Android Pay(アンドロイドペイ)

おサイフケータイ

Android Pay

クレジットカードを持ち歩く必要はもうありません。

Android Pay(アンドロイドペイ)は検索エンジン大手のグーグルが展開するモバイル決済サービスです。

Apple PayはiPhoneを展開しているアップルのサービスですが、それに対抗するグーグルのサービスがAndroid Payとなります。

Android Payは、あらかじめデビットカードやクレジットカードの情報をスマートフォンに登録しておくことで、クレジットカードを出さなくてもスマホをかざすだけで支払いができる仕組みです。

わかりやすく言うと、クレジットカードをおサイフケータイ化するサービスという感じでしょうか。

Android Payを使うと、

  • クレジットカードを持ち歩かなくてよい
  • 支払い時のサインや暗証番号は不要

という2つのメリットがあります。

すでに海外では利用されていますが、日本でも利用できるようになりました。

Android Payの国内展開にあたっては、楽天・三菱東京UFJ銀行と提携をしており、

がAndroid Payの利用対象となります。

また、利用に際してはAndroid Payに対応しているスマホが必要となります。(もちろんiPhoneにはApple PayがあるのでAndroid Payは使えません)

2016年12月13日:更新
アンドロイドペイが楽天Edyと提携し、楽天Edyが使えるお店で、スマホ支払いが可能となりました。

楽天Edyにはコンビニやスーパーなど、全国47万店舗の加盟店があるため、国内でもAndroid Payが使えるお店が一気に広がります。

なお、アンドロイドペイが使えるお店は「おサイフケータイ対応機種(FeliCa内蔵)」に限られます。

Android Payの利用条件

Android Payを利用するための条件をまとめておきます。

三菱UFJグループのデビットカード・クレジットカード

三菱東京UFJ銀行

前述の通り、まずは

  • 三菱東京UFJ銀行 デビットカード
  • MUFGカード(三菱UFJニコス発行のクレジットカード)

の2種類がAndroid Payの利用対象となります。
将来的には使えるデビットカード・クレジットカードも増えていくと思いますが、当面は上記のいずれかのカードが必要となります。

三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードは、同社の銀行口座を持っている人向けのサービスです。

三菱東京UFJ-VISAデビットは通常年会費1,000円+税となりますが、無料条件が設定されているので、実質年会費無料で使えます。

  • 初年度は全員無料
  • 23歳まではずっと無料
  • 24歳以降は年間10万円以上の利用で次年度無料

また、デビットカードは15歳から持つことができるので、クレジットカードが持てない年齢の方でも、Android Payを利用することが可能です。(中学生は不可)

一方、もう一つの手段として考えられるのが、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードを使う方法です。

代表的なカードとしては、VIASOカードが有名です。

VIASOカード

VIASOカードは年会費無料で利用できるので、全く使わなくても費用が発生する心配はありません。

また、まだ未確定なので推奨はできないのですが、三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードとしては、ポイント還元率が高いリクルートカードがあります。

リクルートカードはどこで使っても年会費1.2%の人気カードで、同社のサービスである「じゃらん」などで使えば、最大4.2%のポイント還元が受けられるのが特徴です。

ただ、リクルートカードでAndroid Payが使えるかどうかは、実際にサービスがスタートしてからでないとわからないので、あくまでも可能性ということです。

実際、Apple Payが発表された時、なぜかリクルートカードはApple Payに対応しませんでした。もしかすると、こういう事情があるのかもしれませんね。

NFC対応のAndroid携帯を使う

モバイル決済

Android Payのもう一つの利用条件は、NFC対応のアンドロイド携帯を持っていることです。

わかりやすく言うと「おサイフケータイ対応」と書かれているAndroid携帯を使っていれば、Android Payが使えます。

一応、Androidのバージョン4.4以降であることも利用条件となるのですが、バージョン4.4は数年前にリリースされているものなので、多くの人はこの条件は満たしていると考えます。

もし、Android 4.4以前を使っている場合でも、無料でアップデートできるので安心です。

Android Payの使い方

Android Payの使い方は簡単です。

まず、Google Playから「Android Pay」のアプリを無料でダウンロードします。

そして、事前にクレジットカード番号をAndroid携帯に登録しておくだけ。これだけで、レジで専用端末にスマホをかざせば、支払いができるようになります。

下記はアメリカの事例ですが、こんな感じですぐに支払いが行えます。

Android Payで支払った金額は、登録しているクレジットカードの請求に回されるので、クレジットカードのポイントも貯められます

クレジットカード番号をスマホに登録するなんて心配…

と考える人も多いと思います。

しかし、アンドロイドペイはアップルペイよりもセキュリティは高いので安心です。

実はセキュリティがめちゃめちゃ高い

データセンター

モバイル決済は、支払いをする時にカード会社と通信を行います。

しかし、この通信は完全に暗号化されています。外部にあなたのカード番号が漏れる心配はありません。

また、Android Payのもう一つの特徴として「クレジットカード情報をスマホの端末内に保存しない」ことがあげられます。

Apple Payも基本的には安全なのですが、登録したクレジットカード情報を端末内に保存しているようです。

Android Payはクレジットカード情報をスマホに保存していないので、万が一スマホをなくしてしまったり、スマホがウイルスに感染してしまってもあなたのクレジットカード情報が抜き取られる心配はありません。

では、クレジットカード情報はどこに保管されているのか?ということですが、Android Payの場合、グーグルがデータセンターでクレジットカード情報を管理します。

  • Apple Pay:カードの情報を端末内に記録
  • Android Pay:カードの情報を端末内に保管せずグーグルが管理

グーグルに大切なカード情報を預けることに不安を感じるかもしれません。

しかし、世界トップクラスのIT企業であるグーグルのデータセンターは、少なくとも日本国内のクレジットカード会社のデータセンターよりもセキュリティは高いはずです。

海外で強いモバイル決済になるかも?

グローバル

Android PayとApple Payの大きな違いとして「決済の仕組みの違い」があります。

日本で普及している電子マネーは「FeliCa」という仕組みで、これは海外ではあまり使われていない技術です。

しかしApple Payは国内の電子マネー事業者であるiD(NTTドコモ)・QUICPay(JCB)、Suica(JR東日本)と提携をして国内でApple Payを導入しました。

Apple Payを日本で使うには、前述のiD・QUICPay・SuicaをiPhoneに登録する必要があります。しかし、海外ではこれらの電子マネーは使えません

つまり、Apple Payを海外で使うことは難しいのが現状です。

一方で、Android Payは「NFC」という決済の仕組みを導入しています。NFCは海外で広く普及している技術です。

詳細についてはサービス開始後の案内となりますが、Android Pay対応のクレジットカードやデビットカードを登録しておけば、日本と同じように海外でもモバイル決済ができる可能性は高いです。

上記を踏まえると、Android Payは海外旅行でも重宝する支払手段と言えるのではないでしょうか。

現在、Android Payはアメリカ、イギリス、オーストラリア、シンガポールで導入されています。

Android Payの問題点

スマホだけで使えて、しかもクレジットカードよりも安全に支払いができるAndroid Payですが、問題点もあります。

日本での普及が課題

コンビニ

先ほど、日本国内で普及しているモバイル決済の仕組みは「FeliCa」であり、世界標準の「NFC」は日本ではあまり普及していないと言いました。

このような理由から、日本でAndroid Payを使えるようにするためには、店舗側にもAndroid Pay対応の決済端末を導入する必要があるという大きな問題があります。

当初は三菱UFJフィナンシャル・グループのとの提携からスタートしますが、グーグルとしてはUFJグループに限らず、提携先を拡大していく方針のようです。

ただ、グーグルとMUFGの提携は独占的なものではなく、グーグルは他の金融機関にもアンドロイドペイの採用を呼びかける。グーグルはJR東日本やNTTドコモ、楽天、ジェーシービー(JCB)など他の電子マネー大手と、読み取り機などシステムへの相乗りを求めて協議を進めている。

モバイル決済市場はApple Payと大激突することが予想されるので、おそらくAndroid Payの普及も早くなると私は考えています。

グーグルに消費行動のデータを収集されてしまう

データ収集

私が、日本でAndroid Payが普及するのは早いと考える理由として、Android Payの加盟店およびカード会社手数料が無料であることがあります。

Apple Payも日本国内では加盟店(店舗)から手数料は取っていません。しかし、カード会社側(JR東日本・ドコモ・JCBなど)からは一定の手数料を取っているのではないか?というのが私の予想です。

逆にAndroid Payは、加盟店だけでなくカード会社からも手数料を取らない方針です。つまり、グーグルはAndroid Payで儲けようとは一切考えていないようです。

となると、カード会社からすれば手数料の取られるApple Payよりも、手数料が無料のAndroid Payを推していきたいと考えるはずですし、手数料が取られない分、積極的なキャンペーンも打ち出しやすいです。

グーグルの真の狙いはAndroid Payを通じて消費行動のデータを収集することにあります

データの収集は匿名で行われ、個人情報などは含まれないので、あくまでもビッグデータ(統計などに役立てるためのデータ)として集められます。

よって、個人情報が漏れたり、グーグルが悪用するという心配はありません。

しかし、「データの収集」と言うと、なんとなく気持ち悪いと感じる人も多いと思います。

データを収集されるという点も、Android Payの問題点の1つです。

もっとも、私個人としてはデータを収集されることに抵抗を感じていないので、あまり気にはなりません。

クレジットカードを持たずして、サインも暗証番号も不要で支払いができるメリットの方が、データを収集されるデメリットよりも大きいと考えています。

Android Payに関しては続報が入り次第アップデートします。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由