大阪出張でも安心!Suicaは関西でも使うことができるのか?

B! pocket

Suicaを全国で使う

交通系ICカードの代表格であるSuica(スイカ)は、東京を始めとする関東・東北エリアで多く利用されています。

電車やバスの乗車カードだけでなく、電子マネーとして買い物でも使えるので、首都圏ではPASMOと並んで絶大な人気を誇ります。

関東ではSuicaが有名ですが、関西ではICOCAやPiTaPa、東海はTOICA…というように、各地域の鉄道・バス事業者が、それぞれ交通系ICカードを発行しています。

しかし、地域ごとに交通系ICカードをすべて用意する必要はありません。

なぜなら、2013年に交通系ICカードの相互利用が開始したからです。

交通系ICカード全国相互利用

あなたがどの交通系ICカードを持っていても、乗車と支払いができます。(ただし、PiTaPa電子マネーだけは相互利用対象外です。詳しくは後述)

もちろん、関西でもSuicaは問題なく利用できますが、いくつか注意点があります。

Suicaカード利用者が、旅行や出張、進学などで、関西に来たときに、気をつけたいSuicaの使い方について紹介します。

→実は関西でもSuicaを使った方がお得だという理由があります

ICOCA・PiTaPaエリアの電車・バスで使える

全国相互利用サービスにより、ICOCA・PiTaPa対応の公共交通機関では、Suicaが使えます。

たとえば、JR西日本、大阪メトロ(大阪市営地下鉄)、阪急、阪神、近鉄、京阪、京都市営地下鉄など、西日本エリアの主要な公共交通機関なら、Suica利用が可能です。

ただし、元々交通系ICカードを導入していない区間や、鉄道・バス事業者では、Suicaも使えないので注意してください。

東海道・山陽新幹線にも乗車可能

東海道山陽新幹線

Suicaなどの交通系ICカードを使って、新幹線の乗車もできます。

東海道・山陽新幹線(東京~博多)なら「スマートEXサービス」の対象です。

スマートEXサービス
東海道・山陽新幹線
タッチでGo!新幹線
東北・上越・北陸新幹線
新幹線eチケットサービス
東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線

2人以上の予約の場合は、交通系ICカードではなく、きっぷでの利用になります。

エリアをまたいでの乗車はできない

相互利用とは言え、各エリアをまたいだ利用はできません。

(SuicaとPASMOのように、ICOCAエリアとPiTaPaエリアは可能です)

Suicaを使って、ICOCAエリアの駅で入場して、ICOCAエリアの駅から出場することは可能です。

ただし、ICOCAエリアの駅で入場して、TOICAエリアの駅での出場はできません。

たとえば、JR米原駅(ICOCAエリア)~JR大垣駅(TOICAエリア)を利用する場合は、交通系ICカードではなく、全乗車区間のきっぷを購入する必要があります。

ICOCAが使えるお店の支払いに使える

電子マネー共通化

交通系電子マネーも、全国相互利用が可能です。

たとえば、大阪で立ち寄ったお店で「このお店ではICOCAでお支払いができます」しか書かれていないと「Suicaで支払えるの…?」と不安に思うかもしれません。

大丈夫です。

店員さんに「Suicaで払います」と伝えれば、問題なくSuica払いができます。

ちなみに「ICOCAで払います」と言って、Suicaをかざしても、決済が完了します。

PiTaPaのみ使えるお店では使えない

支払いに交通系電子マネーは使える?

電子マネーについては、PiTaPaのみ相互利用の対象外です。

「交通系電子マネーはPiTaPaのみ使えるお店」では、Suicaでの支払いはできません。

PiTaPaが「ポストペイカード」に対して、ほかの交通系電子マネーは「プリペイドカード」と、決済システムが異なるため、相互利用ができないことが理由にあげられます。

買い物でJRE POINTが貯まらない

Suica登録して貯まる

西日本エリアには「Suica登録して貯まる」ステッカーのあるお店がありません。

そのため、支払い金額に応じたJRE POINTは貯まりません。

ただし、キャッシュレス・消費者還元事業対象店舗での支払いで、2%・5%ポイント還元は対象になります(2020年6月まで)。

券売機やのりこし精算機でのチャージも可能

のりこし精算機でチャージ

ICOCAやPiTaPaエリアで、Suicaのチャージ残高が0円になっても、慌てる心配はありません。

ICカード対応の券売機や乗り越し精算機、チャージ機で、Suicaに現金チャージも可能です。

ICOCAと交通系ICカード

上記の画像の左側は「ICOCAのマーク」で、右側が「交通系ICカード相互利用のマーク」です。これらのマークがある券売機やのりこし精算機であれば、Suicaのチャージをすることも可能です。

もちろん、名古屋のTOICAエリアや、福岡のはやかけんエリアでも同様に、Suicaのチャージをすることができます。

オートチャージ機能は使えない

地域をまたぐとオートチャージできない

Suicaにはオートチャージ機能がありますが、ICOCAエリアをはじめ、他エリアではオートチャージが使えません。よって、残高不足の状態だと改札の出口でひっかかります。

ただし、前述のとおり「他エリアの券売機や乗り越し精算でチャージすることができます」。

そのため、改札に入る前に券売機でチャージしておくか、出口を通る前にのりこし精算機でチャージをすれば問題ありません。

もし残高不足で、出口でひっかかった場合は、のりこし精算機でチャージをすればOKです。

心配な人は、Suicaを使って券売機できっぷを購入することもできるので、事前にきっぷを購入し、きっぷで改札を通ればよいでしょう。

また、最近はApple Payの登場によってiPhoneでもモバイルSuicaが使えます

モバイルSuicaなら、全国どこで使ってもスマホからすぐに手動でSuicaへチャージできます。(オートチャージの利用にはビューカードが必要、オートチャージ機能が働くのはSuicaエリアのみ)

まとめ

Suicaを一枚持っていれば、全国どこに行っても使えます。

しかし、オートチャージができないことや、エリアをまたいでの乗車ができないといった注意点もあります。

また、電子マネーを使った買い物も全国相互利用が可能となっていますが、PiTaPaだけは特殊なので注意が必要です。

ちなみに、管理人は大阪に住んでいますがSuicaを愛用しています。その理由はこちらのページで詳しく解説しています。

Suicaを全国どこでもお得に使いたい方は必見です。

Suicaに関するその他の記事

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
「電子マネーの虎」初代管理人です。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。大阪に住んでいますが、電車の移動ではモバイルSuicaを使っています。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

Q&A

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事