QUICPay(クイックペイ)

電子マネー一覧

クイックペイ

QUICPay(クイックペイ)はJCBカードが展開している後払い式の電子マネーです。

電子マネー黎明期から存在していて、三井住友VISAカードと提携してNTTドコモが展開しているiD(アイディ)とは、ライバル関係にあります。

基本的にQUICPayの利用には、QUICPay対応のクレジットカードが必要です。

ただし、一部のデビットカードやプリペイドカードでもQUICPayの利用は可能なので、クレジットカードが持てない未成年でも使えます。

支払い方法は「カードをかざす」と「おサイフケータイ対応機種と紐付けを行ない、スマホをかざず」が主流です。

レジでの合言葉は「QUICPayで払います」。

電子マネーQUICPayの特徴

電子マネーQUICPayには「ポストペイ型」、「プリペイド型」、「デビット型」の3種類の支払い方法にて利用できます。

それぞれの特徴を、簡単にまとめてみました。

後払い型QUICPay

ポストペイ型(後払い)
・QUICPay対応のクレジットカードが必要。
・専用カード、カード一体型、nanacoカード、おサイフケータイ対応のスマホ・ケータイなどで使える。
・クレジットカードと紐付けることで、事前のチャージが不要&残高不足の心配がない。
・QUICPay利用分は、後日カード利用分と一緒に引き落とされる。
・QUICPay・QUICPay+加盟店で支払いOK。

au WalletをApple Payに追加

プリペイド型(先払い)
au WALLET プリペイドカードau WALLET プリペイドカードが必要。
・Apple Payに追加することで、QUICPay+加盟店で支払いOK。
・事前にチャージの必要あり。

みずほWallet

デビット型(即時払い)
・みずほ銀行の口座とアプリ「みずほWallet」が必要。
・QUICPay利用金額は、即座にみずほ銀行の口座から引き落とされる。
・QUICPay+加盟店で支払いOK。

上記の利用方法の中でも主流なのが、ポストペイ型(後払い)です。

QUICPay一体型のクレジットカードを持っていれば、それ1枚で、カード払いとQUICPay払いの両方の支払いが使えます。

また、Androidユーザーは「QUICPayモバイル」、iPhoneユーザーは「Apple Pay」に登録することで、スマホだけで買い物ができます。

QUICPayが使えるお店

使えるお店

クイックペイは、「JCB」という独立したカード会社が展開しているので、お買い物系電子マネーの中でも使えるお店が多いです。

ただしQUICPayが使えるお店は、支払いの種類によって違いが出ます。

プリペイドやデビット型は「QUICPay+加盟店」のみ、クレジット型では「QUICPay加盟店」と「QUICPay+加盟店」の両方で使えます。

下記の「QUICPayが使える主要なお店」では、QUICPay加盟店は(Q)表記を付けてみました。

QUICPayが使える主要なお店

コンビニ
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ、ポプラなど

スーパー
イオン、イトーヨーカドー、アピタ、イズミ(ゆめタウン)、イズミヤ(Q)、OKストア、平和堂、マルナカなど

ドラッグストア
ウエルシア、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ、スギ薬局、ココカラファインなど

飲食店
マクドナルド、ロイヤルホスト、ガスト、ジョナサン、すき家、リンガーハット、CoCo壱番屋、タリーズ、コメダ珈琲など

書店・音楽
TSUTAYA、HMV&BOOKS、古本市場(Q)

ライフスタイル
ユニクロ、Right-on、ロフト(Q)

家電量販店
エディオン、コジマ、Joshin、ソフマップ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ

ガソリンスタンド
エネオス(Q)、エッソ・モービル・ゼネラル(Q)、昭和シェル(Q)

電子マネーの中には、発行事業者の関係で「このお店では今後も(電子マネーの名前)が使える可能性が低い」というものがあります。

例えば電子マネーWAONはイオングループなので、セブンイレブンで使えないとか、nanacoはセブン&アイグループなので、イオンで使えない。というようなことです。

一方で、QUICPayに関してはそのようなことはなく「電子マネーが使える」というお店では大体使えます。

また後述する「クイックペイ(ナナコ)」ならば、QUICPayとnanacoの2つの電子マネーが使えるので、より多くのお店でスムーズなお買い物ができます。

海外やネット通販では使えない

クイックペイのデメリットとして、海外やネット通販では使えないというものがあります。

もし海外旅行やネットショッピングで支払いたい場合は、素直にクレジットカードを使うことをおすすめします。

クレジットカードには、旅行先での事故やケガに対処する「海外旅行保険」や、カードで購入した商品が盗難や紛失した時の補償が受けられる「ショッピング補償」が付いているケースも多いです。

そのため、クレジットカードを利用した方が、電子マネーで支払うよりも得られるメリットが大きいです。

QUICPayは後払い型がおすすめな理由

QUICPayの後払い型はクレジットカードと紐付けられていることが最大の特徴であり、メリットです。

事前チャージが不要

後払い型のQUICPayでは、クレジットカードと紐付けて使うため、事前に電子マネーのチャージする必要がありません。

また、クレジットカードとは違い、サイン(署名)や暗証番号は不要で、読み取り端末にかざすだけで、さくっと支払えます。

QUICPayの利用限度額は、紐付けたクレジットカードの利用限度額と同じです。

ちなみに1回あたりの利用上限金額は2万円ですが、QUICPay+加盟店では2万円以上の支払いも可能です。

ただしQUICPay+加盟店でも、イトーヨーカドーなど「1回の利用金額は2万円まで」と独自の上限を設けているお店もあります。

QUICPay利用額は、後日クレジットカードの請求と一緒に支払います(後払い)。

カードの紛失・盗難補償が受けられる

盗難や紛失にあった場合にクレジットカードと同様の補償がつく」ことも、後払い型QUICPayを利用する大きなメリットです。

万が一、QUICPay付きのクレジットカードやおサイフケータイを、紛失したり、盗まれたりした場合、被害額に関しては原則すべて補償されます。

QUICPay(nanaco)は2種類の電子マネーが使える

nanaco(クイックペイ)

QUICPay(nanaco)は、nanacoカードにQUICPay機能を付けたものです。

1枚のカードで、nanaco、QUICPayという2種類の電子マネーが使えることで、支払い可能なお店が拡大します。

そのため、例えば、nanacoが使えないイオン系列のお店でも、nanacoカードをかざして「QUICPayで支払います」と言えば、問題なく支払いができます。

nanacoカードの裏面に「QUICPayマーク」と「QUICPay ID」があれば、QUICPay機能を搭載できますが、そのままの状態ではnanaco払いしか使えません。

nanacoカードをQUICPay(nanaco)仕様にするには、QUICPay(nanaco)に対応するクレジットカードを用意して、登録手続きを行なう必要があります。

QUICPay支払いをした分に関しては、200円ごとに1nanacoポイント+紐付けたクレジットカードのポイントが貯まります

そのため、1回の支払いでポイント2重取りも可能です。

ただし、ひとつ注意しておくことがあります。

それは、nanacoもQUICPayも両方使えるお店での支払い時です。

nanacoとQUICPayでは、それぞれ利用金額に応じたポイント還元率が違います。

nanaco:100円ごとに1ポイント(ポイント還元率1%)
QUICPay:200円ごとに1ポイント+クレジットカードのポイント(ポイント還元率0.5%+α)

そのため、どちらの電子マネーも支払いOKのお店では、nanacoを選択した方が、ポイント還元率が高い傾向にあります。

ただし「カード利用金額:100円ごとに1ポイント(還元率1%)」以上のクレジットカードであれば、QUICPayの方がお得感があります。

QUICPayのポイント還元率は紐付けるカードで変わる

クレジットカードでポイント獲得

同じ買い物系電子マネーの楽天EdyやWAON、nanacoとは違い、QUICPay自体にはポイントサービスがありません。

上記のQUICPay(nanaco)はnanacoと提携することで、ポイントが貯まるようになっています。

あくまでも「QUICPayでスピーディーに支払い → 後日クレジットカード請求で引落 → クレジットカードのポイントが貯まる」という流れになり、ポイント還元率は利用するクレジットカードで違います。

つまり、QUICPayをお得に使うには、ポイント還元率の高いクレジットカードをQUICPayを結び付けることが必要不可欠です。

しかし、すべてのクレジットカードでQUICPayが使えるわけではありません。

QUICPayが使える主なカード会社は以下のとおりです。

下記の表では、各カード会社がQUICPayカード、QUICPayモバイル、Apple Pay、QUICPay(nanaco)に対応するかどうかも一緒にまとめてみました。

カード モバイル Apple Pay nanaco
JCB
オリコ ×
アプラス ×
UCSカード ×
セディナ ×(iDを採用)
セブン・カード × ×
クレディセゾン × ×
アメリカン・エキスプレス × ×

もし今のスマホがおサイフケータイ非対応の機種であれば、JCBやオリコなど「QUICPay専用カード」や「QUICPay(nanaco)」に対応しているカード会社のクレジットカードが向いています。

QUICPay対応おすすめクレジットカード3選

QUICPay

QUICPayが使えるクレジットカードは多数ありますが、今回は以下のクレジットカードを紹介します。

  • オリコカード・ザ・ポイント
  • JCB CARD EXTAGE(JCBカードエクステージ)
  • セブンカード・プラス

高還元率が魅力なオリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイント

高いポイント還元率を誇る、QUICPay対応のクレジットカードが「オリコカード・ザ・ポイント」です。

年会費永年無料で使えるだけでなく、カードデザインもクールなので、個人的にもおすすめしたい一枚です。

オリコカード・ザ・ポイントは、100円ごとに1ポイント(還元率1%)が貯まります。

さらに、Amazon.co.jpや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどが参加しているポイントアップモール「オリコモール」を経由してネット通販を利用すると、さらに0.5%のポイントが上乗せされます。

また入会後6ヶ月間は、還元率が2倍になるので、最大で2.5%のポイント還元が受けられるお得なクレジットカードです。

  • 通常利用:1.0%
  • ポイントモールを経由してのネット通販:+0.5%
  • 入会後6ヶ月:+1.0%

→合計最大2.5%のポイント還元

ポイント還元率が高いだけでなく、QUICPay」と「iD」の2つの電子マネーを一体型として搭載できる特徴があります。

QUICPay加盟店では「QUICPayで」、iD加盟店では「iDで」と伝えて、カードをかざすだけで支払いが完了します。

いずれもポイント還元率は同じなので、両方の電子マネーが使えるお店ではどちらかの電子マネーを伝えればOKです。

オリコカード・ザ・ポイントは入会後半年はポイント2%還元なので、その期間だけでも電子マネーを使ってみても良いと思います。

29歳以下限定のJCBの本気カード

JCBカードエクステージ

QUICPayを展開している本家「JCB」カードにこだわりたい場合は、29歳以下限定となりますが「JCB CARD EXTAGE(JCBカードエクステージ)」が大変強力です。

このカードは人気のディスニーデザインも選択できます。

年会費無料で使えるだけでなく、ポイント還元率も高めに設定されています。

通常は、1,000円につき1ポイントが貯まります。

これはその他のJCBカードも同じです。(1ポイント=5円の価値なので還元率は0.5%)

しかし、JCBカードエクステージが優れているのは、ボーナスポイントが豊富だからです。

例えば以下の様なボーナスポイントが得られます。

  • 入会後3ヵ月はポイント3倍(1.5%還元)
  • 入会初年度はポイント1.5倍(0.75%還元)
  • 海外での利用分はポイント2倍(1%還元)

さらに、「ORIGINAL SERIESパートナー企業」で使うとポイントが貯まりやすくなります。

このパートナー企業のラインナップが結構すごいです。

  • スタバで1,000円以上使うとポイント5倍(2.5%)
  • Amazonで使うとポイント3倍以上(1.5%)
  • セブンイレブンで使うと3倍(1.5%)
  • イトーヨーカドーで使うと3倍(1.5%)
  • ガソリンスタンドのエッソ、モービル、ゼネラル、昭和シェルは2倍(1%)

あまりにお得なので、29歳以下の人しか持つことができません

これは、将来の見込み客として、若い方にJCBカードの良さを知ってもらいたい(その代わり赤字覚悟のお得さを提供)という、JCBの狙いがあります。使わない手はありません。

前述のオリコカード・ザ・ポイントと比較すると還元率は劣りますが、最高2,000万円の海外旅行保険を搭載しているなど、ポイント還元以外のメリットもあります。

QUICPay(nanaco)利用ならセブンカード・プラス

セブンカード・プラス

「QUICPay(nanaco)」を利用する際は、セブンカード・プラスを選ぶことをおすすめします。

セブンカード・プラスは、カード利用で付与されるポイントが「nanacoポイント」なので、QUICPay(nanaco)支払いをすれば、nanacoポイントがより貯まりやすくなります。

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどでカード払いをすると、ポイント還元率が1.5%になるため、セブン&アイグループのお店で多く買い物する人からの人気が高いです。

ただし、nanacoとQUICPay、両方が使えるお店で支払う際、どちらを選ぶかによって得られるnanacoポイント数が変わります。

QUICPay支払いがお得
セブンイレブン:200円で3nanacoポイント
nanacoが使えないお店:200円で1nanacoポイント

nanaco支払いがお得
セブンイレブン以外のnanacoが100円で1ポイント貯まるお店
例:イトーヨーカドー

ここに注意しよう!
イトーヨーカドーでQUICPay払いは損。
セブンイレブンでQUICPay払いは得。

対象商品の購入でnanacoボーナスポイントのプレゼントは、QUICPay(nanaco)であれば、QUICPayでもnanacoでも大丈夫です。

ちなみに、イトーヨーカドーでは、セブンカード・プラスによるクレジットカード払いを選択するのが一番お得です。(200円で3ポイント)

年会費は500円+税と有料ですが、年間5万円以上の利用で翌年度の年会費は無料になります。

毎月4,200円以上利用すれば、年会費無料になる条件を達成できるので、買い物で使っていれば、それほどハードルは高くありません。

iDより普及率はイマイチだが、nanaco搭載可能なのは大きい

管理人はこう思う

QUICPay(クイックペイ)は、JCBが展開していることもあり、JCBカード保有者を中心に、利用している人も多いです。

しかし、普及率で言うと、同じ後払い型が主流な「iD(アイディ)」に、やや引けをとっている印象です。

とは言え、nanacoカードにQUICPayを搭載できるのは、iDにはないメリットなので、普段からnanacoカードを持ち歩いている人にもおすすめです。

QUICPay対応クレジットカードの中でも、個人的に推しているのが「オリコカード・ザ・ポイント」です。

オリコカード・ザ・ポイントは、ポイント還元率が高いだけでなく、クイックペイとiDの両方を一体型にした利便性の高い年会費無料カードです。

残念ながらQUICPay(nanaco)には対応していないので、別途、JCBカードやセブンカード・プラスを選ぶ必要があります。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由