コンビニでも電子マネーSuicaへのチャージは行えますか?

Q&A

コンビニでSuicaチャージ

電子マネーSuicaのチャージはコンビニでもできます。

Suicaのチャージは自動券売機やみどりの窓口で行う人が多いですが、機械の操作が苦手だったり手続きがややこしかったりしますよね。

それに、明日は朝から重要な用事があるから駅でチャージする余裕がない。今日中に自宅近くでチャージしておきたいということもあると思います。

また、コンビニで電子マネーを使って買い物をする前に残高不足でエラーが出ないか気になる。これもあるあるですよね。

Suicaチャージができるコンビニ一覧

コンビニエンスストア

下記のコンビニやスーパーで、Suiba・モバイルSuicaの現金チャージが可能です。

基本的にすべてのお店でチャージできますが、一部のお店ではできない場合があります。詳しくはレジの店員さんに聞くようにしてください。

カードタイプのSuicaは、基本的に電子マネーSuica支払いに対応しているお店であればチャージできます。

コンビニ・スーパー Suica モバイルSuica
セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
ミニストップ
NEWDAYS
サークルKサンクス
イオン
デイリーヤマザキ

また、上記の表には記載していませんが「スリーエフ」「コミュニティ・ストア」「セイコーマート」の他、「ビックカメラ」などでもチャージできます。

現金を持ってレジの店員さんに「チャージしてください」

コンビニ

コンビニでSuicaチャージする方法は簡単です。

レジの店員さんに「Suicaに(希望金額)円分チャージをしてください」と伝えて、現金を渡して、Suicaを専用読み取り機に置けばOKです。

後は店員さんがやってくれるので問題ありません。

Suicaのチャージ残高が気になる時は、先にチャージをしてから購入商品を渡せばOKです。

もちろんSuicaチャージのみの利用も可能です。

(私が学生時代にアルバイトしていた時、チャージだけのお客さんは何人もいました)

ちなみに、Suicaでは1回あたり1万円までチャージできますが、チャージの上限は2万円までです。

余裕を持ってフルチャージしたい時は2回連続でチャージしておきましょう。

ちなみにクレジットカードを使ったSuicaチャージは、駅構内の多機能券売機やモバイルSuica、オートチャージで行なえます。

コンビニで可能なSuicaチャージは、あくまでも現金チャージだけです。

注意!Suica払いでポイントが貯まるのは駅ナカのコンビニのみ

Suica登録して貯まる

コンビニでSuicaチャージは可能ですが、Suicaを買い物の支払いに使っても、ほとんどのコンビニでメリットがありません。

お持ちのSuicaをJRE POINT WEBサイトに登録すると[Suica登録して貯まる]マークのお店でSuica払いをするとJRE POINTが貯まります。

JRE POINTとはJR東日本グループの共通ポイントで、100円または200円ごとに1ポイントが付与されて、Suicaの電子マネーにも交換が可能です。

ただし[Suica登録して貯まる]マークのコンビニは、駅構内にあるNEWDAYS(ニューデイズ)KIOSK(キオスク)くらいしかありません。

上記で紹介したSuicaチャージが可能なコンビニは、あくまでもSuicaに現金チャージができるだけで、支払いには旨味なしです。

一方で毎週金曜日にNEWDAYSでSuica払いをするとポイント5倍など、Suica登録して貯まるマークのコンビニで使う分にはお得度が違います。

↓こちらの記事もあわせてどうぞ。

Suicaで気になる残高不足を解消する方法

焦る

駅やコンビニでチャージできることがわかれば、残高不足の心配をする必要がなくなります。

しかし、チャージすることを忘れていて残高不足になってしまい、改札で引っかかった経験はありませんか?(私は何回もあります)

Suicaの残高不足を解消する方法としては以下の2つがおすすめです。

モバイルSuicaを利用する

モバイルSuica

モバイルSuicaは、Suicaカードが持っている「改札通過・電子マネー」の機能を、そのままあなたのスマホや携帯電話で使えるサービスです。

簡単に言うと、カードを持ち歩かなくても、携帯をかざすだけで改札が通過できたり、電子マネー支払いの買い物ができるようになります。

モバイルSuicaの利用にはおサイフケータイに対応するスマホや携帯電話が必要です。iPhoneでも7以降の機種であれば対応しています。

詳しい使い方については、下記の記事で紹介しています。

モバイルSuicaを使うと以下の方法で原則として24時間いつでもすぐチャージ可能です。

残高不足が頭をよぎったら忘れる前にすぐチャージを実行することができます。

クレジットカードチャージ
登録したクレジットカードを使ってチャージします。ビューカード以外でも使えるので、ポイント還元率が高いカードを使うことをおすすめします。

オートチャージ
詳しくは後述しますが、オートチャージを設定しておけば自分でチャージをする必要がなくなります。
ただし、登録できるカードはビューカードまたは提携カードなど、一部のクレジットカードに限定されます。

銀行チャージ
みずほ、三菱UFJ、じぶん銀行のモバイルバンキングを使ってチャージできます。

モバイルSuicaを含むSuicaへのチャージ方法については、下記の記事ですべてまとめています。

オートチャージを利用する

オートチャージ

オートチャージを設定しておけば、残高が一定金額を下回った時に自動的にチャージが行われるので安心です。

SuicaエリアやPASMOエリアの改札機を通過時にチャージが実行されます。

手動でチャージをしなくても、残額不足を気にせずSuicaを使い続けられるのでおすすめです。

オートチャージは「Suicaカード」でも「モバイルSuica」でも設定できますが、いずれの場合も一部のクレジットカードとの連携が必要となります。

Suicaのオートチャージが設定できるクレジットカードは大きく分けて2つあります。

ビューカード
JR東日本が発行する公式カード。オートチャージ時は獲得できるポイントが3倍なのでお得です。

ビューカードの中でも特に人気なのは、実質年会費無料で使えるビックカメラSuicaカードです。(年1回以上の利用で年会費無料)

提携カード
「一般的なクレジットカードにSuicaを一体型にした」というタイプの提携カードです。

ANA VISA SuicaカードやイオンSuicaカードなど。年会費永年無料で使えるイオンSuicaカードが人気です。

ビューカードの初心者におすすめな1枚

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードは、実質、年会費無料で使い続けられるビューカードです。

年会費は初年度無料、2年目からは年1回以上の利用で無料になるのは、他のビューカードにはない大きなメリットです。

例えばビューカードの定番「ビュー・スイカカード」では、初年度から477円+税の年会費が発生します。

数あるビューカードシリーズの中でも、最も人気の高い1枚で、仮にビックカメラで買い物が少なくても、充分に活用できます。

ちなみにビックカメラSuicaカードからSuicaチャージをすれば、ポイント還元率1.5%(1,000円ごとに15円分相当のポイント付与)になります。

JRE POINTが貯まらないお店での支払いにも活用できるのは、使い勝手が良いと思います。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由