コンビニ別お得に使えるおすすめ電子マネー比較、ポイントが大量獲得できるのは?

お得に使う

コンビニ

コンビニでの買い物は、同じ会計でも支払い方法を工夫することで、どれだけ多くのポイントを得られるかが、お得と損をわけます。

最近はコンビニで使える共通ポイントや電子マネーが増えてきており、どれを使えばお得になるのかが難しくなっています。

今回は全国トップシェアを誇るセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの買い物でポイントを多く獲得する方法をまとめました。

ポイントカード提示+現金払いよりも、さらにメリットを得るには、相性のいい電子マネーやクレジットカードを使うことにあります。

セブンイレブン

セブンイレブン

ポイントカード
なし

支払い方法
◆電子マネー
nanaco、楽天Edy、iD、QuickPay、auWALLETカード
交通系電子マネー(JR系、私鉄系)
◆スマホ決済サービス
Apple Pay、Google Pay

セブンイレブンで使える電子マネーとしてはnanaco(ナナコ)が一強です。

他のコンビニとは違い、セブンイレブンにはポイントカードがないので、支払い関連で貯まるポイントが全てになります。

セブンイレブンはnanaco一強

nanacoは100円(税抜)ごとに1nanacoポイント貯まり(ポイント還元率1%)、対象商品の購入にnanaco払いを使うとボーナスポイントが獲得できます。

他の電子マネーではボーナスポイントが貯まらないのも、nanacoを利用する大きなメリットになっています。

nanaco(クイックペイ)

またnanacoカードにQUICPay機能を付けた「クイックペイnanaco」を利用する方法もあります。

クイックペイnanacoの利用には、JCBカードなどQUICPayが使えるクレジットカードの登録が必要になります。

基本的に200円ごとに1nanacoポイントが貯まり、利用金額に応じたクレジットカードのポイントやマイルが付与されます。

支払いの際は「QUICPayで支払います」と伝えて、読み取り部に(クレジットカードと紐付けた)nanacoカードをかざせばOKです。

対象商品のボーナスポイントも付与対象になります。

nanacoを紐付けるクレジットカードのポイント還元率が、高ければ高いほど、得られるポイント数がアップします。

例えば、年会費永年無料でポイント還元率が高いクレジットカードとして有名な「リクルートカード」と紐付ければ、合計1.7%のポイント還元を受けられます。

リクルートカード(還元率1.2%)+クイックペイnanaco(還元率0.5%)=1.7%

ちなみに「セブンカード・プラス」の還元率は1.5%(200円ごとに3nanaco)なので、0.2%分損することになります。

クレジットチャージ+nanaco払いで還元率2%以上に

nanacoでは一部のクレジットカードからチャージすると、チャージ金額に応じたポイントが付与されます。

  • リクルートカード:1.2%
  • Yahoo! JAPANカード:0.5%
  • セブンカード・プラス:0.5%

その中でもおすすめなのが、リクルートカードです。

ポイント付与対象金額は「月3万円」と制限がありますが、年数が経つにつれて、nanacoチャージによるポイント還元率が下がっている現状を考えても、かなり頑張っています。

クイックペイnanacoでは、ポイント還元率は0.5%ですが「クレジットチャージ+nanaco払い」だとnanaco払いが適用される分、得られるポイント数が多くなります。

nanacoにクレジットチャージ(還元率1.2%)+nanaco支払い(還元率1%)=ポイント還元率2.2%

利用金額が後日請求されるクイックペイnanacoとは違い、nanacoは事前チャージが必要になります。

ただしnanaco会員メニューやnanacoモバイルアプリから簡単にチャージ手続きが行なえるので、まとまった金額をチャージすれば、負担感は少ないかと思います。

リクルートカードについては下記の記事が参考になるかと思います。

au WALLETはポイント2倍だけど…

au WALLET

au WALLETプリペイドカードは通常200円ごとに1ポイントです。

セブンイレブンはau WALLETポイントアップ店なので200円ごとに2ポイントが獲得できます。

ポイント還元率は1%と、電子マネーnanacoと同じですが、ポイントが付与される金額が異なります。

  • au WALLET:200円(税込)ごとにポイント付与
  • nanaco:100円(税抜)ごとにポイント付与

そのため「セブンイレブンで100円のお菓子だけ買うことが多い」や「ボーナスポイント対象商品を狙って買うことが多い」という人は、やはりnanacoを使った方がポイントが貯まりやすいです。

また税金や公共料金など「nanacoでは支払えるが、他の電子マネーでは支払えない」というサービスや商品も多々あるので、何でも支払いたいときもnanacoが有効的です。

ちなみにau WALLETプリペイドカードも、nanacoと同様に、対象のクレジットカードからのチャージでポイントが貯まります。

利用可能なクレジットカードは、au WALLETクレジットカードやエポスカード、クレディセゾンカード、Mastercardのマーク付きクレジットカードなどが挙げられます。

例えば、au WALLET クレジットカードからau WALLETプリペイドカードにチャージすると、ポイント還元率は0.5%です。

それをセブンイレブンの支払いに使えば、ポイント還元率の合計は1.5%にアップします。

nanacoにクレジットチャージ+nanacoで支払いよりも還元率は下がりますが、au WALLET派の人がポイントを多く獲得する方法として有効的です。

ファミリーマート

ファミリーマート

ポイントカード
Tポイントカード

支払い方法
◆電子マネー
Tマネー、楽天Edy、WAON、ユニコ、iD、QuickPay、au WALLET プリペイドカード、LINE Pay
交通系電子マネー(JR系、私鉄系)
◆スマホ決済サービス
Apple Pay、Google Pay

ファミリーマートでは、nanaco以外の主要な電子マネーで支払いが可能です。

そのため、Tポイントカード提示+電子マネー支払いをすることで、Tポイントと電子マネーのポイントの2重取りが行なえます。

Tカード提示+電子マネーがおすすめ

Tポイント

Tポイントカードと電子マネーを併用することで、合計のポイント還元率は1.5%前後になります。

電子マネーごとのポイント還元率
◆200円(税込)ごとに1ポイント
楽天Edy、WAON、ユニコ、au WALLET プリペイドカード
ポイント還元率:合計1.5%
ポイントカード提示(1%)+支払い(0.5%)

◆紐付けたクレジットカードのポイント付与率で変わる
iD、QuickPay、Apple Pay、Google Payなど
ポイント還元率:合計1%+α
ポイントカード提示(1%)+支払い(α%)

また先払い型の電子マネーであれば、クレジットチャージを活用することで、チャージ金額に応じたポイントも貯まるため、ポイント3重取りも夢ではありません。

一方で、クレジットカードと紐付けるタイプの後払い型電子マネーは、クレジットカードのポイント付与率がそれぞれ違います。

そのため、ポイント高還元率のカードと組み合わせることで、多くのポイントを得られます。

Tマネーは利用価値が低め

Tマネー

Tカードに追加可能な電子マネー「Tマネー」では、月額利用金額500円ごとに1ポイントが貯まります。

これは次に紹介するおさいふPontaと同じ仕様です。

Tカードの提示+Tマネーの支払いで、Tポイントの2重取りが可能ですが、合計ポイント還元率は0.7%と低めです。

ただし「毎週水・金にTマネーをチャージすると5ポイント付与」や「Tマネーで買い物するとTポイント2倍」などのキャンペーンを実施しているときは、利用価値が高くなります。

とは言え、Tマネーは他の電子マネーと比較して、利用可能なお店が少ないので、基本的にはTカード提示+普段お使いの電子マネーで支払いが使いやすいと思います。

ローソン

ローソン

ポイントカード
Pontaカード、dポイントカード

ローソンで使える支払い方法
◆電子マネー
楽天Edy、WAON、iD、QuickPay、au WALLET プリペイドカード
交通系電子マネー(JR系、私鉄系)
◆スマホ決済サービス
Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ、Origami Pay(一部店舗)

ローソンでは「Pontaカード」「dポイントカード」の2種類のポイントカードが使えます。

いずれも併用はできず、どちらか1枚のポイントカードを提示することで、100円(税抜)ごとに1ポイントが貯まります。

ポイント還元率は1%で同じなので、基本的に貯めたいポイントのポイントカードを提示すればOKです。

また、どちらのポイントカードも、対象商品の購入でボーナスポイント獲得&ポイントをお試し引換券への交換ができます。

dポイントカードまたはPontaカード+電子マネー

ローソンの買い物で多くのポイントを手に入れるには「dポイントカードまたはPontaカードの提示+電子マネーで支払い」を行ないます。

◆200円(税込)ごとに1ポイント
楽天Edy、WAON、au WALLET プリペイドカード、楽天ペイ
ポイント還元率:合計1.5%
ポイントカード提示(1%)+支払い(0.5%)

◆紐付けたクレジットカードのポイント付与率で変わる
iD、QuickPay、Apple Pay、Google Pay、Origami Pay
ポイント還元率:合計1%+α
ポイントカード提示(1%)+支払い(α%)

また先払い型の電子マネーの場合、クレジットカードからチャージすることで、チャージ金額に応じたポイントを貯められる場合もあります。

例えば、電子マネーWAONでは、イオンカードセレクトを使ってチャージすると、200円ごとに1WAONポイントが貯まります(還元率0.5%)。

そのため、合計ポイント還元率は1.5%から2%にアップします。

WAONにクレジットチャージ(還元率0.5%)
+ポイントカード提示(還元率1%)
+電子マネーWAON支払い(還元率0.5%)
=還元率2%

おさいふPontaはポイントが貯まりにくい

おさいふポンタ

ちなみにローソンでは、ポイントカードと電子マネーが一体化した「おさいふPonta」も利用できます。

ローソンで新規発行ができるほか、PontaカードからおさいふPontaへ会員情報とPontaポイントを移行することも可能です。

ただし、おさいふPonta利用時のポイント還元率は合計1.2%と、やや低くなります。

おさいふPonta利用で貯まるポイント
◆Pontaカードとして提示(還元率1%)
100円(税抜)ごとに1ポイント
◆おさいふPontaで支払い(還元率0.2%)
月間支払い総額に対して500円(税抜)ごとに1ポイント
→合計ポイント還元率1.2%

おさいふPontaは、毎月の支払い合計額に応じてポイントが付与されるので、1回の支払い金額が500円未満でも大丈夫な点がメリットです。

またカード提示と支払いで同じPontaポイントが獲得できるため、利用で貯まるポイントを統一したい人にも向いています。

PontaカードとおさいふPontaの使い勝手の違いについては、下記の記事も参考にどうぞ。

dカードで最大5%OFF

dカード

ローソンで現在、最もお得な利用方法は、ドコモ公式のクレジットカード「dカード」を提示して支払うことです。

クレジットカードにdポイントカード機能がついたもので、ローソンで使うと最大5%のポイント還元が受けられます。

dカードをローソンで使う

ローソンで実質5%の値引きになる方法
◆dカードをdポイントカードとして提示(還元率1%)
100円(税抜)ごとに1ポイントが貯まる

◆ローソンで支払い(3%割引)
カード請求時に3%割引になる

◆dカードの元々のポイント還元(還元率1%)
カード請求時に100円(税抜)ごとに1ポイントが貯まる

→合計、実質5%OFFの値引きになる

dカードの年会費は初年度無料、2年目以降は年1回以上のカード利用で無料になるので、ローソン専用のクレジットカードとして持っても損はありません。

貯まったdポイントは、dポイント加盟店(ローソンやマクドナルドなど)の支払いやドコモのケータイ料金や機種変更時に充当に使えます。

詳しいdカードの使い方については下記の記事で解説しています。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由