オートチャージができない電子マネーKitacaに少しだけお得にチャージするには

お得に使う

Kitaca

Kitaca(キタカ)はJR北海道が展開している電子マネーです。北海道に住んでいる方は改札の通過などでKitacaを使っている人も多いと思います。

現在は交通系ICカードの相互利用ができるようになったので、どの交通ICカードを持っていても不便ではありません。例えば、電子マネーSuicaを持っている人が北海道エリアで生活をする場合でも、改札や買い物をSuicaで行うことができます。

数多く存在する交通系ICカードですが、電子マネーKitacaには一つだけデメリットがあります。それは、Kitacaはオートチャージに対応していないことです。

SuicaやIcocaなどのその他のICカードはオートチャージができるのですが、Kitacaは定期的に手動でチャージする必要があります。

Kitacaのチャージは原則として現金のみなので、電子マネーにチャージをしてもお得感が感じられないのですが、実はほんの少しだけお得にKitacaチャージをする方法があります。

Kitacaチャージでお得になる唯一のクレジットカード

WAONとKitaca

Kitacaは、

  • みどりの窓口
  • Kitaca対応券売機(定期券販売機)
  • チャージ機

の3つの場所でチャージできます。(クレジットカードチャージができるのはみどりの窓口のみ)
いずれも取り扱いは現金のみなので、1,000円分チャージしたら1,000円相当の電子マネーが使えるだけです。

また、Kitacaにはポイントサービスがないので電子マネーとして使ってもメリットはありません。(改札がスムーズに通過できたり、買い物が簡単に行える点は魅力的ですが)

しかし、クレジットカードのイオンカードKitacaは唯一、チャージ時に使えます。

イオンカードKitacaを使ってKitacaにチャージすると少しだけお得です。なぜなら、イオンカードKitacaの方にポイントサービスがあるため、クレジットカード利用額に応じてポイントが貯まるからです。

利用金額の0.5%~1%を還元

イオンカードKitaca

電車賃や電子マネーの1年間の総額、いくらくらいですか?

イオンカードKitacaは、電子マネーチャージ分を含めてクレジットカードの利用額200円につき1ポイントが付与されます。ポイント還元率に換算すると0.5%です。

仮に年間の電車賃や電子マネーの利用総額が10万円なら、ポイントだけで500円相当のメリットがあります。

つまり、事実上の現金と言っても間違いではない電子マネーKitacaが10万円ごとに500円値引きでチャージできてしまうということです。

イオンカードKitacaで貯まる「ときめきポイント」は、電子マネーWAONと1ポイント=1円で交換できます。

イオングループのお店(イオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグ、ミニストップ)でのクレジットカード利用なら、毎日ポイントが2倍になります。(200円につき2ポイント)

また、毎月10日「ときめきWポイントデー」は、イオングループのお店以外の場所で使ってもポイントが2倍になります。しかし残念ながら、Kitacaにチャージに関してはWポイントの対象外なので、10日にチャージを行っても還元率は変わりません。

年会費無料で使えるカード

イオンカードKitacaは年会費無料で発行できます。

申込基準も特に設けられていないので、専業主婦や学生(高校生は除く)、フリーターの方でも18歳以上なら誰でも審査してもらえます。

このカード一枚で、クレジットカード機能とKitaca機能が両方使えるので、財布の中もスッキリします。