クイックペイnanacoのメリット・デメリットとは?紐付けに最強なクレジットカードはこの2枚

電子マネーの比較

nanaco(クイックペイ)

クイックペイ(nanaco)は、nanacoカードにQUICPay機能を付けたサービスです。

1枚のnanacoカードで、先払い型の電子マネー「nanaco(ナナコ)」と、後払い型が主流な電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」の両方が使えます。

利用にはnanacoカードと、QUICPay(nanaco)対応のクレジットカードが必要です。

(携帯電話を使った「モバイルnanaco」では、クイックペイnanacoは使えないので注意)

今回は、QUICPay(nanaco)について、そのメリット・デメリット、そして通常のnanacoとの比較を行ってみたいと思います。

QUICPay(nanaco)の特徴

nanacoとQUICPayはそれぞれ異なる種類の電子マネーです。

それがnanacoカード1枚で、各電子マネー支払いができるようになります。

QUICPay(nanaco)について話をする前に、まずは各電子マネーの特徴をおさえてたいと思います。

nanaco(ナナコ)

nanaco(ナナコ)はセブン&アイグループが展開する先払い型の電子マネーです。

セブンイレブンやイトーヨーカドーなど、主にセブン&アイグループのお店で利用する機会が多いです。

nanacoで支払うと、利用金額100円ごとに1ポイントのnanacoポイントが付与されます。

ポイント還元率は1%と、楽天EdyやWAONなど他の先払い型電子マネーよりもポイント還元率が高いのが魅力的です。

nanacoポイントは、電子マネーnanacoに交換(1ポイント=1円相当)することで、また支払いに使えます。

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどのお店のレジで「nanacoポイントを交換したい」と伝えて、nanacoカードをレジの読み取り部にかざせば、交換完了です。

QUICPay(クイックペイ)

QUICPay

QUICPay(クイックペイ)はカード会社のJCBが展開している電子マネーです。

QUICPay対応のクレジットカードと紐付けることで、チャージ不要、後払い型の電子マネーとして、多くのお店で利用可能です。(支払い回数は1回払いのみ)

QUICPay利用金額は、後日、クレジットカードと一緒に請求されて、登録先の口座から引き落とされます。

QUICPay利用額もクレジットカードのポイント還元対象になります。

紐付けるクレジットカードによって、利用額ごとに付与されるポイントが異なります。

QUICPay(nanaco)の使い方

QUICPay(nanaco)は、1枚のnanacoカードで「nanaco加盟店はnanaco払い」、「QUICPay加盟店ではQUICPay払い」が可能になります。

2種類の電子マネーが使えることで、支払いができるお店が広がります。

ちなみにセブンカード・プラスは「nanaco一体型」が選べますが、こちらのカードにQUICPay機能を搭載することはできません。

(1枚のカードで、クレジット払い、nanaco払い、QUICPay払いは不可)

nanaco:事前チャージが必要

nanacoにチャージ

nanacoカードにQUICPay機能を搭載しても、電子マネーnanaco払いをする際には、変わらず事前チャージが必要です。

nanacoカードへのチャージは、主に現金、クレジットカード、nanacoポイントが利用できます。

最もお得なチャージ方法は「クレジットカード」で、チャージ金額に応じてカードの決済ポイントが貯められます。(一部カード除く)

nanacoクレジットチャージには、オートチャージクレジットチャージの2種類あります。

いずれもnanaco会員メニューからチャージ設定を行ないますが、チャージ方法や対応可能なクレジットカードが異なります。

◆オートチャージ
セブンイレブンやイトーヨーカドーで支払い後、nanaco残高が設定金額未満になった時、自動的に一定金額が入金される。
対応クレジットカード:セブンカード・プラス、セブンカード

◆クレジットチャージ
ネット(nanaco会員メニュー)からnanacoにチャージする金額を申し込み、セブンイレブンやセブン銀行ATMで残高確認すると、nanacoに入金される。

対応クレジットカード:セブンカード以外のクレジットカードも可能

クレジットチャージは、JCBカードや三井住友VISAカード、セゾンカードなど主要クレジットカードも使えます。

ただし、nanacoチャージによるカードのポイントが貯まらないのが大半です。

nanacoチャージでポイント付与されるクレジットカードと、ポイント還元率は以下のとおりです。

  • セブンカード・プラス(0.5%)
  • リクルートカード(1.2%):ポイント付与対象金額は毎月3万円まで
  • Yahoo! JAPANカード(0.5%)
  • JMBローソンPontaカード(0.5%)

最もポイント還元率が高いのが、リクルートカードです。

リクルートカード

リクルートカードの通常のポイント還元率である1.2%が、nanacoチャージにも適用されており、1,000円分チャージで12円分のポイントを獲得できます。

ちなみに、以前は楽天カードもポイント付与対象でしたが、現在は「チャージ可能だが、還元率は0%」に改悪されています。

各クレジットカードの特徴については、下記の記事で比較しています。

QUICPay:QUICPay(nanaco)に対応するクレカが必要

クレジットカードでポイント獲得

QUICPay(nanaco)を使えるようにするには、nanacoカードとQUICPay(nanaco)に対応するクレジットカードが必要です。

そのため「対応するクレジットカードがないと、nanacoカードでQUICPay支払いが使えない」という点はデメリットです。

また「QUICPayが使えるクレジットカード」は多いのですが「QUICPay(nanaco)が使えるクレジットカード」となると、カードの種類が限られます。

▼QUICPay(nanaco)対応のカード会社▼

  • セブンカード(例:セブンカード・プラス)
  • JCBカード(例:JCB CARD W)
  • セディナカード(例:セディナカードクラシック)

nanacoにチャージする用とQUICPayの支払い用で、別々のクレジットカードを紐付けることも可能です。

「QUICPay(nanaco)の利用で貯まるポイントを統一したい」と思う人には、セブンカード・プラスがおすすめです。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスは、セブンカードが発行するクレジットカードです。

カードにnanaco機能が付いた「nanaco一体型」と、nanacoカードやnanacoモバイルと紐付けて使う「nanaco紐付け型」の2種類から選べます。

ただし、QUICPay(nanaco)は、nanacoカードでしか使えないので、nanaco一体型を選んでも、別途nanacoカードと紐付ける必要があります。

またnanaco一体型は、他のカードにnanaco残高やnanacoポイントの移行はできません。

解約や更新時に面倒に感じやすい所なので、すでにnanacoカードをお持ちであれば、nanaco紐付け型を選ぶことをおすすめします。

年会費は初年度無料、2年目以降は500円+税です。

カード利用金額が年間5万円以上であれば、2年目以降も年会費は無料なので安心です。

nanaco、QUICPay、クレジットカードの使い分け方

FeliCaマーク

「nanaco」「QUICPay」「クレジットカード」を、どのように使い分ければ、お得になるのか?について紹介したいと思います。

今回はセブンカード・プラスを利用した場合、お店ごとのお得度の違いについてまとめてみました。

セブンイレブンで利用:どれも同じ

セブンイレブン

いずれもポイント還元率は1.5%で同じです。

後はポイント付与対象になるのが「100円/200円」「税込み/税抜き」という、ちょっとした違い程度になります。

◆nanaco
nanacoチャージ:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%)
nanaco支払い:100円ごと(税抜)に1ポイント(1%)

◆QUICPay
200円(税抜)ごとに1ポイント(0.5%)+200円(税込)ごとに2ポイント(1%)

◆カード
クレジット払い:200円(税込)ごとに3ポイント(1.5%)

イトーヨーカドー:nanaco払いまたはカード払い

イトーヨーカドーとアリオ

一方、同じセブン&アイグループのイトーヨーカドーでは「nanaco払い」または「カード払い」で多くのポイントを貯められます。

◆nanaco:ポイント還元率1.5%
nanacoチャージ:200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%)
nanaco支払い:100円ごと(税抜)に1ポイント(1%)

◆QUICPay:ポイント還元率0.5%
200円(税込)ごとに1ポイント

◆カード:ポイント還元率1.5%
200円(税込)ごとに3ポイント

ちなみに、イトーヨーカドーの毎日8のつく日「ハッピーデー」の5%OFFは、セブンカード・プラスの支払いやnanaco全額支払いが割引対象です。

そのため、イトーヨーカドーでQUICPay払いをしても、得られるポイント数が少なく、割引の対象外になるので「QUICPay払いで」と言わないように気をつけてください。

QUICPay加盟店で利用:QUICPay

QUICPay加盟店では「QUICPay」がお得です。

セブンカード・プラスが使えるお店であっても「ポイント還元率は0.5%」で変わりません。

◆nanaco
支払いに使えない

◆QUICPay
200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%)

◆カード
200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%)

QUICPayを利用するメリットの一つに「サインの記入や暗証番号の記入が不要」が挙げられます。

「さっとお会計を済ませたい」と思うときにも、QUICPay利用が向いています。

ちなみに、nanacoとQUICPayの両方が使えるお店では、チャージと支払いでポイント2重取りできるnanacoの方がお得感が高いです。

クイックペイnanaco利用のメリット・デメリット

管理人の評価

クイックペイnanacoは「カード1枚で色々なお店の支払いをしたい」と思う人に、相応しい支払い方法です。

メリット
・手持ちのnanacoカードでQUICPayが使える
・QUICPay利用分は後払いなので、残高不足の心配なし
・QUICPay利用金額に応じたポイントが貯まる

デメリット
・nanacoモバイルでは使えない
・QUICPay(nanaco)に対応するクレジットカードが少ない
・nanaco一体型のクレジットカードにはQUICPay機能が付けられない
・支払い方法が増えることで、使い方がややこしくなる

ちなみに、Androidユーザーであれば「Google Pay(グーグルペイ)」アプリで、電子マネーnanacoとQUICPayを使う方法もあります。

興味があれば、下記の記事も参考にどうぞ。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由