アメックスでは電子マネーQUICPayが利用できます、Apple Payにも登録可能

お得に使う

アメックスQUICPay

アメリカン・エキスプレス・カードを電子マネーの登録して使う方法があります。

もちろん、Apple Payにも対応しているのでiPhoneを使っている方でも、アメックスカードでのモバイル決済が可能です。

あまり知られていないのですが、アメリカン・エキスプレス・カードは電子マネーのQUICPay(クイックペイ)の他、いくつかの電子マネーが使えます。

ただし、クレジットカードに電子マネーの機能は内蔵されていないので、おサイフケータイ対応のAndroid携帯(またはガラケー)か、iPhone7以降の機種が必要となります。

最も相性がいいのは、後払い方式の電子マネー「AMEX QUICPay」であり、こちらはApple Payにも対応しています。(現時点で未確認)

AMEX QUICPayが公式の電子マネー

電子マネー支払い

現在、特に電子マネーは使っていないという方は、アメックスが公式に案内を出している「AMEX QUICPay」がおすすめです。

QUICPayはJCBが展開している電子マネーです。本来はライバル関係にある両社ですが、アメックスが国内展開をする上でJCB加盟店と提携している関係上、JCBの電子マネー「QUICPay」が使えるようになっています。

クレジットカード本体に電子マネー機能は付いておらず、また別途電子マネー専用カードを発行しているわけではないので、おサイフケータイ対応の携帯電話で支払いを行います

AMEX QUICPayを使うメリットは4つ。

サイン不要で支払えます
アメックスカードはサインをしなくてはならないことが多いのですが、電子マネーのAMEX QUICPayを使えばサイン不要です。携帯を決済端末にかざすだけで支払いが完了します。

ポイントが貯まる
電子マネーの利用金額100円につき1ポイントが貯まります。付与されるのはアメックスのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」です。

アメックスが使えないお店でも使える
QUICPayは主要なコンビニやスーパーなど、全国に普及しているのがメリットです。アメックスカードが使えないお店でも、QUICPayに対応していれば電子マネーで支払えます。逆に、電子マネーが使えないお店ではAMEX QUICPayは利用できません。

ポイントが貯まる
電子マネーの利用金額100円につき1ポイントが貯まります。付与されるのはアメックスのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」です。

AMEX QUICPayの年会費は無料です。

QUICPay対応の携帯電話が必要となりますが、申し込んでおいて損はないサービスだと思います。

特に、iPhone7以降は、QUICPayをApple Payに登録して使う人が増えると思います。

電話にて申込を受付

少し意外なのですが、AMEX QUICPayはインターネットから申込ができません。

申込をするには、メンバーシップ・サービス・センターに電話をする必要があります。(カード裏側に記載のサポートデスク)

その後、AMEX QUICPayの申込書類に記入をして返送することで、IDとパスワードが発行されます。案内に従っておサイフケータイ対応携帯とクレジットカードと連携すれば、携帯で電子マネー支払いができるようになります。

Apple Payなら申込不要

Apple Pay対応クレジットカード会社

アメリカン・エキスプレスカードをApple Payに登録する場合は、電話等での申し込みは不要です。

Apple Payが使えるiPhone7以降の機種を使って、「ウォレット」への登録をするだけでQUICPayを使えるようになります。

支払いの際は「QUICPayで払います」といってiPhoneを支払い端末にかざせば、電子マネーによる支払いが完了し、その代金は後日アメックスカードの利用分として請求されます。

モバイルSuicaや楽天Edyも使えます

アメリカン・エキスプレスが正式に提携している電子マネーはQUICPayのみとなります。

しかし、モバイルSuica・SMART ICOCA・楽天Edyもアメックスカードで支払いが可能です。

こちらは、電子マネーのクレジットカードチャージに、アメックスカードが使えるという位置づけです。

ただし、上記の電子マネーではいずれもメンバーシップ・リワードの対象外なのでポイントは貯まりません。あまりメリットが感じられないのでおすすめはできないです。

モバイルSuica

モバイルSuica

モバイルSuicaを使うには、まずモバイルSuica対応の携帯電話を持っている必要があります。(FeliCa対応のAndroid携帯や、iPhone7以降の機種など)

モバイルSuicaのチャージにはクレジットカードが必要となりますが、その時にアメックスカードを登録して使うことができます。

ただし、前述の通りポイントが一切貯まらないのでメリットは薄いです。モバイルSuicaを使うのであれば、ポイントが3倍になるビューカードの利用がおすすめです。

余談ですが、Apple Payを使う上での最強カードは、ビューカードシリーズの「ビックカメラSuicaカード」だと思っています。

SMART ICOCA

SMART ICOCA

SMART ICOCAは、専用の電子マネーカードで支払いを行います。

駅の券売機などで、SMART ICOCAカードだけでチャージが完了する「クイックチャージ」が使えるのが特色です。

この時にチャージした金額は、後日クレジットカードでの請求になるのですが、この登録クレジットカードにアメックスが使えます。

しかしながら、SMART ICOCAもポイント付与の対象外なので、あえてアメックスカードを選択するメリットはありません。

楽天Edy

楽天Edy

楽天Edyを他社のクレジットカードでチャージする場合は、FeliCaポート/パソリが必要です。

FeliCaポート/パソリをパソコンに接続し、アメックスカードを使って楽天Edyにチャージします。

とはいっても、ポイント対象外なので、楽天Edyなら楽天カードなどを使ってチャージした方がよいと思います。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由