SUGOCAへのチャージ方法まとめ、オートチャージに必要なクレジットカードは?

B! pocket

SUGOCAへのチャージ方法

JR九州グループが発行するSUGOCA(スゴカ)は、全国相互利用サービス対応の交通系ICカード・電子マネーです。

交通系ICカードがチャージできる・支払いに使える場所なら、東京や大阪、名古屋、北海道など、九州以外でもSUGOCAが使えます。

今回は、SUGOCAに入金できる場所・お店とチャージ方法をまとめてみました。

SUGOCAは基本的に現金チャージです。

クレジットカードからチャージできるのは、JR九州のクレジットカード「JQ CARD」に限定しています。

SUGOCAへのチャージ方法

SUGOCAのチャージ上限額は2万円です。

チャージは、1回1,000円から千円単位で行なえます。

いずれの入金手段も手数料は無料なので、手軽にチャージできます。

駅構内の自動券売機・精算機・チャージ機

ICカードチャージ機(SUGOCA)

JR九州のSUGOCAエリア内や、北九州モノレールの駅構内にある、交通系ICカード対応の自動券売機や精算機・チャージ機でチャージできます。

◆ICチャージ機での入金方法

  1. ICカードホルダーにSUGOCAカードをセット
  2. チャージ金額のボタンを押す
  3. 現金を挿入する
  4. SUGOCAにチャージ完了

◆自動券売機でのチャージ方法

  1. 画面左下の【ICカード】を押す
  2. 【現金チャージ・利用履歴表示・印字】を押す
  3. SUGOCAカードを挿入
  4. 希望のチャージ金額を選択、現金を入れる
  5. チャージ完了

注意したいのが、みどりの窓口や無人駅、電車内には、チャージ機がないことです。

無人駅には簡易SUGOCA改札機があり、SUGOCAでの入場・出場が可能です。

一方、SUGOCA対応の精算機やチャージ機の設置はなく、残高不足だと運賃の支払いができません。

無人駅には自動改札機がなく、改札の通過はできますが、いわゆる「無賃乗車」状態になります。

SUGOCAには入場記録が残っているので、次回SUGOCAで改札を通るとエラーが出ます。

SUGOCA対応の有人駅の窓口にて、

SUGOCAを利用して(無人駅名)で降りたが、残高不足だったので、そのまま改札を通過した。運賃の精算をしてほしい。

と事情を説明して、運賃を支払い、SUGOCAの入場記録を消去してもらう必要があります。

無人駅で降りる際は、事前に充分なSUGOCA残高があるか確認しましょう。

参照:SUGOCA利用可能エリア

コンビニ・スーパー

レジで現金チャージ

コンビニやイオングループのスーパーなどでも、SUGOCAにチャージできます。

SUGOCAにチャージ可能なお店は、以下のとおりです。

チャージ可能
コンビニ:セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ
スーパー:イオン、マックスバリュ
ドラッグストア:サッポロドラッグストアー
チャージ可能・利用でJRキューポ付与
ドラッグストア:ドラッグイレブン

レジでチャージできるので、店員さんに「SUGOCAにチャージしたい」と伝えます。

  1. レジで「SUGOCAにチャージしたい」と伝える
  2. 読み取り端末にSUGOCAカードを置く
  3. コンビニ:画面に表示されたチャージ額を選択する
    スーパー:「◯千円チャージしたい」と金額を言う
  4. 現金を渡す
  5. チャージ完了を待つ

チャージ後、すぐに買い物の支払いに使えます。

ただしコンビニやスーパーでは、SUGOCA支払いでJRキューポが貯まる「JRキューポ対象加盟店」ではありません。

SUGOCAで支払っても、JRキューポは貯まりません。

セブンイレブンはnanaco、イオンはWAONというように、別の電子マネーを利用した方が、ポイントが貯まる分、お得です。

JRキューポ対象加盟店では、ほぼチャージ不可です。

JRキューポ対象加盟店
ショッピング:アミュプラザ(鹿児島・小倉・長崎)、えきマチ1丁目(佐賀)、JR大分シティ、JR博多シティ
駅施設:JR九州主要駅ロッカー、車内販売
飲食店:トランドール、シアトルズベストコーヒー、うちのたまご直売店、うどん居酒屋粋、うまや、驛亭、華都飯店、博多ラーメン 一杢
ホテル:JR九州ホテルズ
アミューズメント:九州鉄道記念館、タイトーステーション
タクシー:熊本駅構内タクシー
その他:ヤマト運輸、100円クリーニングコインズ、ペリカン倶楽部

SUGOCA残高が不足しているときは、SUGOCAで支払った残りの金額を、現金で支払います。

セブン銀行ATM

セブン銀行ATMからチャージ

セブン銀行ATMでは、現金の引き出しや預け入れだけでなく、交通系ICカードのチャージもできます

  1. 画面上にある【電子マネーチャージ】を押す
  2. ATMの読み取り部にSUGOCAカードをセット
  3. 【チャージ】を選択
  4. チャージ金額を選択(1,000円単位)
  5. 紙幣取り出し口に現金を入れる
  6. チャージ完了を待つ
  7. おつりがあれば、おつりを受け取る
  8. 利用明細の必要・不要を選択
  9. 忘れずにSUGOCAカードを取る

ほかにもnanaco、楽天Edy、au WALLET、PayPay、LINE Payなど、複数のプリペイド型電子マネーのチャージも対応しています。

セブン銀行ATMでお金を引き出した後、SUGOCAにチャージできるのは、時間の節約にもなります。

コンビニのレジでチャージだけするのは申し訳ないな、と思う人にも使いやすいです。

JR九州の改札&JQ CARDでオートチャージが使える

オートチャージ方法(改札)

SUGOCAのオートチャージ機能を利用するには、以下の2つの条件があります。

  • JQ CARDを持っている
  • JR九州や北九州モノレールの自動改札機を通過する

JQ CARD申し込み時に、オートチャージ設定機能設定を選択すると、カード発行からオートチャージサービスが使えます。

JR九州や、北九州モノレールの自動改札機を通過した際、SUGOCA残高が設定金額未満だと、自動的に一定金額がチャージされます。

同じ九州エリアの交通系ICカード「はやかけん」では、オートチャージが使えません。

残高不足の心配がなく、電車やバス、お店の買い物の支払いに使えるのがメリットです。

チャージ金額は、JQ CARDへ請求になり、利用金額に応じたJRキューポが付与されます。

SUGOCAエリアの列車をSUGOCAで乗車すると、運賃1%分のJRキューポが貯まります。

そのため、SUGOCAオートチャージを利用すると、チャージと乗車でポイント2重取りができます。

JQ CARDのポイント還元率なので、合計1.5%ものポイント高還元になります。

スマホでチャージ可能はSuicaのみ

Suicaアプリが再発行できない時の対処法

SUGOCAはSuicaのように、ATMやアプリからのクレジットチャージには対応していません。

JR九州や北九州モノレールを利用しない人は、クレジットチャージの恩恵が受けられないのがデメリットです。

交通系ICカードに、スマホからクレジットチャージできるのは、JR東日本のSuica(スイカ)だけです。

スマホにインストールしたSuicaアプリやモバイルSuicaから、ネット経由で、簡単にクレジットチャージができます。

Suicaアプリに登録できるクレジットカードは、VISA、JCB、Mastercard、American Express、Diners Clubと、手持ちのカードが使えます。

ただし、SuicaでSUGOCAエリアの列車を利用しても、乗車ポイント(JRキューポ)は貯まりません。

Suicaは、JR東日本グループのクレジットカード「ビュー・カード」からSuicaチャージすれば、ポイント還元率1.5%になります。

福岡でSuicaを使う

結果的にSUGOCAオートチャージ利用で、ポイント還元率1.5%と同等のポイントが貯められ、損はありません。

「スマホ1つで電車やバス、買い物の支払いを済ませたい」と考える方は、Suicaの選択肢もありだと思います。

もちろん、SuicaもSUGOCAエリア、はやかけんエリアで問題なく使えます。

Suicaの詳しい使い方については、下記記事で取り上げています。

九州の電子マネー情報はこちら

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
利用経験のある電子マネー、コード決済サービスは数十件以上。「たくさんあって何を選んでいいか分からない」というお悩みに答えるべく、キャッシュレス決済の上手な使い方を日々実践中。推しはSuicaとPayPayです。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事