JCB一般カード

B! pocket

JCB一般カード

クレジットカードのなかでも、定番中の定番といえるJCB一般カード。このカードには、突出した強みはありません。

条件次第で年会費無料で使えることや、優れたカードデザインは魅力なのですが、あえてJCB一般カードを選ぶ必要性を感じない方も多いでしょう。

しかし、私は定番中の定番のJCB一般カードについて、10年後を見据えて申し込む価値のあるカードだと考えています。使い込むほどに味の出るカードとあれば、誰しもそそられますよね。

今回は、JCB一般カードが持つ隠れた魅力について説明したいと思います。

使い込むと10年後に結果が出るクレジットカードは少ない

大人のクレジットカード

  • 10年後に真価を発揮
  • 使い込むほどに味が出る

本当にそんなクレジットカードが存在するのか、疑わしいという方も多いと思います。

しかし、定番中の定番のJCB一般カードは「JCB ORIGINAL SERIES」という、JCBが独自に発行する直系のクレジットカードです。リーバイスでいえば501、任天堂ならスーパーマリオのような存在です。

ひと目でコストパフォーマンスがわかる提携カードではなく、扱いの難しい職人気質のカードという感じでしょうか。

コストパフォーマンスでいえば、決してNo.1とはいえないJCB一般カードですが、「JCB ORIGINAL SERIES」という良質の血統ということはあまり知られていません。

JCB ORIGINAL SERIESには、下記の種類が存在します。

  • JCB CARD W/JCB CARD W plus L
  • JCB一般カード
  • JCB CARD EXTAGE(若年層向け)
  • JCBゴールドカード
  • JCBゴールド ザ・プレミア
  • JCBプラチナ
  • JCBザ・クラス

名称からもわかるように、若年層向けの「JCB CARD EXTAGE」を除き、段階的にクレジットカードの格が上がります。カードのランクとともに特典の質も上がり、そしてあなた自身の格も上がります。

JCB ORIGINAL SERIESを極める

コンシェルジュ

JCB一般カードを名実ともに使うと、いずれJCBから「インビテーション」という招待状が届きます。

この招待状はスルーしてもよいのですが、承諾して申込書を書けばJCBゴールドカードにアップグレードできます。
(JCBゴールドカードは直接申込も可能です)

そして、JCBゴールドカードを使い続けると、次は「JCBゴールドカード ザ・プレミア」のインビテーションが届きます。JCBゴールドカード ザ・プレミアは完全招待制ですので、ゴールドカードを使い続けた実績のある人しか持てません。

JCBゴールドカード ザ・プレミアは、JCBゴールドカードの特典をさらに強化したものとなっており、世界中の空港ラウンジが使える「プライオリティ・パス」などが無料で提供されます。

そして最終的にたどり着くのは・・・

JCBブラックカードを目指す楽しみ

JCBザ・クラス

JCBカードを使い続けると、最終的にたどり着くのは「JCB ザ・クラス」と呼ばれるクレジットカードです。

このカードは、あらゆるJCBカードのなかでも最上位のプレミアカードで、一般的にはブラックカード扱いです。

もちろん、JCB ザ・クラスは完全招待制のため、JCBからのインビテーションを受け取るしか入手方法はありません。

簡単には入手できないカードですが、最初はJCB一般カードを使い、一生をかけて使い込むことでブラックカードに進化させていく楽しみ。これが、JCB ORIGINAL SERIESだけが持つ真の価値です。

ちなみに、「◯◯JCBカード」のような提携カードをどれだけ使い込んでも、JCB ザ・クラスへの道は開けません。JCBブラックカードにたどり着けるのはORIGINAL SERIESだけ。10年後にあなた自身の価値を上げ、真のクレジットカード特典をもたらすのが、JCB ORIGINAL SERIESという存在です。

また、JCBは日本で唯一の国際クレジットカードブランドです。

VISA、MasterCard、Amexなどはいずれも海外で生まれた会社ですが、JCBは日本が世界に誇る唯一の国産ブランドとなっています。

JCBカード 公式サイト

JCB STAR MEMBERSでポイント獲得70%アップ

JCB STAR MEMBERS

JCBカードは、通常でもポイント還元を受けられますが、年間の利用金額に応じてポイントの付与率がアップする「JCB STAR MEMBERS(JCBスターメンバーズ)」というサービスがあります。

年間30万円以上の利用からJCB STAR MEMBERSのランクが付与され、年間300万円以上を使うと最上位ランクとなる「ロイヤルαPLUS」が適用されます。

  • 年間300万円の利用:ロイヤルα PLUS
  • 年間100万円の利用:スターα PLUS
  • 年間50万円の利用:スターβ PLUS
  • 年間30万円の利用:スターe PLUS

JCB STAR MEMBERSのランクが付与された際に、ゴールドカードやブラックカードの上位カードであるほど、ボーナスポイントが多くなる仕組みです。

ランク名称 一般 ゴールド プレミア
ロイヤルαPLUS 対象外 60%UP 70%UP
スターαPLUS 50%UP 50%UP 60%UP
スターβPLUS 20%UP 20%UP 30%UP
スターePLUS 10%UP 10%UP 20%UP

※プレミア = ゴールドザ・プレミア、プラチナ、JCBザ・クラス

また、ポイント獲得率のアップに加えて、JCBが企画しているプレゼント特典も、JCB STAR MEMBERSのランクのほうが当選確率が上がります。

ランク名称 一般 ゴールド ゴールドザ・プレミア プラチナ JCBザ・クラス
ロイヤルα(PLUS) 対象外 6倍 6倍 6倍 6倍
スターα(PLUS) 4倍 6倍 6倍 6倍 6倍
スターβ(PLUS) 2倍 3倍 3倍 3倍 3倍
スターePLUS 2倍 2倍 2倍 2倍 2倍

JCBカードをたくさん使うほど、VIPクラスのカードの取得に近づきますし、同時にJCB STAR MEMBERSのランクも上がります。両者を合わせると、意外と他社カードよりもポイント還元率が大きくなる可能性すらあります。

JCB一般カードの特徴

続いて、JCB一般カードの主な特典についてまとめます。

カードの利用に応じてポイントが貯まる

ポイント還元

クレジットカードの利用金額1,000円ごとに1ポイントのOki Dokiポイントが付与されます。Oki Dokiポイントは1ポイント=5円の価値なので、実質的なポイント還元率は0.5%です。

日常の買い物はもちろん、毎月の携帯料金や水道光熱費、ガソリン代など、あらゆる支払いでポイントがもらえます。また、JCB一般カードでは海外の利用ではポイントが2倍になる特典があるので、旅行の時にも役立ちます。

また、JCBが展開するポイントサイト「Oki Dokiランド」を経由してネット通販を利用するだけで、ポイントが最大20倍にアップします。多くのショップはポイント2倍にとどまりますが、Oki Dokiランドには楽天市場やAmazon.co.jp、ヤフーショッピングなど大手ネットショップが参加しています。

また、1年間に100万円以上クレジットカードを使うと、「スターα PLUS」に昇格し、翌年のOki Dokiポイントが50%アップします。こうした点からも、JCB一般カードは、使い込むほど味が出るカードといえます。

貯めたOki Dokiポイントは、

  • JCBギフトカード
  • 東京ディズニーリゾートのチケット
  • 他社ポイントとの交換

などに使えます。
もっともおすすめなのは、他社のポイントと交換することです。1ポイント=4~5円相当として、楽天ポイント、電子マネーのnanaco、ドコモポイントやauポイントとの交換が可能です。

JCB ORIGINAL SERIESパートナー

提携

私が注目しているJCB ORIGINAL SERIESならではの特典として、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」があります。

主なJCB ORIGINAL SERIESパートナーには、

  • Amazon.co.jp
  • セブンイレブン
  • 高島屋・成城石井・やまや
  • 昭和シェル・タイムズ・ニッポンレンタカー
  • スターバックス

といった名だたる企業が参加。
これらの提携企業でJCBカードを使うと、ポイントが2倍以上になるという優れた特典です。

たとえば、セブンイレブンや高島屋、Amazon.co.jpでは、ポイントが3倍(還元率1.5%)になります。これは、JCB ORIGINAL SERIES限定の特典であり、そのほかのJCB提携カードでは使えません。

最高3,000万円の旅行保険を装備

旅行

JCB一般カードは、海外で使うとポイントが2倍になるとお話しましたが、旅行についてもう一つの大きなメリットがあります。

旅行代金をJCB一般カードで支払うことが条件ですが、国内・海外ともに最高3,000万円の旅行保険がついてきます。実際に海外が好きな私の友人はこの特典を活用し、海外で体調をくずしても1円の医療費も支払ったことがないそうです。

あわせて、海外に限り年間100万円のショッピングガード保険がついてくるため、海外で購入した商品にトラブルが生じても、保険によって守られます。

これらの保険はすべて、JCB一般カードに標準装備されており、別途申込などは不要です。

後述しますが、旅行保険についてはJCB CARD EXTAGEよりも優位になります。

JCBカード 公式サイトはこちら

実質的には年会費無料で利用可能

年会費と審査

気になる年会費ですが、JCB一般カードは1,250円+税の年会費がかかります(家族カードは年会費400円)。

しかし、以下の2つの条件を満たせばずっと無料で使えます(WEB申込に限り、初年度は無条件で無料なので安心です)。

  • MyJチェック(WEB明細)の登録
  • 年間合計50万円以上(税込)のカード利用

まず、MyJチェックへの申込ですが、登録は無料なので簡単です。紙の明細が廃止される代わりに、WEB明細でいつでも利用状況が確認できるようになります。最近は若い世代を中心に、WEB明細を選択する方がほとんどです。

続いて、年間50万円以上の利用ですが、これは少しハードルは高いです。しかし、毎月発生する支払いを中心に、クレジットカード中心の生活にすれば、年間50万円ぐらいは使っている人がほとんどではないでしょうか。

ちなみに、年会費無料条件を達成した場合、自動的に家族カードの年会費も無料になります。

審査条件は、以下のとおりです。

18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。

本人に安定収入がなくても、配偶者に収入があればOKなので、専業主婦や学生の方でも申し込めます。

また、JCBカードはETCカードも年会費無料で発行できます。もし、無料のETCカードがほしいなら、JCB一般カードに付帯するETCカードを使えば、ETCカードの年会費は実質0円となります。

もちろん、ETCカードで発生した料金もポイント還元の対象です。

29歳以下なら年会費は不要

若年層

もしあなたが29歳以下なら、JCB CARD EXTAGE(JCBカードエクステージ)がおすすめです。

これは、JCB一般カードを若年層向けにアレンジしたクレジットカードで、当サイトでも非常に人気です。JCB一般カードと比較して旅行保険など一部特典が制限されますが、年会費が無料なので安心です。

JCB CARD EXTAGEも、JCB直系の「ORIGINAL SERIES」なので、将来的な上位カードへのアップグレードや、JCB ORIGINAL SERIESパートナー特典が期待できます。

29歳以下の方は迷わずエクステージを選択したいところです。残念ながら30代以上の方は申し込めませんのでご了承ください。

JCB一般カードと、29歳以下のJCB CARD EXTAGEを比較すると以下のようになります。

カード名 JCB CARD EXTAGE JCB一般カード
申込年齢制限 18歳~29歳 18歳以上
年会費 無料 1,250円+税(WEB明細+年間50万円以上の利用で無料)
家族カード 無料 400円+税(本カード無料条件達成で0円)
旅行保険 海外旅行保険最高2,000万円(利用付帯) 国内・海外旅行保険最高3,000万円(利用付帯)
入会後3ヵ月 ポイント3倍 特典なし
4ヵ月目以降 初年度1.5倍、2年目以降は年間20万円以上で1.5倍 特典なし
ショッピングガード保険 年間100万円(海外で購入時のみ) 年間100万円(海外で購入時のみ)

年会費無料の点や、ポイント還元率が高いのでJCB一般カードよりもお得です。

しかし、条件しだいではJCB一般カードも無料で使えますし、旅行保険に関してはJCB一般カードのほうがスペックが高く、29歳以下の方でも充実した旅行保険にこだわりたい場合は、JCB一般カードを視野に入れてもよいと思います。

ディズニーデザインが選べます

JCBカードは、ディズニーとの関係性が深いことで知られています。理由は、JCBが東京ディズニーリゾートの公式スポンサーだからです。

JCBカードを長年使っていると、ところどころでディズニー関連の優待が受けられると思います。

JCB一般カードは優れたカードデザインで評判ですが、実はディズニーデザインも選択できます
(JCB CARD EXTAGEにもディズニーデザインはあります)

券面が赤色で、ミッキーマウスのイラストが描かれている特徴的な一枚。特典などのスペック面は同じなので、ディズニー好きな人は選択してもよいでしょう。

JCB一般カードはGETすべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

スペック勝負だと、提携カードが有利なのはいうまでもありません。

しかし、長期的な視点に立ち10年後を見据えて、プレミアムカードの恩恵を得ようとするなら、JCB一般カードを持つ価値は高いと思います。

一般カードのなかではめずらしく、条件によっては年会費が無料になるほか、29歳以下の方は年会費完全無料のカードも選べます。

特典もJCB ORIGINAL SERIES限定のものが多数用意されており、セブンイレブンや高島屋、Amazon.co.jpなどでのポイントアップ特典は非常に強力です。

利用者の口コミ

利用者の口コミ

利用中
くまりん(正社員)利用確認済み
入会時:30~34歳 / 年収800万円~1,000万円未満
使い勝手
特典
発行までのスピード
他の人におすすめできるか

勧誘を受けて加入したJCB一般カード。お付き合い程度に利用しています。

正直、ポイント還元率も低く0.5パーセントと高くありません。ただ、JCBカードは日本全国で、ほぼ間違いなく利用できるのが、強みです。

年会費は税別1,250円、利用状況次第で、無料になります。

2018/04/07に投稿

JCBカードの公式サイトはこちら

あわせて読みたい

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
クレジットカード広場の初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、疾風 KAI がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら