交通ICカード共通化後、ICOCAとSuicaはどちらを持つのが良いのか

電子マネーの比較

ICOCAとSuica

交通ICカードの全国相互利用が始まってから、電車移動・電子マネーともに利便性は大きく向上しました。

関西にお住まいの方はICOCA、関東にお住まいの方はSuicaを使っていることが多いと思います。しかし、相互利用できるなら関西でSuicaを使ったり、関東でICOCAを使うのもアリなのではないかと思い、いろいろ調べてみることにしました。

関東ならSuica、関西ならICOCA

当たり前の話ともいえますが、結論から言うと関東で使うならSuica、関西ではICOCAを素直に使うべきだと思いました。

一番恩恵を受けられるのはそれぞれのエリアで使い分けをすることです。しかし、よほど出張回数が多い人でなければポイントを貯めても失効させてしまいますし、使い分けをすると利便性が損なわれます

交通ICカードの本来のメリットは、快適に改札が通過できる利便性にあると私は思っています。

オートチャージができるのはSuica

オートチャージ

SuicaもICOCAも、対応するクレジットカードと結びつけることでチャージの面倒くささを省けます。(ICOCAをクレジットカードと結びつけるとSMART ICOCAという名前に変わります)

しかし、改札通過時に自動的にチャージができる「オートチャージ」が用意されているのはSuicaのみです。

SMART ICOCAにはオートチャージの代わりに「クイックチャージ」があります。これは、クイックチャージ機にカードを入れてボタンを押すだけで、クレジットカードも現金もなしでチャージが完了できるものです。

チャージは自動券売機やみどりの窓口などでもできますが、「定期的にチャージをする」という行動を起こさなくてはならない分、SMART ICOCAの仕組みには少し面倒くささが残ってしまいますね。

ただ、SuicaのオートチャージもSMART ICOCAのクイックチャージも、それぞれSuicaエリア、ICOCAエリアでしか使えません。

交通ICカードの全国相互利用は可能ですが、エリア外でのオートチャージには対応していないため、エリア外では自分で手動チャージをする必要があります。

つまり、大阪に住んでいる人がSuicaを使う場合、自動券売機などで定期的にチャージをしなければならず、Suicaが持つオートチャージのメリットは生かせません。

ポイントが貯まるのはSuica

Suicaポイント

Suica加盟店で電子マネーとしてSuicaを使うと、Suicaポイントが貯まります。(事前にSuicaポイントクラブへの無料申込が必要です)

Suicaポイントは、クレジットカードとSuicaを結びつけていなくても貯めることができます。つまり、クレジットカードが苦手という方でも、Suicaを電子マネーとして使うことで、少しだけお得になります。(もちろん、クレジットカードと連携させるとビューサンクスポイントも貯まるので、よりお得に使えます。)

一方で、ICOCAはクレジットカードと結びつけた「SMART ICOCA」でしか、電子マネー利用時にポイントを貯められません。SMART ICOCAなら、J-WESTポイントが貯まりますが、SMART ICOCAを持つためにはクレジットカード登録が必要です。

通常のICOCAでは電車に乗ろうが、電子マネーを使おうがポイントなどは一切貯まらないので、お得感がありません。

また、電子マネー支払い時のポイント加盟店の数もSuicaの方が多いです。

モバイル対応しているのはSuica

モバイルSuica

Suicaには「モバイルSuica」というおサイフケータイ機能がついています。

モバイルSuica対応携帯を使っていれば、Suicaの「きっぷ機能・電子マネー機能」を携帯に移せます。ICカードを持ち歩くことなく、携帯をかざして改札を通過したり、携帯で電子マネー支払いによる買い物ができます。

しかし、ICOCAはモバイル対応していないので必ずカードを持ち歩く必要があります。

この点においても違いは大きいです。

まとめ

改めて比較してみると、ICカードとしての多機能性ではSuicaが圧倒していることがわかります。

だからといって、関西でSuicaを使ってもオートチャージもできないですし、Suicaポイント加盟店もありません。

モバイルSuicaが使える点はメリットですが、やはり関東ではSuica、関西ならICOCAを持つのが良いと思います。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由