ワールドプレゼントポイントのおすすめの交換商品はiDバリューです

活用術

ポイント

三井住友カードのポイントサービス「ワールドプレゼント」は何と交換するとお得なのか。

三井住友カードは数あるクレジットカードの中でも定番の一枚なので、使っている人は多いと思います。私も最初の一枚には三井住友VISAカードを選択しました。

クレジットカードを利用すると「ワールドプレゼントポイント」が貯まります。ためたポイントはさまざまなカタログギフトと交換できるのですが、個人的にはあまりおすすめしません。

なぜなら、カタログギフトと交換すると割高だからです。

ワールドプレゼントポイントは5円相当

計算

ワールドプレゼントは、1ポイント=5円相当として考えるとお得に商品と交換できます。

例えば、1,000ポイント貯まった場合は5,000円相当の商品などと交換できないか?と考えると、賢くポイントを消費することができます。

多くの三井住友VISAカードは「1,000円ごとにワールドプレゼントポイント1ポイント(5円相当)」を進呈しています。

このことから、一般的な三井住友VISAカードのポイント還元率が0.5%であることがわかります。(もちろんカードの種類によっては還元率が高いものもあります)

ギフトカードや他社ポイントとの交換がおすすめ

ギフト券

最も確実なのは、ギフトカードや他社のポイントとワールドプレゼントを交換することです。

個人的におすすめの商品は以下のとおり。いずれも1ポイント=5円相当で交換できます。

また、私が最もおすすめしたいのは「iDバリュー」です。

iDバリューは電子マネーiDの請求額に充当して値引きをしてもらえるポイントの消費方法です。

普段から電子マネーiDを使っている人にとっては、iDバリューを使ってワールドプレゼントポイントの消化を行うことで、事実上の「請求値引き」を実現できます。

VJAギフトカード
1,000ポイント=5,000円分から交換可能。
全国50万店以上の場所で使えるVISAが発行する公式ギフト券。有効期限なし。

VISAプリペイドカード
250ポイント=1,000円分から交換可能。
プリペイドカードなので、クオカードなどと同様にVISAが使えるお店で使える使い切りのカードです。

他社ポイントへの移行
200ポイント=1,000円分から交換可能。
電子マネーWAON、楽天スーパーポイント、dポイント、au WALLET、ビックカメラ、ジョーシン、ヨドバシカメラについては、1ポイント=5円相当での交換が可能。

その他のnanacoやSuica、Tポイントとの交換はレートが悪くなるのでおすすめしません。(WAONへの移行は三井住友WAONに移行した場合にのみ5円相等、その他のWAONに移行すると3円相当なので注意です)

ワールドプレゼントのおすすめ交換方法の一つですが、他社ポイントの有効期限切れに注意しましょう。

iDバリュー
200ポイント=1,000円分から交換可能。
電子マネーiDを使っている人におすすめ。iD利用分の支払いはクレジットカード請求と一緒に行われていると思います。クレジットカード請求金額のうち、電子マネーiD利用分に充当できるポイント消費方法です。

私はいつも「iDバリュー」でポイントを消費しています。

上記はいずれもポイント還元率が0.5%になるワールドプレゼントポイントの使い方で、私の知る限りワールドプレゼントポイントの最もお得な使い道となります。

前述しましたが、最も敷居が低くクレジットカード請求時に消費できるということで、私は「iDバリュー」との交換が一番お気に入りです。

有効期限のないVJAギフトカードと交換するには、最低でも1,000ポイントが必要です。

また、VISAプリペイドカードや他社ポイントはいずれも「有効期限」があります。

電子マネーiDを使っていない人にとっては、他社ポイントの移行やVISAプリペイドカードへのチャージとしてポイント消化をしても良いと思います。

ちなみに、ワールドプレゼントの有効期限は2年間です。(ゴールドカードは3年、プラチナカードは4年に有効期限が伸びます)

せっかく貯めたポイントを失効させてはもったいないので、200ポイントが貯まった時点で早めに交換しておくことをおすすめします。

電子マネーのiDについては「ドコモが作った電子マネー、iDが持つ5つのメリット・デメリット」をご覧ください。

クレジットカードの一括検索システム(無料)

ワールドプレゼントがたまりやすいクレジットカード

買い物袋を下げた女性

三井住友のワールドプレゼントポイントは、一般的なカードで「ポイント還元率が0.5%」に設定されています。

しかし、中にはポイント還元率の高いお得なカード(しかも年会費実質無料)もありますので、ポイントを効率良く貯めるにはカードの切り替えを行うのも良いと思います。

下記の三井住友カードを使うことで、ワールドプレゼントの貯まる速度が2倍、3倍にアップします。

三井住友デビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、25歳以下の方だけが申し込める特別なカードです。

残念ながら26歳以上の方は申し込めませんが、25歳以下の方に対しては圧倒的にお得度が高いカードなので、特に学生や新社会人に人気があります

年会費は初年度無料、2年目以降も年1回以上の利用で年会費が無料となるため、実質的には年会費無料で使えます。(一度も利用がない場合は2年目から1,250円+税の年会費がかかります)

三井住友VISAデビュープラスカードの評価が良いのは、「入会後3ヶ月」と「それ以降」のポイント還元率が高く設定されているからです。

  • 入会後3ヶ月はポイント5倍(還元率2.5%
  • 3ヶ月目以降もポイント2倍(還元率1.0%)

通常の三井住友VISAカードの還元率が0.5%であることを考えると、デビュープラスカードがかなり優遇されていることがわかると思います。

ショッピング保険も年間最高100万円までが付帯しています。旅行保険はついていませんが、このスペックで年会費実質無料であることを考えると十分でしょう。

三井住友デビュープラスカードは、電子マネーiDを使う場合「iD専用カード」の発行が必要です。(クレジットカード一体型は作れない)

もちろん、Apple Payに対応しているので、iPhone7以降の機種をお使いの方なら、電子マネーiDをiPhoneの中に入れて、モバイルで支払いを行うことが可能です。

▼三井住友デビュープラスカードの詳細解説はこちらです▼

三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAアミティエカードは「女性限定」の特別なクレジットカードです。

デビュープラスカードのような年齢制限はありませんが、このカードは残念ながら男性は申し込めません。

年会費は初年度無料、2年目以降もマイ・ペイすリボ(無料)への登録と、年1回以上の利用で年会費無料で使い続けられます。(左記条件を満たしていない場合は2年目から1,250円+税の年会費が必要)

三井住友VISAアミティエカードは、ポイント還元率自体はそこまで優遇されていません。通常の三井住友VISAカードと同じく0.5%のポイント還元率です。

しかし、携帯電話の通信料に限り、ポイント還元率が通常の2倍となります。

  • 携帯利用分についてポイント2倍(還元率1.0%)

例えば、携帯電話の通信料が毎月1万円の方であれば、年間12万円を携帯会社に支払っていることになります。

この費用をクレジットカードで支払うことで、ワールドプレゼントポイントを獲得できます。

本来なら年間12万円に対して600ポイントの還元となりますが、三井住友VISAアミティエカードであれば、その倍の1,200ポイントが獲得できます。

ポイント還元の面では、上記の特典のみとなりますが、三井住友VISAアミティエカードは旅行保険が大幅に強化されています。

旅行保険を比較

通常の三井住友VISAクラシックカード
国内旅行保険:なし
海外旅行保険:最高2,000万円(利用付帯)

三井住友VISAアミティエカード
国内旅行保険:最高2,500万円(自動付帯)
海外旅行保険:最高2,500万円(自動付帯)
※ただし、旅行代金をアミティエカードで支払っていない場合は、海外旅行保険の補償額は300万円となります。

海外旅行保険が強化されている他、さらに国内旅行保険まで自動付帯で付いているため、実質年会費無料のクレジットカードとしては非常にお得感が大きいです。

三井住友VISAアミティエカードは、電子マネーiDの一体型カードが作れます。もちろんApple Payにも対応しているので、iPhone7以降の機種をお持ちであれば、モバイル支払いが可能です。

▼三井住友VISAアミティエの詳細解説はこちらです▼

最短3営業日のスピード発行

スマートフォンを見る女性

三井住友VISAカードは、ネットからの申し込みで最短3営業日のスピード発行が可能です。

申し込みはスマートフォンからでも24時間いつでも行うことができ、新規申し込みや切り替えの手続きも簡単にできます。

もちろん、一人で複数枚の三井住友VISAカードを持つこともできるので、新規申し込みでポイント還元率の高いカードを取得し、シーンによって使い分けるのもおすすめです。

▼三井住友VISAカードの特集記事はこちらです▼

クレジットカードの一括検索システム(無料)