一番お得なスイカカードの作り方、駅で無記名Suicaを作ってはいけない

お得に使う

電子マネー

改札の通過や電子マネー支払いなど、Suicaがあると驚くほど快適です。

スイカカードは実質無料で簡単に作れます。交通系ICカード全国相互利用により、全国どこでも使えるので、関東以外の方が持っておいても損はありません。

Suicaカードのかんたんな作り方

チャージ

Suicaを作る方法として一番簡単なのは、JR東日本(Suicaエリア)の券売機に行くことです。(地方にお住まいの方のスイカ入手方法は後ほど解説します

駅の券売機で「Suicaの購入」というボタンを押せば、すぐにスイカカードを発行できます。

機械の操作が苦手という方は、JR東日本の駅構内にある「みどりの窓口」でも購入することができます。みどりの窓口のスタッフに、スイカカードが欲しいと言えば、その場ですぐ作ってくれます。

こども用のスイカカードは券売機では販売されていないので、みどりの窓口で申し込みましょう。

スイカカードは実質無料で購入できる

スイカカードの購入時には少なからずお金がかかります。ただし、実質無料なので安心してください

スイカカードの販売価格
購入額 = 最初のチャージ残高なので1,000円~10,000円を自分で決められます。

  • 1,000円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 4,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

※購入金額は初回チャージ残高となります。

支払った金額のうち、500円はデポジットとして預かってもらうことになります。デポジット(預り金)は、スイカカードを解約して返却した時に返金してもらえるお金です。

つまり、スイカカードを10,000円で購入した場合、9,500円がチャージされ、残り500円は解約時に返金される仕組みです。

スイカカードを入手するためには、最低1,000円は持っていきましょう。

記名式Suicaを選ぶのがおすすめ

記名式Suicaカード

スイカカードには2つの種類があります。どちらも購入手順は同じです。

  • My Suica(記名式Suica)
  • スイカカード(無記名Suica)

この2つは見た目も同じで、カードの表面に名前が印字されているかどうかの違いしかありません。

また、最初にスイカカード(無記名Suica)を発行し、その後みどりの窓口で名前を印字してもらい、My Suica(記名式Suica)にアップグレードすることも可能です。この際、手数料などは不要です。

記名式Suicaと無記名Suicaの違いをまとめます。

My Suica(記名式Suica)のメリット
紛失してしまっても、みどりの窓口に届け出ると、チャージ残高も含めて無料で補償してくれるので、落としても安心。

Suicaポイントクラブに登録することで、お店によっては電子マネー利用時にSuicaポイントを獲得できる。

デメリット
自分だけのスイカカードなので他人に貸したりすることはできません。

発行時に個人情報を登録するため、少し時間がかかります。(といっても、その場で発行できます)

スイカカード(無記名Suica)のメリット
家族や友人など、他の人と共有して誰でも使うことができます。また、情報登録が不要なのですぐ発行できます。

デメリット
保証がないので、落としてしまったらチャージしたお金は返ってきません。。。

チャージ残高を保証してくれることや、ポイントが獲得できることを考えると、記名式Suicaの方が圧倒的にお得です。

逆に無記名Suicaは落としてしまうとお金は戻ってこないで、おすすめしません。

地方に住んでいる人でも作れる最強のスイカカード

ビューカード

スイカカードには、記名式Suicaよりもさらにお得に使えるカードがあります。

JR東日本が発行しているクレジットカード「ビューカード」シリーズは、Suica一体型として使えるので大変便利です。

それだけでなく、ビューカードでチャージした場合はポイントが3倍も付与されるので、スイカを使うなら持っておいて損のないカードです。

また、通常のスイカカードはJR東日本の駅に出向く必要がありますが、Suica一体型のビューカードはネット申し込みで郵送してもらえるので、大阪や名古屋、九州や北海道に住んでいる人でも簡単にスイカカードを入手することができます。

ビューカードが持つ4つのメリット

  • オートチャージ機能が使える
  • クレジットカードとSuicaの一体型で便利
  • チャージ時にポイントが3倍もらえる
  • ネット申込・郵送で入手可能

※オートチャージ機能はSuicaエリアの改札を通過した場合のみ

もちろん、紛失時にチャージ残高が保証されるという点も同じです。

実質年会費無料で使えるビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

ビューカードにはいくつかの種類があります。

しかし、こちらの記事を見てもわかるように、多くのビューカードは年会費が有料となっています。できれば、クレジットカードに年会費は支払いたくないですよね。

その中でも、ビックカメラSuicaカードは唯一、条件が最もゆるいビューカードとして知られています。実際、ビューカードの中でも人気はダントツNo.1です。

ビックカメラSuicaカードは、年1回以上の利用で年会費無料という条件がついています。スイカにオートチャージをして使っていれば、年会費が請求される心配はありません。

もちろん、他のビューカードと同じく、

  • オートチャージ機能
  • Suica一体型のクレジットカード
  • チャージ時にポイント3倍
  • ネット申込・郵送で入手可能

という、どのスイカを使うよりもお得な最強のスペックです。

ビックカメラSuicaカードが人気の理由はもう一つ、ビックカメラで利用した時の特典が用意されているからです。

ポイントがザクザク貯まるビックカメラSuicaカード

Suicaチャージ(またはJR東日本エリアの定期券購入)
ビューサンクスポイント3倍(還元率は1.5%)

クレジットカードで買い物・公共料金の支払いなど
ビックポイントとビューサンクスポイントがダブルで貯まる(還元率は1.0%)

ビックカメラで買い物時にSuica支払い
ビックポイントが貯まる(還元率は10%

※Suicaチャージで1.5%還元 → ビックカメラでチャージしたSuicaで支払いで10%還元 → 合計11.5%還元

ビックカメラSuicaカードの詳細はこちらの記事で明らかにしています。

Apple Payの大本命

Apple pay

iPhone7以降の機種では、Apple PayというiPhoneを使ったモバイル支払いができます。

iPhoneをレジでかざすだけで電子マネーによる支払いができる便利な機能です。

Apple Payにはビューカードやスイカカードを登録して使うことができますが、ポイントがお得とは言えクレジットカードに年会費は支払いたくない、地方に住んでいるのでスイカカードを購入しにくいなどのデメリットがあります。

しかし、ビックカメラSuicaカードであればこれらの問題をすべて解決できるので、最近、全国でもとくに人気が高まっている一枚です。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由