は付いていないので、iPhoneユーザーの方はカード版を使うようにしてください)

ハッピーデーで5%OFFの優待

ハッピーデー

イトーヨーカドーに限られますが、毎月8のつく日(8日、18日、28日)は「ハッピーデー」が開催されています。

この日にnanacoを使ってイトーヨーカドーで買い物をすると、一部対象外の商品を除いて、ほぼすべての商品が5%OFFとなります。

支払い方法は自由で、カード版を使ってもnanacoモバイルを使ってもOKです。

公共料金の支払いでポイントは貯まらない

nanacoで支払える対象は、公共料金にもおよびます。

例えば、電気代やガス代、水道料金などです。その他にも、国民年金や国民健康保険、自動車税などを含めると、結構大きい金額になりますよね。

これらはいずれも、コンビニで支払うことができます。そして、セブンイレブンに行けば、そのままnanacoカードで支払うことができます。

ただ、「支払いはできるけどポイントは貯まらない」デメリットがあるので注意が必要です。

この対処方法として活用したいのは、やはりクレジットカードです。詳しくは後述しますが、一部のクレジットカードでは、nanacoチャージ時に(クレジットカードの)ポイントが貯まります

例えばnanacoとクレジットカードの一体型となる「セブンカード・プラス」を使うと、チャージ金額200円ごとに1ポイントが貯まります。このカードは年間5万円以上使うと、次年度年会費無料で使える特徴があります。

つまり、公共料金をすべてnanacoで支払って、そのチャージを「セブンカード・プラス」で行うようにすれば、ポイントが貯まるだけでなく、年間5万円の年会費無料条件を満たし、クレジットカードも無料で使えるので、お得です。

詳細については非常識なテク!nanacoで税金を支払って得する方法まとめで解説しています。

nanacoポイントを効率的に貯める方法

電子マネーをフル活用するために、よりお得にnanacoを貯める方法をまとめます。

色々なシーンで貯められるポイント

nanacoが貯まるのは、支払い時やボーナス商品を購入した時だけではありません。その他にも様々な方法で、nanacoポイントを貯められます。

■ペットボトルのリサイクル
イトーヨーカドーやヨークベニマルなど、一部の店舗ではペットボトルの回収を実施しています。ペットボトルを1本持っていくと2RPがもらえ、これが500RPになると、50nanacoポイントと交換してもらえます。

■セブン銀行で取引をする
セブン銀行の口座を給与振込口座に使うなど、銀行取引に応じてnanacoポイントが貯まります。

■特定のクレジットカードを使う
セブンカードプラスなど、一部のクレジットカードを使うと、利用額に応じてnanacoポイントが付与されます。

■メールマガジン「nanacoニュース」を購読
nanacoの公式メルマガで特定のリンクをクリックするとポイントがもらえます。

■エッソ・モービル・ゼネラルでガソリンを給油
上記のガソリンスタンドでnanacoをかざしてから給油すると1Lあたり1ポイントが貯まります。

■提携ポイントからの交換
nanacoから交換できるのはANAマイル・ANAスカイコインのみですが、多くのクレジットカードで貯めたポイントは、「1:1」の交換レートでnanacoに移行できます。ポイント還元率の高いクレジットカードを使って貯めたポイントをnanacoで消費するという使い方です。

キャンペーンを利用する

セブン&アイでは、ポイントサービスnanacoを活用したキャンペーンを積極的におこなっています。これらのキャンペーンに参加することで、効率的にポイントを貯めることが可能です。

一例を紹介すると、

・セブンイレブンやイトーヨーカドーで特定商品を購入すると、ボーナスポイントがもらえる。

・アリオ・イトーヨーカドー専門店街で8のつく日「ハッピーデー」にnanacoカードで買い物をするとポイントが2倍。

・キャンペーン中にチャージ機を使ってチャージすると抽選で1,000nanacoポイントが当たる

などなど。

リクルートカードで貯める

リクルートカード

nanacoチャージができてポイントも貯まるカード」を探すと、代表的なものが4つ見つかります。(※いずれもJCBブランドに限る

リクルートカードは年会費無料で使えます。ポイント還元率が1.2%と抜群に良いのがメリットです。nanacoチャージ分(1.2%)と電子マネーnanacoの利用分(1.0%)を合わせると「ポイントの二重取り」ができ合計2.2%という驚異的なポイント還元率になります。

ただ、チャージ分の1.2%還元については「リクルートポイント」による還元となるため、「じゃらん」や「ホットペッパー」といった、リクルート運営サイトで消費する必要があります。

ネットでは、「リクルートポイントなんて使い道ないよ。。」との声も聞こえていましたが、現在は「Pontaとの相互交換が可能」となったので、Pontaと交換して、ローソンなどで消費する使い方もできるようになりました。

ただし、この「合計2.2%」はあまりに良すぎる内容であるため、ネットでは「改悪は時間の問題」と言われ続けているのも事実です。

楽天カードYahoo!JAPANカードは共に、1.0%のポイント還元率です。ポイント二重取りで、合計2%の還元となります。

上記はいずれも、VisaやMasterCardブランドだと対象外なので、必ずJCBブランドを選択するようにしましょう。

上記に加えて、セブンカードプラスも「nanacoチャージができてポイントも貯まるカード」の一つです。

セブンカードプラスで貯める

セブンカードプラス

セブン&アイグループが発行している、nanacoと最も親和性が高いクレジットカードが「セブンカードプラス」です。

まず、このカードは「クレジットカード+nanacoカードの一体型」と「カードとnanacoは別」の2種類が選べます。

主な特徴は以下のとおりです。
ポイントはすべて「nanacoポイント」で還元されます。

■200円ごとに3ポイント
セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズでのカード払い。(還元率1.5%)

■200円ごとに2ポイント
西武、そごう、アリオ、セブンネットショッピングでのカード払い(還元率1%)

■200円ごとに1ポイント
クレジットカードが使える場所ならどこでもOKです。(還元率0.5%)

■nanacoチャージ200円ごとに1ポイント
電子マネーnanacoへのチャージ時、電子マネーとしての支払い時の両方でポイントが貯まる「ポイントの二重取り」が可能。

■年間累計ボーナス
イトーヨーカドー、ヨークマートでの年間利用額が100万円以上で3,000ポイント、150万円以上で10,000ポイント、それ以降は100万円ごとにさらに10,000ポイントがボーナスとしてもらえます。

セブンカードプラスは、初年度無料で利用できますが、2年目以降は年会費500円+税(家族カードは200円+税)がかかります。ただし、本人・家族の年間利用額の合計が5万円以上になれば、次年度以降も年会費は無料で使えます

前述のとおり、公共料金の支払いなどで日常的に使っていれば、年間5万円のハードルは決して高くありません。

前述のリクルートカードなどと比較すると、還元率は劣りますが、nanacoポイントを貯めるという意味では、最も優れた一枚と言えるでしょう。

セブンカードプラスの詳細はこちら。

QUICPay(nanaco)の上手な使い方

nanaco(クイックペイ)

また、もう一つの特典として「クイックペイnanaco」というサービスが使えます。セブンカードプラス会員は、クイックペイnanacoに無料で登録できます。

QUICPay(nanaco)は、nanacoカードとQUICPayの一体型カードで、そのつど、好きな支払い方法が選択できるメリットがあります。

例えば、「クイックペイnanaco」を使うことで、nanacoが使えない「イオン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ」などでも、電子マネー(クイックペイ支払い)ができ、200円ごとに1nanacoポイントを貯めることが可能となります。

また、セブンイレブンでは200円で3nanacoポイント(還元率1.5%)が貯まります。

気をつけなければならないのは、イトーヨーカドーなどセブンイレブン以外のセブン&アイグループのお店で使う場合です。前述のとおり、セブンイレブンで使う場合はクイックペイnanacoで支払うのがお得です。

しかし、それ以外のお店については(イトーヨーカドーのようなセブン&アイグループのお店であっても)すべて200円ごとに1nanacoポイント(還元率0.5%)の付与となってしまいます。

しかし、イトーヨーカドーでは通常のnanacoカードで支払うと100円ごとに1ポイント(還元率1%)がもらえるので、クイックペイよりもnanaco残高で支払ったほうがお得になるのです。この点、支払い方法を間違わないように注意が必要です。

クイックペイnanacoでポイント獲得を最大化する

クイックペイnanacoがお得になるお店(クイックペイ支払い)
セブンイレブン、その他nanacoが使えないお店

nanacoがお得になるお店(nanaco支払い)
セブンイレブン以外のnanacoが100円につき1ポイント貯まるお店(例:イトーヨーカドー)

※しかし、イトーヨーカドー・デニーズでの支払いは「セブンカード・プラス」のクレジットカード払いが一番お得になります。(還元率1.5%)

QUICPay(クイックペイ)は、JCBが展開している、チャージ不要の後払い式の電子マネーです。これを使うことで、電子マネーの利用可能店舗を大きく広げることができ、またより多くの場所でnanacoポイントが貯められるようになります。

使った分は後日、セブンカードプラスの請求として一緒に引き落とされます。

口コミ情報

電子マネー「nanaco(ナナコ)」に関する評判を集めてみました。実際に使っている人の口コミ情報を元に、お得な使い方を調査します。

管理人はこう思う

電子マネーnanacoを使った時の通常の還元率が1%というのが、まず凄いです。それに加えて、キャンペーン商品などの購入でより効率よくポイントが貯まります。

オートチャージがないので、定期的なチャージが必要なのはナナコのデメリットです。また、使える店舗もセブンイレブンやイトーヨーカドーを除けば、さほど広くはありません。(セブンカードプラスを持っているとオートチャージ機能が使えるようになりました)

しかし、クレジットカードとの合わせ技「チャージによるポイント二重取り」を駆使することで、最大3%還元が得られるメリットは、他の電子マネーと比較しても群を抜いています。

現状は、リクルートカードを使うと最もポイントが貯まってお得なのですが、ネットでは「改悪は時間の問題」ともいわれているのも事実。長期的に見ると、個人的にはセブンカードプラスが一番使いやすいかなと思います。

セブンカードプラスの場合、セブン&アイグループでの利用で還元率がアップする他、年会費も実質無料に近いです。また、「QUICPay(nanaco)」という2つの電子マネーを搭載したカードが使えるので、より広範囲に電子マネーを使った買い物ができるメリットもあります。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由