PASMO(パスモ)

B! pocket

PASMO

Suica(スイカ)と並び、首都圏での利用が多い交通系ICカードがPASMO(パスモ)です。

PASMOは100以上の鉄道・バス事業者が加盟しており、東京メトロや東急・京成・京王などが代表的です。

2007年のサービス開始当初からSuicaとの相互利用が可能で、現在では相互利用を行なう全国各地の公共交通機関でも使えます。

PASMOをタッチするだけで、駅の改札を通過・運賃の支払いができたり、電子マネーとして買い物で使えたりします。

2019年10月1日からはキャッシュレス・ポイント還元制度により、期間限定で対象店舗でのPASMO利用で最大5%のポイント還元が受けられます。

全国での相互利用が可能

交通系ICカード

交通系ICカードの全国相互利用により、PASMO1枚を持っていれば全国各地の公共交通機関で使えます。

現在の利用可能エリアは、以下のとおりです。

  • Kitaca(JR北海道)
  • Suica(JR西日本)
  • PASMO(首都圏の大手鉄道事業者11社)
  • TOICA(JR東海)
  • ICOCA(JR西日本)
  • manaca(名古屋市交通局)
  • nimoca(西日本鉄道)
  • SUGOCA(JR九州)
  • はやかけん(福岡市交通局)

そのなかでもPASMOとSuicaの相性は良く、Suicaエリアの改札を通過したときでもPASMOのオートチャージができたり、紛失時の届け出を受け付けてもらえたりします。

ほかにも、一部の路線バスにはSuicaやPASMOでの利用額に応じて、自動的にポイントが貯まる「バス利用特典サービス」があります。

一定のポイントが貯まると「特典バスチケット」として、次回のバス運賃の支払いへ優先的に使われます。

申込み手続きは不要。SuicaやPASMOを利用するだけで、自動的にポイントが貯まり、運賃の支払いへ充当されるのは便利です。

関東ではPASMOかSuicaを使っている人は多いと思います。

PASMOとSuicaの違いについては、下記の記事でくわしく解説しています。

電子マネーとして使う場合も、各交通系ICカードの加盟店で支払いができます。

ただし、PiTaPaは後払い型を採用している関係で、PiTaPaだけが使えるお店ではPASMOは使えません。

キャッシュレス・ポイント還元の対象

PASMOのポイント還元

Suicaとは違い、2019年9月まではどれだけPASMOを買い物に使っても、ポイント還元はありませんでした。

2019年10月からは、キャッシュレス還元によりPASMOを使った買い物でポイント還元が受けられます

PASMO利用でのポイント還元には、事前の会員登録が必要です。

専用サイトから会員登録を完了後、買い物で利用した金額に応じて、3ヶ月ごとにポイント還元されます。

ポイント履歴は、翌月以降にマイページにて確認できます。

貯まったポイントは私鉄の駅や定期券窓口で、PASMOへチャージ(ポイント還元)になります。

登録前のPASMO利用分は還元対象にならず、還元期間が過ぎるとポイントは失効するので注意してください。

PASMOが使えるお店

交通系ICカード

PASMOは全国各地の交通系ICカード対応店舗で使えます。

コンビニ
セブン‐イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート
スーパー
東武ストア、マルエツ、京王ストア、Odakyu OXストア、イオン、イトーヨーカドー
ドラッグストア
マツモトキヨシ、ウエルシア、ツルハドラッグ、サンドラッグ、ココカラファイン、スギ薬局
飲食店
ファミレス:ガスト、ロイヤルホスト、ココス
コーヒーチェーン:ドトール、タリーズコーヒー、サンマルク、コメダ珈琲
ファストフード:マクドナルド、モスバーガー、ケンタッキー
牛丼チェーン:松屋、すき家、吉野家
家電量販店
ビックカメラ、ケーズデンキ、ソフマップ、ジョーシン、ヨドバシカメラ
その他
駅構内のコインロッカー、自動販売機、タイムズ、エコステーション21

ほかの交通系ICカードとは違い、もともとPASMOには、お買い物でのポイントサービスがありません。

PASMOはキャッシュレス・ポイント還元サービスの対象ですが、こちらは期間限定です。

基本的にはPASMO払いでポイントは貯まらない、と考えてください。

そのため、買い物でポイントが貯まる別の電子マネーを使った方がお得感があります。

PASMOの種類と購入方法

PASMO

PASMOは4種類あり、PASMOエリア内の駅の自動券売機やバス営業所で発行できます。

  • 無記名PASMO:名前なしで誰でも使える
  • 記名PASMO:名前入りで本人専用
  • PASMO定期券:定期券の機能をつけたもの
  • クレジット機能つきPASMO:クレジットカードとPASMOの一体型

PASMOは1枚1,000円から購入可能です。

500円はデポジット代(預り金)、残り500円が運賃や買い物に使えます。

デポジット代はPASMOを返却する際、全額返金になるので、実質無料で持てます。

PASMO(無記名)

無記名PASMOは、個人情報を登録していないPASMOで、家族や友人などと共有して使えます。

キャッシュレスポイント還元サービスは、無記名PASMOも対象になります。

ただしPASMOオートチャージの対象外だったり、紛失時に再発行ができなかったりと、不便な面も多々あります。

記名PASMO

個人情報を登録した本人のみ使えるPASMOです。

カード表面に氏名が印字してあり、本人しか使えませんが、紛失・盗難補償が適用されます。

PASMOを失くしたときは、PASMO・Suicaエリアの駅やバス営業所で、紛失・再発行の手続きをします。

申請書を提出すると、PASMOの利用が停止になり、翌日から新しいPASMOを再発行できます。

再発行手数料(520円)とデポジット代(500円)がかかりますが、チャージ残高は新しいPASMOに引き継がれます。

小児用PASMOは記名式のみです。

ちなみに、子どもが無記名PASMOを使うと、大人運賃が適用になります。

中学生になる4月1日以降は、大人用PASMOに切り替えると継続利用できます。

PASMO定期券

定期券機能をつけたPASMOです。

定期券区間内は乗り放題、区間外や買い物で利用する際は、チャージしたPASMO残高から支払います。

駅の券売機や窓口で新規購入や継続購入、PASMO定期券への変更が可能です。

新規購入の際は、定期券代+デポジット代を支払いますが、PASMO定期券への変更は定期券代だけかかります。

PASMO定期券を使わなくなったときは、記名式PASMOとして利用できます。

クレジット機能つきPASMO

鉄道・バス事業者と提携したクレジットカードのなかには、PASMO機能つきもあります。

1枚でPASMOとクレジット機能の両方が使えて、お財布やパスケースの中がかさばりません。

PASMO一体型クレジットカードと提携先は以下のとおりです。

  • パスタウンPASMOカード(PASMO公式)
  • 京王パスポートPASMOカード(京王電鉄)
  • TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO(東京急行電鉄)
  • 京急プレミアポイントPASMO(京急電鉄)
  • ANA To Me CARD PASMO、To Me CARD Prime PASMO(東京メトロ)
  • 東京スカイツリー®東武カードPASMO(東武鉄道)

パスタウンPASMOカード以外は、PASMO定期券機能もつけられます(くわしくは下記の記事を参照)。

下記のクレジットカードは、PASMOとの紐付けでPASMOオートチャージが利用できます。

  • 小田急OPクレジットカード(小田急電鉄)
  • 京成カード(京成電鉄)
  • SEIBU PRINCE CLUBカード(西武鉄道)
  • 相鉄カード(相模鉄道)
  • 横浜交通hama-eco card(横浜交通)
  • Shonan Card(湘南電気鉄道)

Apple Payには非対応

PASMOにはモバイルPASMOが存在しません。

Apple Pay対応のiPhoneやおサイフケータイ対応のスマホで、PASMOは利用できません。

交通系ICカードのなかでも、唯一モバイルに対応しているのが、Suica(スイカ)です。

Suicaアプリをインストールしたり、iPhoneのWalletアプリでSuicaを取り込んだりすると、スマホでSuicaが使えます。

PASMOへのチャージ方法

電子マネーチャージ

パスモはプリペイド型(前払い方式)の交通系ICカード・電子マネーです。

利用前にチャージ(入金)の必要があり、PASMOへの主なチャージ方法は以下のとおりです。

  • 駅やバス営業所の券売機・チャージ機
  • バスの車内
  • チャージ対応のお店
  • セブン銀行ATM

交通系ICカードへのチャージ方法は、基本的にどれも同じです。

希望するチャージ金額を選び、現金を支払って、PASMOへチャージをします。

クレジットカードを利用してPASMOにチャージする際は、対応するクレジットカードが必要です。

PASMO対応のクレジットカードがあると、クイックチャージオートチャージが使えます。

オートチャージで残高不足の心配なし

オートチャージ方法(改札)

オートチャージに対応したクレジットカードとPASMOを紐付けると、クイックチャージオートチャージが使えます。

PASMOクイックチャージ
東急電鉄の自動券売機で、クレジット決済にてチャージできる
PASMOオートチャージ
PASMO・Suicaエリアの改札機を、PASMOで入出場する際、残高が設定金額を下回っていたら自動的に一定金額がチャージされる

チャージ金額は、紐付けたクレジットカードから支払われます。

利用金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まるため、現金チャージよりもお得です。

SuicaやPASMOエリア以外の交通系ICカード対応エリアや、バスなどのIC運賃機、電子マネーが使えるお店では、オートチャージ機能は働きません。

残高不足になったときは、現金でチャージをする必要があります。

PASMO対応のおすすめクレジットカード

PASMOをお得に活用するには、PASMO対応のクレジットカード利用が必要不可欠です。

ポイント還元率が高いクレジットカードを持っていても、PASMOと提携関係のないカードでは、チャージできません。

PASMOのチャージに利用可能なクレジットカードのなかでも、人気の高いソラチカカードTOKYU CARD ClubQ JMBを紹介します。

ソラチカカード

ソラチカカード

ソラチカカードの正式名称は、「ANA To Me CARD PASMO JCB」です。

東京メトロ(To Me CARD)とANA、JCBの提携で誕生したPASMO一体型カードです。

PASMOを使って東京メトロに乗ると「乗車ポイント」、メトロポイントPlus加盟店で買い物をすると「メトロポイント」が貯まります。

ANAの航空機に乗った場合は、搭乗ボーナスマイル積算率が+10%になります。

またANAカードマイルプラス提携店で買い物をすると、利用額に応じてANAマイルが貯まります。

東京メトロやANAとは関係のない加盟店でソラチカカードを使った場合は、JCBの「Oki Dokiポイント」が貯まります。

1,000円ごとに1ポイント貯まり、1ポイントあたりの価値は5円なので、実質的な還元率は0.5%です。

利用場所に応じて3つのポイントが貯まるのが、ソラチカカードの特徴です。

さらにこれらの3つのポイントは相互交換できます

これなら、それぞれで貯めたポイントが無駄にならず、効率的に使えます。

一番簡単なのは、すべてメトロポイントへ交換することです。

メトロポイントは1ポイント=1円分として、PASMO残高に充当できます。

ちなみに、ソラチカカードはPASMO以外にさまざまな電子マネーが搭載でき、QUICPayやPiTaPaも追加可能です。

年会費は2,000円+税と有料です。

毎年継続ボーナスとして1,000マイルがもらえるので、1マイル=2円として考えた場合、実質的には年会費無料で使えます。

→ソラチカカードの詳細はこちら

TOKYU CARD ClubQ JMB

TOKYU CARD ClubQ JMB

TOKYU CARD ClubQ JMBは、東急電鉄と提携するPASMO一体型のクレジットカードです。

東急線や東急バスを使うことが多い方にメリットがある1枚です。

東急百貨店や東急ハンズなど、東急グループのお店で使うと、ポイント還元率が3%~10%にアップするのでかなりお得です。

PASMOオートチャージ時のポイント還元率は1%なので、現金チャージよりも1%分安くなります。

TOKYU CARD ClubQ JMBでPASMOにチャージして、買い物をすれば、あらゆる商品が実質1%値引きで購入できる計算です。

たばこやお酒など、本来値引きがほとんどない商品でも同じです。

貯まったTOKYU POINTは、PASMOにチャージできるので、使いみちに困りません。

TOKYU CARD ClubQ JMBの年会費は1,000円+税です。

仮にポイント還元率を1%として計算すると、年間10万円以上カードを使えば、年会費の元が取れます。

定期券代や買い物での利用額を考えると、年間10万円のハードルはそこまで高くないと思います。

→TOKYU CARD ClubQ JMBの詳細はこちら

Suicaとどちらがお得度が高い?

管理人はこう思う

首都圏の鉄道系電子マネーは、SuicaとPASMOの二択です。

「SuicaとPASMO、どちらがお得に利用できるのか?」は、自分がもっともよく利用する鉄道・バス会社が発行する方を選ぶのがお得です。

JRをよく利用する人ならば乗車ポイントも貯まるSuica、東京メトロでの移動が多ければ、PASMO、特に東京メトロとPASMOの一体型「To Me Card」の利用がお得です。

交通系ICカードは全国各地で共通利用できるので、電車やバスへの乗車、電子マネーを使った買い物にしても、利便性に大きな違いはありません。

選ぶポイントは、やはり「どれだけその鉄道やバスに頻繁に利用するか?」だと思います。

ただし、パスモは「モバイルPASMO」が存在しないのが大きなデメリットです。

おサイフケータイ対応の端末をお持ちの方は、スマホでSuicaが使えます。

  • Androidスマホ:モバイルSuica、Google Pay
  • iPhone:Suicaアプリ、Apple Pay

スマホ1つで、公共交通機関への乗車や買い物の支払いができるのは強みです。

そういった理由からも、SuicaとPASMOの差は今後も開く可能性が高いと思います。

PASMOに関する記事

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
「電子マネーの虎」初代管理人です。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。大阪に住んでいますが、電車の移動ではモバイルSuicaを使っています。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事