楽天Edyと楽天スーパーポイントの違い!どちらも相互に交換可能

電子マネーの比較

楽天Edyと楽天スーパーポイント

電子マネーとポイントサービスの関係性はとても深いです。その両者において業界トップクラスのシェアを獲得しているのが、ネット通販で有名な「楽天」です。

楽天は、

  • 楽天Edy(電子マネー)
  • 楽天スーパーポイント(ポイントサービス)

の2つを展開しています。
これまでは、電子マネーの楽天Edyはリアル店舗で使うためのもの、楽天スーパーポイントは主に楽天市場などのネットで使うものという感じでした。しかし最近になって、楽天スーパーポイントがリアル店舗で使えるようになってきており、その違いがわかりにくくなっています。

そこで今回は、楽天Edyと楽天スーパーポイントの違いについて、改めて整理してみることにしました。

楽天Edyと楽天スーパーポイントは相互交換できる

相互交換

楽天Edyも楽天スーパーポイントも、どちらも「1ポイント=1円」として、さまざまな場所で使えます。そしてこの2つ、実は相互交換ができるんです。つまり、どちらを貯めたほうがお得ということはなく、あなたの利用シーンに応じて使い分け、必要であれば「ポイント移行」をすれば良いのです。

両者の移行は、楽天PointClubより可能です。

ただしここで注意点が1つ。
楽天Edyから楽天スーパーポイントに交換した場合、その分に関してはポイントの有効期限が6ヶ月間になってしまいます。

Edyから交換した楽天スーパーポイントの有効期限は、交換後から6ヶ月間となります。

本来、楽天スーパーポイントは最終利用日から1年間が有効期限です。つまり、継続してポイントを獲得したり消費していれば、実質無期限でスーパーポイントを貯めることができます。しかし、Edyからの移行分については期限が6ヶ月となっているので、気をつける必要があります。

楽天Edyと楽天スーパーポイントの特徴まとめ

両者のメリットやデメリットについてまとめます。

楽天Edy(電子マネー)

楽天Edy

楽天Edyは主にリアル店舗での利用を想定して作られた電子マネーです。プリペイド式なので事前にチャージをして使います。

支払い方法は、楽天EdyカードやEdy付き楽天カードの他、おサイフケータイを使ったモバイル決済も可能です。おサイフケータイを使って楽天Edy支払いができるのは、電子マネーならではの大きな特徴です。(ただしiPhoneはおサイフケータイに対応していません)

また、全国の「楽天Edy加盟店」で電子マネー支払いした場合、200円につき1ポイントが貯まります。(ポイント還元率は0.5%)ポイントは楽天スーパーポイントで還元される仕組みです。

すでに、電子マネーの中でも使えるお店がかなり多いのが、楽天Edyのメリットです。

最近はネットショッピングの支払いにも楽天Edyが使えるようになりました。しかし、ネットで楽天Edy支払いをするには別途「楽天Edyリーダー(またはFeliCaポート/パソリ)」が必要になります。

しかし、これらのリーダーを導入するにはお金がかかりますし、パソコンがなければ使えません。また、そもそも楽天Edy支払いに対応しているネットショップ自体が少ないのが現状です。

その他、電子マネーなので有効期限が最終利用日より4年間と長いこと、楽天IDを持っていなくても使えること、そしてもしひも付けをしていないと、楽天Edyカードを紛失した時にチャージ分が戻ってこないといった特徴があります。

◆メリット
・業界トップ級のシェアを誇る電子マネー
・支払いをするごとに楽天スーパーポイントが貯まる
・カードを持たなくてもおサイフケータイが使える

◆デメリット
・ネット支払いは苦手(店舗数が少ない、端末の導入が面倒)

楽天スーパーポイント(ポイントサービス)

楽天スーパーポイント

楽天市場で買い物をする人にとってはお馴染みのポイントサービスです。楽天スーパーポイントの利用には、楽天IDを登録することが必須となります。この点が電子マネーのEdyとは違う部分ですね。

また、楽天スーパーポイントはネットで管理されているので、不意の事故でポイントが紛失してしまう心配はありません。(楽天Edyでもそのような確率はわずかですが)一方で、ただのポイントサービスなので有効期限が最終利用日から1年間と短いです。

ただし、楽天スーパーポイントを使ったり獲得したり、なんらかの利用が行われていれば、そのつど有効期限は1年間延長されるので、実質的には無期限と考えて良いと思います。

楽天スーパーポイントはネットでの利用が主です。それも、楽天グループのサービス内で使うことがほとんどで、Edyのようにどこでも使えるわけではありません。また、ポイント消化時にはポイント還元が受けられません。楽天Edyは200円利用ごとに1ポイントが貯まりますが、楽天スーパーポイントはあくまでも消化していくのみです。

ただし、最近はリアル店舗で楽天スーパーポイントが使えるケースも増えています。例えば、サークルKサンクスや出光のガソリンスタンド、そして大丸やミスタードーナツなどなど。(詳細はRスーパーポイント加盟店リストを参照)

楽天スーパーポイントをリアル店舗で使う場合は、Rスーパーポイントカードを使います。このカードを使ってネットで貯めた楽天スーパーポイントを消費したり、またカード提示でポイントを貯めることもできます。

Rスーパーポイントカード

◆メリット
・楽天市場などで消化するにはもってこい
・最近はリアル店舗でも使ったり貯められるようになっている

◆デメリット
・チャージなどはできないので楽天Edyにチャージしてから相互交換で手に入れる必要がある
・ポイントを使って支払った分については、新たなポイント還元は受けられない
・利用には楽天IDの登録が必須

利用シーンに応じて使い分けるのがおすすめ

ネットショッピング

楽天Edyと楽天スーパーポイントは相互交換が可能です。ですので、利用シーンに応じて使い分けるのが一番。

例えば、コンビニのセブンイレブンでは楽天スーパーポイントで支払いができないので、楽天Edyで払います。そして、最終的に貯めたポイントを消化したい時に、楽天市場などで楽天スーパーポイントを使って支払いを行います。

そしてこの2つを結びつける上で大きな武器となるのが、年会費無料のクレジットカード「楽天カード」の存在です。楽天カードは年会費無料で使うことができ、ポイント還元率も高い人気のクレジットカード。

楽天Edyにチャージをする時に楽天カードを使うと、

  • 電子マネーにチャージした時
  • 電子マネーを使った時

ともにポイントが貯まります。
電子マネーチャージの場合は還元率が0.5%、電子マネー支払いで0.5%なので合計1%の還元です。ただ、楽天カードを使ってお店で買い物をすると、1%のポイント還元が得られるので、楽天カードを使って楽天Edyにチャージしたからといって、特別にお得になるわけではありません。

しかし、1%のポイント還元が受けられるという点は大きなメリットです。

一方で、楽天カードは楽天スーパーポイントを使うときにもメリットがあります。リアル店舗で楽天スーパーポイントを消費するために必要な「Rスーパーポイントカード」は実は有料です。。。100円+送料がかかります。

しかし、楽天カードを使うと「Rスーパーポイントカード一体型」が選べるので、導入に費用はかかりません。完全無料で導入できます。例えばこのカード。

一体型の楽天カード

  • 楽天カード(クレジットカード)
  • 楽天Edy(電子マネー)
  • Rスーパーポイントカード

の3つが一枚のカードに全部入りとなっています。

楽天カードの詳細記事はこちらです。
楽天カードはポイント高還元!無料でも限度額100万円まで利用可能

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由