ファミリーマートはWAONとTポイントを2重取りできる!さらにお得な方法も

お得に使う

ファミリーマート

コンビニのファミリーマートといえば、以前からTポイント(Tカード)が使えることで有名でした。

しかし現在は、Tポイントだけでなく、電子マネーWAONの支払いでWAONポイントも貯められます。

WAONと相性が良いコンビニはローソンだったのですが、ファミリーマートでも利用可能となったことで、さらに勢いがつきました。

直接の競合となるイトーヨーカドー系のセブンイレブンでWAON対応は、おそらく一生ないと思いますが、ファミリーマートとローソンで使えることを考えると、電子マネーWAONを利用するメリットをより感じられると思います。

また、ファミリーマートではWAONとTカードの両方を使うことで、ポイントの2重取りができます。

この方法を使うことで、ポイント還元率を大幅アップできるので、その方法についても紹介したいと思います。

Tカード提示+WAON払いでポイント2重取り

waon

1.Tカードを提示する
ポイント還元率0.5%(200円ごとに1ポイント)

2.電子マネーWAONで支払う
ポイント還元率0.5%(200円ごとに1ポイント)

1回の買い物でポイントの2重取りができ、合計1%のポイント還元が受けられる。

ファミリーマートで買い物をするときに、電子マネーWAONで支払うと200円につき1WAONポイントがもらえます。(還元率0.5%)

この際に、Tカードも同時に出すようにします。
(できればWAONでの支払い前に先に出しましょう)

ファミリーマートではTカードを提示するだけで、買い物金額200円ごとに1ポイントがもらえます。(還元率0.5%)

つまり、WAONでの支払い分とTカード提示分のポイント2重取りをすることで、合わせて1%のポイント還元を受けることができます。

この方法は、公式でも認められています。

WAONで支払い時、ファミマTカードまたはTカードを提示すると、両方にポイントが貯まるでしょうか?どちらか一方に貯まるでしょうか?

WAONでのお支払い対象商品をお支払時、200円で1WAONポイントが貯まります。その時WAON支払前にファミマTカードまたはTカードをご提示頂ければ、ショッピングポイントが貯まる商品であれば、200円(税込)につき1ポイントのTポイントも貯まります。

Tマネーは使う価値なし

Tマネー

T-MONEY(Tマネー)とは、ファミマやTSUTAYAなどTマネー加盟店で使えるCCCの電子マネーです。

(ちなみに韓国のソウルで普及している交通系電子マネーに、同じ名前の「T-money」がありますが、相互利用はできません。)

電子マネー利用時に500円ごとに1ポイントのTポイントが貯まり、還元率は0.2%とかなり低いです。

ファミマやTSUTAYAのような、Tポイント加盟店とTマネー加盟店では、カードの提示とTマネー支払いでポイント2重取りできます。

1.Tカードを提示する
ポイント還元率0.5%(200円ごとに1ポイント)

2.Tマネーで支払う
ポイント還元率0.2%(500円ごとに1ポイント)

1回の買い物でTポイントの2重取りができ、合計0.7%のポイント還元が受けられる。

ただしTマネーのポイント還元率が0.2%と低い分、Tカード提示+WAON支払いの方が、得られるメリットが大きいです。

WAONで税金は支払えないがタバコは買える

コンビニのレジ

ただし、ファミリーマートでも電子マネーWAONで支払えないものがいくつかあります。

  • 公共料金等の各種代金お支払い
  • Famiポート取扱い商品・サービス
  • プリペイドカード類
  • 宅急便・クロネコメール便
  • 切手・はがき・印紙類
  • ゴミ処理券等の金券類
  • 一部の自治体指定ごみ袋
  • 電子マネーチャージ
  • コピー、FAX

例えば、自動車税などの税金は電子マネーWAONでは支払えません。(ミニストップに限りWAONで自動車税の支払いができますが、ポイント還元はありません)

ちなみに税金や保険料の支払いに使える電子マネーはnanaco(ナナコ)があります。

クレジットカードからnanacoにチャージすることで、チャージ金額に応じてポイントが貯まる分、現金払いよりもお得です。(ちなみにnanacoはファミリーマートでは使えません)

一方で、タバコや酒類はWAONで支払えるので、電子マネーを活用することで少しお得に購入できます。

JMB WAONやJALカードでポイントアップ

JALカード

ファミリーマートで電子マネーWAON支払いをすると、200円ごとに1WAONポイントがもらえるという話をしてきました。

もし獲得できるポイントがJALマイルでも良いということであれば、JMB WAONやJALカードを使うことでさらにポイント還元率が上がります

なぜなら、ファミリーマートはJALの特約店なのでJALマイレージが2倍になるからです。

◆JMB WAON
年会費無料で発行できるJMB(JALマイレージクラブ)のカードです。

JALの航空機に搭乗する時に番号を登録することでマイルを獲得できます。

JMB WAONは電子マネーWAONを内蔵しています(クレジット機能なし)。

ファミリーマートでJMB WAONを使ってWAON支払いをすると、200円で2ポイントのJALマイルが貯まります

◆JALカード
JALの公式クレジットカードです(年会費は有料)。

WAON機能がないので、ファミリーマートでクレジット払いをして、同時にTカードを提示する形となります。

有料となりますが、「ショッピングマイルプレミアム」に入会していると、クレジットポイントの獲得率をさらに上げることができます。

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)
イオンとJALの提携クレジットカードで年会費無料で使えるのが特徴です。

電子マネーWAONを搭載しているので、WAON支払いをすると200円で2マイルが貯まります。

この方法はいずれも、JALマイルとTポイントを貯めたい人におすすめです。

イオンカードセレクトの活用でポイント獲得率を上げる

イオンカード

似たような方法となりますが、WAONポイント+Tポイントを貯めたいという場合はイオンカードセレクトがおすすめです。

イオンカードセレクトはイオン銀行キャッシュカードが一体型になった年会費無料のクレジットカードです。

イオングループでの優待特典が多いので、個人的にもおすすめの一枚です。

イオンカードセレクトは電子マネーWAONのチャージ時にクレジットポイント(ときめきポイント)を貯められるというメリットがあります。

通常、電子マネーWAONのチャージではクレジットカードのポイントは獲得できません。

つまり、以下の二重取りができるため、トータルで1%のポイント還元が受けられます。

  • WAONへのチャージ時(クレジットポイント)
  • 電子マネーWAONでの支払い時(WAONポイント)

これと合わせて、ファミリーマートでのWAON支払い時にTカードを提示することで、JALカードと同じように効率よくポイントを貯められます。

Tポイントの付与率を5倍に上げる方法

Tポイント

ファミリーマートでは、ファミマTカードやTカードの会員に対して「ファミランク」や「レディースデー」といった取り組みを行っています。

◆ファミランク
1ヶ月のファミリーマートでのお買い物合計金額によって3段階のランクを設定。
ポイント還元率が1倍~最大3倍になる。

ファミマTカード会員だけでなく、通常のTカード会員でも適用。

◆レディースデー
ファミマTカード会員限定。
毎週水曜日のレディースデーはカードを提示でポイント2倍

つまり、この2つのキャンペーンを駆使することで(ファミマ)Tカードの提示分のポイント最大で5倍(還元率2.5%)にまで引き上げることができます。

ここからさらに、前述のWAON支払いなどによるポイント付与も受けられるので、お得感は計り知れません。

電子マネーWAONが使えるコンビニまとめ

WAON

最近、電子マネーWAONはイオングループ以外での提携を積極的に進めています。

特にコンビニとの提携には積極的で、WAONはコンビニに強い電子マネーという雰囲気が出てきました。

WAONが使えるコンビニは以下の通りです。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • サークルK・サンクス
  • ポプラ
  • ココストア

これからもどんどん増えると思います。

とは言え、管理人の予想では将来的にもWAONがセブンイレブンで使えるようになる可能性はないと思っています。

なぜなら、イオンモールを運営するイオングループと、イトーヨーカドーやセブンイレブンなどを運営するセブン&アイグループは直接的な競合関係にあるからです。

事実、イトーヨーカドーやセブンイレブンではWAONによる支払いができませんし、イオンでも電子マネーnanacoは使えません。

それ以外はかなり使い勝手が良いので「電子マネーWAONはイオンだけ」のイメージをなくして、普段のコンビニの支払いにも活用してみてください。

下記の関連記事では、コンビニや飲食店でのオトクな電子マネーの使い方を解説しています。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由