PASMO(パスモ)

電子マネー一覧

PASMO

Suica(スイカ)と並んで首都圏で人気が高いのがPASMO(パスモ)です。SuicaはJR東日本が展開している交通系ICカードですが、PASMOは首都圏の100を超える鉄道事業者が加盟しています。(例えば東京メトロや京王電鉄など)

Suicaと同様に、首都圏では以前から相互利用が可能となっていましたが、現在は全国で相互利用が可能となっています。

駅の改札をICカードのタッチで通過できる他、電子マネーとしての機能も有しており、買い物でも使えます。

レジでの合言葉は「PASMOで払います」。

iPhone7 最新情報
電子マネー「PASMO」はモバイルPASMO(おサイフケータイ)が存在しないため、Apple Payは使えません。

電子マネーSuicaであれば2016年10月からApple Payが使えます。

iPhone7にお手持ちのSuicaをを登録することで、おサイフケータイとして使えます。カード不要で携帯をかざして支払いができます。

また、iPhoneだけで改札の通過も可能となります。

Suicaの詳細はこちら。

電子マネーPASMOの特徴

関東ではPASMOかSuicaを使っている人が多いと思います。どちらが優れているというものではなく、利用シーンに合わせて使い分けたり、自分が良く使う方の鉄道会社が発行している電子マネーを選択するのが、賢い選び方です。

全国での相互利用が可能

交通系ICカード

交通系ICカードの全国相互利用が解禁されたため、現在はPASMO一枚を持っていれば全国の鉄道会社の改札をICで通過できます。

電子マネーとして使う場合でも、KitakcaエリアやICOCAエリアの加盟店で支払いが行えます。また、自動精算機などを使ってPASMOチャージを行うことも可能です。

現在の利用可能エリアは、

  • Kitaca(JR北海道)
  • Suica(JR西日本)
  • PASMO(首都圏の大手鉄道事業者11社)
  • TOICA(JR東海)
  • ICOCA(JR西日本)
  • manaca(名古屋市交通局)
  • nimoca(西日本鉄道)
  • SUGOCA(JR九州)
  • はやかけん(福岡市交通局)

です。
関西圏の鉄道事業者によって展開されている「PITAPAエリア」では、改札の通過はできますが、電子マネーの相互利用は実現されていないため、使えません。

特にPASMOとSuicaの相性は抜群で、Suicaエリアの改札を通過した時もPASMOオートチャージが行われたり、紛失時の届け出を受け付けてもらえます。

PASMOにチャージする

電子マネーチャージ

パスモはプリペイド式(前払い方式)の電子マネーです。よって使う前に「チャージ」する必要があります。

チャージは、駅の券売機や発券機で行える他、バスの車内でも可能です。もっとも簡単なのは、コンビニなどのお店でチャージする方法です。PASMO加盟店で、「チャージをお願いします」と一言言えばOKです。

また、「オートチャージ設定」をすれば自分でチャージすることなく、改札通過時に自動でチャージが行われます。パスモのチャージ残高が一定額を下回ったら、自動的に設定額までチャージし、残高を回復してくれます。

オートチャージ機能を使うには、クレジットカード一体型を使うか、または他のクレジットカードと紐付けをする必要があります。

使えるお店

全国のPASMO加盟店で使えます。
PASMO加盟店は関東圏に限られますが、現在は交通系ICカードの相互利用が可能となったので全国どこでも使えます。

例えば、名古屋を中心に展開しているmanaca(マナカ)が使えるお店でも、PASMOによる支払いが可能です。

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなど主要なコンビニはすべての交通系ICカード払いに対応しています。利用可能エリアは非常に広いです。

PASMO自体にポイントはない

電子マネーの醍醐味といえばポイントサービスです。しかし、PASMO(パスモ)自体にポイントサービスはありません。(例えばSuicaには標準でポイントが貯まるサービスがあります)

つまり、どれだけパスモを使ってもポイントは貯まりません。

その理由は、PASMOは複数の交通事業者によって展開されている電子マネーだからです。よって、考え方としてはこのようになります。

■Suicaの場合
JR東日本が展開しているのでクレカ機能がない標準のSuicaでもポイントが貯まります。クレジット機能の付いたSuicaなら、よりポイントが貯まりやすいです。

■PASMOの場合
PASMOそのものにポイントはないため、提携クレジットカードを使う必要があります。

例えば、「東京メトロが発行しているクレジット機能付きPASMO」を使うと、「メトロポイント」が貯まります。(To Me Card

また「東急電鉄が発行しているクレジット機能付きPASMO」を使うと、「TOKYUポイント」が貯まります。(TOKYU CARD ClubQ JMB

PASMOの公式クレジットカードとして、「Pastownカード」もありますが、こちらは提携先のカード会社によって貯まるポイントが異なります。例えば、VISAを選ぶと三井住友VISAカードが展開している「ワールドポイント」が、JCBを選ぶとJCBカードが展開している「Oki Dokiポイント」が貯まります。(ただ、Pastownカードはポイント還元率は低めです)

このように、PASMOを使って日常的にポイントを貯めるには、鉄道会社の発行するクレジット機能付きパスモを使わなくてはなりません。

あなたが一番よく利用するPASMOエリアの鉄道会社が発行しているカードを選ぶことをおすすめします。クレジット機能付きPASMOを発行している会社は以下のとおり。

  • 小田急OPクレジットカード(小田急電鉄)
  • 京王パスポートカード(京王電鉄)
  • 京急プレミアポイント(京急電鉄)
  • 京成カード(京成電鉄)
  • SEIBU PRINCE CLUBカード(西武鉄道)
  • 相鉄カード(相模鉄道)
  • 東急ポイントカードTOP&(東京急行電鉄)
  • 東武カード(東武鉄道)
  • Tokyo Metro To Me CARD(東京メトロ)
  • 横浜交通hama-eco card(横浜交通)
  • パスタウンカード(PASMO公式)

PASMOを無料で手に入れる

PASMOの種類は大きく3つあります。

  • 名前の入った「記名PASMO」・名前なしの「無記名PASMO」
  • PASMO定期券:定期券の機能を付帯したもの
  • クレジット機能付き:クレジットカードとPASMOの一体型

その他、子供用のPASMOもあります。
無記名PASMOは本人以外の人でも共有して使えるメリットがあります。しかし、利用サービスが制限されることや、紛失時の補償が効かないので、おすすめしません。

記名PASMOなど、名前が入っているものに関してはすべて、紛失・盗難補償が適用されます。もしPASMOをなくしてしまっても、届け出をした時に現在利用中のカードを停止し、チャージ残高は新しいカードに引き継がれます。

入手方法は、駅の窓口で直接申し込むか、自動発券機から手軽に発行できるので簡単です。出張や旅行で行った際に、記念も含めて発行しても良いくらい簡単に作れます。

PASMO定期券を買いたい場合は、通常の定期券売り場で申し込みばOKです。

クレジットカード機能付きの一体型PASMOは、ネットからの申し込みがお得です。ネットから申し込むとポイントが多くもらえるキャンペーンをしているからです。

クレジット機能付きの場合、一体型を選択することもできますが、もしクレカを持ち歩きたくない場合は、クレカとPASMOを分離して使うこともできます。

PASMOを使ってポイントを貯めるには

パスモそのものにポイントサービスはありません。よって、PASMOに加盟している鉄道会社の発行するクレジットカードを使うことで、各鉄道会社のポイントが貯まります。

クレジット機能付きPASMOを使うと、オートチャージ機能も使えるので、メリットは大きいです。

また、PASMOは加盟している鉄道会社が発行しているカード経由からしか、チャージできません。よって、ポイント還元率が高いクレジットカードを入手しても、PASMOと提携関係にないカードではチャージができないので注意です。

ソラチカカード

ソラチカカード

ソラチカカードの正式名称は、「ANA To Me CARD PASMO JCB」です。東京メトロ(To Me CARD)とANA、そしてJCBの提携によって生まれたお得なPASMO一体型カードとなっています。

東京メトロの定期券を購入した時や、提携先でクレジットカード支払いをすると「メトロポイント」が貯まります。また、電車に乗るために「乗車ポイント」というものももらえます。

■東京メトロに乗車する(定期券面区間外)
平日:5ポイント
休日:15ポイント

■電子マネーをメトロポイントPlus加盟店で使う
店舗:200円ごとに1ポイント
自販機:100円ごとに1ポイント

東京メトロとは関係のない場所でカードを使った場合は、JCBが展開している「Oki Dokiポイント」が貯まります。1,000円ごとに1ポイントですが、1ポイントあたりの価値が5円なので、実質的な還元率は0.5%です。

ANAの航空機に乗った場合は、「搭乗ボーナスマイル積算率が+10%」お得になります。また、ANAカードマイルプラス提携店で買い物をすると、利用額に応じてANAマイルが貯まります。

利用場所に応じて3つのポイントが同時にたまるのが、ソラチカカードのメリットです。さらに凄いのは、これらの3つのポイントを相互交換できることです。これなら、貯めたポイントをムダにすることなく、効率的に使えます。

一番簡単なのは、すべてメトロポイントに交換してしまうことです。メトロポイントは1ポイント=1円分として、PASMOチャージに使えます。

ソラチカカードはPASMO以外にも様々な電子マネーが発行できます。QUICPayやPitapaも追加可能です。

年会費は2,000円+税ですが、毎年継続ボーナスとして1,000マイルがもらえるので、実質的には年会費無料と計算できます。(1マイル=2円として考えた場合)

→ソラチカカードの詳細はこちら

TOKYU CARD ClubQ JMB

TOKYU CARD ClubQ JMB

TOKYU CARD ClubQ JMBは、東急電鉄が展開しているPASMO一体型のクレジットカードです。

東急線や東急バスを使うことが多い方にメリットがある一枚。東急グループのお店で使うと、ポイント還元率が3%~10%にアップするのでかなりお得です。(例えば東急百貨店や東急ハンズなどがありますよね)

また、PASMOオートチャージ時の還元率は1%です。つまり、PASMOチャージが通常よりも1%安くできることになります。

TOKYU CARD ClubQ JMBを使ってPASMOにチャージし、電子マネー機能を使って買い物をすれば、あらゆる商品が実質1%値引きで購入できる計算になります。例えば、たばこやお酒など、本来値引きがほとんどないような商品でも同じです。

PASMOエリア外でも、クレジットカード支払いをすれば利用額に対して1%のポイント還元。そして電子マネーとしてPASMOを使った場合も0.5%のポイントがもらえます。

貯めたポイントはPASMOにチャージして使えるので安心です。

TOKYU CARD ClubQ JMBの年会費は1,000円+税です。仮にポイント還元率を1%として計算すると、年間10万円以上カードを使えば、年会費の元が取れる計算になります。

ただ、定期や電車代の利用額を考えると、年間10万円のハードルはそこまで高くないと思います。

→TOKYU CARD ClubQ JMBの詳細はこちら

口コミ情報

クチコミ

電子マネー「PASMO」に関する評判を集めてみました。実際に使っている人の口コミ情報を元に、お得な使い方を調査します。

管理人はこう思う

首都圏の鉄道系電子マネーは「Suica」か「PASMO」の二択になります。しかし、クレジット機能のない通常のカードを使うなら、単独でポイント還元の付いているSuicaの方がお得です。

一方で、オートチャージもできる、クレジット機能付きカードを使うのであれば、両者ともにポイントが貯まります。この場合は、あなたが最もよく利用する鉄道会社のカードを作るのがお得です。

JRをよく利用する人ならSuicaだし、東京メトロで移動することが多いなら、東京メトロとPASMOの一体型「To Me Card」となります。

交通系ICカードは全国で共通利用できるようになったので、改札の通過にしても、電子マネーを使った買い物にしても、利便性に大きな違いはありません。

選ぶポイントはやはり、「どれだけその鉄道に頻繁に乗車するか?」だと思います。

また、パスモには「モバイルPASMO」が存在しません。Apple Payのようなおサイフケータイが普及する中で、SuicaはiPhoneによる支払い・改札通過ができるようになっています

そういった理由からも、SuicaとPASMOの差は将来も開く可能性が高いと思います。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由