貯めたJRE POINT(旧:ビューサンクスポイント、Suicaポイント)は何と交換するのがお得なの?

Q&A

ビューサンクスポイントの交換先

電子マネーSuicaは利用に応じて、JRE POINT(以前はSuicaポイント)が貯まります。(要登録)

しかし、JR東日本が展開している公式クレジットカードのビューカードを組み合わせると、さらにお得にポイントを貯めることが可能です。

ビューカードで付与されるのは、以前はビューサンクスポイントでしたが、2018年6月28日よりJREポイントが貯まります。

そのため、Suicaやビューカードの利用で同じポイント(JREポイント)が貯まる分、交換可能なポイント数まで到達しやすくなりました。

ポイントの交換先を間違えるとせっかく貯めたポイントをムダに消費してしまうことになりかねません。

せっかく貯めたポイントを損しないように、JREポイントの有効な使い方を覚えておいてください。

JREポイントと交換するのがお得な商品

ビューサンクスポイントは何と交換するのがお得なのか。メリットが大きい交換先をまとめました。

ちなみに、JREポイントの1ポイントあたりの価値は1円相当です。

電子マネーSuicaと交換

Suica電子マネー

必要ポイント:最低1ポイント

お得というよりも、最も定番の方法として電子マネーSuicaに充当する方法があります。

欲しい交換商品がなければ、Suicaと交換してしまうのが一番良いと私は思います。

この方法は、貯めたJREポイントをSuica(電子マネー)またはモバイルSuicaに換えられます。

交換レートは「1ポイント=1円」1ポイント単位で交換可能なので、少ないポイントも無駄なく使い切れます。

JREポイントが使えるお店で支払い

必要ポイント:最低1ポイント

JRE POINTカード機能付きのビューカードであれば、JREポイントが使えるお店の会計時に1ポイント=1円で利用できます。

JRE POINTが使えるお店(一部)

首都圏エリア
アトレ、アトレヴィ、ビーンズ、ペリエ

東日本エリア
フェザン、エスパル

その他、JRE POINTに加盟している駅ビルについては「ポイントの使えるお店」で確認ください。

上記の店舗で買い物をする機会がある人は、利用する価値が高いです。

JRE POINTカード機能付きのビューカードには「JREカード」や「アトレSuicaカード」などがあります。

提携ポイントと交換

ポイント

必要ポイント:最低400ポイント

提携ポイントとの交換には、提携ビューカードを持っている必要があります。

いずれのポイントも交換レートが特別に高いわけではないので、素直に電子マネーSuicaに充当してしまった方が良いというのが私の意見です。

JALマイルとの交換はレートが低めですが、JALカードショッピングマイル・プレミアム(年会費3,000円+税)に入荷いしていると、他のポイントと同じ交換レートでJALマイルが入手できます。

ただし、JALカードショピングマイル・プレミアムには年会費がかかるので、よほどたくさんのポイントを貯められる人ではなければ、逆に損をしてしまう可能性もあります。

また、JREポイントはその他のポイントサービス(dポイントやTポイント、ヨドバシポイントなど)と交換できないのがデメリットです。

ギフトカードと交換

ギフトカード

必要ポイント:最低1,200ポイント

交換に必要なポイント数は多めですが、ギフトカードとの交換もお得です。

(ポイント数はビューサンクスポイントのものです。公式から情報が追記されしだい、JREポイントに変更します)

東北応援うめぇどカード
1,900ポイント → 5,000円分(2.6円相当)
東北各地の名産品をお届け。

全国お取り寄せスイーツカード
1,340ポイント → 3,500円分(2.6円相当)
全国から集めた絶品スイーツをお届け。

お取り寄せグルメカード
2,000ポイント → 5,250円分(2.6円相当)
全国から集めた選りすぐりの食材・料理をお届け。

B-1グランプリギフトカード
1,200ポイント → 3,000円分(2.5円相当)
ご当地グルメのギフトカード

メトロポリタンホテルズ共通利用券
600ポイント → 2,000円分(3.3円相当
全国のメトロポリタンホテルズのレストランや宿泊に使える商品券。

※いずれも有効期限は発行より6ヶ月です。

ただし、ギフトカードは発行より6ヶ月間が有効期限となっているので注意が必要です。

JR東日本関係の商品券への交換は還元率が低下

ルミネ商品券

必要ポイント:最低1,400ポイント

ビューサンクスポイント時代は、JR東日本が提供しているサービスの商品券と交換するとレートが高くお得でした。

ただし、ポイント共通化の影響を受け「Suica交換やJREポイントが使える店よりも、少しお得または損」程度になりました。

ルミネ商品券は4,000円以上に交換する時は、1ポイント=1.1円以上の価値がありますが、びゅう商品券は「0.7円相当」と目減りします。

ルミネ商品券
2,000ポイント → 2,000円分(1円相当)
3,600ポイント → 4,000円分(1.1円相当)

ルミネで使える商品券です。アトレやアトレヴィなどの他店舗では利用不可です。

びゅう商品券
1,400ポイント → 1,000円分(約0.7円相当)

JR東日本の駅ビル、キオスク、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ソフマップなどで使えるギフトカードです。

いずれも有効期限はないので「有効期限を気にしないギフトカードにしたい」という時は重宝すると思います。

Suicaオリジナル商品と交換

Suicaの寝袋

個人的にですが、Suicaのペンギンキャラクターがすごく好きです。

貯めたビューサンクスポイントは、Suicaのペンギンキャラクターや、E7系新幹線のオリジナル商品と交換することも可能です。

  • Suicaのペンギン 寝袋 4,000ポイント
  • Suicaのペンギン 折りたたみ傘 1,400ポイント
  • 鉄道傘 E7系北陸新幹線 1,000ポイント

JREポイントが1ポイント=1円相当を考えると、オリジナル商品との交換はお得ではないと感じます。

しかし、これらの商品はここでしか入手できないのも事実です。

「好きな商品のためだったらポイントは惜しまない」という方は、こうした商品と交換するのも良いと思います。

JREポイントの有効期限は2年間

JREポイントには有効期限があります。

最後にポイントを獲得・利用した日から2年後の月末に失効します。

ただしビューカードを支払いに利用していれば、毎月のようにJREポイントが付与されるので、失効する心配がありません。

そのため、交換ポイント数が高い商品と交換したい時にも、ポイントが消失するリスクなく確実に貯められます。

JREポイントの賢い使い方

JREポイントの交換方法として、最も定番なのは電子マネーSuicaにチャージすることです。

対象店舗でSuica支払いをすれば、利用金額に応じてJREポイントが貯まるので、お得度が高いです。

最もお得なポイントの交換先としては、ギフトカードやルミネ商品券などが挙げられます。

JREポイントの有効期限は「ポイント残高が変動した日から2年後の月末」です。

そのため、定期的にビューカードやSuica、JREポイントカードを利用していれば、失効の心配がない分、欲しい商品のポイント数まで貯めやすいです。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由