電子マネーnanacoへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードまとめ、楽天カードとヤフーカードは還元対象外に

B! pocket

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカード特集

電子マネーnanaco(ナナコ)では、特定のクレジットカードからチャージすると、チャージ金額に応じたクレジットカードの決済ポイントが貯まります。

さらにnanacoで支払いをすれば、200円(税込)ごとに1ポイントのnanacoポイントが貯まります。

クレジットチャージ+nanaco払いで、ポイントの2重取りができ、お得です。

クレジットカードからnanacoにチャージする方法
  1. nanaco会員メニューにログイン後、クレジットカードを登録
  2. 事前登録完了後、24時間待つ
  3. nanaco会員メニューから、チャージ金額を選択、クレジットチャージを申し込む
  4. セブンイレブンのレジやセブン銀行ATMで残高確認
  5. nanacoチャージ完了

しかし、そのお得さゆえに、nanacoへのチャージはポイントの対象外とするクレジットカードが続出しています。

たとえば最近では、ヤフーカードが2020年2月からnanacoチャージでのポイント付与を終了しました。

「今後も、nanacoのチャージでポイントが貯まらないクレジットカードは増えるのでは?」と言われていました。

そして、2020年3月12日から、nanacoクレジットチャージサービスの対象カードが変更になりました。

新規登録はセブンカード限定になり、ほかのクレジットカードは登録できません。

3月12日以前にクレジットチャージサービスへ登録済みのクレジットカードは、引き続き利用できます。

セブンカード・プラスの特徴

セブンカード・プラス

ポイント還元率
0.5%(200円ごとに1ポイント/1ポイント=1円相当)
セブン&アイグループのお店はいつでもポイント2倍
年会費
永久無料
その他チャージでポイントが貯まる電子マネー例
モバイルSuica、SMART ICOCA

セブンカード・プラスは、nanacoと同じセブン&アイグループのクレジットカードです。

セブンカード・プラスの利用で貯まるポイントは、電子マネーnanacoに交換可能な「nanacoポイント」で、使い道に困りません。

以前は「ポイント還元率が0.5%と低い」という理由から、おすすめはしていませんでした。

セブンカード・プラスは、やはりセブン&アイグループの公式クレジットカードなのが強みです。

2017年以降、次々とnanacoクレジットチャージサービスが改悪するなかで、唯一、新規登録ができます。

新規登録の対象となるセブンカード・プラスは、下記のとおりです。

  • セブンカード・プラス
  • セブンカード・プラス(ゴールド)

セブンカード・プラス(ゴールド)は、直接申込みができず、セブンカード・プラスからの招待(インビテーション)になります。

セブンカード・プラスとゴールドカードの違いは「ショッピングガード保険(国内)の有無」だけです。

nanacoへのクレジットチャージ目的ならば、セブンカード・プラスで充分です。

セブンカード・プラスにはnanaco一体型と紐付け型の2種類あります。

nanacoカードで後払い型電子マネーQUICPayが使える「QUICPay(nanaco)」の利用も考えていれば、紐付け型をおすすめします。

nanaco一体型に搭載のnanacoでは、QUICPay(nanaco)が利用できません。

2020年3月12日まで登録可能なクレジットカード

2020年3月12日までnanacoクレジットチャージサービスに登録可能で、チャージでポイントが貯まる代表的なクレジットカードは下記のとおりです。

ポイント1.2%還元
リクルートカード
ポイント0.5%還元
ファミマTカード、JMB ローソンPontaカード、セディナカード

ちなみに、「AOYAMAライフマスターカード、TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO、タカシマヤセゾンカードでも、チャージでポイントが貯まる」という情報もありました。

リクルートカード

リクルートカード

ポイント還元率
1.2%(1ポイント=1円相当)
年会費
永久無料
その他チャージでポイントが貯まる電子マネー例
JCB:モバイルSuica
VISA・Mastercard:楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
貯まったポイントをnanacoポイントへ交換
不可
備考
チャージでポイントが貯まるのは上限月3万円

リクルートカードは、年会費永年無料ながら、ポイント還元率が1.2%と高いです。

ポイント高還元のクレジットカードでは、電子マネーにチャージすると、ポイント還元率が半減する場合が多いです。

リクルートカードでは、nanaco含む電子マネーへのチャージでも、1.2%分のポイントを獲得できます。

ただし2018年4月16日より、電子マネーチャージ利用分について、月額3万円までがポイント付与の対象になる制限がつきました。

リクルートカード(VISA/Mastercard)では、nanacoだけでなく、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAへのクレジットチャージも可能で、ポイントも貯まります。

ポイント付与の対象になるのが、上記電子マネーあわせて、月3万円まで(最大で360ポイントまで獲得可能)です。

そのため、ほかの電子マネーのチャージにも使うと、すぐにポイント付与の対象外になるリスクが出てきます。

ちなみに、リクルートカードは、国際ブランド違いで2枚持ちも可能です。

毎月3万円以上、電子マネーを利用する方は、リクルートカードを複数枚持っていても困らないと思います。

電子マネーのチャージ金額に応じて貯まるポイントは、リクルートポイントです。

リクルートポイントは、じゃらんやホットペッパーなど、リクルート社のサービスの支払いに使えます。

ほかにも、ローソンなどのお店で使える「Pontaポイント」と1:1で交換でき、使いみちに困りません。

JMB ローソンPontaカードVisa

JMBローソンPontaカードVisa

ポイント還元率
0.5%(1,000円ごとに5ポイント/1ポイント=1円相当)
年会費
永久無料
その他チャージでポイントが貯まる電子マネー例
おさいふPonta、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
貯まったポイントをnanacoポイントへ交換
不可

JMB ローソンPontaカードVisaは、JALマイレージバンクとPonta機能がついたセゾンカードのクレジットカードです。

カード名どおり、ローソンの利用でPontaポイントとJALマイルの2重取りができます。

飛行機に乗らず、ショッピングなどでマイルを貯めている「陸マイラー」に愛用者の多い1枚です。

JMBローソンPontaカードVisaの意外なメリットが、電子マネーへのクレジットチャージでも、ポイント還元の対象になることです。

nanaco含む電子マネーへのチャージで、1,000円ごとに5Pontaポイントが貯まります。

Pontaポイントは、ローソンやゲオ、ケンタッキーフライドチキン、ココス、セカンドストリートなどの提携店での支払いに使えます。

(ちなみに、Pontaポイント加盟店で電子マネーnanaco払いができるお店は皆無です)

ほかにもJALマイルやdポイント、中部電力のカテエネポイントへの交換もできます。

「電子マネーへのチャージで、JALマイルを貯めたい」と考える方にも、JMBローソンPontaカードVisaは向いています。

ファミマTカード

ファミマTカード

ポイント還元率
0.5%(200円ごとに1ポイント/1ポイント=1円相当)
年会費
永久無料
その他チャージでポイントが貯まる電子マネー例
モバイルSuica、SMART ICOCA、FamiPay
貯まったポイントをnanacoポイントへ交換
不可
備考
リボ払い専用カード

ファミマTカードは、Tポイントカード機能つきのクレジットカードです。

ファミリーマートでカード払いをすると、いつでも2%還元(200円ごとに4ポイント)になることで、ファミマ利用者から人気があります。

電子マネーへのクレジットチャージでは、200円ごとに1ポイントのTポイントを獲得できます。

ポイント還元率は0.5%と低いですが、nanacoだけでなく、モバイルSuicaやSMART ICOCAもポイントの対象になります。

また、コード決済サービス「FamiPay(ファミペイ)」に、唯一クレジットチャージが可能です。

チャージ金額の0.5%分が、FamiPayボーナスとして付与されます(Tポイントは貯まりません)。

ファミマTカード利用時に注意したいのが、初期の支払い方法が「リボ払い(ミニマム・ペイメントコース)」なことです。

リボ払いは毎月の利用金額に関係なく、返済金額が一定になる支払い方法です。

毎月の返済金額よりも利用金額が高いと、返済が繰り越しになり、2回目以降からリボ払い手数料がかかります。

リボ払いは返済が長期化しやすく、手数料が高額になるリスクが高いです。数ある支払い方法のなかでも、おすすめはできません。

ファミマTカードの支払い方法は「ずっと全額払い」にすると、いわゆる「1回払い」になります。忘れず変更をしておきましょう。

セディナカードクラシック

セディナカードクラシック

還元率
0.5%(200円ごとに1ポイント/1ポイント=1円相当)
年会費
1,100円
その他チャージでポイントが貯まる電子マネー例
モバイルSuica、SMART ICOCA、SAPICA、ドトールバリューカード
貯まったポイントをnanacoポイントへ交換
可能

セディナカードクラシックは、セディナカードのスタンダードカードです。

電子マネーへのチャージで、200円(税込)ごとに1ポイントのわくわくポイントが貯まります。

貯まったセディナのポイントは、nanacoポイントに交換も可能です。

nanacoポイントから電子マネーnanacoへチャージをすれば、再度お店での支払いに使えます。

ちなみに、セディナカードクラシックは、セブンイレブン、イオン、ダイエーいつでもポイント3倍(ポイント1.5%還元)になります。

セディナカードクラシックからnanacoにチャージして、セブンイレブンでnanaco払いをする場合、合計ポイント還元率は1%です。

nanacoへクレジットチャージ(0.5%)+nanacoで支払い(0.5%)=1%

そのため、セブンイレブンでの支払いは、電子マネーnanacoよりも、セディナカードクラシックで直接支払ったほうが、多くのポイントを獲得できます。

楽天カードやヤフーカードはポイント付与の対象外

ポイント還元率:1.0%→0%

楽天カードヤフーカードは、nanacoへのチャージでポイント還元率1%と、リクルートカードに次ぐ高還元が人気のクレジットカードでした。

しかし、楽天カードは2017年11月以降、ヤフーカードは2020年2月以降、ポイント付与の対象外になりました。

チャージ自体はできますが、チャージ金額に応じたポイント付与はありません。

ちなみに、楽天カードでは楽天Edyにクレジットチャージが可能で、ポイントも貯まります(200円ごとに1ポイント)。

ポイントが貯まらないクレジットカードからチャージをするメリットをあげるなら、手元に現金がなくてもチャージでき、入金額を後払いにできることです。

nanacoへのクレジットチャージはセブンカード一択に

管理人の評価

nanacoクレジットチャージサービスは、年々改悪傾向にあり、ポイント還元対象外になるクレジットカードが続出していました。

前々から「今後、nanacoへのチャージでポイントが貯まるカードは、さらに減少して、最後までポイント還元が継続するのは、セブンカードだけになるのでは?」と予想していましたが、ついに迎えてしまった形です。

今からnanacoへのクレジットチャージ目的で、クレジットカードの作成を考えている方は、セブンカード・プラスをおすすめします。

さすがに同じセブン&アイグループのクレジットカードまでも、nanacoクレジットチャージサービスの対象外になる可能性は低いです。

こちらの記事も参考にどうぞ

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
「電子マネーの虎」初代管理人です。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。大阪に住んでいますが、電車の移動ではモバイルSuicaを使っています。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

人気の記事