大阪出張でも安心!Suicaは関西でも使うことができるのか?

Q&A

Suicaを全国で使う

交通系ICカードの代表格であるSuica(スイカ)は、東京を始めとする関東圏での普及率が非常に高い電子マネーです。改札を通過するためのICカードとしての利用だけでなく、電子マネーとしてショッピングでも使えるので、東京ではPasmoと並んで絶大な人気を誇っています。

関東ではSuicaが有名ですが、関西ではICOCA、東海ではToicaといった具合に、鉄道会社がそれぞれ、電子マネー機能付きのICカードを発行しています。しかし、これらのICカードをすべて持つ必要はありません。

なぜなら、2013年に交通系ICカードの相互利用がスタートしており、Suicaを関西で使ったり、ICOCAを関東で使うことができるようになりました。交通系ICカードを一枚持っていれば、全国どの改札でもタッチアンドゴーでスムーズに通過することが可能です。もちろん、特別な手続きも一切不要です。

ほんの一部の鉄道会社や市営バスなどで相互利用できないケースもありますが、基本的には

  • Suica(JR東日本)
  • ICOCA(JR西日本)
  • TOICA(JR東海)
  • Kitaca(JR北海道)
  • PASMO(首都圏の私鉄など)
  • manaca(名古屋市交通局・名古屋鉄道)
  • PiTaPa(関西の私鉄など)
  • はやかけん(福岡市交通局)
  • nimoca(西日本鉄道)

など、あなたがどのカードを持っていても全国で「乗車」「電子マネーによる買い物」ができます。(ただし、PiTaPaだけは特殊なので注意が必要です。詳しくは後述)

→実は関西でもSuicaを使った方がお得だという理由があります

券売機やのりこし精算機でのチャージも可能

のりこし精算機でチャージ

関西の券売機や乗り越し精算機にSuicaを入れて現金チャージすることもできます。

ICOCAと交通系ICカード

上記の画像の左側は「ICOCAのマーク」で、右側が「交通系ICカード相互利用のマーク」です。これらのマークがある券売機やのりこし精算機であれば、Suicaのチャージをすることも可能です。

もちろん、名古屋のTOICAエリアや、福岡のはやかけんエリアでも同様に、Suicaのチャージをすることができます。

ようは、全国どこでSuicaのチャージ残高が0円になっても慌てる心配はないということです。

電子マネーも全国相互利用できる

交通局ICカード全国相互利用

改札の通過だけでなく、電子マネーを使った買い物も全国相互利用が可能です。

例えば、大阪出張に行った際に、レジの前にICOCAやTOICAのマークしか書いていない場合があります。その場合でも気にせずに「Suicaで払います!」といえば、Suicaの電子マネー機能で支払いができます。

別に、店員さんに「ICOCAで払います!」と言っても「TOICAで払います!」と言ってもOKです。

一つ事例をあげておきます。大阪のイオンモールに行くと、レジ前の端末にはICOCAのマークしか記されていません。このような場合でも、ICOCAエリアでSuicaを使った買い物はできるので大丈夫です。

ただし、関西で電子マネーSuicaを使う時は1つだけ覚えておかなければならない注意点があります。

PiTapa電子マネーだけは相互利用されていない

PiTaPa

ただし、関西の私鉄などを中心に展開されている「PiTaPa(ピタパ)」だけは全国でも特殊な存在です。

「PiTaPaで支払いが可能」なレジでは、Suica支払いはできません。

もちろん、Suicaだけでなく、ICOCAでもTOICAでも、PiTaPaによる支払いは不可です。電子マネーにおいてPiTaPaだけは相互利用ができていないのが現状です。

下記の表を参考にするとわかりやすいと思います。

交通局ICカード相互利用まとめ

もっとも、関西ではPiTaPaよりもICOCAの普及率の方が圧倒的に高いので、Suicaだけを持っていても大きな問題にはなりません。

もちろん、PiTaPaは交通系ICカードは共通化されているので、PiTaPaエリアの改札をSuicaで通過することは可能です。

覚えておきたい注意点

交通系ICカードの相互利用によって全国どこでもSuicaが使えるようになりましたが、覚えておきたい注意点が3つあります。この注意点をおさえておかないと、改札でひっかかってしまうのでご注意を。

オートチャージ機能は使えない

改札

Suicaにはオートチャージ機能がありますが、ICOCAエリアをはじめ、他エリアではオートチャージが使えません。よって、残高不足の状態だと改札の出口でひっかかります。

ただし、前述のとおり「他エリアの券売機や乗り越し精算でチャージすることができる」ので、改札に入る前に券売機でチャージしておくか、出口を通る前にのりこし精算機でチャージをすれば問題ありません。もし残高不足となってしまい、出口でひっかかった場合は、のりこし精算機でチャージをすればOKです。

心配な人は、Suicaを使って券売機できっぷを購入することもできるので、事前にきっぷを購入し、きっぷで改札を通ればよいでしょう。

また、最近はApple Payの登場によってiPhoneでもモバイルSuicaが使えます。モバイルSuicaなら、全国どこで使ってもスマホからすぐに手動でモバイルチャージできます。(オートチャージの利用にはビューカードが必要、オートチャージ機能が働くのはSuicaエリアのみ)

東海道・山陽新幹線では使えない

東海道山陽新幹線

注意点の2つめは、Suicaは東海道・山陽新幹線では使えないということです。東海道・山陽新幹線に乗車するには別途、特急券を購入する必要があります。

モバイルSuicaであれば、JR東日本が運営するすべての新幹線(東北・山形・秋田・上越・北陸の新幹線)にチケットレスで乗車できます。

また、モバイルSuicaの「EX-IC(エクスプレスIC)サービス」を利用すれば、東海道・山陽新幹線にもチケットレスで乗ることが可能です。EX-ICカードを手に入れるには、JR東海が発行している「エクスプレス・カード」またはJR西日本が発行している「J-WESTカード」が必要となります。

エリアをまたいでの乗車はできない

改札2

Suicaを使って、ICOCAエリアの改札を通り、ICOCAエリアの出口に出ることは可能です。しかし、SuicaでJR西日本のICOCAエリアの改札を通り、大阪の私鉄などのPiTaPaエリアの改札で出ようとするとひっかかります。

このように、全国どのエリアでも利用はできますが、エリアをまたいでの乗車はできないので注意が必要です。

まとめ

Suicaを一枚持っていれば、全国どこに行っても使えます。(もちろん、SuicaでなくICOCAやTOICAでもOKです。)

しかし、オートチャージができないことや、エリアをまたいでの乗車ができないといった注意点もあります。

また、電子マネーを使った買い物も全国相互利用が可能となっていますが、PiTaPaだけは特殊なので注意が必要です。

ちなみに、管理人は大阪に住んでいますがSuicaを愛用しています。その理由はこちらのページで詳しく解説しています。

Suicaを全国どこでもお得に使いたい方は必見です。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由