セブンカード・プラス

クレジットカード一覧

セブンカード・プラス

セブン&アイグループのセブンカードが発行する「セブンカード・プラス」は、利用金額に応じてnanacoポイントが貯まるクレジットカードです。

特にイトーヨーカドーやセブンイレブンなど、セブン&アイグループのお店で買い物をしたり、nanacoカードを使ったりすることが多い人に人気があります。

他にもnanacoカードやnanacoモバイルと結びつけることで、クレジットチャージやオートチャージで利用金額に応じたポイントが貯められます。

現在、オレンジ色のカードデザインの「セブンカード」は、新規募集を終了しています。

まだ何のカードも所有しておらず、セブン&アイグループのお店で優待特典を受けたい場合は、セブンカード・プラスを申し込みます。

セブンカード・プラスのお申込みはこちら

セブンカード・プラスの特徴

セブンカード・プラスは、年会費が実質無料でありながら、対象店舗の支払いでポイント還元率1.5%、イトーヨーカドーで5%OFFの優待割引など、さまざまな特典が受けられます。

カード利用でnanacoポイントが貯まる(還元率:最大1.5%)

セブンカード・プラスでポイント還元率1.5%

セブンカード・プラスでは、基本的に200円ごとに1ポイントが貯まります。

付与されるポイントはnanacoポイントで、電子マネーnanacoに交換すれば、買い物の支払いに使えるので使いみちに困りません。

セブンカード・プラスを利用するメリットの一つが、セブン&アイグループの店舗で支払うと、200円ごとに3ポイントが貯まることです。

ポイント還元率は1.5%と高く、普段からセブンイレブンなどで買い物をする機会が多い人は、特にお得感があります。

▼ポイント還元率1.5%のお店

  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • ヨークマート
  • デニーズ

▼ポイント還元率1%のお店

  • セブンネットショッピング
  • オムニ7
  • 西武・そごう
  • アリオ

貯まったnanacoポイントは、上記のお店を中心に、様々な場所で1ポイント=1円として使えます。

対象商品購入のボーナスポイントも貯まる

nanacoボーナスポイント

セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマートでは、対象商品の購入でnanacoボーナスポイント付与のキャンペーンを行なっています。

ボーナスポイント付与の対象となるのは「電子マネーnanaco」または「セブンカード・プラス」での支払いです。

対象商品は期間ごとに変わりますが、例えば「缶コーヒー1本を買うと10ポイント進呈」は、実質10円引きで購入できるのでお得です。

ちなみに、それぞれの支払いで付与されるnanacoボーナスポイントは同じですが、利用金額ごとに貯まるnanacoポイントに違いがあります。

◆電子マネーnanaco:ポイント還元率1%
100円(税抜)ごとに1ポイント

◆セブンカード・プラス:ポイント還元率1.5%
200円(税込)ごとに3ポイント

そのため、同じ買い物でも、セブンカード・プラスで支払った方が、より多くのnanacoポイントを貯められます。

ハッビーデーはほぼ全品5%OFF

ハッピーデー

毎月8の付く日、8日・18日・28日は、イトーヨーカドーのハッピーデーです。

対象カードで支払うと、一部商品を除きほとんどの商品が5%OFFで購入できます。

ハッピーデーの対象になるカードは以下のとおり。

もちろん、セブンカード・プラスも5%OFFの対象です。

  • ナナコカード
  • シニアナナコカード:60歳以上が対象
  • nanacoモバイル
  • セブンカード、セブンカード・プラス
  • クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン

対象クレジットカードの中でも、セブンカードは現在募集を終了しており、新しく申し込むことはできません。

またクラブ・オン/ミレニアムカード セゾンは、イトーヨーカドーだと100円(税込)ごとに1ポイント貯まります。

そのため、イトーヨーカドーで支払いが最もお得なクレジットカードは、200円ごとに3ポイント貯まる「セブンカード・プラス一択」なことがわかります。

オートチャージで事前チャージ不要

nanacoにクレジットチャージ

電子マネーnanacoは、利用前にチャージが必要な「前払い型(プリペイド)」の電子マネーです。

そのため「レジでnanaco払いをしようと思ったら残高不足」や「チャージしようと思ったら手持ちのお金が足りない」という不都合が時々起きます(実体験)。

そんな不便さを解消できるのが、セブンカード・プラスを利用したオートチャージクレジットチャージです。

オートチャージはセブンカード限定のサービスなので、利用価値が高いです。

オートチャージ:自動的にチャージ
セブンイレブンやイトーヨーカドーで支払い後、nanaco残高が設定金額未満の場合、一定金額が自動的にチャージされます。

オートチャージを実行するnanaco残高は「最低1,000円、最高2万円」、オートチャージ金額は「最低5,000円、最高3万円」です。

例えば「支払い後の残額が1,000円未満になると、5,000円がチャージされる」という条件で設定すると、支払い後の金額が500円だった場合、自動的にnanaco残高が5,500円になります。

クレジットチャージ:その都度チャージ
nanaco会員メニューにて、クレジットカード情報を登録後(24時間以降)に「クレジットチャージ」からチャージ金額を入力して、クレジットチャージを申し込みます。

後は、セブンイレブンやセブン銀行ATMで残高照会することで、nanacoカードに入力した金額分のnanacoがチャージされます。

いずれもnanacoチャージ金額の支払いをクレジットカードで行なうため、現金がなくてもチャージ可能です。

さらにチャージ金額に応じたnanacoポイントも付与されるので、現金チャージよりもお得感があります。

クレジットチャージでセブンカード・プラスを利用する場合は、200円ごとに1ポイントが貯まります(ポイント還元率0.5%)。

ポイント還元率はやや低めですが、nanaco払いで100円~200円ごとに1ポイント貯まるので、合計のポイント還元率は1%~1.5%までアップします。

そのため「あまり普段の買い物でクレジットカード払いをしたくない」と思う人でも、クレジットチャージ+nanaco払いを活用すれば、カード払いと同等のnanacoポイントを獲得できます。

またnanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードは、年々改悪されている(ポイント付与対象外、還元率ダウンなど)のが現状です。

そのことを考えても、nanacoカードと同じ発行元のセブンカード・プラスであれば改悪のリスクが低く、利用するメリットはますます高まるように思います。

後払い型電子マネーQUICPayも使える

QUICPay

セブンカード・プラスは、電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」に対応しています。

専用のQUICPayカードはありませんが、以下の方法でQUICPayが利用できます。

  • nanacoカードにQUICPay機能を搭載する
  • Apple Payにセブンカード・プラスを登録する
  • スピードパスプラスに登録する

QUICPayはJCBカードが展開する電子マネーで、支払いに使えるお店が多いのがメリットです。

クレジットカードと紐付けることで、事前のチャージ不要で、支払い金額を後日カード請求と一緒に口座から引き落とされます。

もちろん、利用額に応じたポイント還元が受けられます。

nanacoはセブン&アイグループなど「nanaco加盟店」に利用が限定されるので、1枚のカードで2種類の電子マネーが使えれば、より利用用途が広がります。

クイックペイnanaco

◆QUICPay(nanaco)
nanacoカードにQUICPay機能を搭載することで、nanacoカードでQUICPay支払いができる「QUICPay(nanaco)」が使えるようになります。

QUICPay加盟店で「QUICPayで」と伝えて、読み取り端末にnanacoカードをかざせば、QUICPay支払いができます。

貯まるnanacoポイントは200円につき1ポイントです。セブンイレブンで利用すると200円ごとに3ポイント(還元率1.5%)と、カード払いと同等のポイントが貯まります。

Apple Payの仕組み

◆Apple Pay(アップルペイ)
Apple PayはiPhoneやApple Watchで使えるスマホ決済サービスです。

セブンカード・プラスの情報をApple Payに登録することで[Apple Pay・iD・QUICPay・Suica]マークがあるお店で、iPhoneをかざして支払いができます。

厳密に言えば「QUICPay払い」ではありませんが、QUICPay加盟店で「QUICPayで支払います」と言えば、QUICPay払いができます。

スピードパスプラス

◆スピードパスプラス
QUICPayが使えるキーホルダーが「スピードパスプラス」です。エクスプレス店舗で申し込めます。

主にガソリンスタンド(エッソ・モービル・ゼネラル)の給油時の支払いに利用する人が多いですが、QUICPay加盟店でも使えます。

ETCカードも無料で追加可能

ETC

高速道路の料金所を一時停止なしで通過と料金の支払いができるETCカードを無料で発行できます。

通行料金もポイント還元の対象なので、200円につき1ポイントのnanacoポイントが貯まります。

海外利用も安心な盗難・ショッピング保険が付帯

海外のお店で支払い

セブンカード・プラスは、海外で利用する時も安心な「盗難保険」「ショッピング保険」が無料付帯しています。

事前の申込みも不要なので、何かと忙しい出発前に手続きをしなくても良いのは助かります。

◆海外盗難保険
海外滞在中に、セブンカード・プラスが紛失や盗難にあい、誰かに不正利用されても、過去60日間にさかのぼり、不正利用の請求を補償してくれます。

◆海外ショッピング保険
海外で購入した商品が万が一、破損や盗難などの被害にあった場合、購入日より90日以内であれば、年間合計100万円までを補償してくれます。

自己負担額は1事故あたり1万円なので、修理費用や購入金額が1万円以上の商品に対応します。

他にも、海外滞在中に事故や緊急トラブルが起きた時に電話相談できるサービス「JCBプラザコールセンター(24時間年中無休)」も利用できます。

ただし、セブンカード・プラスには旅行保険は付帯していないため、海外旅行中にケガや病気になった時の補償は受けられません。

そのため、別途、旅行会社や空港カウンターで海外旅行保険に加入するか、海外旅行保険があるクレジットカードを所有する必要があります。

セブンカードとの違いと切り替え方法

セブンカード

セブン・カードサービスが発行しているクレジットカードにはセブンカードもあります。

現在は新規入会の受付を終了しており、今から新しく申し込みはできません。

セブンカードをお持ちの方向けに、2枚のカードの共通点と違いについて、まとめてみました。

基本的な部分はほぼ同じ

セブンカードとセブンカード・プラス

セブンカードとセブンカード・プラスは、ほぼ同じスペックです。

そのため、現在セブンカードを持っている人が、セブンカード・プラスに切り替えても、ほとんど同じように使えます。

◆年会費
本会員:500円、家族カード:200円
初年度無料、年間5万円以上の利用で翌年度の年会費無料

◆通常のポイント還元率
200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)

◆全国のイトーヨーカドーのハッピーデー
ほぼ全品5%OFF

◆セブン‐イレブン、デニーズ利用
200円ごとに3ポイント
(セブンカード・プラスはnanaco払い時は100円ごとに1ポイント)

◆西武・そごう、アリオ、セブンネット利用
200円ごとに2ポイント

◆イトーヨーカドー、ヨークマートでの年間利用金額に応じたボーナスポイント
100万円:3,000ポイント
150万円:10,000ポイント
以降は100万円ごとに10,000ポイント

◆追加カード
家族カード、ETCカード、QUICPay

違いはポイント付与率やnanacoの有無

nanacoポイント

セブンカードとセブンカード・プラスの大きな違いは「カード利用で付与されるポイント」「nanacoが利用できるかどうか」にあります。

セブンカード・プラス セブンカード
付与されるポイント nanacoポイント セブンカードポイント
ポイント加算日 翌月5日にまとめてポイント付与 イトーヨーカドー、ヨークマート:利用時に付与
それ以外は翌月5日
イトーヨーカドー、ヨークマート利用 200円ごとに3ポイント
カード提示+現金払い:100円ごとに1ポイント
100円ごとに1.5ポイント
カード提示+現金払い:100円ごとに1ポイント
ポイントの交換先 電子マネーnanaco、ANAのマイル、ANA SKY コイン nanacoポイント、ANAのマイル、アカチャンホンポギフトカード
nanaco カード一体型・紐付け型が選択可能
nanacoへのクレジットチャージでポイントが貯まる
選択不可

そのため、2枚のカードを申し込めた時期は「セブンイレブンとイトーヨーカドー、どちらを使う機会が多いか?」で選び分けていました。

セブンイレブンの方が多い →セブンカード・プラスがおすすめ
イトーヨーカドーの方が多い →セブンカードがおすすめ

現在、セブンカードは新規募集を終了しており、新しく申し込むことはできません。

セブンカードをお持ちの方は、引き続きセブンカードを利用するか、セブンカード・プラスに切り替えるかの2択となっています。

セブンカード・プラスへの切り替え方法

セブンカード・プラスに切り替え

セブンカードからセブンカード・プラスへ切り替えたい時は、以下の方法で手続きを行ないます。

  • WEBサイトから切り替え申し込みをする
  • サービスカウンターで「切替届兼nanaco入会申込書」を記入・提出する
  • 「切替届兼nanaco入会申込書」の記入後、返信用封筒に入れて郵送する

申し込みからセブンカード・プラスが手元に届くまでは約1ヶ月かかります。

手元のセブンカードを返送する必要はなく、セブンカード・プラスが届くまでは、そのまま使えます。

今まで利用してきたセブンカードは、セブンカード・プラスの到着時に同封された「カード発行のご案内」に記載された日付から2ヶ月以内まで利用できます。

セブンカードのポイントも、上記の日付から6ヶ月以内は利用可能です。6ヶ月以降は失効するので使い切りましょう。

カード番号や有効期限も変更になるので、セブンカードの情報を登録していた引き落とし先によっては変更が必要な場合があります。

ETCカードとQUICPayは手続き不要でそのまま使えます。

セブンカード・プラスの選び方

セブンカード・プラス

上記ではセブンカード・プラスを利用するメリットを一通り紹介しました。

次は「具体的にどのセブンカード・プラスを選べば良いのか?」について解説していきたいと思います。

nanaco一体型と紐付け型の違いは?

nanaco一体型と紐付け型

セブンカード・プラスには「nanaco一体型」と「nanaco紐付け型」の2種類のタイプがあります。

◆nanaco一体型
クレジットカードにnanaco機能が付いたもので、1枚でクレカ払いとnanaco払いが可能です。

QUICPay(nanaco)には非対応なので、別途、nanacoカードと紐付ける必要があります。

またカード更新の際、新しいセブンカード・プラスに、電子マネーnanacoとnanacoポイントの残高が引き継げないのも、不便さを感じます。

◆nanaco紐付け型
クレジット機能のみのセブンカード・プラスです。

nanacoカードやnanacoモバイルには、カード情報を紐付けることで、クレジットチャージやQUICPay(nanaco)が使えます。

すでにnanacoカードやnanacoモバイルをお使いの方や「あまりクレジットカードは持ち歩きたくない」と考える方は、nanaco紐付け型が使い勝手良しだと思います。

セブンカード・プラスのお申込み

年会費や入会審査について

年会費と審査

セブンカード・プラスの年会費は初年度無料、2年目以降は有料です。

本会員は500円、家族会員は1枚あたり200円かかります。

しかし、年間の利用金額が5万円以上の場合は、翌年度無料になります。

そのため、毎月4,200円以上の支払いに使えば、実質的な年会費は無料になります。

イトーヨーカドーを利用する人にとっては、毎月5,000円以上の買い物はすると思うので、問題なく年会費無料の条件をクリアできます。

またQUICPay(nanaco)を使ってQUICPay払いをしたり、定期的にnanacoチャージしたりすれば、難しくはない金額だと思います。

年会費は初年度無料なので、とりあえず1年使ってみて、もし使う機会が少ないようであれば解約するという方法もあります。

お試し的に使うならば「nanaco紐付け型」をおすすめします。

nanaco一体型は、クレジットカードにnanacoやnanacoポイントが残るので、解約すると一切使えなくなります。

そのため、解約前に全部使い切る必要があるためです。

自身に安定した収入がなくても申し込める

主婦と買い物

セブンカード・プラスの入会対象は「原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に継続して安定した収入がある方(学生OK、高校生は不可)」となっています。

クレジットカードの審査については、それほど高くないと思われます。

ちなみに、姉妹カードのセブンカードを使っているユーザーの口コミに「セブン銀行とnanacoを愛用しているのに落ちた」という意見がありました。

そのため、セブン銀行やnanacoの利用実績は審査の際に見ていないものと思われます。

JCBとVISAが選べます

VISA・JCB

カードブランドは、JCBとVISAの2種類から好きな方が選べます。

(ディズニーデザインはJCBのみ)

どちらを選んでもサービスなどに違いはありませんが、セブンカードはJCBを推奨しているように感じます。

そのため、カードブランドにこだわりがなければ、JCBを選択することをおすすめします。

ちなみに海外のショッピング保険を活用したい場合は「VISA」を選んだ方が、海外で使えるお店が多い(VISAは国内外トップシェア)分、支払いに使えないリスクを減らせます。

セブンカード・プラスのお申込みはこちら

セブンカード・プラスはGETすべき?

管理人はこう思う

セブンイレブンやイトーヨーカドー1.5%のポイント還元率は大変魅力的です。

貯まるポイントが、電子マネーnanaco(ナナコ)と交換できる「nanacoポイント」という点も、評価すべき点になります。

また毎月8の付く日の「ハッピーデー」では、イトーヨーカドーでほとんど全品5%OFFの割引優待が受けられます。

他にもnanacoにオートチャージできたり、nanacoカードでQUICPay払いが可能な「QUICPay(nanaco)」が使えたりするのは、買い物がさらに便利になること間違いなしです。

利用者の口コミ情報

利用者の口コミ

利用中
しごといそがしい(正社員)利用確認済み
入会時:50~54歳 / 年収400万円~600万円未満
使い勝手
特典
発行までのスピード
他の人におすすめできるか

セブンカード・プラスから電子マネーnanacoにチャージして使っています。

毎日のようにセブンイレブンで買い物をしているので、年会費が無料になる「年間利用金額5万円以上」も問題なくクリアできています。

セブンカード・プラスは「VISA」と「JCB」の2枚持ちもできます。
申込みから1週間ほどで届きました。

2018/06/07に投稿


利用中
ちとせや(アルバイト)利用確認済み
入会時:40~44歳 / 年収200万円未満
使い勝手
特典
発行までのスピード
他の人におすすめできるか

電子マネー界最強のnanacoカードが付いたクレジットカードです。

nanacoポイントを貯める事が出来るのが一番の魅力です。200円に付き3ポイント貯まります。

さらに、このカードからnanacoカードにチャージする時は、0.5%ポイントが付きます。

セブングループのお店は全国にあるので、ポイントが貯めやすいです。また、nanacoポイントで税金や公共料金を払えるので、このクレジットカードは保有すべきものと考えています。

ただ、年会費は有料です。1年間に5万円以上利用できない場合、有料になります。その点のみお気をつけ下さい。

2018/04/08に投稿


利用中
ミサキ(アルバイト)利用確認済み
入会時:20~24歳 / 年収200万円未満
使い勝手
特典
発行までのスピード
他の人におすすめできるか

セブンカード・プラスを使うと、イトーヨーカドーやセブンイレブンなどでお得にポイントが貯まり、それをnanacoの電子マネーに交換できるので選びました。

他にも公共料金や携帯電話の引き落としに使うと、月々でポイントがたくさん貯まるのがセブンカード・プラスの良い所です。

家族が家族カードを使うと、親カードにポイントが貯まるというシステムも画期的です。

クレジットとしてはもちろん、nanacoカードとしても利用できるので、セブンイレブンやマクドナルドといったファストフード店やレストランなどでも利用できます。現在も気に入って使っています。

2018/04/08に投稿

セブンカード・プラスに申込む