イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

年会費無料で使える、唯一のSuica一体型カードです。(オートチャージ可能)

年会費無料のクレジットカーの中でも特に人気が高いのがイオンカードです。
主婦の方を中心に、イオングループの店舗で買い物をする人に支持されており、ポイント還元や特典など、お得感も大きいのが特徴です。

最も一般的なのはイオンカード(WAON一体型)ですが、実はイオンカードの中で一番お得なのは「イオンカードセレクト」です。

現在は、イオンカードの新規会員のうち、約半数の人が「イオンカードセレクト」を選んでいるほど、代表的な一枚となっています。

イオンカードセレクトは、年会費永年無料で使えます。(家族カードも無料)
また、「18歳以上で電話連絡ができる方」なら誰でも発行可能です。(高校生は不可)

iPhone7 最新情報
電子マネー「iD」がApple Payに対応します。

サービス開始は2016年10月から。

iPhone7に電子マネーiDが搭載されているイオンカードセレクトを登録することで、おサイフケータイとして使えます。カード不要で携帯をかざして支払いができます。

ディズニーバージョンが新登場

イオンカード(ディズニー)

新しくディズニーデザインカードも登場しました。
こちらは「JCB」のみ選択できますが、年会費無料でスペックは同じです。

こちらの記事で詳細解説しています。
イオンカード(ディズニーデザイン)の特典や年会費、申込条件を完全攻略

イオンカードセレクトの特徴

イオンカードセレクトは、イオングループのサービスを利用する機会が多い方なら、「これほどお得な一枚はない!」と言い切れるほど、突出してメリットが大きいクレジットカードです。

数ある年会費無料カードの中でも、個人的にはかなりおすすめしたいカードです。

1枚4役の多機能カード

イオンカードセレクトの最大の特徴は、「1枚4役」ですべてが一体型となっている点です。

さらに、カードキャッシングを利用したい方は、キャッシングの機能も付けることが可能です。
これらすべての機能が1枚に集約されています。

特に、「イオン銀行との連携特典」はメリットが大きいです。(詳しくは後述します。)

2重取りもできる2つポイントシステム

ポイント

イオンカードセレクトでは2つのポイントが貯まります。

■ときめきポイント
クレジットカード利用時に、200円につき1ポイントが貯まります。貯めたポイントはさまざまな商品と交換できるほか、交換レート1:1でWAONポイントやドコモポイント、Suicaに交換することも可能です。

また、イオングループのお店で使うとポイント還元率は毎日2倍、毎月10日の「ときめきWポイントデー」ではイオングループ以外のお店でもポイントが2倍となり、よりお得です。(200円につき2ポイント)

■WAONポイント
電子マネーWAON利用時に、200円につき1ポイントの還元率が受けられます。貯めたポイントは1WAON=1円として、イオングループ店舗をはじめ、WAONが使えるお店で消費できます。

また、電子マネー「WAON」のオートチャージができるのも、イオンカードセレクトのメリットです。オートチャージによって貯めたWAONも、もちろんポイント還元の対象となります。

イオンカードセレクトを使ってWAONチャージをした場合に限り、ポイントの2重取りができるので還元率が1%にアップします。

これは、電子マネーWAONへチャージした時にクレジット利用分として「ときめきポイント」が、電子マネーWAONで支払いをした時に、電子マネー利用分として「WAONポイント」が両方もらえるからです。

以下の2重取りテクニックを使うことで、イオンカードセレクトのポイント還元率を最大1.5%にアップできます。

おすすめのポイント2重取りテクニック

1.イオンカードセレクトで電子マネーWAONにチャージする
0.5%のときめきポイントを獲得できます。

2.毎月「5の付く日」のお客様わくわくデーでチャージした電子マネーWAONで支払いをする
毎月5の付く日は、イオングループのお店でWAON支払いをするとWAONポイントが2倍となります。1.0%のWAONポイントが獲得できます。

合計すると1.5%のポイント還元が得られます。

優待カードとして活用する

優待

イオンカードセレクトは、イオングループ各店で使える優待カードとしても活用できます。
対象となる店舗は、イオンの他、ミニストップ、ビブレ、マックスバリュ、メガマート、イオンスーパーセンターなどです。

近年イオンは事業領域を拡大しており、最近ではダイエーやピーコックストアも傘下におさめたので、将来的にはこういった店舗も優待の対象になるかもしれません。

■イオングループでの利用はポイント2倍(毎日)
イオングループのお店でクレジット払いをすると、いつでもポイントは2倍もらえます。

■お客さま感謝デー(毎月20日・30日)
毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」にて、イオンカードセレクトか電子マネーWAONを使って買い物をすると、すべての商品が5%OFFになります。

■ときめきWポイントデー(毎月10日)
この日も「ときめきポイント」が2倍もらえます。イオン系のお店以外でも、イオンカードセレクトを使って買い物をすればどこでもポイント2倍の対象になることです。(例えば家電量販店や百貨店など、どこでもOKです)

■G.G感謝デー(毎月15日)
G.G感謝デーとは、55歳以上の方限定の優待デーのことです。
55歳以上のイオンカードセレクト会員を対象として、イオングループのお店での買い物が5%OFFになります。

イオン銀行との連携でさらにお得

イオン銀行

イオンカードセレクトは、イオン銀行のキャッシュカードとしても使えます。
そして、イオン銀行との連携特典が非常にお得感が大きいです。

■イオン銀行の金利上乗せ
イオンカードセレクト会員になると、イオン銀行の普通預金金利が「+0.1%」上乗せされます。ちなみに上乗せ金利を適用すると、ネット銀行の中で最も高金利になるので、資金をお得に運用することが可能です。

■給与振込口座への指定で毎月10WAON
イオン銀行の口座を給与振込口座に指定すると、毎月10WAONがもらえます。
無料のイオン銀行口座と、年会費無料のイオンカードセレクトを組み合わせるだけで、実質的には毎月10円相当のプラスになる、これが連携特典の大きなメリットの一つです。

■振込手数料が毎月実質1回無料
イオン銀行から他行あてに振込をした場合、通常は216円の振込手数料がかかります。
しかし、イオンカードセレクトの会員が他行振込をした場合、毎月1回に限り216WAONがもらえます。

つまり、毎月1回、他行あての振込手数料が実質無料となるわけです。

年会費は一切かかりません

VISA・JCB・MASTER

カードブランドは、VISA、JCB、MASTERの3種類のカードブランドから、好きなものを選択できます。公式サイトの画像を見る限り、イオンは「VISAカード」を推奨しているようなので、とくにこだわりがなければVISAの選択をおすすめします。

また、イオンカードセレクトは年会費永年無料です。
クレジット機能を一切使わなくても年会費がかかることはありません。
ユーザーの中には、イオン銀行連携特典を使うために、イオンカードセレクトをキャッシュカードとして活用している人もいます。

イオンカードセレクトはGETすべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

個人的には非常におすすめしたいクレジットカードです。
日常生活の中で、コンビニのミニストップやイオン系のスーパーを利用している人は多いと思います。また、電子マネーWAONを使っている人も多いでしょう。

イオンカードセレクトは、そういった「イオングループに関わりのあるすべての人」にとって、最もお得なクレジットカードなので、一枚持っておくだけでもメリットは大きいです。

逆に、イオンのスーパーやイオン銀行、WAONなどを一切使うシーンがない人にとっては、メリットは薄いかもしれません。。。

クレジットカードとしての機能はもちろんですが、私の意見を言うと「イオン銀行との連携特典」が大変メリットがあると感じます。

イオンカードセレクトの口コミ

口コミ情報

Apple Pay対応の年会費無料クレジットカード
人気のセゾンカードを比較してみる!種類が多すぎてわからない件について
年会費無料で使えるETCカード
即日発行OK!スピード審査が評判のクレジットカード4枚を比較してみた
Tカードが年会費無料で使えるお得なクレジットカードランキング
ポイント還元率で選ぶ!お得なクレジットカードランキングTOP5
イオンカードセレクト