PontaカードとおさいふPontaはどちらがおすすめ?違いをまとめてみた

B! pocket

Pontaカード おさいふPonta

ローソンを中心に展開が進んでいるポンタポイント。

ゲオやケンタッキー、ガソリンスタンドの昭和シェルなどで、Pontaポイントが貯まります。

そんなポンタポイントですが、以前はPontaカードを使って貯めている人がほとんどでした。

財布の中にポンタカードを入れている人、レジでよく見かけますよね?

最近、ローソンではPontaカードではなく「おさいふPonta」を推すようになりました。

おさいふPontaとは、簡単にいえば「電子マネー機能付きのPontaカード」です。

今回は

  • PontaカードとおさいふPontaの違いは何か
  • Pontaカードを持っている人が、おさいふPontaに切り替えた方が良いのか

について、2枚のカードの特徴から比較してみます。

ポンタカードとおさいふポンタを比較

osaifu-ponta-hikaku

PontaカードもおさいふPontaも、ローソンの店頭にて無料で入手できます。

2枚のカードの大きな違いは、やはり電子マネー機能(ブランドプリペイドカード)が使えるかどうかです。

Pontaカード おさいふPonta
発行手数料 無料 無料
年齢制限 なし なし
ポイントカード機能 あり あり
電子マネー機能 なし あり

JCBプリペイド機能を搭載

JCBプリペイド

実はおさいふPontaとPontaカードの違いはほとんどありません。

おさいふPontaを別の言い方で表すと「JCBプリペイド機能(電子マネー)+Pontaカード」だからです。

電子マネー機能が付いているかどうか。

これがおさいふポンタとポンタカードの決定的な違いです。

おさいふPontaは、JCBブランドの決済ネットワークを利用して、支払いをします。

事前にローソンのレジでチャージすると、JCBが使える全国のお店で支払いが可能になります。

おさいふPontaは、セブンイレブンでもイオンでも、ネット通販でも使えて、Pontaポイントが貯まるのがメリットです。

また、おさいふPontaは未成年でも持てます。

ブランド付きプリペイドカードは、ネット通販で買い物やゲーム課金したいときに、クレジットカード代わりに使えます。

支払い時に「クレジットカード支払い」を選択して、おさいふPontaに書いている番号を入力します。

支払いでPontaポイントが貯まる

おさいふPontaで支払い

チャージしたおさいふPontaで支払うと、利用金額500円ごとに1Pontaポイントが貯まります。

ローソンなどのPonta加盟店で、カード提示&支払いをすると、Pontaポイントの2重取りができます。

カードを提示&おさいふPonta払い
ローソン:100円で1ポイント+500円ごとに1ポイント
Ponta提携社:100円~200円で1ポイント+500円ごとに1ポイント
JCB加盟店:500円で1ポイント
カードを提示&現金払い
ローソン:100円で1ポイント
Ponta提携社:100円~200円で1ポイント

おさいふPonta自体のポイント還元率は0.2%と、かなり低いです。

同じ300Pontaポイントを貯めるのでも、ローソンとJCB加盟店では約4倍もの金額差が出ます。

■ローソンで利用(還元率1.2%)
300ポイント貯めるのに4万円の買い物が必要

■Ponta提携社で利用(還元率0.7%)
300ポイント貯めるのに4.3万円の買い物が必要

■JCB加盟店で利用(還元率0.2%)
300ポイント貯めるのに15万円の買い物が必要

未成年者がゲーム課金やネット通販に利用できて、多少のポイントも得られると考えれば、おさいふPontaを使うメリットが見いだせます。

残高の有効期限は2年間と短い

おさいふPontaのパッケージ

おさいふPontaにチャージした電子マネーの残高は、最終利用日から2年で失効します。

一般的に電子マネーの有効期限は「無期限」または「5年以上」ですが、おさいふPontaは2年間と短いです。

有効期限なし
電子マネー:楽天Edy、WAON、nanaco
コード決済:PayPay
10年
Suica、PASMO
5年
国際ブランド付きプリペイドカード:au WALLET プリペイドカード、バンドルカード、Kyash
コード決済:LINE Pay
2年
国際ブランド付きプリペイドカード:ソフトバンクカード(プリペイドバリュー)
1年
国際ブランド付きプリペイドカード:Vプリカ

有効期限はあくまでも「最終利用日より2年間」です。

2年間で買い物に使ったり、チャージしたりすれば、有効期限は実質的に期限となります。

PontaポイントをおさいふPontaに移行

ポイントの移行手続き

現時点ではあまりメリットがないおさいふPontaですが、今後機能や特典の拡充されることを期待しています。

PontaカードからおさいふPontaに切り替える場合、すでにポンタカードで貯めたポイントを移行できます。

ゲオの会員証など、Pontaカードで利用していたサービスも自動的に引き継がれます。

移行手数料などは無料です。

ポイントの移行手続きは、おさいふPontaサイトやLoppiから行えます。

ほかにも、おさいふPontaデスクに電話(0570-064-836)でも可能です。

現時点では積極的に切り替える必要はなし

待て

あくまで電子マネーの虎 管理人の意見ですが、少なくとも現時点では、無理におさいふPontaに切り替える必要はありません。

支払いによるポイント還元率が0.2%(500円ごとに1ポイント)と低く、なかなかポイントが貯まらないのは、大きなデメリットです。

同じ電子マネーでも、200円ごとに1ポイント貯まる楽天EdyやWAONなどを利用した方が良いです。

おさいふPontaに切り替えがおすすめな人は「国際ブランド付きのプリペイドカードが欲しい」という方くらいです。

ちなみに、より多くのPontaポイントを貯めたい方には、クレジットカードの選択肢もあります。

JMBローソンPontaカードVisa

JMBローソンPontaカードVisaは、ローソンでカード払いをすると、100円で2ポイント(還元率2%)が貯まります。

名前がややこしいのですが、「JMB(JALマイレージバンク)」、「ローソンPonta」、「セゾンカード」の3社がコラボした無料で使えるクレジットカードです。

PontaポイントはJALマイレージとの相互交換もでき、陸マイラーにも人気の1枚です。

Pontaについてもっと詳しく

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
「電子マネーの虎」初代管理人です。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。大阪に住んでいますが、電車の移動ではモバイルSuicaを使っています。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

2件のコメント

小西池 義正

振込用紙でおさいふponta使えるか

昼時かをる

公共料金や通販、税金などの支払いに、おさいふPontaは使えません。
クレジットカード、電子マネー、プリペイドカードも不可です。

ちなみに、電子マネーで収納代行ができるのは、セブンイレブンはnanaco、ミニストップはWAONが挙げられます。
どちらも支払い金額に応じたポイントは貯まりませんが、一部クレジットカードからチャージすることでカードの決済ポイントが付与されるので、収納代行でも間接的にポイントを貯められます。

質問・コメントはこちら

人気の記事