REXカード

カード一覧

レックスカード

あの価格.comが発行しているREXカードは、年会費無料で使えるだけでなく、ポイント還元率にこだわったクレジットカードです。

その還元率とポイント消化のしやすさは、年会費無料クレジットカードの中でNo.1と言っても間違いではありません。それぐらい最強クラスの一枚となっています。

カードデザインは「マットブラック」と「マットボルドー」の2種類です。どちらも特典やサービス内容に違いはないので、好きなカラーが選べます。

REXカードの年会費は永年無料です。申込資格は18歳以上で電話連絡可能な方なので、専業主婦や学生の方でも申し込むことができます。(ただし高校生は不可)

REXカード 公式サイト

どこで使ってもポイント還元率は1.25%

ポイント還元率

レックスカードは、どこで使っても常に1.25%のポイント還元が受けられます。

これは、ショッピングやレストラン、携帯電話料金や電気代など、あらゆる商品が実質1.25%値引きで購入できるのと同じです。

REXカードを毎月4万円使った場合、1年間で6,000ポイントが貯まる計算になります。

数ある年会費無料カードの中でも「どこで使っても安定して1.25%還元」してくれるのは、レックスカードだけです。

たくさんカードを持つのが面倒で、一枚に集約したい方にとっては、特にメリットが大きいクレジットカードです。

公共料金や固定費の支払いをするだけでもお得

公共料金

クレジットカードで支払える代表的なものとして、公共料金固定費があります。

具体的には、電気代、水道代、ガス代、携帯料金など毎月発生するものです。

普段は「クレジットカードは使い過ぎが心配なので、あまり利用したくない」と思う方でも、引き落とされる金額や口座は同じなので、その心配はありません。

口座振替:利用料金が口座から直接引き落とされる
カード払い:利用料金はクレジットカードから支払われた後、その分のカード利用金額が口座から引き落とされる

むしろクレジットカード経由で料金を支払うだけで、ポイントが貯まり、1.25%値引きで利用できる」と考えると、何の割引もない口座振替よりも節約になります。

■電気代
電気料金のほとんどはクレジットカードで支払えます。
管轄となる電力会社に電話をして「電気代をクレジットカードで支払いたい」と伝えれば、申込用紙を送ってくれます。
最近では、ネットから申込用紙を取り寄せや申込みもできます。

■ガス代
電気料金と同様に、ガス代もカードでの支払いを受け付けています。
東京ガスや大阪ガスなどのガス会社に電話をして、クレジットカード支払いの用紙を取り寄せればOKです。
こちらもネット経由での変更も可能です。

■水道代
水道料金は管轄が市町村になるので、カード払いに対応していない場合も多いです。
しかしカード払いOKならば、レックスカードのカードブランドは国内・世界シェアが高い「VISA」や「Mastercard」なので、問題なくクレジットカードで水道代を支払えます。

■通信費
自分や家族の携帯電話料金の他に、自宅で利用している固定電話の代金も、クレジットカードで支払えます。

また、光ファイバーなどのインターネット回線を導入している家庭ならば、プロバイダ料金も含めて、すべての通信費をカード払いが可能です。

■その他固定費
新聞代や国民健康保険、税金などの支払いもカード払いに対応している場合が多いです。

ちなみに電気代や水道代に関しては、支払い方法を口座振替にすることで、毎月25円や50円ほど安くなる口座振替割引サービスもあります。

そのため、毎月の利用金額によって、クレジットカードで貯まるポイントよりも、口座振替割引の方がお得な場合もあります。

特に一人暮らしや二人暮らしなど、月々の利用金額が安い家庭では「クレジットカードのポイント数<口座振替の割引金額」になりやすいです。

クレジットカードに切り替える前に、年間の利用金額を見直して「支払い方法は何がお得なのか?」を、一度考えてみることをおすすめします。

ネット通販はジャックスモール利用でさらにポイントアップ

ネット通販(スマホ・PC)

ジャックスが運営しているポイントアップサイト「ジャックスモール」には、楽天市場やYahoo!ショッピング、そしてAmazon.co.jpなどが参加しています。

これらの通販サイトを利用する時に、ジャックスモールを経由してアクセスし、買い物をするだけでポイントがさらにお得に付与されます。

レックスカードは通常でも1.25%のポイント還元を誇るカードですが、ジャックスモールを利用することでさらに0.5%のポイントが上乗せされ、ネット通販でのカード利用額に対して1.75%の還元を受けることができます。

nanacoや楽天Edyへのチャージはポイント付与の対象外

電子マネー

最強のクレジットカードとの声も大きい「レックスカード」にもデメリットがあります。

それは、一部の電子マネーチャージではポイント付与が対象外になっていることです。

レックスカードでチャージ可能な電子マネーは以下の通りです。

ポイント付与の対象
モバイルSuica、SMART ICOCA
ポイント付与対象外
nanaco、楽天Edy

nanacoと楽天Edyではポイントを獲得できませんが、モバイルSuicaやSMART ICOCAへのチャージについては1.25%のポイント付与が受けられます。

ただし電子マネーチャージにおけるポイントの付与は、カード会社にとって負担が大きいサービスです。

将来的にこれらの電子マネーチャージでのポイント獲得率が抑制される可能性は十分考えられます。

年会費永年無料

年会費無料

ポイント還元率1.25%だけでも大きな魅力ですが、REXCARDは年会費永年無料で使えるのが嬉しいです。

また、家族カードも年会費無料で使えます。

年会費を支払いたくない方にとっては、この特典は大きいです。

もしこのカードを一切使わなくなっても手数料などが取られる心配はなく、安心して使える設計となっています。

レックスカードは、ETCカードについても発行手数料・年会費ともに無料です。

高速道路の利用料金もすべて1.25%のポイント還元の対象なのでお得に使えます。

ポイントの消化に困らないJデポのすごさ

Jデポ

「Jデポ」は、REXカードのカード会社である「ジャックス」が提供しているサービスです。REXカードでは、貯めたポイントはJデポと交換します。

Jデポは、毎月の請求金額から値引きをしてくれるのが特徴です。

つまり、REXカードで5,000ポイントを貯めて、Jデポに交換すると、次月のクレジットカードの請求金額が3万円の場合、5,000円を差し引いて25,000円の請求になります。

ポイントは貯めても使い道がなければ意味がありません。しかし、Jデポはクレジットカードの請求金額からの値引きとなるため、使い道に困らないメリットがあります。

保険も充実

海外旅行保険

REXカードには、3つの保険が最初から無料で付いています。

  • 旅行保険
  • ネットあんしんサービス
  • カード盗難保険

旅行保険」は、国内最高1,000万円、海外最高2,000万円となっています。

国内旅行保険は代金をREXカードで支払うことが保険の適用条件となりますが、海外旅行保険についてはREXカードを持っているだけで保険適用となるので安心です。

ネットあんしんサービス」は、ネットショッピングで万が一身に覚えがない請求が届いた場合でも、不正利用前にさかのぼって保証してくれる特典です。

例えば、価格.comのようなネット通販でも安心してクレジットカードによる支払いが行えます。

カード盗難保険」は、もしREXカードを紛失してしまったり、盗まれてしまった場合。このような時に不正利用されても、紛失前にさかのぼって不正利用金額を保証してくれます。

REXカードのお申込みはこちら(年会費無料)

カードブランドはVISAまたはMastercardが選べる

VISAとMastercardが選択可能

REXカードはVISA・Mastercardが選択できます。

Apple Payに対応

REXカードはApple Payに対応しています。

iPhone7以降の機種を持っている方であれば、REXカードの情報をiPhoneに取り込んで、電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」の利用可能店舗で支払いができます。

カードを持ち歩かなくてもiPhoneだけで支払いが行える便利な機能です。支払い時のサイン・暗証番号も不要です。

アップルペイを使って支払ったカード代金も、ポイント還元の対象になります。

REXカードは万能に使えるポイント高還元クレジットカード

管理人のつぶやき

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

クレジットカードの中でもREXカードは1位、2位を争うほどの高いポイント還元率を誇っています。

「特定の日ポイント3倍」とか「特定店舗での利用で2倍」をうたったクレジットカードは多いですが、「いつ、どこで使っても還元率が高い」のはREXカードのみとなります。

クレジットカードを一枚に集約して、お得に使いたい。こういった人にとってREXカードは間違いない選択肢であり、すでにネットでも大きな反響を呼んでいる状態です。

REXカードのお申込み(無料)