PASMO定期券付きクレジットカード一覧、オートチャージサービスが最もお得なのは?

クレジットカードの比較

PASMOカード

首都圏の電車やバスで使える交通ICカード「PASMO(パスモ)」には、クレジットとPASMOの機能が一つになった一体型PASMOがあります。

PASMOの残高が少なくなった時に、PASMOエリアやSuicaエリアの改札機を通ると、一定金額が入金される「PASMOオートチャージ」が使えることで人気があります。

チャージ金額ごとにカード利用ポイントも貯まるので、現金でその都度チャージよりもお得で便利です。

一体型PASMOの中には、PASMO定期券が付帯できるクレジットカードもあり「クレジット、オートチャージ付きPASMO、定期券」の機能が1枚にまとまります。

各クレジットカードに搭載可能な定期券は、一部PASMO取扱事業者(京王電鉄、東京急行電鉄、京浜急行電鉄、東京メトロ、東武鉄道、相模鉄道)で、他社線との連絡定期券の利用も可能です。

今回はPASMO定期券が付帯したクレジットカードの特徴と、お得な使い方を紹介したいと思います。

PASMO定期券が付帯した一体型PASMO一覧
・東急電鉄:TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
・東京メトロ(提携カード):ソラチカカード(ANA TO ME CARD PASMO JCB)
・東武鉄道:東京スカイツリー東武カードPASMO
・京王電鉄:京王パスポート PASMOカード VISA

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO

東急カード

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOの特徴
・東急線PASMO定期券の購入、PASMOオートチャージサービスの利用で1%
・東急グループ施設の買い物でポイント付与率アップ
年会費初年度無料、2年目以降は本会員は1,000円+税、家族会員は300円+税

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOは、東急カードが発行する「PASMO機能」と「JAL機能」を搭載したクレジットカードです。

電車やバス、東急グループの利用で「TOKYU POINT」、カード払いで「プレミアムポイント」、JALグループ航空会社などの搭乗で「JALマイル」と、1枚のカードで3種類のポイントを獲得できます。

電車やバスの利用、東急グループや提携店舗の買い物でポイントが多く貯まりやすいので、東急沿線にお住まいの方にメリットが多い1枚です。

◆東急線いちねん定期の購入で3%
有効期間12か月の定期券(東急線内発着)をTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOで購入すると、購入金額の3%分のポイントが貯まります。
実質3%OFFで使えるので、定期券代が高いほどお得になります。

◆定期券の購入で1.0%
1・3・6ヶ月定期券はポイント1%還元が受けられます。

◆乗ってタッチTOKYU POINTで10ポイントゲット
東急線や東急バスにPASMOで乗り、東急グループ各店に設置されている専用端末にPASMOをタッチすると、TOKYUポイントが10ポイント付与されます。

◆PASMOオートチャージサービスで1.0%
PASMOオートチャージでは、チャージ金額1%分のプレミアムポイントが貯まります。

またPASMOを電子マネーとして利用すると、200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)が得られるので、ポイントが2重に獲得できます。

◆クレジット利用で1%
東急グループ以外の店舗やサービスを利用時、カード払いをすると、プレミアムポイントが1%ポイント還元されます。
また東急百貨店や東急ハンズなど、東急グループの支払いに使うと、ポイント還元率は3%~10%までアップします。

ちなみにポイント1%には、利用代金WEBサービスへの登録が必要です。登録なしの場合は0.5%に下がるので事前登録を忘れずに。

貯まったTOKYU POINTは、1ポイント=1円として、東急グループのお店の支払いに使ったり、PASMOにチャージしたりできます。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOの年会費は初年度無料2年目以降は1,000円+税です。

ただしポイントを得られる機会は多いので、普段から東急線やバス、東急グループを利用している人は、お得感は感じやすいと思います。

その他、TOKYU CARD ClubQ JMBの優待特典に関しては、下記の記事でより詳しく紹介しています。

ソラチカカード(ANA TO ME CARD PASMO JCB)

ソラチカカードの特徴
・東京メトロ、ANA、JCBの提携カード
・東京メトロの定期券の購入やメトロに乗車でメトロポイントが貯まる
・To Me CARD、ANAカード両方の優待サービスが受けられる
・年会費は初年度無料、2年目以降は2,000円+税
・ANAボーナスマイレージが毎年1000マイルもらえる(実質年会費無料)

ANA TO ME CARD PASMO JCB(通称:ソラチカカード)は、東京メトロとANA JCBカードが提携したカードです。

東京メトロやANAの航空機を利用する機会が多い人にとって、最もお得感があります。

カードの利用シーンに応じて、3種類のポイントが貯まり、相互交換も可能なのが大きな特徴です。

◆To Me Card
東京メトロでの定期券の購入やTo Me CARDの提携先でカード払いをすると、メトロポイントが貯まります。
メトロポイントPlusに申し込むと、東京メトロの乗車やメトロポイントPlus加盟店でのPASMO利用でも、メトロポイントが獲得可能です。

◆ANAカード
ANAグループ便などの搭乗でフライトマイル(ANAマイル)が貯まります。
入会・毎年継続ボーナスで1,000マイル、フライトボーナスは「区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率 × 10%」が得られます。

◆JCBカード
ショッピングの利用でOki Dokiポイントが付与されます。(ポイント還元率は0.5%)

メトロポイントは以下のような利用時に貯まります。

  • 東京メトロに乗車:平日5ポイント、休日15ポイント
  • 定期券の購入:0.5%(1,000円ごとに5ポイント)
  • 自販機の利用:1%(100円ごとに1ポイント)
  • 店舗の利用:0.5%(200円ごとに1ポイント)
  • 提携サービス利用:利用金額に応じて5ポイント~

貯まったメトロポイントは、PASMOへチャージが可能(10ポイント=10円分チャージ)なので、無駄なく使い切れます。

また東京メトロ定期券の購入やPASMOオートチャージサービスでは、カード払いによって、Oki Dokiポイント(またはANAマイル)が貯まります。

定期券の購入では、メトロポイントとOki Dokiポイントのポイント2重取りができます。

ちなみに東京メトロで発売している定期券の中で、西武鉄道・東武鉄道との特殊連絡定期券(2区間定期券)は搭載できません。

PASMOオートチャージのポイント還元率は、通常のカード利用と同じく0.5%(1,000円ごとに1ポイント)と低めです。

東京メトロの乗車やメトロポイントPlus加盟店でPASMOを利用すると、メトロポイントが貯まるので、還元率の低さをカバーできます。

他にもある定期券搭載可能なTo Me CARD

ちなみに東京メトロが発行するクレジットカード「To Me CARD」シリーズの中で、定期券が搭載できるのは以下の4枚です。

  • ANA TO ME CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  • To Me CARD Prime PASMO
  • To Me CARD PASMO ゴールド
  • To Me CARD PASMO 一般(一体型)

※To Me CARD PASMO 一般(一体型) は、現在、新規の申し込み受付はしていません。

カード名に「PASMO」とあれば、PASMOと定期券の両方が使えます。

年会費は2年目以降も実質無料で使える

ANA

ソラチカカードの年会費は、初年度無料、2年目以降は2,000円+税(家族カードは1,000円+税)です。

ただし、毎年のカード利用継続時に、ボーナスマイルとして10,000マイルが受け取れる特典があります。

ANAマイルは1マイル=3円の価値があるので、ANAマイルを使う機会が多い方にとっては、継続ボーナスだけで年会費以上にお得になります。

また1,000マイルは、東京メトロの1,000メトロポイントと交換可能です。

メトロポイントは1ポイント=1円相当なので、メトロポイントとして使いたい場合は、年会費が実質1,000円かかる形になります。

ただし乗車ごとに貯まるメトロポイントがTo ME CAEDより2.5倍も多かったり、ANAカード会員限定の特典(ANA系列のホテル代やツアー料金が5%OFF)が受けられたりするので、年会費以上に持つ価値はあります。

ソラチカカードの詳しいメリット・デメリットについては、下記の記事で詳しく紹介しています。

東京スカイツリー東武カードPASMO

東京スカイツリー東武カードPASMO

東京スカイツリー東武カードPASMOの特徴
・東武カードのPASMO一体型
・東武鉄道の定期券購入で1.5%ポイント
・PASMOオートチャージで0.5%ポイント
・特急券、TJライナーチケットレスサービスで3%ポイント
・東京スカイツリータウンで特典あり
・年会費は初年度無料、2年目以降は1000円+税
※年間10万円以上のクレジット利用で実質無料(1,080ポイント付与)

東京スカイツリー東武カードPASMOは、東武カードにPASMO機能や東京スカイツリーでの特別優待を追加したカードです。

東武鉄道を利用したり、東京スカイツリー付近で買い物をしたりする機会が多い人に得られるメリットが大きいです。

カード利用で付与されるポイントは「東武グループポイント」で、以下のような利用で貯まります。

  • 東武鉄道定期券の購入:1.5%ポイント
  • PASMOオートチャージ:0.5%ポイント
  • 東武百貨店:3%~最大7%
  • 東京スカイツリー:1%
  • 東京ソラマチ:2%(クレジット利用)
  • 東武ストア・フエンテ:1%

東武百貨店や東武ストア、東京ソラマチなど、東急グループポイント参加施設で使えるお買い物券と交換できます。

また東京スカイツリー東武カードPASMO限定で、東京スカイツリーや東京スカイツリータウンでの優待も受けられます。

  • 東京スカイツリー天望デッキ:;当日の入場券が約10%OFF(1回5名まで)
  • 東京スカイツリータウン駐車場:料金1時間無料サービス

年間10万円以上の利用で2年目以降の年会費が実質無料

年会費は実質無料

東京スカイツリー東武カードPASMOの年会費は、初年度無料、2年目以降は1,000円+税かかります。

ただし年間10万円以上の利用で年会費と同額の1,080ポイントが付与されるので、実質無料で利用も可能です。

定期券の購入やPASMOオートチャージだけで年間10万円以上の利用は、家族カードを含めても、なかなか大変だと思います。

東武百貨店や東武ストアなど、東武グループでの買い物をする機会や金額が多い場合は、年会費が実質無料になる可能性が高いです。

ちなみに東武カードの年会費は永久無料です。

PASMO機能が付いていないのでPASMO定期券の搭載はできず、定期券購入は0.5%ポイントと下がりますが、東武グループ施設でポイントが貯まる点は変わりません。

PASMOオートチャージサービスは別途利用できるため「PASMO定期券や東京スカイツリータウンの施設をどれだけ利用するか」によって、東武カードを選ぶかどうかが分かれる所だと思います。

京王パスポート PASMOカード

京王パスポート PASMOカード VISA

京王パスポート PASMOカードの特徴
・電車、バスの定期券購入でポイント1.5%
・PASMOオートチャージでポイント0.5%
・PASMO電子マネー月間利用額に応じてポイント1.0%
・京王ポイント加盟店の利用で、京王グループ共通ポイントが貯まる(0.5~10%)
・年会費は初年度無料、2年目以降は239円+税
※年1回以上のPASMOオートチャージ利用で年会費無料

京王パスポート PASMOカードは、京王パスポートにPASMOと定期券機能が付帯したクレジットカードです。

京王グループ共通ポイントサービス加盟店での利用で「京王グループ共通ポイント」、Visa加盟店でのクレジット払いで「ワールドプレゼント」の2種類のポイントが貯まります。

京王線・井の頭線、京王バス・西東京バスの定期券をクレジット購入すると、定期券代の1.5%分のポイントが貯まります。
(京王グループ共通ポイント1.0% + ワールドプレゼント0.5%=1.5%)

またPASMOオートチャージサービスの利用で、0.5%のワールドプレゼントが付与されます。

京王パスポートPASMOカードには「京王PAS×PASポイントサービス」が付帯しており、PASMOの利用で京王グループ共通ポイントが獲得できます。

  • PASMOで支払い:1.0%
  • 同じ日に京王の電車とバスをPASMOで乗車:1日あたり20ポイント
  • 同じ日に京王の電車とタクシーにPASMOで乗車:1日あたり20ポイント

※定期券区間のみの乗車は、ポイント付与の対象外です。

京王ポイント加盟店の利用でもポイントが貯まるので、例えば京王ストアでの買い物をPASMOで行なうと「PASMOオートチャージのポイント」「京王ストアのポイント」「PASMO利用ポイント」のポイント3重取りが可能です。

カード利用で貯まったワールドプレゼントは、京王グループ共通ポイントに交換が可能です。

京王グループ共通ポイントは1ポイント=1円として、京王百貨店や京王ストアなどの京王グループでの支払いに使えます。

PASMOオートチャージ利用で年会費無料

京王電鉄の改札口

年会費は初年度無料翌年以降は239円+税です。

前年度に1回以上PASMOオートチャージを利用すれば、年会費は無料になるので、苦労なく無料で使い続けられます。

ちなみに京王パスポートVISAカードは「年1回のクレジット利用で年会費無料」と無料になる条件に違いがあります。

PASMOオートチャージサービスがお得なのは?

PASMO

PASMO自体にはポイントサービスがありません。

各社が発行するカードに付帯するPASMOにチャージしたり、PASMOを使って電車やバスを利用したりすることで、各自のポイントが貯まるようになっています。

PASMOオートチャージでは、チャージ金額に応じて各カード会社のポイントが貯まります。

基本的にポイント還元率は0.5%(1,000円ごとに1ポイント)と、カード利用と同じ付与率です。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOは、利用代金WEBサービスへの登録で、ポイント還元率が1.0%にアップするので、他カードよりも0.5%分お得になります。

PASMO定期券機能付きのクレジットカードは、提携先の鉄道会社に関係なく、京王電鉄、東京急行電鉄、京浜急行電鉄、東京メトロ、東武鉄道、相模鉄道であれば、PASMO定期券の発行が可能です。

とは言え、例えば「東京スカイツリー東武カードPASMOで東武鉄道の定期券を購入すると1.5%ポイント付与」のように、同じグループ同士で利用する方が得られるメリットが大きくなります。

そのため、自分が最も良く利用する鉄道会社のPASMO定期券機能付きカードを作るのが、最も良い選択肢だと思います。

JR東日本との連絡定期券を作る場合はビューカードもあり

ビューカード

定期券の利用区間が「私鉄のみ」「私鉄⇔私鉄」の場合は、PASMO定期券だけ利用可能です。

「私鉄⇔JR東日本」になると、PASMO定期券以外に、Suica定期券を利用するという選択肢も出てきます。

Suica定期券が搭載可能なクレジットカードには、JR東日本が発行する「ビューカード」があります。

ビューカードには、Suicaオートチャージ機能が付帯しており、一部はSuica定期券も搭載しています。

Suica定期券の購入やオートチャージサービスの利用はポイント3倍ポイント還元率は1.5%になります。

PASMO機能付きクレジットカードと比較しても、ポイント還元率がかなり良いです。

またスマホでSuica機能が使える「モバイルSuica」も年会費が当面無料で使えます。

私鉄だけではなく、JRやSuicaを良く利用する人には、ビューカードの選択肢も充分に考えられると思います。

下記の記事ではSuica定期券が印字できるビューカードを全5枚紹介しています。

PASMO定期券とSuica定期券、どちらを利用するか悩んでいる方の参考になれば幸いです。