ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

クレジットカード一覧

ソラチカカード

ソラチカカードは、ANAとJCB、そして東京メトロの提携によって生まれたクレジットカードです。本当の名前は「ANA To Me CARD PASMO JCB」なのですが、あまりに長すぎるため、「ソラチカカード」の相性で親しまれています。

東京メトロは「To Me CARD」を発行しており、PASMOオートチャージ、そして東京メトロに乗るたびに貯まるメトロポイントが魅力です。そしてその機能にANA JCBカードの機能を合わせたのが、ソラチカカードとなります。

ソラチカカードの年会費は2,000円+税(初年度無料)となります。しかし、ANAのボーナスマイレージが1000マイル毎年もらえるので、実質的な年会費は無料です。

18歳以上で本人または配偶者に安定収入のある人(高校生は不可)」であれば、どなたでも申込ができます。

ポイント還元を把握しておく

3社提携

ソラチカカードはとにかく「ポイントのシステムがややこしい」のがデメリットです。まず最初に、ポイント付与のタイミングと、移行に関する情報をまとめます。

ポイントについて把握しておくだけで、ソラチカカードを持つメリットがよりわかると思います。

年会費が実質無料になるボーナスマイル

年会費は実質無料

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は入会特典・継続ボーナスとして毎年1,000マイルがもらえます。

ANAのマイレージは1マイル=3円の価値があると言われています。よって、このボーナスマイルだけで実質3,000円相当の価値がある計算となります。

仮にボーナスマイルが2,000円だと考えると、年会費2,000円+税が必要なソラチカカードは、実質的には年会費無料で持てるクレジットカードと言えます。

ボーナスマイルはクレジットカードを解約せずに継続さえしていれば毎年獲得できるので、マイルを貯めたい人にとっては入会・継続ボーナスだけでも年会費の元が取れるカードです。

搭乗ボーナスマイル積算率10%

フライトマイル

もう一つのボーナスマイルとして、「搭乗ボーナスマイル積算率10%」というものがあります。ANAの航空機に搭乗すると、飛行距離に応じてマイレージが貯まります。

ANAカード会員は、この時にもらえるマイレージが通常よりも多くなります。よって、ANAの飛行機に乗る回数が多かったり、長い距離を飛行するほど、よりお得になるのがこの特典です。

計算方法は「区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率 × ANAカード種類別積算率」となっています。ソラチカカードはこの計算式のうち「ANAカード種類別積算率」が10%となり、ボーナスマイルとして付与されます。

この特典はANAカードの共通特典となっており、ソラチカカードがANAカードならではの特典を兼ね備えていることがわかります。

利用に応じてマイレージが貯まる

ANAマイレージクラブ

ボーナスマイルの他にも、ANAマイルを貯める方法があります。

■ANAカードマイルプラス
ANAカードマイルプラス提携店でカード払いをすると、100円ごとに1マイル、または200円ごとに1マイルが貯まります。

クレジットカードの利用で獲得できるポイントとは別として貯まるので、お得感の大きい特典となっています。

ソラチカカードは「陸マイラー」からも高い評価を得ているクレジットカードです。

ANAマイルだけでなく、陸マイルが獲得できるのも大きな特徴です。

メトロポイントPlus

メトロポイントPlus

メトロポイントPlus」(事前登録が必要)は、東京メトロを利用することが多い方にとってメリットのあるポイントサービスです。

To Me CARD提携先でカード払いをした場合や、東京メトロで定期券を購入した際に、メトロポイントが貯まります。

また、PASMOを使って東京メトロに乗ると「乗車ポイント」が、メトロポイントPlus加盟店で電子マネーとして使った場合にも、メトロポイントが貯まります。

■東京メトロに乗車する(定期券面区間外)
平日:5ポイント
休日:15ポイント

■電子マネーをメトロポイントPlus加盟店で使う
店舗:200円ごとに1ポイント
自販機:100円ごとに1ポイント

JCBカードの利用ポイントも貯まる

Oki Dokiポイント

ANAマイレージとメトロポイントに加えて、ソラチカカードではJCBが展開している「Oki Dokiポイント」も貯まります。

JCBカードの利用額1,000円ごとに1ポイントが貯まります。このポイントは1ポイント=約5円といして、カタログギフトやnanacoポイント、JCBギフトカードなどと交換可能です。

ここまでのまとめ

ソラチカカードは、

  • ANAカードとしての機能(ANAマイル)
  • To Me Cardとしての機能(メトロポイント)
  • 通常のカード利用でもポイント獲得

3つの利用シーンで3種類のポイントが貯まります。

また、ソラチカカードでは、貯めたOki DokiポイントをANAマイルやメトロポイントに移行して使うことができます

貯めたポイントは相互に移行可能

ポイントの移行

ソラチカカードで貯めたそれぞれのポイントは相互に移行できます。

■Oki Dokiポイントを…

【ANAマイルに移行】
5マイルコース」は1ポイントを5マイルと交換できるコースです。つまり、カードの利用額1,000円ごとに5マイルが貯まる計算です。マイレージ移行手数料は無料です。

10マイルコース」は1ポイントを10マイルと交換できるコースです。つまり、カードの利用額1,000円ごとに10マイルが貯まる計算です。ただし、マイレージ移行手数料として年間5,000円+税がかかります。

※仮に1マイル=3円の価値として計算すると、年間18万円(180 Oki Dokiポイント)以上カードを使う人なら、10マイルコースの方がお得となります。

ポイント還元率は、1マイル=3円の場合で考えると「5マイルコースなら1.5%のポイント還元率」、「10マイルコースなら3.0%のポイント還元率(マイル移行手数料を除く)」となります。

【メトロポイントに移行】
1ポイントを5メトロポイントに移行できます。
移行したメトロポイントはPASMOへのチャージなどに使えます。

1メトロポイントの価値は1円相当なので、クレジットカード利用で貯まるOki Dokiポイントをメトロポイントに交換した場合のポイント還元率は0.5%となります。

このように考えると、Oki DokiポイントはANAマイルとの交換が圧倒的にお得だとわかりますね。(もちろん、飛行機を利用しないので、ANAマイルを貯めても仕方がないという方はメトロポイントへの交換もありだと思います)

ちなみに、Oki Dokiポイントは1ポイント=5円相当として、楽天スーパーポイントやnanacoポイントなどと交換できます。この場合もポイント還元率は0.5%となります。

■ANAマイルを…

【メトロポイントに移行】
1万マイルを1万メトロポイントに移行できます。
1万マイルにならないと移動できませんが、交換レートは1:1となっています。

※ANAマイルはOki Dokiポイントには移行できません。

しかし、前述したとおりANAマイルは1マイル3円の価値があるのに対して、メトロポイントは1ポイント=1円の価値しかありません。

ANAマイルを使う機会がないのであれば問題ありませんが、もしANAマイルの使い道があるようなら、このポイント移行は交換レートから考えると得策とはいえません。

■メトロポイントを…

【ANAマイルに移行】
100メトロポイントを90ANAマイルに移行します。
ANAマイレージは1マイルあたり3円の価値があると言われています。しかし、メトロポイントからANAマイルに移す場合、交換レートは1:1ではないので注意が必要です。

※メトロポイントはOki Dokiポイントには移行できません。

価値を換算して考えると、100メトロポイントは100円相当、90ANAマイルは270円相当と見積もることができます。

つまり、このポイント交換方法はおすすめできます。

上記の相互交換をまとめると、ポイント還元の価値を最大化したいのであれば「ソラチカカードで貯まるあらゆるポイントをANAマイルと交換する」のがおすすめです。

ソラチカカードのお申込みはこちら

ソラチカカードの特徴

ポイントの付与タイミングが理解できれば、ソラチカカードの魅力はほぼ知り尽くしたと思って間違いありません。しかし、その他にもいくつかの特典が用意されているので、ご紹介したいと思います。

PASMOオートチャージや定期券の搭載も可能

PASMO

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)はクレジットカードとして使うだけでなく、改札を通るためのICカードの役割も果たします。

PASMOオートチャージ機能の搭載が可能です。オートチャージは、PASMOの残高が少ない状態で改札を通ると、自動的に一定額をチャージしてくれる機能です。

例えば、「残高が1,000円以下になったら2,000円分チャージする」と設定していた場合。PASMOの残高が900円になると2,000円を自動でチャージし、残高が2,900円まで回復します。

オートチャージを活用すると、PASMOの残高不足で改札に引っかかったり、チャージをするために券売機に並ぶ必要はありません。

また、ソラチカカードでは裏面に定期券情報を搭載することもできます。PASMOではなく定期券を購入している人も多いと思います。クレジットカードと定期券を2枚持ちしなくても、2つの機能を一体型にして使えるので便利です。

旅行保険が最高1,000万円付帯

旅行保険

ソラチカカードには、最高1,000万円の国内・海外旅行保険がついています。

クレジットカードの旅行保険は事前登録や別途費用の支払いは不要です。一部、旅行代金などをクレジットカードで支払っていることが適用条件になりますが、基本的にはカードを持っているだけで自動的に保険が適用されます。

例えば、国内旅行でケガをした場合、健康保険証のコピーなどを見せれば簡単に治療が受けられますが、海外でケガをした場合、日本の健康保険証は使うことができません。

海外旅行・海外出張では、場合によっては治療が受けられなかったり、高額な治療費を請求されてしまうケースがあります。

このような場合に、海外旅行保険が付いたクレジットカードを使うと、保険の適用によって1円も払うことなく治療が受けられるので安心です。

また、ソラチカカードには「海外ショッピングガード保険」も年間最高100万円が付帯します。

例えば海外のショップで買い物をしたものが、不良品だった場合。。。返品するにも英語などが必要ですし、そもそも返品を拒否される可能性や、送料の負担が大きくなって返すに返せないケースは多いです。

しかし、ショッピングガード保険を使うことで、このようなケースになっても、年間最高100万円までを補償してくれるので、海外でも安心して買い物が楽しめます。

ANAカード会員限定の共通特典

限定特典

ソラチカカードには、ANAカード会員だけの共通特典もたくさんあります。

■機内販売・ANA FESTAが10%OFF
ANAが運営する空港内の店舗「ANA FESTA」が10%OFFとなります。
国内線・国際線の機内販売も同じく、10%OFFとなります。

■ビジネスきっぷ
ANAカード会員専用の割引運賃「ビジネスきっぷ」を購入することが可能です。

■旅行・宿泊が5%OFF
ANA系列のホテルの宿泊費用が5%OFFとなる他、ANA国内・海外ツアーの料金も5%OFFとなります。旅行や出張の時に最適です。

■ANAショッピング astyleの割引
ANAが運営しているネット通販サイト「astyle」の商品を7%OFFで購入できます。

年会費は実質0円

東京メトロ

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の年会費は2,000円+税です。家族カードは1,000円+税で発行可能です。

しかし、前述したとおり、入会時・毎年のカード利用継続時に1,000マイルがもらえます。

1マイルには3,000円の価値がありますので、ANAマイルをフル活用できる方にとっては、年会費は実質無料となります。(というよりも継続ボーナスだけで年会費以上の価値があります)

また、ANAマイルは使う機会がない陸マイラーの方でもソラチカカードは安心して使えます

入会・継続で獲得できる1,000マイルは、東京メトロの「1,000メトロポイント」と交換できます。

1,000メトロポイントの価値は1,000円なので、実質的には年会費を1,000円分負担する形となります。

しかしこちらも乗車ポイントやその他のカード利用で貯まるポイントを考えると、年会費の元はかんたんに取れると思います。

その他、ソラチカカードでは様々な電子マネーやカードを無料で発行できます。
追加可能なカード・電子マネーは以下の通りです。

  • ETCカード
  • QUICPay
  • ANA QUICPay+nanaco
  • PiTaPa
  • PASMO

PASMOは一体型としても別カードとしてもお使いいただけます。

ETCカードは発行手数料・年会費ともに永年無料です。高速道路の利用で発生した料金についても、1,000円ごとに1Oki Dokiポイントが貯まります。

カードのお申込みはこちら

管理人はこう思う

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

本編では触れませんでしたが、ANAカードの中でもソラチカカードはやや特殊な扱いとなっており、「ソラチカカード+その他のANA JCBカードのダブル持ちが可能」です。もちろん、それぞれのカードで貯めたマイルも合算できます。

東京メトロとANAの提携カードなので、ポイントの付与タイミングや移行がややこしいです。ただ、普段から東京メトロに乗車しPASMOを使う機会が大人や、ANAの航空機を利用することが多い人にとっては、メリットが大きい一枚となります。

逆に、これらの電車、飛行機をほとんど使わない人にとってはあまり価値が見いだせませんが、ANAマイルやメトロポイントを貯めている人は多く、実際のユーザー人気はかなり高いです。

2015年より、Oki DokiポイントからANAマイルへの移行手数料(10マイルコース)が年会費5,000円+税に値上げしたことで、改悪と言われました。しかしそれでも、ソラチカカードの人気の根強さは相当なもの。

年会費として2,000円+税が必要となりますが、毎年1,000マイル分のボーナスマイルがもらえるため、実質的には年会費はほとんど気にしなくてよいと思います。

ソラチカカードの口コミ情報

実際にソラチカカードを愛用している利用者の口コミ情報を調査しました。

カードのお申込みはこちら