おさいふPonta

電子マネー一覧

おさいふポンタ

ローソンを中心に展開していたポイントサービス「Pontaポイント」が、新しく「おさいふPonta」としてパワーアップしました。おさいふPontaはその名の通りカードに電子マネー機能を備えたものです。

右下に「JCB」の文字が入っていますが、クレジットカードではないので未成年の方でも持つことが可能です。

入会金・年会費は無料なので入手方法は簡単、ローソンのレジ前に行けば置いてあるので、それを手にとって持って帰ればOKです。こんな感じでパッケージに入っています。

おさいふPontaのパッケージ

レジでの合言葉は「おさいふPontaで払います」。

PontaカードとおさいふPontaの違いは?

Pontaカードとおさいふポンタの違い

以前から配布されていた「Pontaカード」は、Tカードなどと合わせて持ち歩いている人も多いと思います。今回登場したおさいふPontaは、従来のPontaカードに「プリペイド式の電子マネー機能」がついたものです。

つまり、ただのポイントカードが、前払いでカードにチャージして使うタイプの電子マネーに進化したということです。前払いなので、事前にチャージした分だけが支払いに使えるので、未成年の方でも安心して利用可能です。

すでにPontaカードを持っている人でも、すぐに「おさいふPonta」に移行できるので、持っておいて損はありません。

電子マネーおさいふPontaの特徴

プリペイド(前払い式)型の電子マネーなので、現金を持ち歩くことなくカード一枚で買い物ができます。しかも、おさいふPontaが使えるのはローソンだけではなく、JCBカードが使える全国のお店です。

JCBが使えるお店は非常に多いので、電子マネーとしての利便性も高いのがメリットです。

未成年でも安心して使える電子マネー

学生

おさいふPontaは、これまでただのポイントカードだった「Pontaカード」に電子マネー機能が付いたものです。しかし、電子マネー機能は事前にチャージが必要なので、チャージしていない状態であれば、ただのポイントカードです。

つまり、未成年の方でも安心して持つことができます。

これまで通りポイントカードとしても使えるので、電子マネー機能を使わなくてもローソンなどで買い物時に提示するだけで、ポイントが貯まります。

ポイントが貯まる

ポイント

Pontaカードはローソンを始めとする「Pontaポイント加盟店」でしか使えませんでした。しかし、おさいふPontaは電子マネーによる支払いをすることで、全国のJCB加盟店でポイントが貯まります。

ポイント還元率こそ高くありませんが、Pontaカードよりも効率的にポイントを貯めることが可能です。

ローソンで買い物した場合
現金で支払いをしておさいふPontaを提示 100円ごとに1ポイント
電子マネーで支払いをしておさいふPontaを提示 100円ごとに1ポイント+500円ごとに1ポイント

Ponta提携社で買い物した場合
現金で支払いをしておさいふPontaを提示 100円または200円ごとに1ポイント
電子マネーで支払いをしておさいふPontaを提示 100円または200円ごとに1ポイント+500円ごとに1ポイント

全国のJCB加盟店で買い物した場合
電子マネーで買い物をした場合に限り、500円ごとに1ポイント。
JCB加盟店はとても多いです。例えば、セブンイレブンやイオンなどでもおさいふPontaが使え、ポイントが貯まります。

上記の通り、ローソンで使うと最大1.2%のポイント還元が受けられます。

貯めたポイントは1ポイント=1円として、ローソンでのお買い物に使えます。

ネット通販での使い方

JCBプリペイド

おさいふPontaの右下には「JCB」の文字が入っています。

事前に電子マネーにチャージをしておけば、全国のJCB加盟店で電子マネーによる支払いができます。もちろん、ネット通販でも使えます。(ただし海外では使えません。海外ネット通販では使えますが、手数料が4%もかかってしまうので得策ではありません)

特に、オンラインゲームの有料課金などでは「クレジットカード支払いのみ」に限定されていることも多いです。そのような場合でも、JCBカード支払いに対応していれば、おサイフポンタを使って支払えます。

事前チャージ型の電子マネーですが、システム上は「クレジットカード決済」となるため、ネット通販などで使う場合は、「クレジットカード支払い」を選択します。

カード券面

ネット通販でおサイフポンタを使う時の注意点

カード番号
16ケタの番号(上記画像の場合、3574-0010-4403-3726の部分)

有効期限
表記通りに入力(上記画像の場合、10/21)
これは2021年の10月まで使えるという意味です。

名前
あなたの名前ではなく、カードに記載されている名前をローマ字で入力。
つまり、すべての方が「OSAIFUPONTA MEMBER」と入力します。

セキュリティコード
ネット通販によっては、3ケタのセキュリティコードを求められることがあります。
その場合は、カードを裏返しにして、著名欄の右上の3ケタの数字を入力します。例えば、下記の画像なら「484」がセキュリティコードになります。(Pontaセキュリティコードではないので注意)

おさいふPontaの裏面

ローソンかネットでチャージする

ローソン

おさいふPontaの電子マネー機能は、事前にチャージしないと使えません。最低1,000円から1円単位で、最大3万円までチャージすることが可能です。

チャージ方法として一番簡単なのは「ローソンで店員さんにお願いする」方法です。レジで「チャージしてください」と言って現金を渡せば、店員さんがあなたのおさいふポンタにチャージしてくれます。

もう一つの方法は「インターネットからクレジットカードを使ってチャージする」やり方です。ネットでチャージする場合は、クレジットカードの登録が必要となります。

クレジットカードチャージの注意点としては「クレディセゾンが発行しているカード以外のクレジットカードでチャージすると手数料が200円+税かかる」ということです。これは非常に痛い。。。

つまり、おさいふポンタをクレジットカードチャージする場合は、必ずクレディセゾンが発行しているカードを使わないと、逆に損をしてしまいます。これは大きなデメリットです。

クレジットカードチャージ対応表

また、電子マネーを活用している人が気になる「クレジットカードでのチャージ時にポイントは貯まるのか?」という話。実はこれもNGで、おさいふポンタへのチャージでは、クレジットカードのポイントは貯まりません。対象外です。

おさいふポンタへのチャージで手数料が無料になるクレディセゾン発行のセゾンカードまとめはこちらです。
人気のセゾンカードを比較してみる!種類が多すぎてわからない件について

おさいふポンタでポイントを効率的に貯める方法

WAONとおさいふポンタ

おさいふポンタを活用して、ポイントを効率的に貯める裏ワザを紹介します。

その方法は、電子マネーWAONを使うやり方です。イオンが発行している電子マネーのWAONは、実はローソンで使うことが可能です。

そして、WAONは電子マネー支払い時に200円ごとに1ポイントが貯まる特徴があります。つまり、ローソンで買い物をする時は、下記の方法を使うことで、2つのポイントを一度にゲットできてしまいます。

◆ローソン買い物時にポイントを上手に貯める裏ワザ
1.おさいふポンタを提示する
提示するだけで電子マネーでは支払わない。ローソンなら提示するだけで100円ごとに1ポイントゲット。ここでもらえるのはPontaポイント。(還元率1.0%)

2.支払いは電子マネーWAONで
実際に支払いをする時は電子マネーWAONを使う。ローソンではWAONでの支払いが可能。WAONは200円ごとに1ポイントがもらえる。ここで貯まるのはWAONポイント。(還元率0.5%)

合計すると、一度のお会計で1.5%のポイント還元に

電子マネーWAONに関する詳細記事はこちら。

口コミ情報

電子マネー「おさいふPonta」に関する評判を集めてみました。実際に使っている人の口コミ情報を元に、お得な使い方を調査します。

管理人はこう思う

ポイントカードの「Pontaカード」が進化した「おさいふPonta」。電子マネーとしての機能がついたことで、JCBが使えるお店でも支払いができるのがメリットです。

一方で、ポイント還元率はかなり低いというのも事実。クレジットカードチャージでポイントが貯まらないことも大きなデメリットだと思います。

ローソンで利用する際は、おさいふPontaを提示し、支払いをWAONで行うことで、還元率を1.5%に引き上げられる裏ワザをご紹介しました。この方法であれば、利用価値のある電子マネーといえますが、それならただの「Pontaカード」でも良いのでは?となってしまいますよね。。。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由