iD(アイディ)

電子マネー一覧

iD(アイディ)

iD(アイディ)は、NTTドコモが展開している電子マネーです。電子マネー黎明期の時にいち早く登場した電子マネーで、普及率が高いのがメリットです。

利用方法は、NTTドコモの「おサイフケータイ」対応機種と結びつけて使うか、クレジットカードまたは電子マネーカードを発行して、カードをかざして支払うかの2つです。

WAONなどと違い、後払い式の電子マネーなので、チャージをする必要がありません。

レジでの合言葉は「iDで払います」。

iPhone7 最新情報
dカード内蔵のドコモの電子マネー「iD」がApple Payに対応します。

サービス開始は2016年10月から。

iPhone7にdカードのiDを登録することで、おサイフケータイとして使えます。カード不要で携帯をかざして支払いができます。

ドコモの年会費無料クレジットカード「dカード」の詳細はこちら。

電子マネーiDの特徴

電子マネーが登場したばかりの時に、三井住友カードとの提携によって、利用可能な店舗を爆発的に広げたiD。使える場所が多いので、現金を持たずに「おサイフケータイ」だけでコンビニに出かけることもできます。

また、後払い式の電子マネーのため、最終的にクレジットカードの請求と一緒に支払うことになります。この時に、利用額に応じてクレジットカードのポイントを貯めることができます。

チャージ不要の後払い式電子マネー

多くの電子マネーはプリペイド(前払い式)のため、定期的にチャージをしなくてはなりません。支払い時にも残高不足になっていると使えません。

しかし、iDは「後払い式」のためチャージ不要で金額を気にせず、電子マネーが使えます。(クレジットカードの利用限度額の範囲で使えます)

金額を気にせず使えるとなると、落としたり盗難にあった場合に心配と感じる方も多いかもしれません。

しかし、iDはクレジットカードとの結びつきが深いため、「クレジットカードの紛失・盗難補償」が受けられます。例えば、もし不正利用の被害にあっても、不正な利用が起こる前までさかのぼって、被害額を補償してくれます。

それだけでなく、もしおサイフケータイを落としてしまった場合は、NTTドコモに電話をするだけで、すぐに遠隔ロックで利用を停止してもらえるので安心です。iDカードを落としてしまった場合は、カード会社に電話をすれば同様の対応をしてもらえます。

後払い式電子マネーのデメリットをあえてあげるとすれば、「使いすぎてしまうか心配」といったことになると思います。

また、「どうしてもクレジットカードは持ちたくないけどiDを使いたい」という場合は、限度額が月額1万円のドコモが発行している「dカード mini」を使えます。こちらはクレジットカードではないため、ドコモの携帯料金と一緒に請求される仕組みです。

サインや暗証番号は一切不要

おサイフケータイ

iDはどこで使っても、サインレスで買い物ができます。また、1万円以内の買い物であれば、暗証番号の入力も必要ありません。(1万円以上の買い物だとiDを端末にかざした時にエラー音がなり、暗証番号の入力が必要となります)

最近の電子マネーは、VisaやMasterCardと提携することで展開しているため、支払いのしくみがクレジットカード扱いになっており、お店によってはサインや暗証番号を求められるケースもあります。

しかし、iDは独自に決済端末を普及させてきたため、どこで使ってもスピーディーな支払いができるのがメリットです。

クレジットカードのポイントが貯まる

ポイント還元

iDは電子マネーですが、電子マネーそのものにポイントサービスはありません。クレジットカードと結びつけての利用が基本となるため、利用額に応じてクレジットカードのポイントが貯まります。

①iDで2万円の買い物を、クレカで3万円の買い物をする

②後日、クレジットカードの請求書と合わせて支払う
合計請求額はiD利用分とカード利用分で5万円

③利用額5万円に応じてカード会社のポイントが貯まる。

つまり、ポイント還元率が高いクレジットカードを使えば、iDの支払い分から生まれるポイントも増えるし、還元率が低いカードだとiDの還元率も低くなるということです。

ただし、iDはすべてのクレジットカードに対応しているわけではありません。iDと提携しているカード会社が発行しているカードを使う必要があります。

■おサイフケータイ・iD一体型カードの両方が使える会社
・NTTドコモ(dカード)
・三井住友カード
・オリコ
・VJAグループ(三井住友トラストカード、りそなカードなど)

■おサイフケータイだけに対応している会社
・イオンカード
・クレディセゾン
・UCカード
・ライフカード
・セディナ
・ポケットカード

■iD一体型カードだけに対応している会社
・大和ハウスフィナンシャル
・ペルソナSTACIAカード

上記の表は、結構重要です。
おサイフケータイだけに対応しているカード会社のクレジットカードを持っている場合は、iPhone7以降の機種など、おサイフケータイ対応の携帯電話が必要となります。

上記のカード会社のうち、ポイント還元率が高いのは

です。
特にdカード、オリコカード・ザ・ポイントは、おサイフケータイとしても一体型カードとしても使えるので、かなりおすすめです。

また、スタンダードなカードでブランド力があるものを選びたいなら、三井住友Visaカードがおすすめです。iD発足当初、ドコモが提携相手として選んだのが三井住友カードなので、両社には強い提携関係にあります。

よって、三井住友カード自体はポイント還元率が高いわけではないのですが、貯めたポイントをiD利用分に充当できる「iDバリュー」が使えたり、iDに関連するキャンペーンを積極的に行っているのが特徴です。

iDバリューは、貯めたクレジットカードのポイントを1ポイント=5円値引きとして電子マネーiDの請求値引きに使えるので、私もよく使っている、三井住友Visaカードならではの特典です。

iDの特徴

iDが使える場所

iD利用可能店舗

私がiDの大きなメリットだと感じるのは「使える店舗が非常に多い」ことです。電子マネー事情を考えてみると、「WAON」はイオン系のコンビニであるミニストップと提携先のファミリーマートで使えます。しかし、セブン&アイグループとはライバル関係なので、恐らく今後も「セブンイレブン」では使えるようにはなりません。。。

なぜなら、セブン&アイは電子マネーの「nanaco」を展開しているからです。同様に、nanacoがイオン系列の店舗で使えるようになる日も、恐らく来ることはないでしょう。。

しかし、iDは「ドコモ」という独立した携帯会社が展開しているので、主要なコンビニではすべてiDが使えます。iDを持っていれば、コンビニに出かける時はサイフは不要です。

コンビニだと、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、サークルKサンクスなど。スーパーの場合は、イオンやアルプラザなど。

その他、マクドナルドやガスト、コカコーラの自販機でも使えます。

正直言って、使える店舗はめちゃめちゃ多いです。これがiDの持つメリットです。

海外での利用も可能

2014年より、これまで国内限定だったiDが海外でも使えるようになりました。

海外でiD(アイディ)を使う場合は、MasterCardが展開している「PayPass」というシステムを使います。

おサイフケータイを設定して、「MasterCard / PayPass」のマークがあるお店で、専用の端末にかざすだけでOKです。

レジでの合言葉は「マスターカードペイパス!」。

デメリットはネットで使えないこと

デメリット

iDのデメリットはズバリ、ネットで使えないことです。最近の電子マネーは、ネット通販などでも使えるのがメリットです。

しかし、iDはリアル店舗では使えるものの、ネット決済には一切対応していないため、この点は完全なデメリットとなります。

また、電子マネーそのものにポイント制度がないので、どうしてもクレジットカードのポイント還元率に依存してしまうデメリットがあります。

例えば、一部の電子マネーの場合「チャージする時にクレジットカードのポイントが貯まり、電子マネーを使った時に電子マネーのポイントが貯まる」と言った、ポイントの二重取りができるケースがあります。

しかし、iDはそのようなことがないので、ポイント還元率ではやや不利な立場となるケースが多いです。

iDのメリット・デメリット

iDを使ってポイントを効率的に貯める方法

電子マネーをフル活用するために、よりお得にiDを貯める方法をまとめます。

キャンペーンを利用する

三井住友VISAクラシックカード(クレジットカード)入会なら三井住友VISAカード

それぞれのクレジットカード会社が、iDと連携したキャンペーンを積極的に展開しています。私が個人的に、特にiD関連のキャンペーンが多いと感じるのが、三井住友カードです。

例えば、

  • iD支払いを利用でポイント還元率2倍
  • iDの利用で豪華プレゼントが当たる
  • 新規限定でiD利用1,000円分をキャッシュバック

など。
こういった様々なキャンペーンが期間限定で行われています。

また、前述しましたが三井住友Visaカードで貯めたポイントは、「iDバリュー」と交換することで、1ポイント=iD利用分を請求時に5円値引きできます。

クレジットカードのポイントを無駄なく消化できるので、個人的にもおすすめしたい三井住友Visaカードの活用法です。

三井住友Visaカードは電子マネーiDと一体型にできる券種が多いです。

マクドナルドやコンビニなど、iDが使えるお店ではカードをサッとかざしてサインレスで支払い、そうでない場所はクレジットカードで支払いをすることで、現金をほとんど使わずにスムーズに買い物ができます。

ポイント還元率の高いクレジットカードを使う

iDはただの決済機能です。支払いはすべて「クレジットカードの請求」に回るため、簡単に言うとポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶのがベストという答えに行き着きます。

iDが提携しているカード会社でポイント還元率が高いのは、「dカード」と「オリコ」、そして「イオンカード」です。

■ドコモ携帯を使っている場合
dカード

dカードはNTTドコモの公式クレジットカードです。
通常時はポイント還元率1%なのですが、dカード提携店で使うとポイントが爆増します。

dカード提携店として代表的なのは、高島屋(3%還元)、スターバックスカードのチャージ(4%還元)、カラオケのビッグエコー(3%還元)、ガソリンスタンドのENEOS(2%還元)などです。

そして、dカードはローソンと最も相性が良いです。ローソンでdカード支払い(またはiD支払い)をすると、「ローソンでのお買い物分が請求時に3%値引き」、「クレジット利用分1%」、「dカード提示分1%」のトリプルコンボで、合計5%もお得になります。

ここまでは、ドコモ携帯を使っていない人でも恩恵が受けられるdカードのメリットです。

利用金額に応じて付与されるdポイントはお店で使ったり、他社のポイントサービスと交換できる他、ドコモの機種変更の料金などにも充当することが可能です。

dカードが特にNTTドコモユーザーにとってメリットとなるのは、最大1万円の「ケータイ補償サービス」が付いていることです。

このケータイ補償サービスですが、ゴールドカードとなる「dカードゴールド」では10万円にグレードアップします。dカードゴールドではさらにUSJラウンジの利用など特典も豊富なので、コストパフォーマンスを考えて、ゴールドカードを選択する方も多いです。

→dカードの詳細はこちら
→dカードゴールドの詳細はこちら

■おサイフケータイ非対応機種を使っている場合
オリコカード・ザ・ポイント

お持ちの携帯端末がおサイフケータイに対応していない場合は、iD一体型のクレジットカードを選ぶことになります。つまり、レジでかざすのは携帯ではなくクレジットカードです。

クレジットカードとiDの一体型でポイント還元率が高いのが、「オリコカード・ザ・ポイント」です。

このカードのポイント還元率は1%(100円ごとに1ポイント)です。ただし、入会後は6ヶ月は還元率が2倍になったり、「オリコモール」を経由してAmazonや楽天で買い物をすると、さらに0.5%が上乗せされるのがメリット。最大で2.5%以上のポイント還元を得られます。

私が個人的にこのカードの良いと思う部分は、カードデザインです。完全なブラックのデザインなので、使う場所や使う人を選ばないクールな一枚だと思います。

このカードはさらに、電子マネーのQUICPayも同時に搭載できるので、2種類の電子マネーを使い分けたい人にも向いています。

年会費は無料です。
→オリコカード・ザ・ポイントの詳細はこちら

■おサイフケータイ対応機種を使っている場合
イオンカードセレクト

あなたが、「おサイフケータイ対応」の携帯を使っているなら、「イオンカードセレクト」が使いやすいと思います。

このカードは、「クレジットカード+電子マネーWAON+イオン銀行キャッシュカード」の3枚を1役にした一体型カードです。

カードそのものには電子マネーWAONが搭載されているので、iDを使いたい場合は「おサイフケータイ」の設定をして、レジで携帯電話をかざして買い物をします。

イオンでのお買い物をする時には「電子マネーWAON」で効果的にポイントを貯めて、WAONが使えない場所(例えばセブンイレブンなど)では、携帯をかざしてiDで支払い、その分もポイント還元の対象にする。といった使い方が可能です。

また、WAONのオートチャージをする時に「チャージ時・電子マネー利用時」の両方でポイントの二重取りができるのは、イオンカードセレクトのみです。

この2つの電子マネーを押さえておくだけで、驚くほど色々な場所で、電子マネーによる決済ができるようになります。

イオンカードセレクトも年会費は無料です。
→イオンカードセレクトの詳細はこちら

iDでポイントを貯める

口コミ情報

クチコミ

電子マネー「iD(アイディ)」に関する評判を集めてみました。実際に使っている人の口コミ情報を元に、お得な使い方を調査します。

管理人はこう思う

私も普段からよく利用しているiDは、とにかく使える場所が多いこと、そして支払いスピードが速いことが最大のメリットだと思います。

コンビニをはじめ、大手の店舗やショッピングモールでは、たいていiD支払いに対応しています。また、どこに行ってもサイン不要で、携帯かカードをかざすだけですぐ支払いが終わるので、後ろに並んでいる人やレジの店員さんを待たせません。

iD自体はポイントサービスを展開していませんが、使ったお金は最終的にクレジットカードの請求と一緒に支払うことになるので、クレジットカードのポイントはしっかり貯めることができます。

逆に、デメリットだと感じるのがネット通販での買い物をする時です。iDはネット通販には対応していません。ネットで買い物をするときは、素直にクレジットカードを使うことになります。

そしてもう一つのデメリットがポイント還元率の点で見劣りすることが多いことです。今回紹介した、オリコカード・ザ・ポイントなどは非常に優秀です。しかし、その他のクレジットカードを使う場合、他の電子マネーと比較して還元率が低くなるケースも少なくありません。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由