ミスドでお得な支払い方法、ミスタードーナツカードにチャージ+楽天ポイントカード提示で3%割引に

B! pocket

ミスドでお得な支払い方法

ミスタードーナツでは、プリペイド型電子マネーを中心に、様々な支払い方法が使えます。

電子マネー
ミスタードーナツカード、楽天Edy、iD、WAON、nanaco、交通系ICカード
スマホ決済
au PAY、Apple Pay、メルペイ
ポイントカード
楽天ポイントカード
商品券・ギフトカード
ミスタードーナツ商品券、ダスキンの株主優待券、ドーナツ引換カード
クレジットカード・デビットカード・ブランド付きプリペイドカード
使えない

ごく一部の店舗を除き、ミスタードーナツでは、クレジットカードが使えません。

クレジットカードと同じ決済システムを利用するデビットカードや、ブランド付きプリペイドカードも利用対象外です。

電子マネーにチャージ(入金)したり、後払い型電子マネーで支払ったりする際に、請求先をクレジットカードにすれば、間接的にカード払いになります。

またiDと同じ後払い型でも、QUICPay(クイックペイ)には対応していません。

Apple Payに登録したクレジットカードがiD対応なら支払い可能ですが、QUICPayだと不可です。

メルペイも電子マネーiDのかざして支払いは使えますが、コード決済は使えません。

数あるミスタードーナツの支払い方法の中で、最もお得なのは、専用プリペイドカード「ミスタードーナツカード」です。

ミスド専用プリペイドカードが一番お得な理由

ミスタードーナツカードとポンデリング

ミスタードーナツカードは、全国のミスタードーナツやパイフェイスで使えるプリペイド型電子マネーです。

入会金・年会費は無料

お店のレジで「ミスタードーナツカードを発行したい」と伝えれば、すぐに入手できます。

また、ミスタードーナツアプリから、モバイルカードの発行もできます。

  • カードタイプ:お店のレジを発行する
  • モバイルカード:ミスタードーナツのアプリをインストールして利用登録

すでにミスタードーナツカードをお持ちの方も、ミスタードーナツアプリに登録すれば、スマホでもカードを利用できます。

毎月10・20・30日はチャージで2%還元

ミスタードーナツカードで2%還元

毎月10日・20日・30日のドーナツの日に、ミスタードーナツカードに3,000円以上チャージすると、チャージ金額の2%のボーナスポイントが貯まります。

ミスタードーナツカードに3,000円分をチャージすると、60ポイントがもらえます。

ボーナスポイントは、1ポイント=1円相当として、チャージ後の支払いに自動的に使われます。

ミスドの中でも人気が高いオールドファッションは1個110円+税です。

ミスタードーナツカードに6,000円チャージすれば、オールドファッション1個が無料で食べられます。

チャージ方法には、現金とクレジットカードが使えます。

チャージ限度額は3万円です(1回のチャージ金額の上限は2万円)。

現金
店舗のレジでチャージ。1回500円単位
クレジットカード
ミスタードーナツのアプリからチャージ。1回1,000円単位

チャージ金額をクレジットカードで支払うと、カード決済ポイントも貯まります。

利用可能なクレジットカードは、VISA、JCB、Mastercardです。

手持ちのクレジットカードで、ポイント還元率が高い1枚を登録すると、同じ金額でも多くのポイントを得られます。

たとえば、チャージ金額を楽天カードで支払うと、ポイント1%還元になります。

楽天カード利用で貯まる楽天スーパーポイントは、ミスタードーナツの支払いにも使えます。

クレジットカードからチャージする際は、本人認証(3Dセキュア)が必要です。

3Dセキュアとは、ネット上の決済をより安全にする本人確認サービスです。

3Dセキュア(本人確認サービス)

支払いの際、登録した本人しか知らないパスワードを入力して、第三者による不正利用を防止できます。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

参考記事:3Dセキュアとは?ネット上のカード不正利用を防止する本人確認サービスです

ボーナスポイントが貯まるのは、ドーナツの日にチャージした時だけです。

別の日にチャージしたり、ミスタードーナツカードで支払ったりしても、ポイントは付きません。

毎月0のつく日に、ミスド店舗まで行けなくても、アプリからチャージすれば、2%のボーナスポイントが得られます。

アプリからチャージする際は、ポイント付与は翌日になります。

半年間の利用合計金額に応じて無料引換券をGET

ミスドのショーケース

ミスタードーナツカードを利用するメリットは、チャージ金額2%のポイント還元以外にもあります。

利用合計金額が5,000円を超えるごとに、好きなドーナツやパイと引き換えできる「Vチケット」がもらえます。

  • 5,000円:1個引換券
  • 10,000円:1個引換券
  • 20,000円:2個引換券
  • 20,001円~:なし

利用合計金額は、半年間(1月1日~6月30日/7月1日~12月31日)ごとに計算されます。

レシートに「期間内に、あと◯◯◯◯円分のお買い上げて特典プレゼント」とVチケット引換券の獲得までの金額と期間が記されています。

Vチケットはレシート形式で発券になり、バーコードを読み取って支払いに使います。

次回使う時までバーコード部分を汚したり破いたりしないようにしましょう。有効期限は発行日より3ヶ月です。

残高の有効期限は最終利用日から1年と短い

ミスタードーナツカード残高の有効期限は、カード利用やチャージした最後の日から1年間です。

ほかのプリペイド型電子マネーの有効期限は、2年間や5年間なのと比べると短く感じます。

ボーナスポイントの有効期限は、付与された月から3ヶ月です。

例:9月にチャージした場合、ポイント残高は12月末まで有効。

残高に移行はできませんが、支払いの際に残高よりも優先的に使われます。

定期的にミスドで買い物をすれば、失効の心配はありません。

たとえば、0のつく日に3万円チャージした場合、600円分のボーナスポイントが得られます。

ドーナツ4~5個ほど買えば、すぐに使い切れるポイント数なので、チャージ後すぐに使えば大丈夫です。

現在の残高やポイントは、レシートやミスタードーナツアプリなどで確認できます。

またカード紛失・盗難による残高やポイントの補償はありません

これはミスタードーナツクラブに、カード情報を登録している場合も同様です。

残高の有効期限が短く、紛失時の補償が受けられないのもあり、商品代分だけその都度チャージした方が安心です。

楽天ポイントカード提示や支払いで1%還元

ミスタードーナツ楽天ポイントカードで1%ポイント還元

ミスタードーナツは、楽天ポイント加盟店です。

楽天ポイントカードを利用して、楽天スーパーポイントを貯めたり、使ったりできます。

カード提示・ポイント利用のどちらでも、100円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。

そのため、楽天ポイントカードを提示&ミスタードーナツカードで支払い最もお得です。

ミスドクラブカードポイントサービスは2013年9月30日に終了しており、その1年後に楽天ポイントが導入になった経緯があります。

ちなみに、楽天市場アプリでは、ドーナツ無料などのクーポンを期間限定で配布するなど、お得なキャンペーンを度々実施しています。

楽天ポイントカードは楽天市場アプリからも使えるので、ミスドで買い物をする人は、インストールして損はありません。

ほかにもauスマートパスや、各店舗のLINE公式アカウント、auスマートパスでも、対象商品が割引や無料になるクーポンを入手できます。

ミスタードーナツカード以外の支払いは何がお得?

普段は、あまりミスドを利用しないので、ミスタードーナツカードは持つまでもないかな…。

と思う方向けに、ミスタードーナツカード以外で、お得度が高い支払い方法を紹介します。

  1. ミスタードーナツカード(ポイント還元率2%)
  2. 楽天ポイント(ポイント還元率1%)
  3. 楽天Edy、WAON、nanaco、au PAY(ポイント還元率0.5%)
  4. 交通系ICカード、メルペイ(ポイント付与なし)
  5. iD(種類でポイント付与率が異なる)

ポイント還元率0.5%

ポイント還元率0.5%

楽天Edy、WAON、nanaco、au PAYは、利用金額200円ごとに1ポイント貯まります。

上記の電子マネーはチャージにクレジットカードを利用すると、カード会社の決済ポイントが得られます。

チャージと支払いでポイント二重取りをすれば、ポイント還元率は1%~1.5%にアップします。

電子マネーと相性の良いクレジットカードと、ポイント還元率を表にまとめてみました。

楽天Edy
楽天カード:200円ごとに1ポイント(ポイント還元率0.5%)
WAON
イオンカードセレクト:200円ごとに1ポイント(ポイント還元率0.5%)
nanaco
セブンカード・プラス::200円ごとに1ポイント(ポイント還元率0.5%)
au PAY
au WALLETクレジットカード:ポイント還元率1%

いずれもカード決済ポイントは、各電子マネーに1ポイント=1円相当として充当できるため、使い勝手がよいです。

ポイント付与なし

ポイント還元なし

交通系ICカードとメルペイは、支払い金額に応じたポイントが貯まりません。

ただし、一部の交通系ICカードでは、クレジットカードを利用してチャージすると、カード会社のポイントが貯まります。

ミスド利用でポイントが付かなくても、チャージ金額に応じたポイントが多く貯れば、支払いに利用する価値はあります。

たとえば、SuicaはJR東日本グループのクレジットカード「ビューカード」からチャージすると、1,000円ごとに15円相当のJRE POINTが得られます。

ポイント還元率は1.5%と高く、JRE POINTはSuicaに充当できるので、使いみちにも困りません。

またSuicaの有効期限は最終利用日から10年(JRE POINTは2年間)と、かなり長く、失効の心配がないのは助かります。

Suicaへのクレジットチャージにおすすめなのが、ビックカメラSuicaカードです。

ビックカメラSuicaカード

年会費は初年度無料、翌年以降は年1回以上のカード利用で無料になるため、利用頻度問わず使いやすい1枚です。

Suica・PASMOエリアではオートチャージも使えて、普段の電車やバス、買い物の利用で残高を気にしなくて済みます。

メルペイはiDでかざして支払いができますが、ポイント付与はありません。

元々、メルペイは「メルカリでの売上金やポイントを街のお店でも使えるようにする」がコンセプトのスマホ決済です。

メルペイ決済で50%ポイント還元が受けられる、などのキャンペーン時に利用すると、お得に使えます。

種類でポイント還元率が異なる

iD

電子マネーiDは、前払い型・後払い型・即時払い型があります。

利用金額の支払い方法ごとに、ポイント還元の有無が異なります。

後払い型のiDでは、クレジットカードとiDを紐付けると、利用金額に応じてカート会社の決済ポイントが付与されます。

NTTドコモの公式クレジットカード「dカード」を利用すると、ポイント還元率は1%です。

そのほか、ポイント還元率が高いiD対応のクレジットカードは、下記記事で詳しく取り上げています。

飲食店などでお得な支払い方法はこちら

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
利用経験のある電子マネー、コード決済サービスは数十件以上。「たくさんあって何を選んでいいか分からない」というお悩みに答えるべく、キャッシュレス決済の上手な使い方を日々実践中。推しはSuicaとPayPayです。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事