はやかけん

電子マネー一覧

はやかけん

はやかけんは、福岡市交通局が展開している交通系ICカード・電子マネーです。

福岡市地下鉄をはやかけんで乗車すると、ポイントが貯まるため、地下鉄利用者を中心に所有されています。

また交通系ICカードの全国相互利用に伴い、JR九州のSUGOCAエリアや西鉄電車・バスなどのnimocaエリア、全国各地の電車・バスも、はやかけん1枚で乗車できます。

ただし、はやかけんの利用で貯まるポイントは、あくまでも地下鉄の乗車に限られます。

もしあなたが福岡市交通局が運営する地下鉄などに乗る機会が多いのであれば、はやかけんを選択することをおすすめします。

九州でも全国でも乗車カードや電子マネーとして使える

交通系ICカード全国相互利用可能エリア

交通系ICカード全国相互利用によって、はやかけんは全国の列車やバスで使えます。

また、乗車だけでなく電子マネーとして、全国のお店で支払いに使うことができます。

後述するはやかけんポイントが貯まるのは福岡市交通局の運営する地下鉄のみですが、交通系ICカード、電子マネーとしての利用はエリア外でもOKなので、はやかけん一枚を持っていれば、出張時や旅行時にも役立ちます。

具体的には、大阪に旅行に行った時にICOCAエリアの改札を通る、東京に出張に行った際にSuica支払いができるお店で電子マネー支払いできます。

大阪や東京など、はやかけんのエリア外で残高不足になっても大丈夫です。

全国の券売機やのりこし精算機、コンビニなどでいつでもチャージできます。

ただし、1つだけ注意点があります。

それは、関西エリアで普及しているPiTaPaエリアでは電子マネーを使った買い物ができないことです。

支払いに交通系電子マネーは使える?

これは、はやかけん以外のプリペイド型交通系ICカードにも当てはまる話で、PiTaPaは後払い型を採用している関係で、電子マネーの相互利用ができません。

(PiTaPaエリアの列車やバスへの乗車は問題なくできます)

はやかけんは「Suica」や「nimoca」のロゴマークがあるお店では使えますが「PiTaPa」だけのお店は使えないことを、頭の片隅に入れておいてください。

はやかけんの種類と購入方法

福岡市地下鉄の切符売り場

はやかけんは、福岡市地下鉄の駅構内にあるはやかけんマーク付きの券売機お客様サービスセンターの定期券うりばで購入できます。

券売機は全駅にありますが、お客様サービスセンターは姪浜駅・西新駅・天神駅・博多駅・貝塚駅・別府駅の各定期券うりばにしか無いので注意してください。

購入する際は、1枚あたりデポジット代500円がかかります。

これは預り金として発生する金額で、はやかけんを解約(返却)する時には全額返金されるので、実質的に無料ではやかけんを入手できます。

無記名式や記入式はやかけんの最低購入金額は1,000円です。

500円がデポジット代、残り500円が乗車や買い物に使えるお金となっています。

はやかけん定期券を新規購入する際は、デポジット代+定期券代を支払います。

定期券を継続購入する際は、定期代のみかかります。

無記名式はやかけん

はやかけん

無記名式はやかけんは、最も手軽に入手できるタイプの「はやかけん」です。

地下鉄の券売機で購入可能で、窓口での申し込みが必要なく、家族や友人と共有して使えます。

ただし、紛失時に再発行ができないのが大きなデメリットです。

はやかけんは事前にチャージ(入金)をして、乗車や買い物に使うプリペイド式の交通系ICカードなので、失くすとチャージ残額が全て無駄になるのは痛いです。

無記名式はいつでも名前を印字して「記名式」に変更可能です。

自分専用で使うのであれば、記名式に変更することをおすすめします。

記名式はやかけん

記名式はやかけん

購入時に氏名や電話番号等の情報の登録が必要ですが、紛失時に再発行できるのがメリットです。(再発行時にチャージ残高も補償されます)

ただし、記名式のはやかけんには、所有者の氏名が表記されている自分専用のカードなので、家族や友人と共有はできません。

はやかけん(定期券)

はやかけん(定期券)

記名式はやかけんに定期券機能を付帯したタイプです。

福岡市地下鉄の他、JR九州・西鉄~地下鉄の連絡定期券も発行できます。

定期券情報が印字されており、定期券区間内は乗り放題、定期券区間外で利用する時は、はやかけんにチャージした残高から運賃を支払います。

一度印字した定期券情報は何度でも書き換えられる(継続購入が可能)なので、磁気定期券とは違い、1枚のカードを何度も再利用して使えます。

定期券の有効期限が切れたり、払い戻しをしたりすると、記名式はやかけんになります。

ANAはやかけん

ANAはやかけん

ANAマイレージクラブ会員限定の記名式はやかけんです。定期券もあります。

購入場所はお客様サービスセンターのみで、ANAマイレージクラブカードやANAカードが必要になります。

ANAマイレージクラブで貯めたANAマイルを、はやかけんポイントに移行できるのが、唯一の特徴で、それ以外は記名式はやかけんや定期券と同じです。

はやかけんは現金チャージのみ(オートチャージ機能なし)

はやかけんのチャージ方法

はやかけんはプリペイド型の交通系ICカードなので、利用前にチャージ(入金)が必要です。

残念ながら、はやかけんにはオートチャージ機能がなく、その都度チャージを行ないます。

1回あたり最低1,000円~最大1万円、1枚のカードには最大2万円までチャージ可能です。

チャージは、はやかけんマークがある駅券売機・精算機、定期券うりば、コンビニなど交通系ICカードが使えるお店で可能です。

カードを挿入または読み取り部にかざして、希望金額を選び、現金を入金することで、チャージが完了します。

もちろん、はやかけんエリア以外の全国相互利用サービス対象エリアでもチャージOKです。

最近はセブンイレブンなどに設置されているセブン銀行ATMでもチャージできるようになりました。

交通系ICカードによっては、クレジットカードを利用したチャージに対応していますが、はやかけんでは利用できません。現金チャージのみです。

そのため、後述するポイントだけが、はやかけんをお得に活用できるサービスとなっています。

地下鉄の利用に応じて乗車ポイントが貯まる

福岡市地下鉄

はやかけんは、福岡市交通局が運営している地下鉄で使った場合のみ、乗車ポイントが貯まります。

このポイント還元率ですが、結構高いです。

1ヶ月の地下鉄の合計利用金額に対して2%のポイントが獲得できます

また、1ヶ月の利用金額が1,000円以上になると50ポイント、3,000円以上だと200ポイントといった具合に、利用金額に応じて段階的にボーナスポイントももらえます。

また、福岡市地下鉄線とJR筑肥線をまたがって利用した場合にも、特別ポイントとして10ポイントが付与されます。

ためたポイントは、1ポイント=1円として、再びはやかけんにチャージできます。

ポイントの有効期限は「ポイントが付与された月から1年後の月末まで」となっているので、定期的にポイントを交換しておくことをおすすめします。

管理人はこう思う

交通系ICカードにはそれぞれキャラクターが設定されています。

SUGOCAはカエルくん、nimocaはフェレットというように。

しかし、はやかけんには専用のキャラクターがおらず、カードには福岡市地下鉄のキャラクターである「ちかまる」が印刷されています。

このキャラクターが、可愛くないけど可愛い「ブサカワ」と評判で、全国的にも人気となっているようです。

オートチャージができないなどのデメリットはあります。

しかし、福岡市地下鉄で2%のポイント還元が受けられるというのは非常に強力なので、あなたが福岡市地下鉄を利用する機会が多いのであれば、はやかけんは非常にメリットのある電子マネー・ICカードだと思います。

ちなみに、はやかけんには乗車ポイントだけが設定されており、電子マネー利用時にポイントは貯まりません。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由