東京メトロ To Me CARD Prime

クレジットカード一覧

東京メトロ To Me CARD Prime

地下鉄「東京メトロ」を利用する際にお得なクレジットカード「東京メトロ To Me CARD Prime」は、Pasmoオートチャージや最大5倍の乗車ポイントなどの特典があります。

クレジットカードは使った分だけ、「メトロポイント」に替えることができます。
貯めたポイントはPasmoオートチャージに使えるので、使い道に困らず、ムダがありません

年会費は2,100円ですが、初年度無料で利用できます。
年間50万円以上の利用で次年度も無料という条件があるので、メインのクレジットカードとして使えば、年会費を無料にすることは十分可能です。

家族カードについては、カードブランドによって年会費が別れます。
JCBの家族カードは400円+税。
VISA・MASTER(三菱UFJニコス)を選んだ場合は1,000円+税となります。
カードブランドの違いによる特典については、後述します。

東京メトロ To Me CARD Primeは、PASMOとの一体型ではないので、クレジットカードとは別でPASMOを使いたい方にもおすすめです。

また、特典や年会費などがまったく同じ「東京メトロ To Me CARD Prime PASMO」なら、クレジットカードとPASMOの一体型として使えるので、財布の中身がスッキリします。

東京メトロ To Me CARD Primeの特徴

日常的に利用する鉄道系クレジットカードとして使える「東京メトロ To Me CARD Prime」。
ポイント還元やPasmoオートチャージなども含め、特典においても高い評判を得ています。

メトロポイントがじゃんじゃん貯まる

メトロポイントPlus

To Me CARD Primeの大きな特徴と言える「メトロポイントPlus」では、地下鉄を乗れば乗るほど、メトロポイントが貯まります

  • 平日の乗車:10ポイント
  • 休日の乗車:20ポイント

また、駅構内の売店(METRO’S)や、Echika、Echika fit、Metro pia、Esola等の店舗や、自動販売機など、「メトロポイントPlus加盟店」で、PASMO電子マネーを使ってお買い物をした場合でも、ポイントが貯まります。

  • 店舗で使う:200円につき1ポイント
  • 自販機で使う:100円につき1ポイント

さらに、To Me CARD Primeの年間利用金額に応じてボーナスポイントがもらえます。

  • 30万円:100ポイント
  • 50万円:300ポイント
  • 100万円:1,000ポイント

貯まったメトロポイントは「PASMOチャージ」や「楽天スーパーポイント」、「電子マネーnanaco」と1ポイント1円で交換できるので、使い道に困ることはありません。
(ANAマイレージと交換することもできますが、交換レートが悪いのでおすすめしません)

例えば、1日2回(いきかえり)、週5日東京メトロを利用する場合なら、1ヶ月で400ポイント(400円相当)が貯まります

さらに、土日祝日の利用なら通常の2倍のポイントが付与されます。
また、To Me CARD Primeを使ってお買い物をすればショッピングによるポイント還元が、年間利用金額が一定額を超えると、ボーナスポイントがもらえので、大変お得です。

■一般カードと比較して5倍以上お得
東京メトロ To Me CARDの一般カードでは、乗車ポイントがメトロポイントは平日2ポイント、休日6ポイントです。
To Me CARD Primeの方が平日ポイントは5倍、休日ポイントは3.4倍もポイントが貯まりやすいので、日常的に東京メトロを利用している人にとっては、大きな差がつきます。

また、Primeに搭載されている、「ショッピング利用」や「利用金額によるボーナス」によるポイント還元も、一般カードにはありません。

乗車ポイントが貯まる「メトロポイントPlus」は無料で利用できますが、別途申込みが必要です。
クレジットカードが届いたら、忘れずに申込み申請を行なっておきましょう。

カードの利用でダブルで貯まるポイント

ポイント還元

東京メトロ To Me CARD Primeは、クレジットカードとしても使えます。(当然ですが…)
クレジットカードとして使った場合、利用金額に応じてカード会社からのポイント還元が受けられます。

To Me CARD Primeを使ってお買い物をした場合、利用金額1,000円に応じてポイントが貯まります。(JCBカードの場合はOki Dokiポイント、三菱UFJニコスの場合はわいわいプレゼントという名称でポイントが付与されます)

カード会社のポイントは、お買い物の他に、定期券購入やPASMOオートチャージ、水道光熱費や携帯料金の支払いに使っても貯まります。
これらの支払いを組み合わせれば、年会費無料条件となる年間利用金額50万円にも、十分手が届きますね。

カード会社から付与されたポイントは、各社が提供しているカタログギフトなどと交換できますが、1ポイントにつきメトロポイント5ポイントと交換できます

東京メトロ利用時の乗車ポイントや、売店利用時のショッピングポイントの他でも、ポイント還元のチャンスがあり、ダブルでお得となっています。

PASMOオートチャージ

PASMOオートチャージ

To Me CARD Primeには、POSMOオートチャージ機能が搭載されています。
初期設定では、改札を通過した時に自動的に3,000円分がチャージされ、残高が2,000円以下になると、再び自動的に3,000円になるまでチャージされるシステムです。
オートチャージのタイミングは、自分で設定することも可能です。

■東京メトロ To Me CARD Primeの場合
クレジットカードとPASMOが別々のため、普段クレジットカードを持ち歩きたくない方におすすめ。
PASMOのチャージによって発生した請求金額は、クレジットカード請求によって引き落とされるので、クレジットカードを持ち歩かなくてもポイントが貯まります

東京メトロ To Me CARD Prime PASMOの場合
クレジットカードとの一体型カードがこちら。
PASMOとクレジットカードの2つの機能が1枚で使えるので、財布の中身をスッキリさせたい方におすすめです。

どちらを選んでも、年会費や特典は一切変わらないので、自分の好みで選びましょう。

ETCカードも無料で発行OK

ETCカード無料

東京メトロ To Me CARD Primeでは、ETCカードも無料で発行することが可能です。

高速道路の料金所をスムーズに通過できるETCカード。
高速道路の利用金額を、後日カード請求金額と一緒に引き落とすことで、高速の利用料金もポイント還元の対象にすることができます

高速道路を利用する機会がある方は、無料のETCカードも一緒に発行しておくことをおすすめします。

カードブランドによる特典の違い

カード会社 三菱UFJニコス JCB
カードブランド VISA・MasterCard JCB
年会費 2,000円+税
(年間50万円利用で無料)
2,000円+税
(年間50万円利用で無料)
家族カード年会費 1,000円+税 400円+税
特典 海外旅行保険
携行品損害
ショッピング保険
QUICPay
プラスEX

特典比較

東京メトロ To Me CARD Primeのカードブランドは、VISA・MASTER・JCBの3種類から好きなものが選べます。

しかし、JCBカードについてはJCBが、VISAとMASTERカードについては三菱UFJニコスがカード発行会社となっているので、それぞれサービス特典に違いがあります。

■VISA・MASTERカードを選ぶメリット・デメリット(三菱UFJニコスが発行)
海外旅行保険や、ショッピング時のトラブルを解決してくれるショッピング補償はもちろん、盗難保険もすべて付帯されています。
また、国内はもちろん、アジア圏でも圧倒的な普及率を誇るVISAブランドが使えます。

デメリットとしては、JCBと比較して家族カードの年会費が高いことです。(1,000円+税)
また、JCBに付帯できる電子マネーQUICPayや、JR東海のプラスEXは搭載できません。

■JCBカードを選ぶメリット・デメリット(JCBが発行)
家族カードの年会費は400円+税と、VISA・MASTERと比較して安いです。
また、電子マネーのQUICPayや、JR東海のネット予約・チケットレスサービスの「JR東海プラスEX」を付帯できます。

デメリットとしては、VISA・MASTRERには付帯されている、海外旅行保険やショッピング補償、盗難保険などが一切ないことです。
また、国内外での普及率はVISAカードに劣るため、クレジットカードを使える場所が制限される場合があります。

■個人的にはVISAがおすすめ
本会員の年会費はどちらを選んでも同じなので、個人的には三菱UFJニコス発行のVISAカードを選択することをおすすめします

国内においても、海外に置いてもVISAカードが使えるお店は、JCBよりも多いのが現状です。
さらに、海外旅行保険などの特典は意外と付帯するのが難しいサービスなので、コストパフォーマンスは、三菱UFJニコスのVISAの方が圧倒的に優れていると思うからです。

To Me CARD PrimeはGETすべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

まず最初に、良い意味でも悪い意味でも「東京メトロを利用する人」にしかメリットはありません。
地方や関西などに住んでいる人など、東京メトロをほとんど利用しない人にとってはメリットはないので、おすすめしません。

逆に、東京メトロを日常的に利用している人にとっては、お得感が大きいカードです。
乗車ポイントが一般カードの5倍となっているので、PASMOオートチャージをよく利用する人や、週に何日も東京メトロに乗車する人であれば、ポイントはガンガン貯まります。

貯まったポイントは、PASMOオートチャージや、楽天ポイント、nanacoなどと1ポイント1円で交換できるので、使い道に困ることもありません。

東京メトロ To Me CARD Primeは、カードブランドによって特典が異なります。
どれを選んでも問題はありませんが、個人的には国内外でのシェアが高く、各種保険も標準で付いている三菱UFJニコス発行のVISAカードを選ぶのが一番賢いと思います。

東京メトロ To Me CARD Primeの口コミ

口コミ情報