楽天Edy(エディ)

電子マネー一覧

楽天Edy

プリペイド式(前払い式)の電子マネーとして代表的とも言えるのが「楽天Edy」です。

楽天スーパーポイントとの連携も可能となり、リアル店舗、ネットの両方で活用できる便利な電子マネーへと進化しています。

楽天Edyは使えるお店の数が多いのも魅力です。全国40万店を超える場所で電子マネー支払いができ、Edyでのお買物金額に応じて「楽天スーパーポイント」が貯まります。

貯めたポイントは、ネットの楽天市場で使うこともできますし、またもう一度楽天Edyに相互交換して、リアルのお店で使うことも可能です。

レジでの合言葉は「Edyで払います」。

iPhone7 最新情報
iPhone7に搭載されているApple Payを使って、電子マネー楽天Edyをおサイフケータイとして使えるかどうかは今のところ未定です。

しかし、電子マネー楽天EdyはFeliCaを採用しており、技術的には対応可能かと思われます。

情報が入り次第更新します。

電子マネー楽天Edyの特徴

多くの人が使っている電子マネーの代表格。ネットでもリアルでも使えるので、楽天Edyを導入するメリットは大きいです。

また、クレジットカードと連携することで、より多くのポイントを効率よく貯めることも可能です。

使うと貯まるポイント還元

ポイント還元

コンビニやスーパーを始めとする「楽天Edy加盟店」で、電子マネー支払いをすると、200円ごとに1ポイントが貯まります。(ポイント還元率は0.5%)

ポイントは、「楽天スーパーポイント」で還元されるので、ネット通販の「楽天市場」で1ポイント=1円として使えます。

楽天市場は利用する機会がない」という人も安心してください。楽天は最近「Rポイントカード」の販売・配布を開始しました。このカードがあれば、サークルKサンクスや大丸、ミスタードーナツといった「楽天スーパーポイント加盟店」で、楽天スーパーポイントを使って買い物ができます。

これがRポイントカードです。(楽天Edy一体型もあります)
Rポイントカード

また、「楽天スーパーポイント → 楽天Edy」が「1:1」で相互交換できるので、安心です。楽天スーパーポイントを使う場所がなければ、再び楽天Edyのチャージに使って、電子マネーの買い物に使えば良いのです。

ポイント還元率が0.5%だと、あまり魅力的ではなさそうに感じます。しかし、楽天Edyを活用してポイント還元率をアップさせる方法がまだまだあるので、ご安心ください。

楽天Edyをチャージする

楽天Edyは前払い式の電子マネーなので、事前に「チャージ」をしてから使います。

チャージの方法はいくつかありますが、一番かんたんなのは、コンビニに行ってレジの店員さんに「楽天Edyのチャージをしてください」ということです。チャージ金額は、その場で現金で支払えばOKです。

■楽天Edyのチャージ方法

①現金でチャージ
コンビニでレジの店員さんに「楽天Edyをチャージしてください」と言うだけ。その場で現金を支払います。セブンイレブンやファミマ、ローソンといった主要なコンビニはすべて、楽天Edyのチャージに対応しているので安心です。また、一部店舗には自分で機械を使ってチャージできる「Edyチャージャー」設置店もあります。

②クレジットカードでチャージ
クレジットカードがあれば、楽天Edyの無料アプリを使って、iPhoneやAndroidといったスマートフォンからすぐにチャージできます。

③口座振替でチャージ
銀行口座の口座振替(自動引き落とし)によるチャージも可能です。事前登録が必要ですが、この場合もWebやアプリからチャージできるので、パソコンかスマホがあればOKです。

クレジットカードや口座振替による支払い方法では、「オートチャージ」の設定もできます。また、その他のチャージ方法として「じぶん銀行アプリ」を使ったチャージも可能です。

チャージする先は、

  • 楽天Edyカード
  • おサイフケータイ
  • 楽天カード(Edy一体型)

の3種類です。
おサイフケータイに対応しているのは、一部のスマートフォン機種のみです。例えば、iPhoneはおサイフケータイ非対応なので、カードを使って電子マネー支払いをすることになります。

使える場所

電子マネーが使えるお店

楽天エディが使えるお店はかなり多いです。主要なコンビニやスーパーはもちろん、レストランからネット通販に至るまで、紹介しきれないほうど多くの場所で使えます。(上記の画像はほんの一部です)

最近はVisaやMasterCardと提携することで利用可能なお店を一気に拡大している電子マネーが増えましたが、独自に開拓している電子マネーでは「iD」と「楽天Edy」は圧倒的に使えるお店の数が多いです

VisaやMasterCardと提携している電子マネーは支払い時にサインを求められるケースが多いのがデメリットです。しかし、楽天Edyの場合はサインレスなので、よりスピーディーに支払いができるメリットもあります。

また、それぞれの加盟店が期間限定のキャンペーンを開催していることも多いです。楽天Edyを使って買い物をすると、通常よりもポイントを多くもらえるといった感じです。

楽天Edyを効率的に貯める方法

電子マネーをフル活用するために、よりお得に楽天エディを貯める方法をまとめます。

楽天カードを使う

楽天カード

エディをお得に使うための定番の方法は、年会費無料で使えるクレジットカード「楽天カード」を使うことです。

まず、楽天カードは年会費無料で使うことができるだけでなく、電子マネー「楽天Edy」が一体型となっているのがポイントです。クレジットカードとして支払うこともできますし、Edy加盟店であれば電子マネーでの支払いも可能です。

楽天カードは「Edyチャージでもポイントが貯まる」のが特徴です。

・楽天Edyにチャージする:200円で1ポイント
・楽天カードで買い物:100円で1ポイント
・楽天市場で買い物:100円で4ポイント
・楽天トラベルで予約:100円で2ポイント

・楽天Edyを使って買い物:200円で1ポイント(楽天ポイント)

ポイント還元は楽天スーパーポイントで行われますが、使い道がなければEdyチャージに充当できるので安心です。楽天で買い物をする機会がある人にとっては、非常に強力な一枚となる、年会費無料の定番カードです。

最近は女性向けのピンクカードも登場し、よりオシャレになりました。
楽天ピンクカード

→楽天カードの詳細はこちら

リクルートカード(Visa)を使う

リクルートカード

「Edyチャージでもポイントが貯まる」のは、実は楽天カードだけではありません。同じく年会費無料で使える「リクルートカード」もVisaブランドに限りEdyチャージでポイントが貯まる特性があります。

そして、リクルートカードのポイント還元率はなんと1.2%。楽天Edyチャージ時に最もポイントがもらえるのは、実はリクルートカードです。

・楽天カードを使ってEdyにチャージした場合
200円につき1ポイント(還元率0.5%)

・リクルートカードを使ってEdyにチャージした場合
200円につき2.4ポイント。(還元率1.2%)
※リクルートカードの場合カード利用額の1.2%が還元されます。

楽天Edyチャージ時において、リクルートカードは楽天カードよりも2.4倍もお得!

さらに、リクルートカードは「じゃらん」や「ホットペッパー」といったリクルートが運営するサイトで使うと、ポイント還元率がさらにアップします。最大で4.2%の還元を得ることも可能です。

ただし、リクルートカードで付与されるのは「リクルートポイント」です。このポイントは、ローソン系のPontaと相互交換ができますが、使い勝手の良さでは楽天Edyや楽天スーパーポイントに劣ります。

もちろん、Edyのチャージ時はリクルートカードを使い、それ以外のシーンでは楽天カードを使うといった、使い分けも良いと思います。面倒な方法ではありますが、それが最もお得にクレジットカードを使うコツでもあります。

最後に、大切なことなのでもう一度いいます。
楽天Edyへのチャージでポイントが貯まるのは、リクルートカードの中でも「VISA」ブランドだけとなっています。

年会費なども一切かかりません。
→リクルートカードの詳細はこちら

口コミ情報

電子マネー「楽天Edy」に関する評判を集めてみました。実際に使っている人の口コミ情報を元に、お得な使い方を調査します。

管理人はこう思う

使いやすさを総合的に見ると、楽天EdyがNo.1だと思います。電子マネーの中でも歴史が長い楽天Edyは利用者数も多く、最近では大学の学生証に付帯されるケースも増えました。

支払いに使える店舗も多いですし、チャージはクレジットカードを設定しておけばスマホからすぐに可能です。クレジットカードを持っていない人でも、コンビニに行けばすぐに、現金でチャージできます。

一部のクレジットカードでは、楽天Edyをチャージした時にクレカのポイントが貯まり、もちろん電子マネーを使った時も200円ごとに1ポイントが還元される、いわゆる「ポイントの二重取り」が可能です。

その中でも最もポイント還元率が高いのは、リクルートカードです。リクルートポイントは「じゃらん」などを利用しない場合、Pontaなどの他のポイントに交換して使う必要がありますが、Edyチャージ時の還元率は楽天カードを上回ります。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由