人気のセゾンカードを比較してみる!種類が多すぎてわからない件について

クレジットカードの比較

セゾンカード

数あるクレジットカードの中でも非常に人気が高いのが「セゾンカード」です。と言っても、セゾンカードは提携カードがとても多いのが特徴なので、一見すると気づかないケースもあります。

とにかく種類が多いので、どれを選んでよいのかわからないのが、セゾンカード。クレジットカード広場運営者の私も、たまに特典などがわからなくなることがあります。

そこで今回は、主要なセゾンカードをわかりやすく整理してみました。

人気の高い基本の3枚

セゾンカードの中でも特に人気が高いのは3枚のクレジットカードです。2枚のアメックス提携カードと、1枚のセゾンのプロパーカードです。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンカードの中でも最も人気が高い定番のカードが「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」です。アメックスとの提携カードとなっていて、「年会費無料で使えるアメックスカード」、「最短即日発行できるカード」としても有名です。

本当は、年会費は1,000円+税なのですが、年1回以上カードを使えば次年度年会費無料という条件があるため、実質的には無料で使えます。

アメックスカードは年会費が高いものが多いです。しかし、大型スーパーの「コストコ」ではアメックスしか使えないなどの理由から、セゾンパールのような無料で使えるアメックスカードは人気があります。

他のセゾンカードと比較して、特に目立った特典はないのですが、カードデザインのカッコよさ、そしてパールカラーの質の高さが評判で、数あるセゾンカードの中でもダントツ人気な一枚となっています。雑誌のクレジットカード特集で取り上げられることも多いです。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

提携などをせずに、セゾン自身が発行している「プロパーカード」となるのが、「セゾンカードインターナショナル」です。セゾンカードの中でも、もっともスタンダードな一枚となります。

セゾンカードインターナショナルもセゾンパールと同様に、「即日発行が可能」、「年会費無料(アメックス以外)」で使えるので評判です。

セゾンパールアメックスとの大きな違いは、「オンラインプロテクション」が付いていることと、「アメックス以外のカードブランドが選べる」ことです。

セゾンカードインターナショナルは、VISA、MASTER、JCB、AMEXの中から、好きなカードブランドを選択することが可能です。アメックスを選んだ場合は、年会費1,000円+税(年1回以上の利用で無料)が必要ですが、それ以外のカードブランドは完全無料で使えます。つまり、クレジットカードを全く使わなくても、年会費が発生しないので安心です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンパールアメックスに、旅行関連の特典を追加することでパワーアップしたのが、「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

「旅行好きのための一枚」として、特に海外旅行や海外出張に行く機会が多い人にとって、メリットが大きいクレジットカードです。

年会費は3,000円+税かかりますが、ネットからの申込に限り初年度無料で使えます。残念ながら、ブルーカードには年会費無料条件はありません。

具体的にどのような点がパワーアップしているのかというと、

  • 最高3000万円の旅行保険
  • 国際線の手荷物の無料配送サービス
  • セゾンブルー特別優待

などです。旅行関連の他にも「セゾンブルー特別優待」という特典があります。これは、エステサロンや旅館、スタジオ・ヨギーなどで特別優待が受けられる、セゾンブルー会員以上の方だけが利用できる特典です。

2種類のゴールドカード

ゴールドカードは2種類あります。わかりやすく説明すると、以下のようになります。

■セゾン直系のゴールドカード
セゾンカードインターナショナル → ゴールドカードセゾン

■アメックス提携のゴールドカード
セゾンパール → セゾンブルー → セゾンゴールドアメックス

両者を比較すると、アメックス提携カードの方が人気が高いです。

ゴールドカードに関する詳細情報は、姉妹サイトの「ゴールドカードな俺」をご覧ください。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンゴールドアメリカン・エキスプレス・カード

2種類存在するセゾンゴールドカードのうち、とりわけ人気なのがセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードです。

セゾンゴールドアメックスは、ブルーカードの上位ランクとなりますが、特典の豊富さは格段にアップしています。一方で、年会費も1万円+税とゴールドカードの標準的な維持費がかかります。(初年度無料)

個人的に良いと思うゴールドカードならではの特典は、

  • SAISON MILE CLUBへの登録が可能となる
  • ゴールドカード会員専用デスクを利用できる

の2点です。

SAISON MILE CLUBとは、カード利用ごとに貯まる「永久不滅ポイント」を自動的にJALマイレージバンクに移行できるサービスです。利用金額1,000円ごとに10マイルが貯まるため、1マイルを2円と仮定すると、実質的なポイント還元率は2%となります。

また、おまけ程度ですがカード利用金額2,000円につき永久不滅ポイントが1ポイント貯まります。これを合わせると実質2.25%の還元率となります。

永久不滅ポイントは有効期限がないポイントサービスです。SAISON MILE CLUBで貯まるのはおまけ程度ですが、今後違うカードに切り替えたり、その他の方法で永久不滅ポイントを貯めた場合にも、引き継ぎができます。

SAISON MILE CLUBの登録には年間4,000円+税がかかります。しかし、このサービスは一般カード会員は利用できない、ゴールドカード会員以上の限定特典です。

また、ゴールドカード会員専用デスクは混雑が少なく、スムーズにサポートに繋がります。増額申請やカードに関する質問など、クレジットカード会社に対しては、何かと電話をするシーンがあると思います。そのような時に、何分も待たされることなく、スムーズに繋がるゴールドデスクが使えるのは、大きなメリットだと私は思います。

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

セゾンプロパーカードの上位ランクにあたるのが、「ゴールドカードセゾン」です。最大利用限度額が500万円と、ゴールドカードの中では群を抜いています。

このカードは、VISA、MASTER、JCBの3つのカードブランドが選択できます。さらに、AMEXブランドの「セゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス・カード」を追加で発行することができ、ゴールドカードの2枚持ちができる面白いカードです。

通常の年会費が1万円+税、ゴールド2枚持ちをしても12,000円+税なので、実質的にはアメックスブランドのゴールドカードを2,000円+税で持てることになります。

また、2枚持ちをすると永久不滅ポイントが1.5倍になる他、さまざまな優待特典が受けられるのでお得です。

プラチナカードは2種類ありますが

セゾンでは、プラチナカードも用意しています。しかも、セゾンプラチナカードはコストパフォーマンスが非常に高いので、お得感も大きいです。

プラチナカードは2枚用意されていますが、セゾン直系とアメックス提携という分け方ではなく、通常カードとビジネス向けプラチナカードという分け方となります。

セゾンのプロパーカードはゴールドが最上となるため、ゴールドカードセゾンの上位ランクは存在しません。セゾンアメックスプラチナが、個人用とビジネス用で分けられているのみとなっています。

セゾンプラチナアメリカンエキスプレスカード

セゾンプラチナアメリカンエキスプレスカード

セゾンカードのプラチナと言えばこのカードです。カードデザインやコストパフォーマンスのすべてに優れたクレジットカードで、評判です。

本家アメックスプラチナの年会費が13万円なのに対し、セゾンプラチナアメックスの年会費は2万円+税と圧倒的に安いです。しかし、プラチナコンシェルジュが使えたり、最高1億円の旅行保険が付帯するなどスペック面では本家に劣りません。

個人的に素晴らしいと感じるメリットは、

  • プライオリティ・パスが無料で発行できる
  • SAISON MILE CLUBに年会費無料で登録可能

といった特典です。
世界の空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティパスは、プラチナカードならではの代表的な特典と言えます。通常は年間399ドルかかるサービスなので、実質的にはこの特典だけで、年会費の元が取れる計算になります。

また、ゴールドカード会員以上の方が利用できる、JALマイルへの自動移行サービス「SAISON MILE CLUB」に無料で登録できます。ゴールドカード会員だと年間4,000円+税がかかる超お得なサービスなのですが、プラチナ会員であれば、この特典をタダで利用することが可能です。

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナアメックスのビジネスカードとなるのが、「セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。主に経営者の方や医師、自営業の方が仕事で使う、コストパフォーマンスの高いプラチナカードとして人気です。

個人向けのプラチナカードとの違いは、

  • カードデザインの違い
  • 年間200万円以上の利用で年会費が半額に
  • 家族カードの旅行保険は対象外
  • 海外旅行時の手荷物無料配送がない

の4つです。
通常は年会費2万円+税なのですが、年間200万円以上使うと年会費が半額となり、1万円+税で利用できます。経営者の方など、事業を営んでいる方にとっては、年間200万円を経費として使うのはごく普通だと思いますので、実質的には1万円で持てるプラチナカードとなります。

年会費の優遇特典が用意されている一方で、旅行関連サービスが削られています。主にビジネス用途での利用を想定して作られているため、家族カードには旅行保険が付いていません。

豊富な提携カード

その他、セゾンカードは様々な提携カードを発券しています。ここでは代表的な2枚のカードをご紹介します。

三井ショッピングパークカード

三井ショッピングパークカード

シンプルなデザインが評判の三井ショッピングパークカードは、「ららぽーと」や「三井アウトレットパーク」、「ラゾーナ川崎」、「ダイバーシティ東京プラザ」など、三井不動産系のショッピングセンターでお得な優待が受けられるクレジットカードです。

アメックスブランドですが年会費は完全無料で、一度も使わなくても年会費が発生することはありません。

対象店舗で使うとポイント還元率が2%となります。さらに永久不滅ポイントもダブルで貯まるので、合計すると最大2.5%のポイント高還元率カードです。

ショッピングモールの駐車場の時間延長や、モール内の各店舗にて個別に優待が受けられるため、三井ショッピングパークで買い物をする機会が多い人は、是非持っておきたいお得感の大きい一枚です。

いかがでしたか

主要なものを紹介するだけでも、かなりの枚数になりました。それぞれ、特徴があるので複数枚のセゾンカードを使い分けている人も多いです。

いずれのカードを使っても、セゾンが展開している「永久不滅ポイント」は共通で貯めることができるので、ポイントを貯めつつ、それぞれのお店でお得なサービスを受けられるメリットがあります。

審査スピードが早いのもセゾンカードの特徴です。特に人気の高いセゾンパール・アメックスは、最短即日発行ができるカードとしても知られています。