d払い

スマホ決済サービス

d払い

d払いは、NTTドコモのスマホ決済サービスです。

買い物をした後、スマホでdアプリを開き、バーコード/QRコードを表示して、お店の端末で読み取ってもらうことで、支払いが完了します。

d払いの利用金額は「後払い」なので、手持ちのお金がない時も使えます。

ドコモユーザーは、毎月の電話料金と合算して支払いが可能です。

他にもクレジットカードや、共通ポイント「dポイント」での支払いにも対応しています。

ドコモ払いはドコモユーザーしか使えませんが、非ドコモ利用者でもdアカウントがあれば今すぐ始められます。

d払いが使えるお店

コンビニ
ローソン

ドラッグストア
ツルハドラッグ、くすりの福太郎、ウォンツ、ウェルネス、レディ薬局

百貨店
高島屋

ファッション
ユナイテッドアローズ、アーバンリサーチ、アースミュージックアンドエコロジー、メガネスーパー

音楽
タワーレコード

飲食店
和民、ミライザカ

ネット通販
Amazon、Yahoo!ショッピング、Wowma!、オムニ7、ショップジャパン、ポンパレモール
ネットオフ、ラクマ(旧フリル)Creema、minne
アイリスプラザ、無印良品、PLAZA、マツモトキヨシ

最新情報は使えるお店をさがす – d払いを参照ください。

d払いはサービス開始が2018年4月と、他のスマホ決済サービスよりも最近です。

そのため、加盟店はまだ少なく、店舗によってはd払いが使えないことも少なくありません。

また残念ながら、スーパーではd払いが使えないのが、現状での大きなデメリットです。

コンビニは「ローソン」が9月11日から使えるようになりました。

今後の使えるお店の拡大を期待します。

dカード特約店でd払いをしても特典なし

d払いが使えるお店の中には「dカード特約店」がいくつかあります。

dカード特約店では、支払いをdカードで行なうと、利用金額に応じて1%以上の特約店ポイントが貯まります。

一方で、d払いをしても、特約店ポイントは貯まりません。

dカードとd払いは全く別物なので、dカード特約店はdカードで支払うのが最もお得です。

d払いは「バーコードを見せる」でOK

d払いをお店で使う時は、アプリ「d払い」を、App StoreやGoogle Playからインストールすることで利用できます。

ドコモユーザーは、いつもの4ケタのパスワードを入力するだけで設定が完了するので、面倒な情報登録をしなくて済みます。

Apple Payやおサイフケータイとは違い「リーダーにかざす」ではなく、「コード表示(スマホ画面にバーコードやQRコードを表示して、お店側に読み取ってもらう)」の支払い方法です。

そのため、充電切れになると、アプリを起動できず、d払いが使えないので注意してください。

利用金額は1,000円~10万円まで設定可能

後払い型の支払い方法は「手元のお金が減らないので、使い過ぎが心配」と不安を感じる人も多いです。

実際、d払いの支払い方法にクレジットカードを指定すると「d払いの利用限度額=クレジットカードの利用限度額」になります。

d払いには使いすぎを防止する機能が付いており、はじめて後払い型の支払いサービスを利用する人でも安心して使えます。

◆利用限度額の設定
1ヶ月の利用金額を1,000円から最大10万円まで設定できます。(未成年は上限1万円)

◆残高表示
d払いのTop画面には今月の利用残高が表示されます。
「今どれだけ使ったか」がひと目で確認できます。

◆残高アラート機能
d払いの残高が少なくなった時に、利用可能残高を通知してくれます。

dポイントが貯まる(1ポイント=1円)

dポイント

d払いの利用金額に応じてdポイントが貯まります。

お店:200円ごとに1ポイント(ポイント還元率0.5%)
ネットサイト:100円ごとに1ポイント(ポイント還元率1%)

貯まったdポイントは「1ポイント=1円」で、d払いやdポイント加盟店などの支払いに使えるので、使いみちに困りません。

ポイントアップのキャンペーンは要チェック

d払いキャンペーン

d払いは定期的にキャンペーンを実施しており、さらにd払いで得られるポイントを増やす良い機会です。

記事執筆時点では、以下のキャンペーンが実施されていました。

▼d払いのキャンペーン例

  • 金・土曜にd払いでdポイントが3倍&対象加盟店で5回以上購入で+4倍
  • d曜日にキャッシュゲットモール活用で、dポイント最大7倍&決算金額の5%キャッシュバック
  • カルディコーヒーファーム公式オンラインショップでd払いするとポイント10倍

利用金額の支払い方法は何がお得?

クレジットカードでポイント獲得

d払いの利用料金は、以下の支払い方法に対応しています。

  • 毎月の電話料金と合算(ドコモユーザー限定)
  • クレジットカード払い
  • dポイント払い

ドコモ利用者は電話料金と一緒に支払えるので「未成年でクレジットカードが作れない」「あまりカード払いをしたくない」と思う人にも利用しやすいです。

d払いの支払い方法でおすすめなのは、やはりクレジットカードです。

d払いの利用でdポイント、決済先のクレジットカードでカード会社のポイントを獲得すれば、ポイント2重取りができます。

d払いはdカードとの紐付けると損

dカード

d払いに対応するクレジットカードは以下の通りです。

  • dカード(MasterCard)
  • Visa・MasterCardブランドのクレジットカード

残念ながらJCBやAMEX、Diners Clubは非対応です。

対応するクレジットカードの中でも、d払いと相性が悪いのがdカードです。

dカードはNTTドコモが展開するクレジットカードで、後払い型電子マネー「iD」やポイントサービス「dポイント」と併用するのに最適な1枚です。

そのため「d払いの支払い先にdカードを選択すれば、dポイントが更に貯まってお得では?」と思うのですが、実際は逆です。

d払いの利用代金をdカードで支払っても、クレジットカードの決済ポイント(dポイント)は貯まりません。

そのため、d払いに紐付けるのは、dカード以外のクレジットカードが向いています。

d払いは今後に期待

管理人はこう思う

d払いはNTTドコモが2018年4月に開始した、新しいスマホ決済サービスです。

「スマホで支払いができる」「支払い金額に応じたdポイントが貯まる」のがメリットです。

ただし開始して日が浅いこともあり、d払いが使える店やお得感がまだまだ少ないのが現状です。

2018年9月11日から、ようやくコンビニ(ローソン)での支払いが可能になりました。

定期的にd払いのキャンペーンが実施されているので、その時に狙って買い物するのが一番良いかと思います。

またdポイントを多く貯めたいと思うならば(もちろんスマホ決済は使えませんが)「dカード」「dポイントカード」を利用した方が良いです。

特にdカードは、クレジットカードとdポイントカードの2つの機能が使えるので「カード提示+支払い」で、dポイントの2重取りができます。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由