PontaカードとおさいふPontaはどちらがおすすめ?違いをまとめてみた

電子マネーの比較

osaifu-ponta-hikaku

ローソンを中心に展開が進んでいるポンタポイント。ゲオやガソリンスタンドの昭和シェル、そしてケンタッキーなどでお得にポイントが貯まります。

そんなポンタポイントですが、以前はPontaカードを使って貯めている人がほとんどでした。財布の中にポンタカードを入れている人、レジでよく見かけますよね? しかし、ローソンが最近新しくリリースしたのが「おさいふPonta」という電子マネー機能付きのポイントカードです。

おさいふPontaはすでにローソンで入手することができ300円で販売しています。

では、その違いはどこにあるのか。そもそもPontaカードからおさいふPontaに切り替えた方がいいのか。今回は2枚のPontaカードを比較してみました。

PontaカードとおさいふPontaの比較

ポンタカードとおさいふポンタの比較

おさいふポンタ

まず、Pontaカードはただのポイントカードなので無料です。一方で、おさいふPontaは発行手数料として300円が必要です。この違いはとても大きいと思うのですが、まずは発行手数料がかかるという前提を置いた上で、おさいふPontaが持つメリットをまとめます。

JCBプリペイド機能を搭載

JCBプリペイド

といっても、実はおさいふPontaとPontaカードの違いはほとんどありません。なぜなら、おさいふPontaを別の言い方で表すと「JCBプリペイド機能(電子マネー)+Pontaカード」となるからです。

電子マネー機能が付いているかどうか。これがおさいふポンタとポンタカードの決定的な違いとなります。あとは前述のとおり発行手数料がかかるかどうかですね。

おさいふPontaは電子マネー機能を使って支払いにも利用できます。事前にローソンの店頭でチャージをしておけば、JCBが使える全国のお店で支払いが可能となります。例えば、セブンイレブンでもイオンでも、ネット通販でも使えるのがおさいふPontaのメリットです。

また、おさいふPontaは未成年でも持つことができます。未成年がネット通販で買い物をしたり、ゲームに課金したい場合に役立つのが、プリペイド式の電子マネーです。支払い時には「通常のJCBクレジットカード支払い」を選択しておさいふPontaに書いている番号を入力するだけでOKです。

チャージした電子マネーを使った場合、以下のようにポイントが貯まります。

◆カードを提示して現金払いした場合

  • ローソン:100円で1ポイント
  • Ponta提携社:100円~200円で1ポイント

◆カードを提示して電子マネー払いした場合

  • ローソン:100円で1ポイント+500円ごとに1ポイント
  • Ponta提携社:100円~200円で1ポイント+500円ごとに1ポイント
  • JCB加盟店:500円で1ポイント

JCB加盟店で使った時のポイント還元率はそこまで高くはないのですが、ゲーム課金やネット通販でも利用でき、多少のポイント還元も得られると考えれば、おさいふPontaを使うメリットが見いだせそうです。

2つの注意点

おさいふPontaのパッケージ

ただし、おさいふPontaを使う上で覚えておきたい2つの注意点があります。

1つめは、おさいふPontaにチャージした電子マネーは最終利用日より2年で失効してしまうことです。通常、一度チャージした電子マネーには有効期限がない場合が普通なのですが、おさいふPontaにはきっちりと有効期限が設けられています。

ただし、有効期限はあくまでも「最終利用日より2年間」なので2年の間に一度でも買い物に使ったり電子マネーのチャージをするようにすれば、実質的な有効期限は無期限となります。

2つめの注意点は、発行手数料となる300円の回収です。最初に支払う300円を回収するには、300円相当分のポイントを貯める必要がありますが、実はこれが結構大変な作業です。

■ローソンで使った場合(還元率1.2%)
300ポイント貯めるのに4万円の買い物が必要

■Ponta提携社で使った場合(還元率0.7%)
300ポイント貯めるのに4.3万円の買い物が必要

■JCB加盟店で使った場合(還元率0.2%)
300ポイント貯めるのに15万円の買い物が必要

おさいふポンタはローソンで使う機会が最も多いと思いますが、仮にJCB加盟店でのみ使っていた場合、発行手数料300円相当分のポイントを貯めるのに15万円も電子マネーを使わなければなりません。。。これは少しハードルが高いですよね。。。

PontaポイントをおさいふPontaに移行

ポイントの移行手続き

ただし、今後はおさいふPontaへの移行が進んでいくと管理人は予想しています。現時点ではあまりメリットがないおさいふPontaですが、今後機能や特典の拡充されることを期待しています。

すでにポンタカードで貯めたポイントは、いつでもおさいふPontaに移行できます。移行手数料などは無料です。

ポイントの移行手続きについては、こちらのページが詳しいのですが、最も簡単な手続き方法はおさいふPontaデスクに電話をすることです。(電話番号は0570-064-836)

電話での移行手続きが苦手な方は、Pontaのウェブサイトからでも簡単にポイントの移行手続きが可能です。

現時点では積極的に切り替える必要はなし

待て

あくまで電子マネーの虎 管理人の意見ですが、少なくとも現時点では無理におさいふPontaに切り替える必要はないと思います。電子マネー機能付きのプリペイドカードがほしい方はおさいふPontaに切り替えても良いですが、発行手数料300円を考えるとお得感は薄れてしまいます。

また、発行手数料・年会費無料でお得にPontaポイントを貯めたい方はJMBローソンPontaカードVisaというクレジットカードがおすすめです。このカードはPontaポイントを効率よく貯めることができるほか、JALマイレージとの相互交換もできます。

名前がややこしいのですが、「JMB(JALマイレージバンク)」、「ローソンPonta」、「セゾンカード」の3社がコラボした無料で使えるクレジットカードとなっています。

JMBローソンPontaカードVisaを使ってローソンでクレジットカード払いをすると、100円で2ポイント(還元率2%)が貯まります。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由