クイックペイnanacoとは?利用のメリット・デメリットとナナコとの比較

電子マネーの比較

nanaco(クイックペイ)

電子マネーのnanacoとQUICPayがコラボした「クイックペイnanaco」というサービスをご存知でしょうか?

2つの電子マネーが1つになることで、利用できるお店が広がるなどの大きなメリットがあります。

今回は、クイックペイnanacoについて、そのメリット・デメリット、そして通常のnanacoとの比較を行ってみたいと思います。

クイックペイnanacoが持つ特徴

クイックペイとnanacoはそれぞれ違う種類の電子マネーです。この2つが1つになるとどうなるのか。

また、クイックペイnanacoを使うとどのようなメリットがあるのか詳しくまとめます。

クイックペイとnanacoの違いは?

違い

QUICPay(クイックペイ)はカード会社のJCBが展開している電子マネーです。チャージ不要、後払い方式の電子マネーとして多くのお店で利用可能です。

nanaco(ナナコ)セブン&アイグループが展開しており、チャージが必要な前払方式の電子マネーとなっています。

nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドーなど、使えるお店が決まっていますが、税金の支払いに使えたり、電子マネー利用に対するポイント還元率が高いのが特徴です。

利用にはクレジットカードが必要

セブンカード・プラス

クイックペイnanacoを使うには、セブンカードまたはセブンカード・プラスのいずれか申込が必要です。クレジットカードを作らないとクイックペイnanacoが使えないという点はデメリットです。

セブンカードとセブンカード・プラスについてですが、セブンイレブンやイトーヨーカドーといったお店で活躍するセブンカード・プラスがおすすめです。

セブンカード・プラスは初年度無料、2年目以降は500円+税の年会費がかかります。しかし、クレジットカード利用金額が年間5万円以上であれば、2年目以降も年会費はかからないので安心です。

クレジットカードの年会費には気をつける必要がありますが、クイックペイnanacoの利用自体は無料です。

また、クイックペイnanacoは、ナナコカードにのみ搭載できる機能です。携帯電話を使った「モバイルnanaco」では、クイックペイnanacoは使うことができません。

電子マネーの利用可能なお店が広がる

電子マネー支払い端末

電子マネーnanacoは使えるお店が少ないことがデメリットです。一方で、クイックペイは利用可能なお店が多いです。

両者が一体型となったクイックペイnanacoであれば、電子マネー支払いができるお店が広がります。例えば、イオンモールではnanacoが使えませんが、クイックペイが使えます。

多くの場所で電子マネーが使え、ポイントを貯めるチャンスが得られるのは、クイックペイnanacoが持つ大きなメリットの一つです。

3つの支払い方法を選択可能

クイックペイnanacoに登録すると、あなたは3つの支払い方法を選択できるようになります。

  • nanaco残高からの支払い
  • クイックペイによる支払い(後払い)
  • クレジットカード支払い

nanacoチャージ残高から支払う方法が一つ。これは今までどおりと一緒です。

次に、電子マネーのクイックペイで支払う方法。クイックペイは後払い方式の電子マネーなので、利用金額は後日クレジットカードの請求と一緒に引き落とされます。

また、クイックペイnanacoを使うにあたり、セブンカードまたはセブンカード・プラスの申込が必要なので、クレジットカードによるカード払いも選べるようになります。

それぞれの支払い方法によって、ポイント還元率が異なります

ポイント還元率とクイックペイnanaco利用時の注意点

支払い方法の比較

クイックペイnanacoの利用メリットは、

  • 電子マネーが使えるお店が広がる
  • より多くのポイントを獲得できる

の2つです。
しかし、多くのポイントを獲得するには、下記に注意しなくてはなりません。

QUICPay支払いがお得になる場合
・セブンイレブン(200円で3nanacoポイント)
・nanacoが使えないお店(200円で1nanacoポイント)※例えばイオンなど

補足:
セブンイレブンでnanaco支払いを選択してしまうと100円で1ポイントしか貯まりません。

nanaco残高からの支払いがお得
(セブンイレブン以外の)nanacoが100円で1ポイント貯まるお店(例:イトーヨーカドー)

補足:
イトーヨーカドーでクイックペイ支払いを選択してしまうと、200円ごとに1ポイントしかもらえません。

ここに注意しよう!
クイックペイnanacoが使える場合、

  • イトーヨーカドーでクイックペイnanaco支払いをすると損。(nanaco支払いがお得)
  • セブンイレブンでnanaco支払いを選択すると損。(QUICPay支払いがお得)

ちなみに、イトーヨーカドーではセブンカード・プラスによるクレジットカード払いを選択すると一番お得となります。(200円で3ポイント)

下記の表は、それぞれのお店で各支払い方法を選んだ場合のポイント還元率の比較です。

お店/支払い方法 nanaco QUICPay クレカ
セブンイレブン 1.0% 1.5% 1.5%
イトーヨーカドー 1.0% 0.5% 1.5%
イオンなど 使えない 0.5% 0.5%

こちらの記事も参考にしてください。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由